2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

過去スレにあったバカな…早すぎる…をまだ続けたい

1 :たぬきち:2014/08/08(金) 21:39:39.06 ID:AedVWAG0B
誰かいっしょに入れてくれまずおれから
「どうやら…奴までもが…ついに一人か…」と悲しげに俺はつぶやいた

21 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2014/08/12(火) 18:31:19.69 ID:36W1GT+gU ?2BP(1000)
全く・・・『あの技』は一日七回が限界なんだぜぇ・・・
って言って震える左手を擦りながら言う

22 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2014/08/12(火) 18:36:35.45 ID:36W1GT+gU ?2BP(1000)
>>21
最後のほう日本語がおかしくなってしまった・・・

全く・・・『あの技』は一日七回が限界なんだぜぇ・・・
って震える左手を擦りながら言う

って、書こうとしたのに・・・

23 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2014/08/12(火) 18:48:16.45 ID:36W1GT+gU ?2BP(1000)
ってかこういうのって厨房版かVIPでやるべきネタでは?

24 :たぬきち:2014/08/13(水) 20:35:27.86 ID:DpwciLMxG
なるほ

25 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2014/10/05(日) 15:38:43.52 ID:RO9MjH3dQ
そして俺が宇宙からきた巨大隕石をゆびぱっちんで破壊して
「後はあいつらに任せっか......」ってニヤつく。

26 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2014/10/07(火) 21:30:22.00 ID:t+lz+2yjs
そして俺が、
「なんで、僕なんかの為に、、、くっ、、、」
と、言いながら教官の肩を揺さぶる

27 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

28 :名無しの特攻者(ストライカー):2014/10/12(日) 02:16:25.51 ID:FGroOqZlh
そして俺が煌々と大地を照らす紅い月を見ながら、

「いよいよ…刻(とき)の乖離(かいほう)が始まるか…」

と言って真剣な面持ちで眉間に皺を寄せながら、これから起こるであろう“悲劇(ものがたり)”を思い哀愁を漂わせる

29 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2014/10/17(金) 18:05:30.99 ID:C/BohkHkg
そして俺が「あいつさえ・・・あいつさえいなければ!」
って、地下シェルターでつぶやく

30 :名無しの特攻者(ストライカー):2014/10/18(土) 11:40:13.94 ID:CBBjA/x4j
そして俺はグラスを手に

「フフフ…全ての準備は万端…“奴等”は塵一つ残さず我が物に…フフフ…フハハハ…ハァーハッハッハッハ!!!!」

と愉悦の嘲笑を挙げる

31 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2014/10/30(木) 21:35:41.19 ID:LZjRvTOaA
じゃあ俺は狂気の笑顔で
「楽しみだなぁぁぁぁあひゃひゃひゃひゃ」
って言う

32 :名無しの特攻者(ストライカー):2014/11/08(土) 03:44:42.99 ID:mYS/REunF
そんでもって、俺は自身の右手の拳を胸の辺りまで持っていき
「お前達にこの世界はやってやるものか…!!」
と言いながら右手の拳の甲から“Φ”の紅い文字を浮かび上がらせ最後に
「“転・身”ッ!!」
と叫びながら俺の身体は紅とメタリックな装甲とバッタの顔を彷彿とさせる金色の複眼をもったフルフェイスのヘルメットに包まれる

33 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2014/12/01(月) 00:48:04.52 ID:+HNpVWy8j
で俺がdhjcdhかkjしwふjdって言ってフルボッコにされる

34 :名無しの仮面ライダー:2015/02/21(土) 21:56:01.85 ID:4iRGDRJ1G
俺は散歩中に襲ってきた怪人達に対して「安易に人気者になるもんじゃあねぇな……」と言いつつ変身する。

35 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2015/03/04(水) 14:53:21.30 ID:vP5Bq9fUW
ばかな
そんなバカな

36 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2015/03/05(木) 16:50:57.69 ID:Y3kEST1u0
そして俺が
「せいぜい潰し合うがいい……」
と駆け抜ける

37 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2015/03/06(金) 17:50:19.78 ID:qd49owVP5
その時!

38 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2015/03/10(火) 20:48:50.78 ID:n4auQi97v
実態もなく忍び寄る しろい影!

39 :名無しの仮面ライダー:2015/03/15(日) 20:32:58.04 ID:Cd2m1CwMs
俺は世界一高い山の頂上から世界を見下ろしながら
「この狂った世界……どう変えてやろうか?」と呟く。

40 :名無しの特攻者(ストライカー):2015/03/22(日) 01:34:36.13 ID:hZVyQt+sH
その頃、俺は背中のマントを翻しながら「フッ…下等な人類の手助けなど御免被りたいが…“あの娘”の願いがある…協力しよう!」と言いながら、しかし不思議と優しげな笑みを浮かべ空高く飛翔する。

41 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2015/03/22(日) 13:42:29.92
それじゃあ俺は
「糞スレの予感!」と、叫ぶ

42 :名無しの特攻者(ストライカー):2015/03/30(月) 09:01:04.28 ID:5ayyijlVO
そうして俺は空を見上げ
「へっ…こんくらいの困難、“向こう”で何遍も経験してきたんだ…へこたれる訳にゃあ…いかねぇよなアアアアアアアアァァァァァーーーーーーー!!!!!!!」
と奮起の雄叫びを上げながら自身を鼓舞させる

43 :名無しの仮面ライダー:2015/04/19(日) 09:06:15.47 ID:kLwjmO1Ce
その時俺は、幼馴染を襲おうとしている怪人に向かって銃撃を放ち
「“あの時”はお前を救えなかった……。だから……今度こそは救ってみせる……!」
と言いながら強化フォームに変身するだろう。

44 :名無しの特攻者(ストライカー):2015/04/29(水) 18:15:46.17 ID:EV4w8Ta48
そして俺は、女性型怪人に対し通り抜け様に胸を揉みしだき骨抜きにした後

「フフッ…女性型怪人特有のほどよい弾力感…何時になっても止められないねぇ…♪」

と言いつつ、顔や体の至るところに淡く輝く紅いラインを浮かび上がらせながら恍惚な笑みを見せる。

45 :名無しの仮面ライダー:2015/06/14(日) 08:56:36.02 ID:uzVAAUr+B
そこでハードボイルドな俺は何年も前から様々な過ちを犯し続けてきた怪人を追い詰め
「さあ…お前の罪を数えろ!」
と言い、とっておきの切り札を発動させるのだった…

46 :名無しの特攻者(ストライカー):2015/07/11(土) 09:20:46.99 ID:wG0IvcGZo
ちなみに俺はその時、扇子を手に扇ぎながら
「夏か…“アイツら”が襲来して、一体“何度目の夏”になるかなぁ…」
と言いながら何処か切なく哀しげに遠い目をしつつ佇む

47 :名無しの仮面ライダー:2015/09/13(日) 19:53:22.71 ID:TOEZVi2OJ
俺は自宅で「真の戦いは……これからだ……!」
と呟きながらカレンダーを替える……かもしれない。

48 :名無しの特攻者(ストライカー):2015/09/19(土) 19:13:12.13 ID:Emg0Uz4Yo
その頃、俺は小高い丘の上に立ち大らかに吹く風を感じながら
「…風の雰囲気が変わった…いよいよ、“アイツら”が動くか…」
と言いつつその風の上に滑空するように立ち何処かへと飛んでいく…そして小高い丘に残ったのは、変わらず大らかに吹く一陣の風だけだった…

49 :名無しの仮面ライダー:2015/09/20(日) 13:49:57.45 ID:kHDrIuYue
俺は机上の鉛筆を取ろうとして床に落っことした直後に
「この感じ……“アイツら”は“例の計画”を始めるつもりか……!」
と呟いて筆入れから鉛筆型の何かを出す

50 :名無しの特攻者(ストライカー):2015/10/01(木) 01:03:34.65 ID:gy10G9fA+
その時、俺はとある屋敷の応接間の真ん中で佇みながら…

「カハハハ…準備は上々♪これで“アイツら”を…根絶やしにしてくれよう…!!」

と嘲笑を上げる。そんな彼の前にはあらゆるアニメ・マンガ・ゲームの美女&美少女敵キャラのヒューマノイドがズラリと並んでいた。が、心の声はというと…

(はぁ〜…キ○ガイキャラもラクじゃないなぁ…。あ〜…喉がイガイガする…後でフルーツのど飴舐めとこ…。)

と、普段の振る舞いとは違ったどこにでも居そうな普通の青年らしい事を思っていた…というか、心の声が素であったりする(苦笑)。

51 :名無しのスタンド使い:2015/11/29(日) 00:58:57.15 ID:P2TOsBNUk
俺は法で裁けない悪と対面し、
「テメェはこの俺が裁く……!!」と言い、スタンドを発動させる。

52 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2015/12/18(金) 18:25:16.28 ID:jIxuttVbO
そして俺は古びた本を読みながら「なに!?まさかこれは…大変だ!サドキエルの惨撃が始まる前に早くみんなに伝えなければ!」と言いながら研究所から出たところをサングラスをかけた男に手刀を受け倒れる

53 :名無しのスタンド使い:2016/01/02(土) 13:29:10.58 ID:YddJt2XmL
そこで俺は「今はまだ、奴等が“地獄”を知るべきではない…」とこっそり呟き、サングラスの男と共に>>52をどこかへ運ぶ。

54 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2016/01/23(土) 01:27:58.78 ID:nooOHzuMP
軽井沢スキーバス転落事故で未来ある15人の大学生が死亡した
社会で何の役にも立たない自宅警備員NEETの俺らは、のうのうと生きている
世の中分からんものだな

55 :名無しの女子小学生:2016/04/05(火) 09:50:50.39 ID:IR6b9eZAV
そしたら私が
「やはり…あいつ等は私が此処に来た時に来てしまったもの…ならば…私があいつらを送り返さないと…『我セリアス・ライトロードが命ずるこの命と引き換えに敵を殲滅させよ!!【狂想の宴】』」と言って命と引き換えに禁魔法を発動させる。

56 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2016/05/05(木) 03:58:43.39 ID:5Nnvi0H/h
しかし私が「あんただけにいいかっこさせないよ!あんたは私が倒すんだ!それまでに死んじまったらもう一度ぶっ殺してやる!」って言いながら>>55の【狂想の宴】をとめに現れる

57 :名無しの他人:2016/05/06(金) 20:32:07.84 ID:BxO3ab8nx
そして俺が「また・・・続くのか・・・俺の日常が・・・理不尽な日常が・・・」といって今までの奴に会いに行く

58 :名無しの仮面ライダー:2016/07/06(水) 19:35:28.20 ID:JGp1tNbsv
そしたら俺は「今日も奴等が俺を待っているぜ……!」と言いながらバイクを走らせる。

59 :名無しの特攻者(ストライカー):2016/10/20(木) 04:49:19.44 ID:xa0oIZz4+
その時、俺は>>55の前に向かい合うように立ち
「ったく…ヤケになるには、ちと早すぎるぜ…フロイライン。」と言いつつ>>55の放とうとする禁魔法の魔法式に介入し無効化せんと崩しに係る

60 :名無しのスタンド使い:2016/11/18(金) 21:51:38.89 ID:gN8o17r/5
そこで俺は>>55の背後から現れ、
「やれやれ……ガキに死なれちゃ後味が悪過ぎるぜ……」と言い、>>55を止めるべくスタンドを発動させる。

61 :名無しの仮面ライダー:2017/04/19(水) 21:30:07.01 ID:2avAdrOPz
そんで俺が、ザコ軍団をバイクで蹴散らした後で
「俺より強いやつがいると聞いて!」と言う!

62 :名無しの特攻者(ストライカー):2017/12/21(木) 15:01:13.27 ID:74L0YH7nJ
すると>>61の発言により奥から現れた俺が>>61を見て
「ほぅ…なかなかに威勢の良い事を言うではないか…」と獰猛な笑みを浮かべつつ言い
「ならばその実力、この我(オレ)に打ち付けてみるがいいッ!!」と雄叫びのごとく続けて言い放ちながら怒涛の気迫を開け放つ!!

63 :名無しの戦隊レッド:2018/01/03(水) 14:26:31.96 ID:nCJIIA0Bc
俺はトラックのコンテナの中から出ながら
「副作用なんて気にしてられないな……!」と言いながら強化フォームに変身する

64 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2018/01/03(水) 19:59:43.27 ID:7pN9uRpj0
人は皆主人公とはまさにこのことだな

65 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2018/03/02(金) 19:52:45.43 ID:WHnIMztNu
そしたら郊外の山にある展望台で街を眺めてる俺がにやつきながら
「面白くないねぇ。こういうのはどっちかが強くないと見応えがないよね。」
と言い、少し考えてから
「意外と参加してみるのも面白いかもね。」とつぶやく。

66 :名無しの仮面ライダー:2018/03/07(水) 00:47:05.39 ID:FmLunnVHd
で、自分が>>65に対して
「だったら自分を使ってみるか?退屈はさせないぜ」
って言えばいいわけ?

67 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2018/03/08(木) 10:27:12.91 ID:xYqlQxPgK
なんつーか、すげーな

68 :NPC初心者:2018/03/08(木) 14:44:12.10 ID:eykmoal9B
そして俺が《[「賑やかになって来やがったぜ……!」]》って愉しそうに嗤いながら言う、と

69 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2018/03/24(土) 00:39:38.33 ID:vllLNn2Iq
バカンスを楽しんでいる俺はサングラスを外しながら「ずいぶん短いだったなぁ↑」とにやけながら言う。

70 :狩人:2018/03/24(土) 02:26:12.05 ID:hGB1wPDwB
俺に気のあるキャバ嬢が
誕生日記念(毎月26日)だから
iPhone8欲しい言ってきた
ちょっと高いけど端末だけ買って
渡す前に特殊なアプリ使って
乗っ取って自分のPCで
そのiPhoneのカメラに映る物を
表示出来るようにしたんや!ウッシシw
渡す時はまじで興奮した勿論。
同伴した時に渡してその日は
適当に飲んで終了
次の日の夕方そのiPhoneのカメラに映る
その子のあんなことやこんなこと
プライベート映像を生で見ようとしたんや

ウキウキしながらPCで
iPhoneのインカメ覗き込んで
1番最初に映ったのは
エプロン着たGEOの店員だった。

14 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★