2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

余命三年時事日記を真に受ける奴はバカ

225 :マンセー名無しさん:2017/03/29(水) 17:22:26.14 ID:JUf+dOMa.net
余命三年時事日記って真に受けていいの? 114 [無断転載禁止]c2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/korea/1489761930/796
1598 汚染列島
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/03/24/1598-%E6%B1%9A%E6%9F%93%E5%88%97%E5%B3%B6/


余命は、小泉が国籍条項撤廃したという出鱈目を流布するのに必死だなw
さすが、キムチ臭いデマブログだ。

国籍条項
https://kotobank.jp/word/%E5%9B%BD%E7%B1%8D%E6%9D%A1%E9%A0%85-181506

知恵蔵2015の解説
国籍条項
地方自治体一般事務職員などの受験資格には「日本国民に限る」という「国籍条項」が置かれ
ていたが、地方公務員法には明文の根拠はない。自治(現・総務)省は、1953年に内閣法制局が
示した「外国人が公権力の行使、公の意思形成に参加できないことからくる当然の法理」であ
るとの見解にしたがって地方自治体を指導してきた。しかし近年、「国籍条項」を撤廃して、
医療職、技術職を中心に外国人にも地方公務員への道を開く自治体が増えてきた。現在では、
自治体のほとんどが外国人に採用の道を開き、自治省も96年11月「条件付き撤廃」を容認した。
国籍条項によって管理職試験の受験を拒まれ、資格の確認を求めた在日韓国人2世の女性の訴訟
では、東京地裁は96年5月16日の判決で、都の管理職受験拒否は違憲・違法ではないとし、東京
高裁は97年11月26日の判決でこれを覆し、違憲・違法としていたが、最高裁は2005年1月26日の
判決で再転、受験拒否は合法と判断した。
(宮崎繁樹 明治大学名誉教授 / 2007年)

事実はこれなんだがね。
まともな保守派日本人には常識だ。

後、判事と検事は国家公務員なので、当然外国人はなれない。

総レス数 254
93 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★