2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【速報】歴史ニュース【世界史】その5

24 :世界@名無史さん:2010/12/21(火) 23:10:13 0.net
ttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101221-OYT1T00971.htm
北京の建設現場は宝の山、磁器掘り暗躍

【北京=佐伯聡士】北京のオフィスビル建設現場で、夜陰に乗じて懸命に働く人々がいる。
といっても建設工事に携わる民工(農村からの出稼ぎ労働者)ではない。
明や清時代の磁器のかけらを命がけで掘り出し、収集家に高値で売りさばく仕事師たちだ。
その数1000人ともいわれる。危険と隣り合わせの商売だが、ゴミが宝に変わる瞬間が彼らをとりこにしてやまないようだ。

北京市中心部にある報国寺。週末ともなれば、磁器のかけらが所狭しと並んだ露店は、大勢の人でにぎわう。
「清、明、元のモノ、いろいろあるよ。明のこれなら一つ300元(約3800円)でどうだい」。
40歳代の男性が約15センチ大のかけらを手にふっかけてくる。

本当の価値は素人にはわからないが、収集家には大変な人気だそうだ。
欠けた磁器を集める人もいれば、かけらを装飾品に使う人もいる。
中国紙「新京報」によると、今年上半期、北京で開かれたオークションでは、
158件の欠けた磁器が取引され、取引額は計688万元(約8670万円)に上ったという。


402 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★