2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【鍛えて強くする】ミホノブルボン物語【戸山理論は今でも有効なのか?】

1 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2019/05/03(金) 22:34:10.93 ID:+fVc65/p0.net
少し長くなります。

92年 皐月賞。
そのモンスターの名はミホノブルボン。
常識は、敵だ。
  ―2011年皐月賞CMより

ミホノブルボンとは、1989年生まれの競走馬。1992年に皐月賞、日本ダービーを無敗で制した二冠馬で、三冠馬まで1馬身と1/2にまで迫った名馬である。主戦騎手は小島貞博騎手。

※当記事ではミホノブルボンの活躍した時代の表記に合わせて、年齢を旧表記(現表記+1歳)で表記します。

父マグニテュード 母カツミエコー 母父シャレーという血統。血統表だけを見る限りではそんなに酷い血統ではないが、父マグニテュードは6戦未勝利で、超良血の血統「だけ」が評価されて種牡馬入りした馬、母カツミエコーも地方競馬の下級条件馬である。
しかも、父マグニテュードと母父シャレーはともにミルジョージとダンディルートという名種牡馬の代用種牡馬としてつけられたものであり、さすがにお世辞にも良血とは言えない。
実際、700万円という競走馬としては安値で購買された。
マグニテュードは一応エルプスとかコガネタイフウとか、短距離を中心に活躍馬を何頭か出してたんだけどね(ここ伏線)。
血統面でもう一つフォローを入れるなら、3代母カミヤマトは名牝スターロツチの半妹である。

牧場ではおっとりして「象みたい」とまで言われたミホノブルボンは、3歳になり、栗東の戸山為夫厩舎に入厩した。

77 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2019/05/04(土) 22:43:09.02 ID:SAPXea/20.net
栗東に坂路が出来て試行錯誤の段階で
積極的に使った戸山が結果出しただけ
その代わり戸山は坂路で何頭も潰してる

総レス数 77
28 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★