2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

彡(゚)(゚) ハンJ マルクス経済学部

1 :マンセー名無しさん:2018/08/04(土) 09:57:30.34 ID:oOUztqLn.net
彡(゚)(゚) マルクスの『資本論』は、左翼の永遠のバイブルであると同時に、戦前戦後右翼の思想的支柱でもあったんや
彡(゚)(゚) 「パヨク」「ネトウヨ」と言う前にマルクスの思想に触れておくことは大切や


◆入門書
・池上彰『池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」』
 寝っ転がっても読める入門書。資本論全3部のうち第1部のみを解説。

・デヴィッド・ハーヴェイ『〈資本論〉入門』、『〈資本論〉第2巻・第3巻入門』
 池上著と違い資本論全3部をカバー。くだらない抽象論を全てカットし、具体的に話をするので読みやすい。

・伊藤誠『「資本論」を読む』
 東大名誉教授による入門書。上記2著に比べて難解だが、薄いのでまとめに役立つ。

579 :マンセー名無しさん:2019/08/02(金) 21:10:48.32 ID:ZpEGEUFB.net
資本論を真面目にやっている経済学部は日本ではどこにあるん?
地方国公立やとドグマに凝り固まった化石のような教授が教条主義的にマルクスを教えているというイメージがあるんやが

580 :マンセー名無しさん:2019/08/09(金) 12:39:58.86 ID:hzZMH6du.net
ケインジアン系のスレ無いの?
経済学の王道にして外れなしだが

581 :マンセー名無しさん:2019/08/16(金) 22:54:42.37 ID:Vejafawj.net
>>580
ないならつくるまでや
彡(゚)(゚) ハンJ マクロ経済学部

https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/korea/1565963631/l50

582 :マンセー名無しさん:2019/08/17(土) 07:57:22.95 ID:SsOa/kfF.net
>>581
dです🤗

583 :マンセー名無しさん:2019/08/17(土) 20:38:39.56 ID:WiJVetXC.net
同一素材で同一の労力、経費で作った同一目的の2つの品物に価格差が生じ、
かつその際になお高価な方が売れるという現象についてマルクス理論ではどのような解釈がなされてるのでしょうか
たとえば同じようなエンジニアブーツで名もなきメーカーの廉価なものより
名のあるメーカーの高価なものの方が売れやすいという現象についてですが

584 :マンセー名無しさん:2019/08/17(土) 21:23:40.35 ID:NefFll+0.net
>>583
その手の問題について広くなされている説明は、「労働価値説は需要と供給による値段の調節を否定しない」というものですね
これが資本論の説明だったか後のマルクス研究者の議論だったかは忘れてしまいましたが


他方、労働価値説というのは商品の値段を説明するための絶対普遍の原則ではなく、「そう仮定すると何が見えてくるか」という1つの仮説であると私は理解しています

資本論の中でも、芸術作品、土地、株式の値段は労働価値説で説明が付かないということは指摘されています
(ちなみに土地と株についてはどのようにしてその値段が決まるのかという点について面白い議論「擬制資本」が展開されています)

585 :マンセー名無しさん:2019/08/17(土) 21:31:37.81 ID:NefFll+0.net
>>584
(続き)
加えて労働価値説は、裏を返すと「労働を投下していない商品には価値がない」という議論になることにも注意が必要です

これは、「金融資本や地主は実際には何も産み出していないのに剰余価値を分け取る、とんでもない(よく言う表現で言えば吸血鬼のような)存在である」という評価が先にあるということです

この評価はもとをただすと聖書の記述にまで遡るヨーロッパによくある主張ですが、労働価値説も主観的な評価から自由ではないということを押さえておくことは、資本論の冷静な評価にとって大切なことです

586 :マンセー名無しさん:2019/08/17(土) 22:35:28.61 ID:iGvX4OIF.net
>>584
あっそうだ(唐突)
労働価値説は需要と供給による値段(価格?)の調節を否定しないというのを見て思い出したわ
マルクスは資本論で、機械化によって労働力が余剰となると需要と供給のバランスが崩れることによって労働力の価格が下がって搾取しやすくなるとか書いていたで
需要と供給による価格の変化に対して皮肉ってはいたものの否定してなかったし、むしろ自分の論のために踏み台にしとったな

>これが資本論の説明だったか後のマルクス研究者の議論だったかは忘れてしまいましたが
もしその何だったか文献わかったら教えて下さい

587 :マンセー名無しさん:2019/08/18(日) 05:52:57.42 ID:XEx18Y0v.net
一応コモディティー化という発想は○経由来なのでこれは評価する

588 :マンセー名無しさん:2019/08/18(日) 10:00:54.51 ID:yrBM6svX.net
いわゆる転形問題というヤツだな

589 :マンセー名無しさん:2019/08/20(火) 16:53:27.26 ID:wvb903+X.net
転形問題の理論的解決としていちばん納得が行ったのは柄谷行人がトランスクリティークで使った理論だな
結局生産局面に目を向けるだけだと転形問題は分からない
俺なりの理解としては、
仮に一切労働者を遣わない人工知能の完全オートメーションの向上があったとしても、
その完全オートメーションを実現したのは、マルクスのいうプロレタリアの”死せる労働”である固定資本であって、かつ、その工場の商品の価値が実現するのもプロレタリアが働いて得た賃金を払って消費されるからにすぎない
したがって、固定資本というプロレタリアの”死せる労働”とプロレタリアの彼ら自らの労働の対価を用いての消費活動なしに価値は実現されない
いくら生産過程において生ける労働である可変資本が極小になろうとプロレタリアの関与なしには価値は実現されない
したがって、転形問題を解決するには翻って総資本の側から見て、すべての商品の価値が増殖すれば、それは世界のすべての労働者の力によるものであって、それが個々の労働者に分配されないならば搾取である
っていう感じかな
長文御免

590 :マンセー名無しさん:2019/08/20(火) 18:31:06.32 ID:47uOxXDB.net
○経はもう少しだけ文章がシンプルならなぁと思う。

591 :マンセー名無しさん:2019/08/20(火) 18:33:34.28 ID:47uOxXDB.net
もち>>589ではなく

592 :マンセー名無しさん:2019/08/20(火) 19:26:44.80 ID:wvb903+X.net
>>590
まず宇野弘蔵の文体がヤバいからなあ
宇野は天才だけどマルクスより宇野の文章読むほうがよっぽど疲れる
文体が平易でわかりやすくて宇野理論を継承したのは、日高普かな
日高の経済学(岩波全書)はすごいわかりやすい上宇野理論をより明晰にした名著だよ
あとは降旗節夫かな

593 :マンセー名無しさん:2019/08/20(火) 19:54:21.56 ID:wvb903+X.net
転化問題があれだけ長引くのは、結局マルクスがあれだけ価値の実体説を拒否して価値形態論に力を入れていたのに、同時に労働者価値説をとったっていう矛盾から来てるんだと思う
結局資本論は流通論をへて3巻の階級論まで理解した上で労働価値説を唱えていれば理解できただろうけど、それを1巻のうちから労働価値説を前提に進めてるのがおかしい
まあ、マルクスも生きてるうちにを資本論を3巻まで出版できる自信がなかっただろうし、理論的な順序を無視して1巻の時点から価値形態論と平行して労働価値説を唱えないといけないっていう無理のある構成をするのもしょうがなかったのかな

594 :マンセー名無しさん:2019/08/24(土) 01:02:11.91 ID:fM/jzaOX.net
第一巻の少し行ったところの価値形態論、「この等式やったら同じやん、当たり前やん」と思って読むと後で転形問題とか価値形態論とかの意味が分からんよな

595 :マンセー名無しさん:2019/08/24(土) 06:28:55.11 ID:TZV95uOz.net
俺は至極単純に考えてるんだが人工物なり資源なりある物に価値(値段)が発生したとしたらそれは労働によるものである、という事であって
価値(値段)自体はあくまで需要供給関係で決定されると思ってるんだが違うだろうか
労働自体が普遍として定量的な価値を持ってるわけでは無い

596 :マンセー名無しさん:2019/08/25(日) 20:33:35.71 ID:uZN/EBP+.net
>>595
マルクス経済学では価値と価格は分けて考える必要があるで
>>595ニキの言う通り価値の源泉が労働によるというものはマルクスも第一巻で説明した労働価値説によるものや
ところが、マルクスは価値が価格となる間の説明を「わかりやすく」「はっきりとは」しておらんのや
そこがマルクスの考える価格は何なの?ということで転形問題といわれているんや

597 :マンセー名無しさん:2019/08/25(日) 22:37:41.85 ID:fhOdahMu.net
なんとなく分けて論じる必然性の無い両者を分けたから冗長になり過ぎてイミフになった木ガス

598 :マンセー名無しさん:2019/08/27(火) 15:18:56.36 ID:c1miBe8i.net
>>596
価値が価格に転化するっていう考え方自体が価値実体論的で価値形態論と背反する
価値論の解決策には価値実体論でなく価値形態論を、生産局面でなく消費局面を、個別資本でなく総資本をみることでしか解決できないと説明したのが柄谷行人のトランスクリティーク
トランスクリティークは数学基礎論から哲学史に文明論まで広範囲に語ってるから転化問題についての言及は忘れ去られてるけど、すくなくとも転化問題の解決っていう意味であの本はホントに決定的な本

599 :マンセー名無しさん:2019/08/27(火) 19:50:21.85 ID:QZZLEe78.net
>>597
敢えて価値と価格を分けたかったんだと思うんだよな
価格から価値が導き出されるとした場合には労働の価値という重要な問題が資本家のつけた労賃で規定されてしまう
資本家は出来る限り労賃を安く抑えたいわけだが彼らがどんどん安くして行く労賃と共に労働者の労働の価値がどんどん下がるという事になる
本来的には同じ労働には同じ価値がある筈であり、出された金額によって上下するものでは無い筈だ

600 :マンセー名無しさん:2019/08/29(木) 21:18:35.69 ID:Y1CvtD/L.net
>>599
何となく労働経済学の見解としては正しいと思う。

601 :マンセー名無しさん:2019/09/02(月) 06:44:29.11 ID:fn269cHk.net
資本を商品の集積と考えて、商品を労働力商品とそれ以外に分けた時点でマルクスの体系は内部的には完成してるんだよ
要するに【労働力商品】or【労働力商品でない商品】っていう綺麗な排中律なんだよ。
そのために貨幣も株券も商品として扱う。労働力商品か否かっていう排中律の中で戦っても、マルクスの体系は崩せない
マルクス主義批判はそのまま労働力商品とそれ以外って大雑把に分ける排中律自体を批判するほかなくなる

602 :マンセー名無しさん:2019/09/02(月) 18:36:09.20 ID:KSen/8i6.net
【拡散希望】
亀戸事件追悼会
●日時:9月8日13時〜15時
●場所:江東区亀戸 赤門浄心寺
●主催:亀戸事件追悼会実行委員会
●関東大震災の時に10人の青年が警察と軍隊の手によって殺された。
再び、繰り返すような社会にしないために追悼をする。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:f70dfdc711a7c6ae6accccb939f27fbf)


603 :マンセー名無しさん:2019/09/05(木) 22:11:33.34 ID:uiy6lw88.net
>>601
マルクス主義批判はたしかにマルクスの体系の内部から崩すものはあまりないな
転形問題の問題から批判し、解体しているものはあるなら読んでみたい気はするが

604 :マンセー名無しさん:2019/09/12(木) 21:18:05.20 ID:Ar8PFIy7.net
あげ

605 :マンセー名無しさん:2019/09/16(月) 00:53:44.57 ID:MlEk5WlR.net
マルクスって今も読んでる大学生はいるんやろうか

606 :マンセー名無しさん:2019/09/16(月) 13:52:45.85 ID:iV6jDNuG.net
読んでますよ🙋♂

607 :マンセー名無しさん:2019/09/16(月) 14:11:29.44 ID:PwWepal4.net
北朝鮮はマルクス主義ちゃうで

608 :マンセー名無しさん:2019/09/16(月) 16:29:04.64 ID:3w0j5+yK.net
読んでますねえ 動機は自分でもわからない

609 :マンセー名無しさん:2019/09/17(火) 12:21:28.17 ID:PVuQyNWA.net
>>607
あそこはマルクスレーニンも禁書やと聞いたで
マルクス主義を都合よくアウフヘーベンしたレーニンを都合よくアウフヘーベンしたスターリン主義をアウフヘーベンした結果やな

610 :マンセー名無しさん:2019/09/17(火) 12:41:43.52 ID:LmcItSeV.net
主体思想ってなんなのかよく分からんが
あれは経済学の範疇に入るとは思えない

611 :マンセー名無しさん:2019/09/17(火) 22:44:06.70 ID:mwfLPeGT.net
>>610
主体思想は経済学には入らんわな
支配を正当化する謎理論やあれは…

612 :マンセー名無しさん:2019/09/23(月) 22:01:50.10 ID:NqU7SPkR.net
判事補採用内定者(71期)  合計82人73人が東大京大一橋慶應早稲田中央の6校

法科大学院
慶應16人 東大14人 一橋9人 京大7人 中央6人 早稲田4人
大学(予備試験)
東大6人 中央4人 京大3人 慶應2人 早稲田2人

613 :マンセー名無しさん:2019/09/23(月) 22:35:27.59 ID:/u8oskAw.net
資本論の新しい訳が新日本出版から出るゾ
買った兄貴はおるか?

614 :マンセー名無しさん:2019/09/24(火) 16:31:49.60 ID:0gl4vPYA.net
撲殺目的にしか使えない予感

615 :マンセー名無しさん:2019/09/24(火) 19:46:50.58 ID:72H0fSbN.net
佐々木隆治とその取り巻きがボロカスに叩いてるが、ごちゃごちゃ言ってないでお前らが訳せよと思う

616 :マンセー名無しさん:2019/09/24(火) 19:51:01.78 ID:tS20MR2+.net
どうせ共産党嫌いが昂じて難癖つけてるだけなんじゃないか

617 :マンセー名無しさん:2019/09/25(水) 02:10:07.00 ID:QDS7rOu5.net
共産党の前の版は少なくとも向坂センセよりはまともだったな

618 :マンセー名無しさん:2019/09/30(月) 21:27:31.88 ID:dsAScsbN.net
向坂は…ウン…そうだな…あれだな…
ソ連に行ってソ連の宣伝を鵜呑みにしてソ連を礼賛したことがあったはず

619 :マンセー名無しさん:2019/10/06(日) 07:47:48.46 ID:Q5hLugRD.net
age↑

620 :マンセー名無しさん:2019/10/06(日) 11:37:27.78 ID:3pWLYNez.net
>>618
それ文章力に関係ある?

621 :マンセー名無しさん:2019/10/06(日) 14:52:36.02 ID:Q5hLugRD.net
>>620
関係はないよ
向坂の話題が出て、そういえば向坂のそういうエピがあったわということを思い出しただけ
ただ、向坂の文章力から言えば岡崎次郎読んだほうがいいんじゃないんだろうか

622 :マンセー名無しさん:2019/10/06(日) 14:56:05.11 ID:Q5hLugRD.net
(向坂逸郎訳となっている岩波版も、ほんとは岡崎次郎が大部分を書いたとか言われているけどね)

623 :マンセー名無しさん:2019/10/08(火) 11:57:32.41 ID:n2RoppN8.net
岡崎次郎の自伝「マルクスに凭れて六十年」はけっこうな値が付いてるんだな
80歳にて全ての家財を整理し西行の旅に出たまま足取りが途絶える、か…

624 :マンセー名無しさん:2019/10/08(火) 20:06:26.24 ID:NoV/H75b.net
ケインズに埋もれてとかいないのは不思議

625 :マンセー名無しさん:2019/10/08(火) 21:12:27.30 ID:FQT1HrEf.net
ケインズは精力満タンでこれに取り組むとパワーアップできるからじゃないの。
マルクスの場合は生半可なものが手出しすると狂わされる感じが。

626 :マンセー名無しさん:2019/10/10(木) 20:35:00.73 ID:FmBVDQoq.net
>>623
まじか
この人、向坂逸郎が居なかったら埋もれていたのだろうか、それとももっと輝けたのだろうか…

627 :マンセー名無しさん:2019/10/15(Tue) 00:39:49 ID:9zPcO99S.net
新しい訳の資本論買ったけど…
解説は詳しく、わかりやすくなったけどやはりあの本文をもっと簡単にするのは難しいんでしょうね

628 ::2019/10/15(Tue) 01:40:20 ID:Bzt+SSwM.net
ネット漁ったら岡崎次郎著「マルクスに凭れて六十年」を図書館の廃棄本お持ち帰り下さいコーナーで無料でゲットしたラッキーマンがおるな

189 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★