2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

余命三年時事日記って真に受けていいの? 332

500 :マンセー名無しさん:2019/01/27(日) 02:39:43.55 ID:Ne0T/7rJ.net
日本の面白いところは、イギリスやドイツなどのヨーロッパは、移民受け入れに舵を切った政府に反発して「自国民至上主義」を掲げ、
全ての外国人をターゲットに右傾化したのに対して、日本のそれは「韓国、北朝鮮」のみに対してのピンポイントで、基本的に外国人の受け入れは「OK」なところ。
大国のアメリカ、ロシア、中国に対しては、日本に不利な条件で条約を結んでも、黙り込んで「見なかったこと」にしてしまうところ。
最近だと北方領土(南クリル諸島)が記憶に新しい。

話は変わるけど、日本が韓国に対して必要以上に強気になるのは、「過去の浮気をいつまでも嫁につつかれ続けて逆ギレした夫の心境」と似ていると思う。
夫は「もう済んだこと」と開き直りたいが、嫁は「いつまでも忘れない」といい続ける。
日本からすると韓国のしつこさはこの上なく鬱陶しいが、彼のフランスも大戦後ドイツの謝罪を受け入れる際に「許そう、でも忘れない」と公言したくらいだ。
日本の不幸は「戦争責任」をナチスドイツのように「ナチス」に押し付けられなかった点が挙げられると思う。
軍国主義者に全ての責任を押し付けて、人間宣言をした天皇にまで責任を問うていれば、
後世の日本は「彼らの過ちは繰り返さない」と声高々に宣言し、奥歯に物が挟まったように教えている
近代史も余すこと無く、誰はばかること無く、堂々と伝えることが出来たのではないかと推測する。

総レス数 1001
286 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★