2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆自治議論…278◆ 記者キャップを取得したいコテ(トリップ付)募集中!

21 : ◆c7MAYnAiBo @\(^o^)/:2015/03/29(日) 10:26:31.73 ID:9ilKILZK.net
【北朝鮮】朝鮮インターネット中央研究所が「原発ハッキング」事件に対する南朝鮮かいらいの「北の犯行」説の真相を暴露[03/26]

【平壌3月26日発朝鮮中央通信】共和国インターネット中央研究所は、朴槿恵一味が「政府合同捜査団」を推したてて
「原発ハッキング」が「北の犯行」という暫定中間捜査結果というものを発表したことに関連して26日、それを暴く
真相公開状を発表した。
公開状は、「原発ハッキング」事件の発生と「北の犯行」説をねつ造した経緯について明らかにした。
昨年12月9日から、「韓国」水力原子力株式会社の本部とその傘下の原子力発電所のコンピュータネットワーク、
そしてそこで従事する数千人の核心関係者コンピュータに対するハッキング攻撃が6回にわたって連続加えられた。
朴槿恵一味は、サイバー攻撃を断行した「原発反対グループ」の実体を正確に捜査する見込みがなくなると、
今まで追跡したIPアドレスが中国瀋陽に集中されており、共和国のインターネットIPアドレスとも接続した痕跡が
あったし、攻撃に利用した語句が「北韓式の表現」であったという証拠でない「証拠」を持ち出して「北の犯行」が
確かだという暫定捜査結果をでっち上げて世論に公開した。
公開状は、かいらいがでっち上げたこの事件の「北の犯行」を立証する「キムスキ」悪性コード、IPアドレス、
「北朝鮮式表記」などの不当性を暴露した。
「キムスキ」悪性コードと言えば、2年前にロシア保安企業である「カスパースカイ」が南朝鮮に浸透する
いろいろな悪性コードと当局や会社に接続したコードの分析に基づいてその内容を発表したことのあるコードである。
この悪性コードが自分の動作状態と感染したシステムに対する情報を伝える時に使用した電子メールアドレスが
「北朝鮮式の名」である「キムスキ」に登録されているということである。
「キムスキ」はもともと、「キムスクヒャン」であったが、発音が誤伝されてその後、「キムスキ」悪性コードに
公認されたという。
共和国で「キムスクヒャン」という名前を表記する時、「ヒャン」の字を「Hyang」に表記するが
「Kyang(キャン)」と表記しない。
かいらい当局が「北の犯行」に結論付けた核心的な根拠は、悪性コードのIPアドレスが中国瀋陽のIPアドレスに
似ているということである。
瀋陽にいる朝鮮人の大多数が南朝鮮の人々であり、インターネット回線も南朝鮮の人々と他国の人々のものがはるかに多い。
かいらい政府合同捜査団が瀋陽のIPアドレスを利用した加入者に対する身元の確認を中国司法当局に要請したが、
確答は得られなかったという。
公開状は、「原発ハッキング」の「北の犯行」が追求しているかいらいの犯罪的企図について暴露した。
「原発ハッキング」の「北の犯行」説には、これ以上収拾できないほど危機に瀕している自分らの統治基盤を維持し、
余命を長らえよとする卑劣な企図が潜んでいる。
全南朝鮮の地を殺伐な「維新」独裁の乱舞場に作り、人権廃虚地帯、生きられない人間の生き地獄に転変させた
朴槿恵一味の反人民的悪政に対する恨み声は「政府」打倒に恐ろしく広がっている。
この事件を「北の犯行」に流す場合、憤激した民心をなだめて内部の危機も収拾することができると打算したのが、
朴槿恵一味なのである。
「原発ハッキング」の「北の犯行」説には、対話どころか戦争の局面に突っ走っている北南関係悪化の責任を
われわれに転嫁させてみようとする奸悪な術策も潜んでいる。
南朝鮮の内部に「安保不安」を醸成して反共和国戦争策動に拍車をかけてみようとする悪らつな企図の発露でもある。
「原発ハッキング」の「北の犯行」説には、米国上司の対朝鮮敵視政策に便乗して共和国を孤立、圧殺してみよう
とする親米事大・売国奴の凶悪な企図が隠されている。
公開状は、朴槿恵一味は「原発ハッキング」事件の「北の犯行」説をでっち上げた陰謀家として北南関係史に
また一ページの汚名を残すことになったと強調した。
朴槿恵一味は、働いているすべての悪行を全同胞が鋭く注視しているということを銘記すべきだと公開状は警告した。−−−

ソース 朝鮮中央通信社 チュチェ104 (2015)/3/26
http://www.kcna.kp/kcna.user.home.retrieveHomeInfoList.kcmsf

総レス数 1003
291 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★