2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

ワイの小説読んでや

1 :わたしはダリ?名無しさん?:2015/08/30(日) 05:17:42.55 .net
https://web.archive.org/web/20041102230415/http://jasii747.fc2web.com/ba-ru1.html
https://web.archive.org/web/20041102230415/http://jasii747.fc2web.com/ba-ru2.html
https://web.archive.org/web/20041102230415/http://jasii747.fc2web.com/ba-ru3.html
https://web.archive.org/web/20041102230415/http://jasii747.fc2web.com/ba-ru4.html
https://web.archive.org/web/20041102230415/http://jasii747.fc2web.com/ba-ru5.html
https://web.archive.org/web/20041102230415/http://jasii747.fc2web.com/ba-ru6.html

2 :わたしはダリ?名無しさん?:2015/08/31(月) 23:44:44.85 .net
クソスレ立てんな滓

3 :わたしはダリ?名無しさん?:2015/09/05(土) 04:15:18.87 .net
あとで

4 :わたしはダリ?名無しさん?:2015/10/04(日) 17:04:10.61 .net
暇なときな

5 :わたしはダリ?名無しさん?:2015/10/04(日) 20:13:24.50 .net
死ぬまでにな

6 :わたしはダリ?名無しさん?:2019/04/06(土) 06:40:55.56 ID:EkD1ywVWr
◆京都「朝鮮進駐軍」が暴れ、朝鮮人が住民を追い出し・・・・朝鮮部落「同和」だらけになった京都!

先祖代々日本人しか住んでいない京都の中心部に、朝鮮人が押し寄せ
あっちこっちに「部落同和」ができた。

京都も「朝鮮進駐軍」と名乗る、朝鮮人連中で酷かった!
火を付けられた家や、強姦されて一家が皆殺しにされた家も多かった。
日本人の多い中心街が軒並み朝鮮人集団がやって来て、戦後直後は大人の男は戦争でいないし、
婦女子と老人しか居なかったことから、奴らが勝手に入り込んで家も家財も土地も略奪して、
皆な追い出されて酷かった。戦後直後は女な子供に老人しかいないから、朝鮮人らには簡単なことだった。

ある日、家の住人が居なくなったと思ったら、朝鮮人がいるんだよ。
たずねると家の人は田舎に帰ったて言うんだ。近所にも挨拶もせずにか?。
朝鮮人達は留守番を頼まれたと、その家に朝鮮人が何人も居るんだ。
そうこうしているうちに、その家族の無残な骸の死体が見つかったんだよ。
周りの住人が問いただすと、朝鮮人達は知らないと言い張り、この家をもらったとか言い始めるんだ。
そのまま朝鮮人達は居座りながら、今度は周りの住人も脅し始めた。
そんなこんなで土地や家なんかも占拠されてしまう。そんな事がいたる所で起きてたよ。

朝鮮人は日本人を殺しても犯罪にならないから、警察も手が出せない。
彼らに法が及ばないから、日本人を殺して、屋敷土地財産を奪うことが平気で起きていた。
そんな恐ろしい戦後が京都にもあった。

7 :在日朝鮮人による、日本乗っ取り計画!:2019/05/06(月) 01:03:57.72 ID:MOy+myi+v
アメリカによって日本が変えられるのを見て、
在日は時間をかければ、この国を操れると考えた。

まず総連を作った。
同時に人権・平和運動を起こして、人権・平和について過剰な反応を示すように
根回しをしていった。また同時に一部の同胞を帰化させ、教育現場等各組織に送り込んだ。

それらの意識が根付く頃、賠償等を声高に叫び、効果的に特権を所得し力を得始めた。
同時に種が実を結ぶように、各組織に送られた同胞はある程度の地位まで上り、
その力を使って、さらに多くの同朋を更に多くの組織に送り込んだ。

特に、教育組織に送り込んだ効果は絶大であった。
人格・思想形成段階における刷込みは、日本人から危機感を麻痺させ、
我らの考えに同調しやすい人間を、簡単に10年単位の年齢層まるごと作り出す事が出来る。
しかも、彼らは近い未来、日本の将来を担う者達なのだ。

                   イ・ソンホン『巷に雨の降る如く』より

4 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★