2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

古文・漢文は高校の授業科目から外すべき!

1 :名無氏物語:2011/11/03(木) 13:06:38.61 ID:nB5Q5pT3.net
古文・漢文は実学からかけ離れすぎている。
こんなものを全員に覚えさせて、日本の将来を担う若者の貴重な時間を割いていては、
今後の経済戦争で外国に負けるのである。

やるとしても、高校授業や大学受験の内容からは大幅に内容・配点を縮小すべきである。
やりたいヤツは大学の専門課程の中でやれば良い。

授業科目群の内容を見直すべきである。



45 :名無氏物語:2011/11/26(土) 14:11:23.84 ID:PWAlP5Au.net
>>43
例えば古文・漢文の旧暦なんか天文学的に面白いものなんだよね。
江戸期の時計なんかの目盛りなんかもね。

12月14日になんで東京に雪が積もるほど降ったの?月夜だったの?何時だったの?
なんて理科的(?)な古文・漢文(?)の話は忠臣蔵と相互作用(?)するんだよね。^^

教養云々の話だから、それらは有用だ、とは言わないけどね。

46 :名無氏物語:2011/11/26(土) 15:15:35.80 ID:TdiYhg0w.net
有名な話では明月記とカニ星雲の超新星爆発とか。
枕草子にも旧暦2月に降った雪がいつまでもつか?を清少納言は1ヶ月はもつって言った話があるし。
お正月の前の12月にもう立春が来ちゃう年なんて結構頻繁で。

「それはさ」で理系がちょっと鼻を高くして国文科の学生に言えるじゃない。
いいもんだよ、理系にとっての古文・漢文の教養ってのは。(笑)


47 :名無氏物語:2011/11/26(土) 17:40:19.47 ID:CgcpfiSq.net
>>45
東大受験するならそういう好奇心持った方がいいけど
普通の理系にはいらない、正直言って理系科目すらおぼつかない状態で
古文漢文の故事に親しもうなんて余裕はない。

48 :名無氏物語:2011/11/26(土) 18:01:56.57 ID:fxNngwDh.net
文語の文法を理解してなかったら昭和の文献も読めなくなるね笑

どんな分野でも研究史を遡れないような奴は何したってダメだろう。
大学生になってからの勉強で充分だっていえるの?

翻訳すればいいと君は言うが、残念ながらアカデミックな文献は翻訳しきれるような数じゃないんだよな。

時間を割くとかそういうのは君の問題でしかないわけで、
君は君個人の問題を無理矢理一般化させたいだけなんだよ。
読まない奴は勉強しなくていいんだから勉強すんなよ。
他の事に時間割けばいいじゃないか。

何か問題があるの?


49 :名無氏物語:2011/11/27(日) 01:10:58.83 ID:eKKFE+oj.net
>>48
そこらの国公立の理系に研究史をさかのぼるとかいらんって。
ただ現場で使えるスキルが身に付いていればそれでいい。

50 :名無氏物語:2011/11/27(日) 01:44:24.22 ID:gH6SRYJK.net
>>48
うん。わかった
古文漢文は、中学高校の学習内容から削除するってことね

むしろ戦後長い間古典教育が何故中学高校で採用されていたのか考えるとおもしろい
最初は欧米のマネして、自国には古典があるからそれを学習させようという意図だったんだろう
ここらへんが本当に欧米コンプ丸出しの日本人らしいな
それでそこから長い間は、古典で飯を食う人間が、自分の飯の種を守るため、必死に維持しようとしてきたんだろうな

英語数学物理なんかでもこれは同じだよな
ただ、英語数学物理を中学高校でやることは、国家戦略として妥当
例えば、中学くらいからいきなり実践的な大学みたいな教育をしようとしても
自由度が高すぎて多くの学生は潰れるだろう

国民を鍛えあげようとする、官僚等支配者層の、意図はわからんでもない
愛国心があるなら、古文漢文の勉強なんてなんてことないという発想だろう

しかし、願わくばこの日本の支配者層が、「自分自身で」生産的な活動をすることを想定してみて欲しい

「高校で古文漢文の勉強に時間を取られるより、休日にプログラム組む等自分の興味のある勉強するほうが意義がある」
というごく自然な発想が理解できるから

51 :名無氏物語:2011/11/27(日) 02:02:20.23 ID:gH6SRYJK.net
日本史はやる意義はわかる
例えば韓国や中国のとの関係で、戦前の賠償の話がでるが
おまえら元寇のときモンゴル人に率いられてきて攻めて来たやんけ
とか、昔百済を助けて新羅を倒そうとしたよな
とか豊臣秀吉が一回朝鮮に攻めたな
とか言えるからな
あと、政治や経済の制度

古文漢文は好きなんよ
面白いと思うよ
実は文法や単語の勉強も苦痛ではない

でも、中学高校、特に高校でやるのは違うと思うんだわ
学問の汎用性がなさすぎる

>>48
>翻訳すればいいと君は言うが、残念ながらアカデミックな文献は翻訳しきれるような数じゃないんだよな。
意味がわからん
国民全員が古文の文法や単語を勉強し
国文学科の学生が全勢力をあげて翻訳しても翻訳しきれない文献があるってこと?
もう文献の数が増えることはないのに、それはないんじゃないの?

52 :名無氏物語:2011/11/27(日) 12:46:25.45 ID:QZju/dnQ.net
>>49

勝手な決めつけだな。
お前理系じゃないだろ。
研究史も遡れない奴が現場で使えるかよ。

53 :名無氏物語:2011/11/27(日) 13:59:27.37 ID:8os9+YiA.net
>>gH6SRYJK

>しかし、願わくばこの日本の支配者層が、「自分自身で」生産的な活動をすることを想定してみて欲しい

>「高校で古文漢文の勉強に時間を取られるより、休日にプログラム組む等自分の興味のある勉強するほうが意義がある」
というごく自然な発想が理解できるから

学ぶ意義というのは学んでいる当人に完全に依存しているわけだから、
「〜するより意義がある」なんて言い方は全くもって不可能だ。
意義がないといいきる材料すらない。


>国民全員が古文の文法や単語を勉強し
>国文学科の学生が全勢力をあげて翻訳しても翻訳しきれない文献があるってこと?
>もう文献の数が増えることはないのに、それはないんじゃないの?

ばかばかしい反駁だな。
なんで国家事業並みに翻訳する必要が有るんだ?
読める奴が大学に来ればいいだけのハナシだろう?

学問の汎用性がないなんていえるのは君が無知だからだ。
学んだ事の作用を考えたことがないからそう言えるんだ。

たとえば何で我々が大日本帝国憲法の条文を(解釈はまだしも)理解できるのだろう。
現代語ではないわけだから現代の語感では読めない。
助動詞の意味がわからないと意味すら取れないはずだが。

54 :名無氏物語:2011/11/27(日) 18:36:11.52 ID:pohsk3Bw.net
>最初は欧米のマネして、自国には古典があるからそれを学習させようという意図だったんだろう
>ここらへんが本当に欧米コンプ丸出しの日本人らしいな

こういうのは脳内でやっててくれないか。



歴史をやる意義を認めるなら古文もいるね。
歴史はいちおう実証主義なので、原文から理解できないとダメっていう考え方があるから
そのタテマエで法令とかの史料を原文でやらせるわけよ。証拠だからね。
翻訳しちゃったらその検証を放棄していることになるよね。
そんなの明らかに科学的じゃないってことはわかるよね?

漢字が読めないからってこれをやらなくなった国が隣りにあるんだがな。
ろくに史料も検証せずに、民族主義史観に汚染された近年の文献だけで歴史やってる連中はこうして生まれたんだと思うんだがな。

55 :名無氏物語:2011/11/28(月) 00:20:21.88 ID:TvxXnvEK.net
>>52
実際はそういうソルジャーが90%
ソルジャーには必要ない。

56 :名無氏物語:2011/11/28(月) 02:39:16.03 ID:FyyMl6Xi.net
>>53
勉強の意義は、「社会の役に立つため」だと割り切ったほうがいいよ
もしそうでないのなら、高学歴が高収入を得ている根拠が全くなくなる
日本史もいいけど世界史も勉強しようね
そして、理科系の科目を学び、科学を発展させ生産性を上げ社会の役に立ちます、というのは説得力を持つけど
日本史の勉強をして、社会制度の変遷を学び、社会の役に立ちます、というのは説得力に欠けると思うんだわ
もし、大日本帝国憲法のように、古文の知識が必要な資料の研究があるのなら、法学部や文学部の人間に、大学の教養課程で「文語文法」という科目を作って勉強させればいい
もともと、文系学部なんて理系に比べて暇なんだから、それくらいさせてもいいだろ
理系の学生に、高校生のうちから古文漢文を強制するのは無用の負担

理系の学生には趣味として古文を楽しむ環境があればそれでいいくらいじゃないかな?

57 :名無氏物語:2011/11/28(月) 13:13:16.81 ID:Cp4qEZB/.net
>>56

君の言っていることにも説得力はないね。

58 :名無氏物語:2011/11/28(月) 14:57:55.19 ID:PKDdYfRl.net
>勉強の意義は、「社会の役に立つため」だと割り切ったほうがいいよ
「大学」の格物致知の項をよく読みなさい。それからまだ、そう言えるなら言いなさい。

59 :名無氏物語:2011/11/28(月) 19:58:49.24 ID:TvxXnvEK.net
現場のソルジャーになる人間に教養は要らない
古文漢文は旧帝以上だけやれないいと思う、理系は。

60 :名無氏物語:2011/11/28(月) 20:15:30.99 ID:31NTWLDD.net
君子が古文・漢文を学べば人を愛す。

小人が古文・漢文を学べば・・・、と続けたいところだが、
さすがにこの板には
(このバカは、古文を学ばない方がよかったなぁ・・・)
がいるんで、そう簡単には言えないが。^^;

しかしとにかくさわりだけでも、古文・漢文は、理系だっても学んで置いてくださいよ。
仮に三方(言葉のあや。差別的意はない、念のため)で渡世するだけになったにしてもね。

日本では、ヤクザだって、仁義・仁侠を言うんだからね。(笑)

61 :名無氏物語:2011/11/28(月) 22:05:13.27 ID:G8kh6uTB.net
>>60
日本語でおk

62 :名無氏物語:2011/11/28(月) 22:33:33.28 ID:gTw48VGM.net
では日本語で。^^
「小人が古文をシッタカすれば『日本語でおk』と言う」

63 :名無氏物語:2011/11/28(月) 23:53:13.78 ID:TvxXnvEK.net
>>60
そのソルジャー層は古文・漢文よりもまずは物理を勉強してくれってレベル。
理系科目の習熟度が酷いのに古文・漢文どころじゃないですよ。

64 :名無氏物語:2011/11/29(火) 02:00:24.00 ID:aeL0FMa8.net
ソルジャー君は一体何が言いたいの?


65 :名無氏物語:2011/11/29(火) 02:41:55.70 ID:vkTNxuP3.net
>>60
これだよな
この肉体労働者を軽視する視点
これが話がかみ合わない原因だ

ヨーロッパでは、フランス革命という象徴的な出来事によって
封建制が完全にぶち壊され、近代国家へと変貌していったというのに
その後の資本主義の勃興
資本家は労働者から搾取はしても、労働者を軽視することはない
なぜなら自らの富の源泉だからだ
この流れから来てるので
民間企業に勤める人間なら、肉体労働を馬鹿にすることはしない
というか、バカにしても意味が違う

古文漢文の好きな人間は、公務員関係者が多いのかな?

民間企業の人間が肉体労働を馬鹿にするのは、自分が高尚な人間だと思ってるのではなく
自分の方が生産性が高いと考えてるから
しかし、実際研究開発って作業は肉体労働なわけだから
肉体労働は、すべての基本なんでとても重要なんだよ

民間企業のこういう感覚もわからないものなんだろうな

66 :名無氏物語:2011/11/29(火) 02:59:31.81 ID:vkTNxuP3.net
>>58
格物致知

ネットでぐぐったが、「学問にはそれ自体に意味がある」みたいなことか

そういう学問ならそれこそ週休2日なんだから、やりたい人だけが休日にやればいいんじゃないの
自分でやろうという意思をもった人間なら、文法なんて一瞬でマスター出来るだろうし
普通課の全高校生に強制させ、大学入試で課す意味が分からない

古文漢文推奨派が、覚悟を決めて「古文漢文は絶対高校の授業に残すべき。必要な人間にとってはどうしても必要な学問だ」
と主張するならわかる

しかし、そんな覚悟をもった人間がいない
どこか逃げ道を用意したような口調
正直自分でも考えがまとまってないだろ


67 :名無氏物語:2011/11/29(火) 10:34:31.82 ID:Pgi7HQm4.net
>>65-66
その人に1を言えば10を知ってもらえるようになっている。それが即ちその人の教養だよ。
学校教育はその教養が誰でもに身に付いているように、だよ。だけどね・・・。


「格物致知」はね、「人を愛す。愛する人々は平和に暮らして欲しいと願う」そのために、だよ。
それを望む人は、国を治める。国を治めることを望む人はそれより先に家を整えている。
家を整える人は、当然にその前に自分の身を修めている。

そして自分の身を修めようとする人が、その基礎になる「格物致知」をしていないわけがない、なんだよね。

物をきわめて知にいたる、と読んでもいいし良知をいたして物をただす、と読んでもいい。
とにかくその「学び」が何よりも人の為すことの先ず第一の一番先にある、ということだよ。

68 :名無氏物語:2011/11/29(火) 20:20:52.96 ID:H3YJb1bI.net
古文・漢文を学ぶ
  ↓
古道を学ぶ
  ↓
古語を学ぶ
  ↓
古意を学ぶ
  ↓
今を生きる自分自身を知る


授業科目から外すべきではない、絶対に。

69 :名無氏物語:2011/11/29(火) 20:47:53.65 ID:nT946/Sk.net
案の定、文系ナルシストの自慰スレになったな

70 :名無氏物語:2011/11/29(火) 21:28:31.12 ID:dFjrkUNE.net
>>69
だって、ボク、頭がいい上にイケメンだから、通信簿と鏡が恋人なんだもん。^^

71 :名無氏物語:2011/11/30(水) 20:33:54.64 ID:38c0wixu.net
高校レベルの古文漢文は,たいしたことをしているわけではないのだから,その程度で負担だとか目くじらをたてるほどでもあるまい。

72 :名無氏物語:2011/11/30(水) 20:48:58.58 ID:AwhsfAEf.net
>>71
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1322580431/l50
東大理系が空気読まずに古文漢文の記述問題とか二次試験でやるから
外すに外せないのが実情。

73 :名無氏物語:2011/11/30(水) 20:49:50.47 ID:aeNevOiN.net
似たようなスレが三つもあるというわけわからん状態だな
よっぽど古文漢文教育に恨みのある人の仕業だろうか

74 :名無氏物語:2011/11/30(水) 22:27:14.08 ID:+e3GnpUc.net
>>35
>古文漢文は高校生がやるには高尚すぎるんだよ
中等教育がエリートのものだった時代なら教養として古典をまなばせる意味はあったとおもう。
しかし大衆化してくると古典をみにつけるセンスがないひとばかりになるのだよな。

75 :名無氏物語:2011/11/30(水) 22:31:13.96 ID:+e3GnpUc.net
古典がそんなにいいものなら義務教育段階でしっかりやればいいとおもう。
義務教育なら別にできなくても進級・卒業できるし退学させられる(私学は別)
というストレスがないから気楽にやれる。

76 :名無氏物語:2011/11/30(水) 23:35:45.50 ID:38c0wixu.net
有名高校の入試には古文が出題されるから,中学でも古文をやってる人はいるだろう。しかし現代文もろくに読めない人がいる中で中学で古文をどれほどの人が修められるか。

77 :名無氏物語:2011/11/30(水) 23:58:25.92 ID:kL+OxcdS.net
>しかし現代文もろくに読めない人がいる中で
じゃあ古文を外したら、その人たちは現代文くらいなら読めるようになるの?
その勉強はその勉強。この勉強はこの勉強、さ。
まあどっちかができるならもう一つも良く出来るの相関関係はあるだろうけど、
どっちも元々出来ない人は、ひとつだけにしてあげたって、
それが出来るようにはならないよ。?笑)

78 :名無氏物語:2011/12/01(木) 02:27:10.78 ID:q8lnwiEu.net
>>67
なるほど
それなら納得がいく

>>68
そんな抽象的なこと言われてもわからんよ
相対性理論の正当性を主張するのに、相対性理論を使っているようなもの

79 :名無氏物語:2011/12/02(金) 23:07:37.19 ID:SVfMXKPK.net
こんなスレを立てて、一体、何の得があるの?

80 :名無氏物語:2011/12/02(金) 23:53:14.57 ID:Ac7m5i6k.net
そんなこと言やあ、2chのスレなんて全部そうだw

81 :名無氏物語:2011/12/07(水) 23:00:34.78 ID:fhVRlDxt.net
たまーに気分爽快な話があって大体自然の美しさだとかそういう風雅なことを語ってる古文は勉強してて面白い
理系科目の息抜きには大変有用だし、いずれ機会があればじっくりと古典を勉強したいなとは思うけれども中々時間がないね


82 :名無氏物語:2011/12/13(火) 09:01:16.55 ID:Tj9qey+M.net
すぐに役に立つものは,すぐに役に立たなくなるものさ.

83 :名無氏物語:2011/12/16(金) 04:24:32.93 ID:tbzEunJe.net
大学の一般教養で憲法や民法や刑法をやったらわかるよ。
ちょっとでも突っ込んで学ぼうと思ったら
高校程度の古文や漢文の知識があったほうがいいんだって。

84 :名無氏物語:2011/12/25(日) 18:32:24.64 ID:i4LOyveR.net
古文,漢文,クソ気分!

サッサと,受験からクソ教科をなくせ!

高校の授業からも亡くせ!

反日のシナや朝鮮の言葉を学んでも意味は無い。
敵国の言葉を教える教師は,在日と同じ。
日本から追い出せや。


85 :名無氏物語:2011/12/25(日) 22:33:35.17 ID:/rTGo8j0.net
>>83
「憲法」「民法」「刑法」といった文は口語ではなく文語で記述されているな。
その道を進む人は外せないな。

というより、何で文語で記述されているんだろうな?

86 :名無氏物語:2011/12/29(木) 07:44:00.32 ID:+tVJMIX8.net
条文自体は,口語化がすすんでゐるんぢゃなかったかな?
でも,法律の勉強って,結局,古めかしい文章を読まずにすますわけにはいかないよね.
「人身ヲ売買シ終身又ハ年期ヲ限リ其主人ノ存意ニ任セ虐使致シ候ハ人倫ニ背キ有マシキ事ニ付
古来禁制ノ処…」(明治五年太政官布告)

江戸時代にも人身売買を禁じる法令が多くだされてゐてをりまして.明治維新後も法的には人身売買が
禁じられてゐたにもかかはらず,明治,大正,昭和初期あたりまでは,事実上人身売買がなくなる
ことはなかった.形式上は,養子縁組のかたちをとった売買契約が結ばれるからですね.大審院
判決は,そんな縁組は実質的に売買と同じだから無効といふ有名な判例をだしてますが,なかなか
世の中は法律や裁判所の思ふやうにはならないのでありました.

87 :名無氏物語:2011/12/29(木) 07:57:31.31 ID:+tVJMIX8.net
民法の条文が1000条を超えるのも,判例とやらが法源になるのも,結局のところ,古来
「世の中は法律や裁判所の思ふやうにはならない」ことが多いからである.
そんな不条理をあれこれ探していくと,具体的な事例の記述は,古めかしい文章だらけ.


88 :名無氏物語:2012/01/03(火) 22:22:25.23 ID:FXIYa2lh.net
古文,漢文,クソ気分!

サッサと,受験からクソ教科をなくせ!

高校の授業からも亡くせ!

反日のシナや朝鮮の言葉を学んでも意味は無い。
敵国の言葉を教える教師は,在日と同じ。
日本から追い出せや。



89 :名無氏物語:2012/01/03(火) 23:28:04.47 ID:HpHtRXvi.net
古文も漢文も日本語だっつーのバカ

90 :名無氏物語:2012/01/15(日) 16:51:15.45 ID:jJpf9Ijj.net
タマムシとか,ババアとか,クソ問題出してるんじゃねえぞ,センター試験。

91 :名無氏物語:2012/01/17(火) 18:26:34.10 ID:GMBRh+8F.net
有名な部分だけ教えるようにすればいいんじゃない?教養として必要だし。
試験もそこからしか出さないようにして。

92 :名無氏物語:2012/01/22(日) 20:55:35.65 ID:ER9fCnQN.net
古文も漢文も日本語だから少し難しい本を将来読むことになったら役に立つよ。
問題はそういうのを読まない人生送る人にも勉強を強要しているとこだろうな。

93 :名無氏物語:2012/01/23(月) 13:02:16.83 ID:pXhmHUcJ.net
まあなんとも無粋なスレだこと


94 :名無氏物語:2012/01/23(月) 19:50:15.58 ID:XYvTvDj5.net
勉強を強要、なんてまさにものの価値のわからないクズが言いそうなセリフだよなw
どんな仕事をしてる人の中にも読書人教養人はいるものだよ
逆に大学教授でも学問の価値のわからないクズはいる

95 :名無氏物語:2012/02/03(金) 16:17:26.83 ID:EJAux1fV.net
スローセックス

96 :名無氏物語:2012/02/04(土) 20:23:02.55 ID:DsTnRIhJ.net
バランス取るためだと思ってる。
今は欧米的な文化であふれてるから、真逆な要素をとりいれて中和してるかんじ。

肉ばっかじゃなく野菜も食えってこと。
ただ自分から野菜(古文・漢文)を食うやつはまれだから学校で最低限の量を食わせてる。


97 :名無氏物語:2012/02/06(月) 05:12:20.72 ID:OaR4UmOS.net
>>94
だからなんで「家で個人的にやる」じゃダメなの?
文法はわからないかもしれないけど古文漢文の文法なんて本一冊でマスター出来るだろ

>>96
なるほど
古文漢文推進派には、「欧米の文化=浅はかな文化」って意識があるわけだな

ただそれは物質文明を享受する消費者として意見でしかない
欧米社会が物質文明で勝利するために、どれだけ苦労や葛藤を経たかを考慮していない

物質文明での生産者、つまり労働者や技術者を軽視した意見なんだよ

物質文明を支える労働者や技術者、つまり中学高校時代にライトノベルを読んでいるような連中は
大人になって落ち着いてきたら、趣味の選択肢として文学や古典にも興味を持つようになるよ

98 :名無氏物語:2012/02/06(月) 06:31:43.81 ID:vYICNKOE.net
>>97
> 本一冊でマスター出来る
甘いね。若い時に理解出来ないものが年取ってから理解できるわけないだろ
人生の道理や何かと違い、言語能力はもっと早い時期にやらないといけないものだからね
国文法・漢文法とも、英文法とは全く違うものだから、早い時期に文章に慣れておき、
理屈以前に文意が取れるように練習しないと、長じてからでは修得困難になる
大人になってから文学や古典に興味を持とうにも、それを助ける最低限の道具すら
取り上げようというのか?

欧米=物質文明、東洋=精神文明、という図式は誤っている。
誰も欧米に精神文明がないなどとは言っていない。
ただそれはキリスト教の受容を最低限の条件とするものだ。
そして西欧近代はキリスト教の桎梏としての面をかなぐり捨てることで成り立ったのだ。
欧米の精神文明を根底から追体験するには、その大いなるムダを必要とするが、
国家の維持のためにまずはキリスト教に入信しろ、などとはまさか今さら言わないよね?

99 :名無氏物語:2012/02/07(火) 14:57:41.58 ID:hf25Gyyo.net
>>97
所詮中卒の認識w

100 :名無氏物語:2012/02/07(火) 18:38:07.20 ID:S9Gp0mcn.net
>古文漢文推進派には、「欧米の文化=浅はかな文化」って意識があるわけだな
ここまで曲解する気まんまんなレスも珍しいな

101 :名無氏物語:2012/02/08(水) 03:32:00.28 ID:cXXBAP/W.net
大筋同意だがこの辺はどうもな
>誰も欧米に精神文明がないなどとは言っていない。
>ただそれはキリスト教の受容を最低限の条件
なぜここでニーチェwニーチェは着眼点が面白いオッサンだが、梅毒で脳のやられた19世紀のメンヘラなので、鵜呑みはほどほどに。

キリスト教の精神文化のほか、欧米には、ケルト文化ゲルマン文化その他今も連綿と続く、西洋古代からの深い精神文化があるわけだが…
古典を当然の教養とする育ちなら、ギリシャ・ローマの神話、エッダやサガ等、西洋のキリスト教以外の古典にも子どもの頃から馴染んでるものだと思うが

でもって、近代西洋を考察する上で、キリスト教、なかんずくプロテスタンティズムが資本主義の発展に与えた影響を考慮しないわけにはいくまい
ウェーバーも古典といえば古典。古典を推奨する者として、これらを押さえてないのは半端

ここからマジレス

ともあれ古典を「必須の教養」と呼ぶ人が多いように、多くの家庭や友だち関係でも古典は「必須の教養」
仕事の同僚や友だちや親子の会話にも、恋人同士の会話にも、古典ネタがまじる
冗談言うにも、テレビのチャンネル選ぶにも古典ネタが混じる
冠婚葬祭やら災害やらで、誰かを慰めたり感極まったりした時にも古典ネタが混じる

数百年数千年前と大差ない人類の営み、喜怒哀楽の歴史のなかに自分たちが生きていると実感して視野が広がる、芳醇な経験だ

せっかく日本人なんだから、西洋の古典と東洋の古典両方に馴染んでおきたいし
古文漢文に限らず、言葉を身につけたいなら若いうちが良いというよね

102 :名無氏物語:2012/02/09(木) 06:35:15.23 ID:boXi4jCX.net
>>101前半に

いや、べつにニーチェ限定ではないだろ。キリスト教とケルト文化ゲルマン文化が
なんの相克もなく「融合」だけして西洋文明ができあがったとでも思ってるんじゃないの?

その「深さ」あるいは深く見せている陰影の正体が異質なもの(キリスト教)の受容と体得、
反撥と乖離といったあがきの過程で生れたものだ。
ルネサンスも宗教改革・魔女狩りもロマン主義もその「あがき」の結果だ。
「大いなるムダ」というのはそういう事。ムダとは言いながら価値は認めているつもりだ。
回り道と言い換えてもいいが、その全てを追体験する必要があるのかって話。
土着文化だけならもっと「わかりやすい」だろう。あとからでもいい。

よその神話的な記号体系は大人になってからでも理解可能だ。それまでは地元の文化で充分とも言える。
倫理やメタな世界観以前に染み付く記号の体系だからね。一つあればいいのさ。

ウェーバー等については流れを読み返してほしい。漢文教育廃止論者様の論調でいけば、
ウェーバーを理解するためにもっと英語をやれ、高校からウェーバーを読ませろ、って話だわな。
それも数ページでは済まないだろう。古文漢文を無くして国語の時間をけずったぶんをそれに当てろ、と。
英語教師が悲鳴をあげるぞw

あと、社会に出てから世間話に出るどうかを古典選択の基準にするのは賛成できない。
そんな曖昧なものに振り回されるのは御免被りたい。古典の価値はそんな所にない。

103 :名無氏物語:2012/02/14(火) 03:22:08.29 ID:U+9B9/Co.net
古文には日本人の美意識や価値観が現れているけど、
高校生はそこまで考える余裕ないし、先生たちも文法の説明・現代語訳で精いっぱい。
だったら最初から現代語訳したものを現代文として読んで、
読解に時間をかけたほうが効率いいじゃない。
国語学者が現代語訳したものなら、
教室の現代語訳よりよほど正確で、よほど美しい日本語に触れられる。

古文そのものに触れたいなら、大学でor趣味でどうぞ。教室でやる必要はないよ。

石田譲二&清水好子『源氏物語』(新潮古典集成)は現代語訳が一部しかないから
勝手が悪い。この二人は国語学者ではないし。
新編全集の現代語訳はストーリー重視だから、お勉強には向かないw
軍記物や説話は新編全集でどんどん読み進めるのが面白いと思うけど。

源氏物語に関してはやはり、今泉忠義『源氏物語』(講談社学術文庫)を教科書にするべきだと思う。
まあ訳が古めかしいけど、それはそれで重厚な感じがして好きです。

104 :名無氏物語:2012/02/14(火) 07:04:10.09 ID:wXHqngba.net
語学の一つとして古文を読む知識をつけることが古文科の目的の5、6割を占める。
それを削って古文の内容を味わうことにだけ時間を割くというのはいかがなものか。
だいぶ古くからあるが、この古語軽視の風潮はどうにかならんのか。


105 :名無氏物語:2012/02/14(火) 20:00:46.41 ID:0O+AT0my.net
>>103
「翻訳者は反逆者」っていうくらいで、翻訳で感じ取れるものなんてたかが知れてる。
正確さと美しさが両立すると思い込んでいるなら全くもっておめでたい。
大まかにいうと国語学者は正確さを優先、文学者は美しさを優先する傾向がある。
原文の味わいはどちらにもない。

今の高校生が昔の高校生より余裕が無いなんて大嘘、ゆとり化で甘やかされてるよ。
経験不足で要領の悪い教師を基準にしたってしょうがない。教師がバカでも優秀な生徒は
テキストから古典の味わいを汲み取れる。高校時代の感性でなければ得られない貴重な出会いがそこにはある。
バカと怠け者のためにその機会を奪おうっていうのか。

古典語を学ぶことで日本語に幅が生まれ、豊かな言語表現のヒントが得られる。
それを苦痛にしか感じられない者にこそ、そういう体験を一度は味わわせるべきなのだ。
古典語も学ばせない先進国がどこにあるよ。

106 :名無氏物語:2012/02/15(水) 00:04:27.69 ID:3GxGOemf.net
>>105
「原文の味わい」などという、何のカネも生まないもののために
高校生の柔軟な頭脳を使う必要があるのかどうか分からない。
優秀な生徒は読めばいい。

いわゆるゆとりで甘やかされてるのは高校生だけではないだろう。
腹の中にいる時からゆとりだよ。
昔の子どもと今の子どもは違う生き物だ。もちろん、大人も。
今の子どもにとって最適な学習手段を取るべき。そのひとつの案が現代語訳をテキストにすること。

豊かな言語表現のヒントを得ているであろう貴殿が「バカ」という言葉を
使うのは不思議でしょうがないですね。
見下す気持ちの表れだろうが、ただ見下すだけでは何も解決にならない。
スレの趣旨とは外れるが、なぜそういう「バカ」が多いのか、古典の世界観を味わえずに学生を終える
子どもらが多いのか。
この辺りも考えてみたいところ。

ところでここでいう古典は江戸以前のものを指すよな?
105は明治〜昭和の文学に関してはどう考えてるの?

107 :名無氏物語:2012/02/15(水) 02:51:44.60 ID:U85u9AK2.net
>>106
明治から昭和初期の文学を楽しむには「文語」の要素の知識が必要でしょ。
そのあたりを読まず、講談口調にも触れず、時代劇でさえ古めかしい表現や
近世の価値観を排除する、こんな時代に育つ子供がいきなり古文に接するから
拒否反応を起こすのはわからなくもない。でもそれに同調する気に離れないなあ。
何度だらだら言っても甘やかしは甘やかしだし。



108 :名無氏物語:2012/02/15(水) 02:57:07.86 ID:U85u9AK2.net
>>103 の下半分について言うと、現代語訳しか読んでないから
そんな見当はずれの評が出てくるんだよなあ。
現代語訳なんて単体の通読を想定していないんだから、
現代語のテクストとしてそれだけを評論の対象にするのがすでに的外れで偏ってる。
「現代語訳で充分」説はその時点で破綻してるわ。
岩波文庫で原文だけのやつ頑張って読んでみろよ。
読書百遍意自ずから通ずってな。

109 :名無氏物語:2012/02/15(水) 03:37:53.13 ID:ONdjFfS3.net
かりに国語学者と作家を大規模に動員して、
単独で読んでも古文に劣らないような文学性を備えつつ
かつ正確な決定版的な現代語訳を作ることはできるのだろうか。
題して「国定今訳古文集成」。

110 :名無氏物語:2012/02/15(水) 04:01:26.33 ID:CdcGew23.net
文化を捨てると朝鮮人のようになるぞ

111 :名無氏物語:2012/02/15(水) 04:29:17.68 ID:3GxGOemf.net
>>107
なるほど。
仰る通り、明治〜昭和なんて特に古典の素養が必要だね、楽しむためには。
「楽しむ」なら趣味でいい。
今ふと考えたが、古文の導入として明治の作品を読むというのはどうなんだろう。
いきなり中古まで遡らず、近代初期のを読んで肩慣らしといった感じで。

自分が古文に全く抵抗を感じなかったのは時代劇や歴史小説を好んでいたからだった。
でも今の時代劇は全く見る気がしないね。…というのは余談。


>>108
こちとら影印本読んでるよ。
岩波文庫よりよほど味わえるぞ。


>>109
国文学者が仲間に入れてほしそうにこっちを見ている

112 :名無氏物語:2012/02/16(木) 01:40:26.95 ID:SUcWdICp.net
>>109
編集委員長は誰にするかな

113 :名無氏物語:2012/02/16(木) 06:55:45.69 ID:woKh/G6h.net
>>111
>「楽しむ」なら趣味でいい。
話の趣旨が変わってる以上、揚げ足取りにもなってないなw

そのあとの「ふと考えた」ことの方が重要なんだよ。
戦後の日本の教育とメディアがムキになって「戦前」を抹消してしまった結果、
近世と現代を結ぶ言語と文化の連続性が絶たれているのがこの状況。

中高生が古文ではない「文語」に触れる機会なんて、
明治に創立された学校の校歌や応援歌ぐらいしかない。
それだってどんどん廃止され改訂され気息奄々だ。
そういう事を一方的にしているのは、思想的に非常に偏った人たち。
その人達はむかしゲバ棒を振り回し、浅い言葉で受け売りの「理想」を押し付けていたのだ。
今も彼らの言葉は浅薄で押し付けがましく聞くに堪えない、とても子供に聞かせられないものだ。


114 :名無氏物語:2012/02/23(木) 17:14:38.64 ID:5I+VJ/xK.net
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0215&f=national_0215_042.shtml

マーケットOをすすめてるわ。ありえない!!!

細菌入り韓国菓子の危険性を一切報道せずあろう事かそれを勧めるクソテレビ局
http://www.youtube.com/watch?v=-jZ2WFbt54M

試験前におなか壊したら、どうしてくれるの?


115 :小森亮太容疑者(23)女児強姦 ◆Hay8dsBV5g :2012/02/27(月) 22:44:33.18 ID:GB7Cc6jn.net
       ____
     /      \
   /  _ノ   ヽ_  \
  /   (●)  (●)  \
  |      (__人__)     |    これには激しく同意だお
  \     `⌒´    ,/    
  /     ー‐    \    


116 :名無氏物語:2012/03/06(火) 21:48:50.36 ID:N5Iy7Gbi.net
>>110
韓国は漢字を棄てて学力が下がったから、再び漢字教育を導入したらしいね。


117 :名無氏物語:2012/03/07(水) 09:07:57.67 ID:Fb93z4QP.net
そんなこといったら、外人だってラテン語学ぶ必要無くなるだろ

118 :名無氏物語:2012/03/07(水) 10:40:37.44 ID:snKBRRff.net
現在具体的に役に立つことしか認めないっていうのも怖い思想だな

119 :ナナシ ゾウ は ハナ が ウナギ だ! ◆KoZTgemFLM :2012/03/08(木) 13:14:23.77 ID:HtkYWPmt.net
ニホンゴ の コテン は ともかく カンブン は いらない な。

120 :名無氏物語:2012/03/08(木) 16:09:09.70 ID:tzIT8FAl.net
>>119
今使ってる漢字熟語とか単語とかほとんど全部
古文漢文由来だぜ。

121 :名無氏物語:2012/03/15(木) 22:05:17.39 ID:aLeRxAmK.net
古典なんか専門家だけがやってればいいだろ。古典なんかなくして情報増やせばいいのに。

122 :名無氏物語:2012/03/15(木) 23:26:20.06 ID:3z6eLFIs.net
教育と効率
http://blog.tatsuru.com/2012/03/10_1013.php

123 :名無氏物語:2012/03/20(火) 09:15:08.37 ID:Ds2GNfQg.net
古文、漢文、歴史、理科を捨てて勉強したから、
いまさらになって後悔。

124 :名無氏物語:2012/03/21(水) 12:35:00.44 ID:zJSWTnAD.net
主演:キム・テヒの反日発言のまとめ

 *なお、このドラマは花王の一社提供です。

「日本人は醜い猿」
「独島は韓国領土」
「日本人観光客見ると反吐が出る」
「日本に行くのはお金の為、日本は嫌い、吐き気がする」
「日本は韓国より劣ってる発展途上国」
「日本は他国の領土を侵略しようとする、嘘をつくとんでもない国だ。」
「韓国人の方が優秀、日本人のノーベル賞は全部ロビー活動によるもの」
「日本文化は全部韓国文化のコピー、日本は文化泥棒、韓国は文化大国」
「日本の歴史は全て捏造、韓国はアジアを支配していた」
「日本で韓流が流行るのは日本人俳優のレベルが低すぎるから、
私が本物の演技を日本人に教えてあげたい」
「日本のお菓子が韓国のコピーばかりで驚きました」


125 :名無氏物語:2012/03/21(水) 18:04:07.96 ID:ApPBpbBo.net
日本史大好きなので、必要ないとは言わないが、授業内容が、暗記ばかりなのはどうなのよ?

あり、おり、はべり、いまそかり!
らりりるれれ!
(せ)○きししか○!

訳分からんわw


もっと、古典文学の素晴らしさみたいなのを伝えて、
日本文化に興味を持たせるような授業にはならないのか?

126 :名無氏物語:2012/04/05(木) 12:39:52.47 ID:kkIhBLNC.net
小学校初期から正假名を教えるべし
いとゐとひやえとゑとへなどの違いは
文法や成り立ちから来てるんだから
正假名を教えることで正しく文法を学べる
正字の漢字は趣味でいいよ


127 :名無氏物語:2012/04/08(日) 15:36:13.25 ID:pnT/Uqo7.net
>いとゐとひやえとゑとへなどの違いは
>文法や成り立ちから来てるんだから
>正假名を教えることで正しく文法を学べる

こういうのを学術語使って説明してごらんよw

128 :名無氏物語:2012/04/11(水) 16:51:21.54 ID:+whts1vk.net
高校生なら選択科目があるだろ

129 :名無氏物語:2012/04/21(土) 12:20:12.69 ID:3jzEVeI8.net
>>125
学校は趣味のための機関ではないから
古典の素晴らしさを味わいたければ自宅で勝手に学べばいい。
教育現場では数学や物理と同じく文法中心の詰め込み方式を徹底すべき。

130 :名無氏物語:2012/04/22(日) 11:51:35.22 ID:YQPSe+/O.net
基礎からわかる 古典文法 [単行本]
中村菊一 (著)

この本はどうですか?

131 :名無氏物語:2012/05/06(日) 03:13:09.48 ID:XroIU8yT.net
教科書基礎レベルがわかっていれば、だいたいは読めるんだよ、古典なんて。

つか、この大変な時代に、教員は何考えるんだろ?頭おかしくない?

「日本人ロボット化計画」みたいなのの一環なんだろうよ。

132 :名無氏物語:2012/05/06(日) 21:57:20.19 ID:amgRTIni.net
英語の背後に流れているのは二千年続いた古典
聖書やホメーロスです。
日本の古典も知らないで国際人には成らないでしょう。
英語だけまなびたいのなら移住したほうが良い。
移住した国ではその国の背後に流れる古典を
身に着けて本当にその国の人になるわけだが。

133 :名無氏物語:2012/05/07(月) 00:22:00.29 ID:fLQzJNYE.net
自称東大理系必死だな
http://hissi.org/read.php/kobun/20120506/WHJvSVU4eVQ.html

134 :名無氏物語:2012/05/28(月) 12:34:23.59 ID:eqTXfazD.net
古文漢文は必修にして
理系大学入試でも出題すべき
士大夫たるべき知識層が四書五経兵書史書の漢籍に通じるのは当然のたしなみ


135 :名無氏物語:2012/06/14(木) 00:26:00.58 ID:sX87QDBn.net
湯川秀樹なんか学者並に漢籍に通じていた。
そして「荘子」からヒントを得てノーベル賞を受賞。
理系も漢籍に通じてないと発想が貧困になって駄目。

136 :名無氏物語:2012/06/15(金) 03:40:05.81 ID:fmw2xk8O.net
>発想が貧困になって駄目

付け加えるなら、
どうヒントを得てどう生かしたかって事が大事だな。

ひとつの見地を提供したという事実を評価できない人間が学問について話しても無駄。大学に来るべきじゃない。



137 :136:2012/06/15(金) 04:49:24.97 ID:fmw2xk8O.net
大学どうこうの話題じゃねえなスレ違いだった。

138 :名無氏物語:2012/06/15(金) 08:43:58.57 ID:r93VhXuO.net
>>134
東工大:古文漢文なんざ時間の無駄だから受験数学やれ

139 :袴垂保輔 ◆LmrL2hSV9g :2012/06/17(日) 00:30:24.02 ID:v9KcH6yU.net
>>1
こういうやつに限って現代文学のげの字も知らないんだよな

140 :名無氏物語:2012/06/17(日) 16:00:15.21 ID:yWwkIuMW.net
東大が理系に国語の記述をやらせて東大受験生も国語の勉強が楽しい
って言ってる現状じゃ高校の授業から外れることはないと思うぜ?

141 :保守派:2012/06/17(日) 17:01:39.43 ID:V+JOvf4l.net
>>1 古典あっての現代語だ。したがって教育課程から古典をなくすことに強く反対する。

142 : ◆japangjfsM :2012/06/17(日) 19:35:28.17 ID:HIq0G7lU.net
 

143 :名無氏物語:2012/07/01(日) 12:40:41.15 ID:QYsjHviE.net
漢文の素養は、明治時代の西欧文明を吸収するのに役立ったと言われている。
夏目漱石や森鴎外、正岡子規や中島敦といった文学者らの、優れた著作の背景には漢文の素養があった。
しかし、日本人は漢文を捨て、西欧を採入れようとしましたが、現在まで実際には失敗している。
英文学者の漱石でさえ「漢文は理解出来るが、英語は理解出来ない」と言っている。
漢文の素読が、かつての日本人の国語力を一定のものにしたことは事実であり、それは今の日本人の国語力以上のものであった。
今の漢文教育は、「さわり」をやるだけなので意味が全くない。
古文・漢文と共に、国語は今の授業時間数では絶対に足りない。
数学理科など減らしてでも、国語の時間は増やすべきである。
国語力とはものを考える力であり、他の教科の基礎であるばかりでなく、人の生き方の本質に大きく関わるものだからである。

144 :名無氏物語:2012/07/21(土) 09:11:56.87 ID:OWK3NwaN.net
役だった、ってもう完全に過去形じゃん
今ではもう何の役にも立たないでしょ

145 :名無氏物語:2012/07/22(日) 08:32:30.98 ID:LZBnxn1v.net
文法は大事だろうけど味わうのも大事だと思います。
何の役に立つのか分からなくて面白くもないものはそのうち誰もやらなくなって廃れる気がする。


231 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★