2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【メタハラ・LED】植物光源総合6

73 :花咲か名無しさん (ワッチョイ fbec-DFkw):2017/04/08(土) 15:36:13.46 ID:pbuJyISn0.net
常々思っていることですが、中国の照明メーカー利用すれば
自分が希望する光源を作ることが出来ますよ
このようなコメントのつもりで書き込んでいるだけなんですが

電球タイプなら、それこそ10球ほどから自由にサンプルは作れるから
自分が望むスペックをオリジナルでオーダーすれば、問題解決です
流石に一体式では少しハードル高くなりますが、それでも出来ないことではない

大切なことは、基本を守りながらシンプルに欲しい機能を積み重ねること
植物を栽培するためには光合成だから、青色と赤色の光が重要
これが基本で、LEDの白色は青色LEDに蛍光体だから、青色にピークがある
なだらかなカーブを描く分光分析のチャートでだから青色でなく白色でも大丈夫
更に青色と赤色の比率は1:5〜1:10
赤色を増やすことが大切だが、増やせば色は赤味が強まる
白い光で植物が育つ電球として、7wであれば白色(色温度12000K)を5個
赤色660nmを2個で、チップ配列は外周に白色を5個
内側に赤色を2個配置し、キャップは乳白色としればほぼ白い光に成ります
テスト結果では、色温度6272kでRa=74.9 465lm 消費電力7w

航空便で送料込み、10球で20000円ほどで出来ますよ
これが市販されれば、生活防水で7wタイプ(白熱球80w相当)になるから
定価ベースでは7000円程度?
妄想でなく、実際に多数のサンプル作った結果で、必要であれば必ず
中国メーカーにて分光分析は積分球で行うし、当然PSE等は取得済みです

237 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★