2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【英雄】ナポレオン・ボナパルト【皇帝】

1 :世界@名無史さん:2017/06/04(日) 06:12:52.82 0.net
ナポレオン・ボナパルト(1769年8月15日 - 1821年5月5日)は、革命期のフランスの軍人・政治家である。
ナポレオン1世(在位:1804年 - 1814年、1815年)として、フランス第一帝政の皇帝にも即位した。
フランス革命後の混乱を収拾して、軍事独裁政権を樹立した。
また、戦勝と婚姻政策によって、イギリス、ロシアとオスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いた(これら一連の経過をナポレオン戦争という)が、最終的に敗北して失脚した。
日本において世界史上最も有名な人物の一人である。

2 :世界@名無史さん:2017/06/04(日) 15:08:34.50 0.net
うんこうんこうんこーーーー!!!!!!!

3 :世界@名無史さん:2017/06/04(日) 17:16:45.01 0.net
ナポレオンは軍事の天才だった

4 :世界@名無史さん:2017/06/05(月) 00:17:04.64 0.net
ナポレオンはフランス革命の精神を「侵略」という手段によって諸国に伝播してナポレオンの侵略に対して各地でナショナリズムが台頭した。
その結果、ヨーロッパ各地で起こる自由主義・ナショナリズムの運動の契機となった。

5 :世界@名無史さん:2017/06/06(火) 22:36:44.36 0.net
兵士を見捨ててパリに逃げ帰る×3

6 :世界@名無史さん:2017/06/07(水) 01:34:37.12 0.net
(エジプトにて)ちょっと用事あるから近くに行ってくる
  ↓
(パリにて)ブリュメール18日のクーデター

7 :世界@名無史さん:2017/06/08(木) 05:30:24.49 0.net
350ページくらいの高校世界史教科書でナポレオン個人に3ページくらい使ってるのは破格の扱い

8 :世界@名無史さん:2017/06/08(木) 22:38:06.59 0.net
そんな教科書があるかよw

9 :世界@名無史さん:2017/06/09(金) 05:55:41.04 0.net
>>4
ナポレオンって奴隷制を復活させた奴だろ。
何が革命の精神だよ。

10 :世界@名無史さん:2017/06/09(金) 08:13:23.95 0.net
ナポレオン時代よりもフランス革命の方が重要
世界史の教科書ではフランス革命で培った自由主義と国民主義を皇帝ナポレオンは戦争を通じてヨーロッパ各地に輸出とある

11 :世界@名無史さん:2017/06/09(金) 23:13:29.38 0.net
>>10
国民意識の高まりは、良くも悪くもナポレオンがその拡散に一役買ったが、
自由主義の方はどこでどう関係しているのかよくわからんね。

大陸封鎖令で貿易を圧迫したことか?
新聞を管理して言論を取り締まったことか?
ハイチの黒人を再び奴隷化したことか?

12 :世界@名無史さん:2017/06/10(土) 00:36:40.42 0.net
フランス革命により封建的領主の特権が撤廃されその精神がナポレオン法典となりヨーロッパ各地とりわけ農奴解放が遅れていたドイツの各領邦に伝わっていったということではないでしょうか?

13 :世界@名無史さん:2017/06/10(土) 15:35:37.58 0.net
交響曲第3番変ホ長調『英雄』作品55

ピアノ協奏曲第5番変ホ長調『皇帝』作品73

ベートーヴェン作曲のこの2曲はいずれもナポレオンのことを書いたものです

14 :世界@名無史さん:2017/06/10(土) 22:15:59.29 0.net
自由と権利を法律で保証したというと、
あの時代でナポレオン法典しか浮かばない人は多いが、
実際にはすでに宗教・報道・職業選択の自由などが、
1795年の憲法で保証されており、それらの点で
ナポレオン法典に目新しさがあるわけではない。

侵略とセットでその正当化に利用されたため
ナポレオン法典の知名度が比較的高くなったのは
確かであるが、あまり褒められる話ではない。

15 :世界@名無史さん:2017/06/11(日) 18:36:30.80 0.net
ナポレオンのおかげで、ロシアから北海道を守れたし、日本にも影響が大だ

  ※松前藩の放任主義
弱小松前藩(≒渡党=アイヌ一派)に、幕府がエゾ地との独占「交易」権を与えたが
対アイヌは、「心任せに(勝手にさせろ)」、支配するな、と幕府からクギ刺されてた

 〔vs清朝〕 放任に付け入り、山丹交易を通じて清朝がアイヌに朝貢させたり
アイヌに借金させ、山丹人が借金のカタにアイヌを居住域に連行し使役するなど

 〔vsロシア〕 帝政ロシアの囚人兵軍団がエゾ地に侵攻
北からアイヌを制圧して毛皮税など苛酷に収奪、日本の警備兵も圧倒

  樺太の歴史1590〜1791
 http://www.k3.dion.ne.jp/~karafuto/karafutosi1.html

〔幕府のロシアへの対処〕 松前藩では北方防備は無理、てことで幕府直轄とし
各藩兵を配置したら極寒・悪天候に耐えられず
津軽藩士殉難事件・会津藩士の遭難、など大量死 (※耐寒能力が弱かった)

幸い、ナポレオン戦争でロシア軍は極東から戦力引上げ、脅威は一旦沈まり
幕府は、アイヌの山丹への借金を肩代わりして交易を官営化、外国勢力を排除

16 :世界@名無史さん:2017/06/11(日) 21:16:40.05 0.net
>ナポレオン戦争でロシア軍は極東から戦力引上げ
初耳ですな。ソースは?

17 :世界@名無史さん:2017/06/12(月) 04:58:25.10 0.net
余の辞書に不可能の文字はない

18 :世界@名無史さん:2017/06/12(月) 19:49:06.14 0.net
つ落丁

19 :世界@名無史さん:2017/06/12(月) 22:23:14.72 0.net
蝦夷地を襲った露米会社武装集団に対し、1808年にロシア皇帝が撤退命令
そして対ナポレオンで兵力をかき集め、南下政策が凍結 だったっけ

20 :世界@名無史さん:2017/06/12(月) 22:28:54.54 0.net
軍事的事績が丁寧に分かる本が意外と無い
仕方ないからルートヴィヒって人の「ナポレオン」買って読んだけど人物描写がメインだったわ

21 :世界@名無史さん:2017/06/13(火) 23:26:20.38 0.net
>>19
露米会社とナポレオン?あやしげな事を言い始めたな。
ソースは?

22 :世界@名無史さん:2017/06/13(火) 23:35:20.98 0.net
君はまず短文をちゃんと読む能力を

23 :世界@名無史さん:2017/06/14(水) 06:24:54.00 0.net
>>22は、まず文意の通る日本語を書けるように努力すること。

24 :世界@名無史さん:2017/06/14(水) 17:06:06.83 0.net
戦いは最後の5分間にある

25 :世界@名無史さん:2017/06/14(水) 17:40:57.92 0.net
>>5
1回目はエジプト遠征、2回目はロシア遠征だよね。3回目はワーテルロー?

3回目はともかく、1回目と2回目はほんと酷い。
ナポレオンの為なら死ねる、という将兵を見棄てて逃走。

26 :世界@名無史さん:2017/06/14(水) 19:52:59.36 O.net
それで困るのは本人自身

27 :世界@名無史さん:2017/06/14(水) 21:15:18.06 0.net
>>21
>>23
何故に>>19がそう読める?

28 :世界@名無史さん:2017/06/15(木) 07:54:01.12 0.net
ワーテルローといや、敗戦の責任をグルーシーになすりつけたのがひどい。
倫理のカケラもない上司を持つと、部下は地獄を見る。

29 :世界@名無史さん:2017/06/15(木) 09:49:21.76 0.net
危険なとこから大将が逃げること自体は間違ってないけどね
信長もやってるし

30 :世界@名無史さん:2017/06/15(木) 23:07:01.38 0.net
敵前逃亡で処刑すべきだったな

31 :世界@名無史さん:2017/06/16(金) 21:50:19.75 0.net
>>25
エジプト遠征もロシア遠征も、本来全く必要のない戦争だった。
そのムダいくさに兵士を連れて行って見捨てて帰る情けなさ・・・(´・ω・`)
ワーテルローもナポレオンひとりのために起きた戦いだから、
これもまたムダないくさだったが・・・

32 :世界@名無史さん:2017/06/17(土) 18:12:43.54 0.net
ナポレオンとベートーヴェンは年齢が1歳しか違わない同世代

33 :世界@名無史さん:2017/06/17(土) 19:01:08.16 O.net
>>31
ナポ「全ては余の名誉欲を満たすためじゃよ」

34 :世界@名無史さん:2017/06/18(日) 00:20:06.88 0.net
アレクサンドロス大王やチンギス・ハンも同じようなもんだしいいんじゃね

35 :世界@名無史さん:2017/06/18(日) 06:37:47.00 0.net
チャンスが人を見捨てるよりも人がチャンスを捨てることの方が多い
なお復活のチャンス掴んだ結果

36 :世界@名無史さん:2017/06/18(日) 15:27:07.26 0.net
>>32
そういうの好き

37 :世界@名無史さん:2017/06/18(日) 21:21:11.07 0.net
>余の辞書に不可能の文字はない

過信が身の破滅につながるという、歴史的教訓ですね。
わかります。

38 :世界@名無史さん:2017/06/24(土) 22:27:00.90 0.net
ナポレオンはジャコバン派で処刑されそうになったことがある

39 :世界@名無史さん:2017/06/25(日) 01:59:48.09 0.net
兄弟姉妹は普通の名前なのになんでナポレオンだけ変わった名前なの

40 :世界@名無史さん:2017/06/25(日) 06:39:21.30 0.net
ナポレオンのどこが変わってるの?

41 :世界@名無史さん:2017/06/25(日) 09:25:23.23 0.net
>>40
ほかにナポレオンなんて名前の奴いるの?

42 :世界@名無史さん:2017/06/25(日) 10:17:38.27 0.net
レオンはありふれている。

43 :世界@名無史さん:2017/06/25(日) 10:25:53.02 0.net
本名は、ブオナパルテ

44 :世界@名無史さん:2017/06/25(日) 11:17:31.43 0.net
ナポリのライオン

45 :世界@名無史さん:2017/06/25(日) 13:45:52.69 0.net
>>41
そんな事言ったら秀吉とか家康だって他にいないだろ

46 :世界@名無史さん:2017/06/25(日) 15:31:22.91 0.net
アドルフは多い

47 :世界@名無史さん:2017/06/26(月) 15:58:24.57 0.net
>>41
もともとナポレオーネというのはイタリア系でわりとある名前だ。
彼の兄弟でもその名を持つのは「ナポレオンだけ」はなく二人目だ。

48 :世界@名無史さん:2017/06/26(月) 16:46:01.85 0.net
なぜナポレオン家は名前を姓にしちゃったのか

49 :世界@名無史さん:2017/06/26(月) 20:11:46.44 0.net
エッ!w

50 :世界@名無史さん:2017/06/27(火) 05:05:41.84 0.net
ナポレオンの兄でスペイン王の名前はホセ(ジョゼフ)。
めっちゃ普通や。

51 :世界@名無史さん:2017/06/29(木) 07:32:10.58 0.net
コルシカの殺人鬼

52 :世界@名無史さん:2017/07/01(土) 02:11:54.00 0.net
ナポレオンの支配欲は、彼の低身長による劣等感から来ている
・・・という解釈がある。
これを「ナポレオン・コンプレックス」と呼ぶ。

53 :世界@名無史さん:2017/07/01(土) 05:59:52.52 O.net
低身長で誇大妄想
豊臣秀吉タイプ

54 :世界@名無史さん:2017/07/01(土) 07:55:39.41 0.net
というわけで、

少年よ、コンプレックスを抱け

人生結果オーライだ

55 :世界@名無史さん:2017/07/01(土) 08:06:41.46 0.net
ナポレオンは小柄な人が多いイタリア系でその中でも背が低かったからな

56 :世界@名無史さん:2017/07/01(土) 19:53:24.47 0.net
間違いなく天才なんだが、没落の一因は
やはり慢心か?

57 :世界@名無史さん:2017/07/01(土) 19:57:37.41 0.net
老化でしょ
いつまでの若いつもりでいたのが駄目

58 :世界@名無史さん:2017/07/01(土) 22:37:44.94 0.net
機会に乗った凡才に過ぎないよ。
風向きが変われば落ちるだけ。

59 :世界@名無史さん:2017/07/02(日) 05:12:14.51 0.net
ベートーヴェンの交響曲第3番変ホ長調『英雄』は最初は『ボナパルト』というタイトルだった。
でもベートーヴェンがナポレオンの皇帝即位を知って結局はあいつも俗物に過ぎなかったと思って『英雄』というタイトルに変えたんだよ。

60 :世界@名無史さん:2017/07/02(日) 07:40:24.53 0.net
やはり男は征服欲だよ。
すべてを征服してやる。

61 :世界@名無史さん:2017/07/02(日) 08:59:09.82 0.net
フランスは1789以来王政→共和政→帝政×2と変遷している

62 :世界@名無史さん:2017/07/02(日) 09:05:08.01 O.net
>>52
イギリスでは、小さ過ぎて虫みたいなボーニーと揶揄してたらしい

63 :世界@名無史さん:2017/07/02(日) 09:10:39.86 0.net
>>59
でもフランス人の大半はナポレオンが皇帝になることを支持したんだろ

64 :世界@名無史さん:2017/07/02(日) 10:14:52.63 0.net
>>63
別にナポレオンは選挙で選ばれたわけじゃないぞw

65 :世界@名無史さん:2017/07/02(日) 14:26:48.06 0.net
>>63
ベートーヴェンはドイツ人だけどナポレオンに憧れていた

66 :世界@名無史さん:2017/07/02(日) 15:34:40.61 0.net
>>59
海軍ムードに満ちた曲調で、陸軍の軍人であるナポレオンのイメージに合わない

67 :世界@名無史さん:2017/07/02(日) 15:36:08.06 0.net
そういえば、ベートーベンはボンの出身だったな

フランスとの国境に近いラインラントの街

68 :世界@名無史さん:2017/07/02(日) 15:37:04.99 0.net
ベートーベンも、ドイツ人にしては小柄で、「蒙古大王」とアダ名されるような外見だった

69 :世界@名無史さん:2017/07/02(日) 15:38:04.69 0.net
ヘーゲルもナポレオンに心酔して、「馬上の世界精神」と読んだ

70 :世界@名無史さん:2017/07/02(日) 15:38:49.19 0.net
フランス革命に大きな影響を受けたヘーゲルの社会思想は、やがてマルクスへと受け継がれた

71 :世界@名無史さん:2017/07/02(日) 18:06:59.67 O.net
>>64
三世の方は選挙で選ばれてたような

72 :世界@名無史さん:2017/07/07(金) 04:53:25.43 0.net
ナポレオンの評価?
麻原彰晃の1万倍ぐらいは迷惑な男だったよ

73 :世界@名無史さん:2017/07/07(金) 08:30:44.94 0.net
スペインに手を出した時点でお終いだったな
初の侵略戦争で泥沼化ってw

74 :世界@名無史さん:2017/07/17(月) 16:59:25.98 0.net
すみません、「ナポレオンは変装して街角で自分の評判を調べていた」みたいなエピソードを聞いた覚えがあるのですが、今ネットを調べてみたんですが出てこないんですよね。どなたかご存じないでしょうか?

75 :世界@名無史さん:2017/07/17(月) 23:30:24.58 0.net
1世も3世も帝政樹立の前にその是非を国民投票にかけてるよね?

1世の時は、軍人の票を「最高司令官には忠実であるべきだ」と自動的に帝政賛成に繰入れたらしい…。

3世の時もゴロツキを大量動員しての世論操作や、バラマキ政策やって人気を得た。兵士にガーリックソーセージの特別配給したり。

76 :世界@名無史さん:2017/07/17(月) 23:36:40.47 0.net
3世の著書『貧困の絶滅』『ナポレオン的観念』は邦訳して欲しい。政治学、経済学的な評価如何はともかく、一国を動かした著作なんだから。一概に否定するばかりでは駄目だと思う。学べることもあるだろう。

77 :世界@名無史さん:2017/07/18(火) 04:02:29.02 0.net
>>74
なにそれ興味ある
どうせ伝説の一種なんだろうが、ナポレオンならやりそうっていう一縷の望みもある

78 :世界@名無史さん:2017/07/19(水) 04:53:27.49 0.net
ナポレオン1世に関する著作は無駄に多いのに、
ナポレオン3世に関する著作は異常に少ない。

79 :世界@名無史さん:2017/07/19(水) 05:35:59.85 0.net
そりゃそうだ。弱いもの。

80 :世界@名無史さん:2017/07/19(水) 06:25:00.61 0.net
>>79
それはただのイメージ
獲得した領土÷失った兵士数で客観的に評価すると
1世・・・最低最弱
3世・・・まずまず

81 :世界@名無史さん:2017/07/19(水) 11:07:16.52 0.net
3世はイタリア統一の英雄

82 :世界@名無史さん:2017/07/19(水) 19:50:45.90 0.net
>>80
でも、普仏戦争で時代遅れの胸甲騎兵がプロイセンの歩兵と砲兵の
射撃の的になって、ほぼ虐殺状態になった。

83 :世界@名無史さん:2017/07/19(水) 22:39:25.34 0.net
まあ一時的にロシアの興味が蝦夷地から離れてくれて日本は助かったよな

84 :世界@名無史さん:2017/07/19(水) 23:30:06.99 0.net
ロシア皇帝アレクサンドル1世は、あからさまな軍事的恫喝を行う
ナポレオンに対して、必要であるなら極東まで退いても
ロシアは戦う用意があると決意のほどを見せた。
実際にはナポレオンがモスクワていどであっさり自滅したので、
そこまでやる必要はなかったが・・・

85 :世界@名無史さん:2017/07/19(水) 23:45:37.17 0.net
モスクワじゃなくてサンクトペテルブルグ攻略しろよ
バルト海沿岸を抑えてこそ英露の連携を断てるんだろ

86 :世界@名無史さん:2017/07/21(金) 22:42:46.93 0.net
>>85
英露の連携ってたって、べつにイギリスが陸軍を送ってよこしたわけじゃないからな。
ナポレオンはロシア軍主力を壊滅させて、講和に持ち込むことが目的だから、
そんな明後日の方向に行くことは論外だったろう。

87 :世界@名無史さん:2017/07/21(金) 22:58:51.18 0.net
首都陥落しても主力軍が残ってりゃ意味ないからな
サンクトペテルブルグ落としても維持できないだろうし
カール大公の主力放ってウィーン落としたけどけっきょく取り戻されてるし首都陥落自体は特別の意味はない

88 :世界@名無史さん:2017/07/22(土) 06:10:11.54 0.net
>>78
家康に関する著作は無駄に多いのに、
家光に関する著作は異常に少ない?

89 :世界@名無史さん:2017/07/22(土) 22:25:28.95 0.net
ナポレオンが莫迦だと思うのは退却路の選定。
よりによって、往路でフランス軍が徴発し尽くし、
ロシア軍に焼かれ尽くした道を辿って退却した。

あまりに徹底した莫迦っぷりに、いやフランス軍を
全滅させるのが真の目的なのかと思えるほど。

90 :世界@名無史さん:2017/07/22(土) 23:12:59.75 0.net
https://www.youtube.com/watch?v=W4EcRSoOG_w&hd=1
https://www.youtube.com/watch?v=D30HmBRQH1s&hd=1
https://www.youtube.com/watch?v=vo7ORTwjqaU&hd=1
https://www.youtube.com/watch?v=zXpkeV32LAQ&hd=1

ソ連版「戦争と平和」全4部
配給元のモスフィルムが太っ腹で無料で公開中
当然ながら全編ロシア語ですが
トルストイの原作に(冗長な部分含めて)忠実なので
原作本読んでれば大まかな内容把握は容易だと思います

91 :世界@名無史さん:2017/07/22(土) 23:25:45.95 0.net
https://www.youtube.com/watch?v=jjJEQC8T9tQ&hd=1
https://www.youtube.com/watch?v=1gqq2nvrYHM&hd=1

こちらは「ワーテルロー」です
これもモスフィルムから配信

92 :世界@名無史さん:2017/07/23(日) 00:29:05.56 0.net
>>89
ほんとだ ジダンの頭突きを喰らわせてやりたいくらいの馬鹿っぷりだ

93 :世界@名無史さん:2017/07/23(日) 22:21:12.74 0.net
ナポレオンなら北朝鮮のICBMをどのように軍事的解決するのだろう

94 :世界@名無史さん:2017/07/24(月) 06:37:06.74 0.net
ナポレオンって単純にロシアの冬のこと考えなかったのかね?
夏だからってロシアに冬服持っていかなかったのかね?
もしそうだとしたら指揮官としてバカすぎる。

95 :世界@名無史さん:2017/07/24(月) 08:34:26.50 0.net
60万人分の冬季装備なんて用意できないだろうな

96 :世界@名無史さん:2017/07/24(月) 12:00:59.93 0.net
現地調達

97 :世界@名無史さん:2017/07/24(月) 12:57:50.80 O.net
ナポレオンやヒトラーの軍隊を防いで、ロシアに向かわせて自滅させたイギリスは凄いなぁ
海で隔てられてるとは言え

98 :世界@名無史さん:2017/07/24(月) 13:14:38.23 0.net
う〜ん、ブリテン島は攻め切れん・・・よしロシアに征こう!
正直この発想がわからん

99 :世界@名無史さん:2017/07/24(月) 13:38:58.35 0.net
ポーランドを完全に独立させて衛星国としてロシアに対する防波堤としとけば十分だったろう

100 :世界@名無史さん:2017/07/24(月) 14:09:39.09 0.net
ロシアは大陸のヨーロッパ諸国にとっては巨大で不気味な存在だから
完全に支配化において安心したかったんだろ

101 :世界@名無史さん:2017/07/24(月) 14:40:25.89 0.net
ランペルールだとブリテン島に上陸してしまえばイギリス制覇は簡単だったな

102 :世界@名無史さん:2017/07/24(月) 16:14:50.58 0.net
>>100
日露戦争前の日本もそう思ってたわけだな

103 :世界@名無史さん:2017/07/24(月) 19:18:59.45 0.net
>>94
冬服を持って行かなかっただけでなく、兵士が着て行った軍服にも問題があった。
ボタンがスズ製だったため、ロシアの寒さで化学変化を起こしてボロボロ崩れる。
こうしてフランス兵たちは、前をはだけたクールビズでロシアの極寒の荒野を
敗走する羽目になった。

104 :世界@名無史さん:2017/07/25(火) 14:53:59.10 0.net
ロシアは同盟結んでたとしても100%信用できない国だしなw

105 :世界@名無史さん:2017/07/25(火) 17:00:32.70 0.net
ゲリラ戦でナポレオンを悩ませた、反ナポレオン運動の始まった国はどこか。
って問題が宿題で出たんだけど答え教えてください

106 :世界@名無史さん:2017/07/25(火) 17:05:34.51 0.net
>>105
ナポリ王国

107 :世界@名無史さん:2017/07/25(火) 20:19:12.15 0.net
>>101
懐かしい名前を見た
信長や三国志だけじゃなく、こういうのも新作来て欲しい

108 :世界@名無史さん:2017/07/25(火) 22:06:32.05 0.net
>>106
マジで?

109 :世界@名無史さん:2017/07/26(水) 07:13:51.31 0.net
そんな宿題が出るわけないだろ

110 :世界@名無史さん:2017/07/30(日) 01:36:00.92 0.net
シャルルマーニュもナポレオンもヒトラーもブリテン島上陸できなかったんだよな
大陸側からの上陸成功例はカエサルとクラウディウス帝時代のローマ軍ぐらい?

111 :世界@名無史さん:2017/07/30(日) 02:16:33.61 0.net
>>110
ノルマン・コンクエストをあっさり無視しないでください。
ギヨーム2世はじめヴァイキングは好き放題に上陸している。

112 :世界@名無史さん:2017/07/30(日) 02:52:38.05 0.net
蛮族とかヴァイキングは地元だからノーカンじゃないのか?

113 :世界@名無史さん:2017/07/30(日) 05:30:09.64 0.net
>>110
ってか、日本もそうだが、島国ってなかなか攻略が難しいんじゃないの?w

114 :世界@名無史さん:2017/07/30(日) 07:23:48.72 0.net
>>113
大きな島の征服はまともに統治されてない状況でしか無理
文明前の未開状態か群雄割拠状態かそんなときなら可能
ノルマンコンクエストの時とか鄭成功とか

115 :世界@名無史さん:2017/07/30(日) 09:52:52.72 0.net
あるいは前世紀の日本とか

116 :世界@名無史さん:2017/07/31(月) 07:21:26.88 0.net
大陸封鎖でイギリスを経済的に締め上げようという発想は悪くなかった。
しかし制海権なしで経済封鎖は不可能であるという、肝心のところを分かっていなかった。

117 :世界@名無史さん:2017/07/31(月) 09:53:53.51 0.net
エゲレスはかなり運がよかった

118 :世界@名無史さん:2017/08/01(火) 21:00:54.60 0.net
ロシアくんだりで大敗北を喫するくらいなら
その予算で戦列艦を100隻作り、イギリス海軍の
駆逐に賭けるべきだった。
結果論で言うと。

119 :世界@名無史さん:2017/08/01(火) 22:23:10.52 0.net
強行すればドーバーくらい渡れるよな

120 :世界@名無史さん:2017/08/02(水) 01:40:52.40 0.net
100年前のオランダ軍は渡れたよな

121 :世界@名無史さん:2017/08/02(水) 01:47:42.92 0.net
100年前じゃないや、140年前だ

122 :世界@名無史さん:2017/08/02(水) 21:21:29.29 0.net
一番コワいネルソン提督はもうあの世に行ってるわけだしな

123 :世界@名無史さん:2017/08/03(木) 13:35:11.83 0.net
何度戦ってもナポレオンはネルソンにだけは勝てなかったからな

124 :世界@名無史さん:2017/08/03(木) 14:02:42.52 0.net
ナポレオンって艦隊・海軍を指揮したことあるの?

125 :世界@名無史さん:2017/08/03(木) 14:56:48.86 0.net
あるよ。艦隊を指揮してネルソンに二度負けてる。

126 :世界@名無史さん:2017/08/03(木) 15:35:40.00 0.net
苦手意識を持っちゃったんだな
冷静に考えればいくらでも対応策とれるのに

127 :世界@名無史さん:2017/08/03(木) 22:38:59.62 0.net
エジプト遠征艦隊壊滅させられたからなぁ

128 :世界@名無史さん:2017/08/04(金) 15:20:24.69 0.net
ロシアに遠征するよりドーヴァー海峡埋め立てた方が楽だったな
陸軍の戦いならイギリスなんて相手にならんだろうし、そもそも埋め立て計画が着工しだしたらイギリスの方がビビって和平求めただろうね

129 :世界@名無史さん:2017/08/04(金) 17:23:02.77 0.net
シミュレーションゲームじゃないんだから、そう簡単にイギリスに勝てんだろう
勝てるくらいなら最初からやってる

130 :世界@名無史さん:2017/08/06(日) 01:36:45.72 0.net
エゲレスってけっこう強運だよな いつの時代もw

131 :世界@名無史さん:2017/08/06(日) 14:00:45.04 0.net
デーン人襲来は割と不運だったがそれ以外は大したことないな
現在はムスリム移民の襲来を受けてるがどうなるか

132 :世界@名無史さん:2017/08/06(日) 19:56:51.83 0.net
良い意味でしたたかに取り込むよ。
ムスリムの現ロンドン市長も女王に忠誠誓ってるしな。

133 :世界@名無史さん:2017/08/06(日) 22:44:45.84 0.net
現ロンドン市長ってムスリムだったんだ  初めて知ったは

134 :世界@名無史さん:2017/08/06(日) 23:39:23.32 0.net
>>133
カーン市長。ムスリムです。

135 :世界@名無史さん:2017/08/06(日) 23:47:02.82 0.net
ムスリムの流入と言っても今に始まったことじゃないしなぁ

136 :世界@名無史さん:2017/08/06(日) 23:47:23.03 0.net
ムスリムが少数派なら何も問題ないんだよなぁ

137 :世界@名無史さん:2017/08/07(月) 10:51:30.67 0.net
>>94
冬服はともかく、だいたい現地調達で済ませるナポレオンにしては
ロシア遠征では入念な物資集積をしてから敢行したんだが、
陸上輸送ではそれでも前線に十分な量を行き渡らせることができなかった
逆にロシア側はロシア領内の運河を活用して、いくらかまともな補給体制を維持できてたらしい
ロシア軍の後退路をたどっていくと、河川沿いに移動してる傾向が見られるんだとさ

138 :世界@名無史さん:2017/08/11(金) 16:05:41.02 0.net
ナポレオンには、自身の失策でピンチに陥いっても、
マレンゴの戦いのドゼーのように頼もしい味方が現れて
奇跡のように助けてくれる運の強さがある。

ロシア遠征からの敗走中、工兵部隊に対して架橋資材なぞ全部
捨ててしまえと命じたナポレオン。これに対して工兵を率いる
エブレ将軍は、この先で川が渡れなくなったらフランス軍は
壊滅ですと抵抗し、命令に逆らって重要機材は捨てずにおいた。
彼の危惧どおり、敗走するフランス軍はやがて氷結していない
ベレジナ川に阻まれて立ち往生してしまうわけだが、
工兵隊が極寒の川に飛び込んで橋を架けることに成功。
架橋を指揮したエブレ将軍は無理がたたって戦後病死してしまうが、
この工兵の自己犠牲的な働きでフランス軍は全滅を免れ、
ナポレオンもパリに戻ることができた。

139 :世界@名無史さん:2017/08/11(金) 22:20:05.76 0.net
エブレ将軍は自ら極寒の中ベレジナ河に入って陣頭指揮したんだっけ。

140 :世界@名無史さん:2017/08/11(金) 22:23:57.27 0.net
この時ナポレオンは激励のつもりかラ・マルセイエーズを工兵たちに向けて川岸から鼻歌で歌って「お静かに!」と工兵たちにプチ切れされたんじゃないか?

141 :世界@名無史さん:2017/08/11(金) 22:26:07.97 0.net
プチ切れ➡ブチ切れ

142 :世界@名無史さん:2017/08/11(金) 22:43:21.61 0.net
>>140
チビ伍長可愛いな

143 :世界@名無史さん:2017/08/11(金) 23:09:18.50 0.net
凍りつきながら死に物狂いで作業してる工兵にはたまったもんじゃなかっただろう。

下着が張り付くから上半身裸だったらしいな。

144 :世界@名無史さん:2017/08/15(火) 19:18:52.97 0.net
そうやって無能な指揮官を生き延びさせるから、
また次回に大勢を殺す無駄な戦を始めるんだろ。

145 :世界@名無史さん:2017/08/15(火) 23:55:08.27 0.net
大日本帝国のことですか。そうですよね。

146 :世界@名無史さん:2017/08/16(水) 17:49:51.38 0.net
インパールの牟田口廉也が類まれなあほうであることは間違いないが
モスクワ遠征のナポレオンも同程度には指揮官失格だし
出した損害に至ってははるかに上回る。

147 :世界@名無史さん:2017/08/16(水) 21:28:41.82 0.net
ナポレオンはオラニエ公の弟子
そして米南北戦争(もしくは日露戦争まで)有効な戦術を確立したしな

148 :世界@名無史さん:2017/08/17(木) 21:23:27.37 0.net
インパール作戦 戦死(餓死含む)26,000
ロシア戦役  戦死(凍死含む)380,000

149 :世界@名無史さん:2017/08/20(日) 00:08:21.69 0.net
ナポ公と牟田口は、戦後の自己正当化という点でも
共通点が見られるが。転生輪廻であろうかどうだろうか。

150 :世界@名無史さん:2017/08/20(日) 18:38:33.82 0.net
ナポレオン=死の直前まで無神論的思想の持ち主。ただ、反証になる発言もある。

死の床では「カトリック信徒として死んでいく」と遺言。

牟田口=骨の髄まで国家神道。

151 :世界@名無史さん:2017/08/21(月) 21:40:48.51 0.net
>>150
もともとジャコバンだから神は全否定のはず。
死ぬときになって許しを請うのは情けない。

152 :世界@名無史さん:2017/08/21(月) 22:36:29.66 0.net
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人虐殺
https://goo.gl/1ntWvZ
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/

153 :世界@名無史さん:2017/08/22(火) 01:51:58.99 0.net
http://www.asahi.com/articles/ASK8P5FXSK8PULFA01M.html
元通産次官の両角良彦さん死去 「官僚たちの夏」に登場
2017年8月21日18時11分

両角良彦さん(もろずみ・よしひこ=元通商産業省〈現経済産業省〉事務次官、
元電源開発総裁)が11日死去、97歳。葬儀は近親者で行った。
後日、「お別れの会」を開く予定。連絡先は電源開発秘書室(03・3546・2211)。

42年、商工省に入り、71年から2年間、通産省事務次官。
75年から8年間、電源開発総裁をつとめた。
日本銀行政策委員や朝日新聞紙面審議会のメンバーも歴任した。

城山三郎の小説「官僚たちの夏」に「西洋カミソリ」のあだ名で登場した。

ナポレオンのモスクワ遠征をテーマにした「1812年の雪」で、
日本エッセイスト・クラブ賞を受賞するなど文筆活動にも力を入れた。

154 :世界@名無史さん:2017/08/22(火) 13:23:08.89 0.net
>>153
両角さんお亡くなりになったのか。氏の著作では『反ナポレオン考』も
けっこう考えされられるものがあった。合掌。

155 :世界@名無史さん:2017/08/22(火) 20:41:04.89 0.net
>>153
両角さんの一連の著作には大いに得るところがありました。今でも色々と考えることがあります。

どうか安らかに。

156 :世界@名無史さん:2017/08/22(火) 20:51:21.20 0.net
両角さんの『1812年の雪』に載せられた
ベレジナ渡河の惨状を生還者が描いた絵も
衝撃的でした。必死で逃げ延びようと
氷の流れる河に頭から飛び込む人達…。

多分一生忘れません。

157 :世界@名無史さん:2017/08/30(水) 23:17:06.37 0.net
アワーズの漫画もいよいよロシア遠征か

158 :世界@名無史さん:2017/09/13(水) 18:48:05.61 0.net
>>74
ロシア遠征で敗走するときに途中でよったポーランドであの派手な軍服で皇帝かどうか気付かれるか街を歩いて試したらしい
「彼も人の子ナポレオン」って本だったかな
皇帝の癖に近衛猟騎兵大佐の軍服が好きだったとかいうのは何の本で読んだか忘れた
抜き打ちテストみたいなのが好きなのかな?

159 :世界@名無史さん:2017/09/22(金) 19:14:37.20 0.net
フランスは進んだ徴兵制があったから兵を大量に増強できたっていうけど
あれだけ負けまくっておいて最後まで大軍を動員できたオーストリアのほうが化物にみえる

160 :世界@名無史さん:2017/09/22(金) 19:26:24.34 0.net
ナポレオンよりワシントンの方が
政治、軍事的業績は大きいと思える。

ナポレオンはイギリスに敗れたが
ワシントンは勝った。
ワシントンは建国したが
ナポレオンは皇帝の地位を手に入れただけ。

161 :世界@名無史さん:2017/09/22(金) 20:02:40.14 0.net
>>160
ナポレオンはフランス人が民主主義を理解できず絶対王政が恋しくなって無理やり立てた偽りの皇帝。同時代ならイギリスとアメリカ、すなわちアングロサクソン以外にはそもそも民主主義は不可能であった事を如実に示している

162 :世界@名無史さん:2017/09/22(金) 20:05:51.00 0.net
イギリスが難なく成し遂げた民主主義をフランスは自ら破壊して自分達は無能であり前近代的であると直接的に証明してる。

近代と言うのはアングロサクソンの発明であって、科学も民主主義も資本主義も全てイギリス単独の発明なのである。

163 :世界@名無史さん:2017/09/23(土) 03:42:40.49 0.net
>>159
すぐ負けて捕虜→休戦で帰還、また動員、以下ループ

164 :世界@名無史さん:2017/09/23(土) 03:43:41.69 0.net
>>160
アメリカ合衆国は周りにエサしかいなかったからな

165 :世界@名無史さん:2017/09/24(日) 10:02:52.28 0.net
>>160
ワシントンもフランスの助けがなければ
到底建国はできなかったろう。
独力で失敗したナポレオンと
助けられて成功したワシントンでは
そう単純に比較できない。

166 :世界@名無史さん:2017/09/24(日) 12:40:40.76 0.net
>>165

でもナポレオンは己を過信して失敗したとも言えるんじゃないの?

二つの大戦の時のイギリスのように
主要国と連携するのは間違いだとは思わない。
ドイツのように片っ端から敵を作って
自滅する方がアホだと思うけどな。

167 :世界@名無史さん:2017/09/24(日) 12:48:23.49 0.net
ナポレオンって戦術眼はあるけど
戦略がほんと抜けてるんだよね。
軍事的には戦術<<戦略なんだよね。

ワシントンの方が凄いと思うけど。
実際にワシントンはアメリカを建国した
業績があるのに対して
ナポレオンなんて帝位すら喪失したじゃん。

168 :世界@名無史さん:2017/09/24(日) 18:33:48.96 0.net
ワーテルローの後、一時兄に疎まれて失脚状態だったリュシアンが、議会で国民よ、皇帝からの恩を忘れて皇帝を見殺しにするのか、と兄を庇ったんだよな。

その時のラ・ファイエットの怒りに満ちた反論は素晴らしい。

「我々の兄弟の骸骨が至るところで我々の忠誠を実証していることを、あなたは忘れてしまったのか?…沢山だ!もう沢山だ!」

169 :世界@名無史さん:2017/09/24(日) 19:00:44.55 0.net
スペイン以降は冴えないな
無駄な戦争やるようになったらお仕舞いだな

170 :世界@名無史さん:2017/09/25(月) 13:58:42.62 0.net
ナポレオン VS ワシントン
https://www.youtube.com/watch?v=wCWQ6Tx8FsI

171 :世界@名無史さん:2017/09/25(月) 16:09:40.20 0.net
http://rara.jp/kaotan29/?
全仏ロゼッタストーン飛び石大会

172 :世界@名無史さん:2017/09/25(月) 22:20:12.73 0.net
>>168
しかしその後の王政復古からの第二帝政とか、フランス国民のグダグダ具合ときたらもう

173 :世界@名無史さん:2017/09/26(火) 14:58:27.00 0.net
フランスは第5共和政でドゴールに復活してくださいとかやってんだからいつだってグダグダで、さらに将軍たちの反乱や5月革命やってるから筋金入りだ
昔から首都の攻略は野戦軍の壊滅と違い必ずしも敗戦じゃないがクラウゼヴィッツだったかモルトケだか忘れたが、フランスに限り首都に危機が
迫れば党派対立ですぐに反対党がすぐにできるので有効であるみたいなのを書いていた
ナポレオン時代のオーストリアですらウィーンを落とされても頑張ったのに

174 :世界@名無史さん:2017/09/26(火) 15:06:46.56 0.net
普仏戦争時代の留学生の渡辺元という人が「巴里籠城日誌」という本を書いてるので読んでみたがナポレオン3世がセダンで捕虜になった際
翌日からすぐに帝政を象徴する家々の門の飾りを壊して喜んだり、パリの徴募兵が小銃に飾りをつけてお祭り騒ぎしてる状況を書いてて面白かった
戦争中なのにドイツ人を憎むより帝を憎む、駄目だわこいつらみたいな記載だったな

175 :世界@名無史さん:2017/09/26(火) 15:33:52.39 0.net
要するにアングロサクソン以外に革命なんか不可能だってことだな。大陸白人はドイツもフランスもスペインもロシアもみんな軒並み猿だからな

176 :世界@名無史さん:2017/09/26(火) 19:46:21.63 0.net
革命期に急速な人口増加で社会不安が発生するところだったが
ナポレオンがフランス国民を大量に徴兵してヨーロッパ中を引きずり回して殺しまくったおかげで
100万人ほど人口が減って、人口調整に貢献したw

177 :世界@名無史さん:2017/09/26(火) 20:17:02.31 0.net
英雄は他人の命なんて気にしない

178 :世界@名無史さん:2017/09/26(火) 21:17:07.39 0.net
私にとって100万の命など問題ではない

ナポレオンがオーストリアのメッテルニヒに実際に言ってるからな

179 :世界@名無史さん:2017/09/27(水) 04:12:35.66 0.net
ナポレオンを後押ししてたのはパリのロスチャイルドなの?

180 :世界@名無史さん:2017/09/27(水) 20:52:04.11 0.net
実際は500万人死んだらしいな
その半分がフランス人
途方もない大きな数字として100万をだしたとして、実数でその5倍を行くとかさ

181 :世界@名無史さん:2017/09/28(木) 21:27:22.18 0.net
なお、それだけの被害を出してフランスの領土が拡大したのかというと

182 :世界@名無史さん:2017/10/10(火) 15:19:12.44 0.net
モスクワで冬営しようと思えば出来たんじゃないか。
「頭のいい怠け者」ならそうしただろう。
「頭の悪い働き者」なればこそ機を逸した後で無理な撤退を図る。

183 :世界@名無史さん:2017/10/12(木) 07:13:43.82 0.net
防寒装備が無かったとよく言われるが、実際には分捕り品の毛皮なら
大量にあったそうな。一方で軍靴は不足していた。

184 :世界@名無史さん:2017/10/22(日) 00:00:03.51 0.net
北朝鮮の経済封鎖に中国はまったく参加しようとしない!
これは懲らしめるために中国に大遠征をせねばなるまい!
米日韓の大連合軍でロシア経由で攻めよう!夏に!

185 :世界@名無史さん:2017/10/27(金) 09:48:30.33 0.net
またアメリカ頼みか情けない

186 :世界@名無史さん:2017/11/05(日) 21:25:40.25 0.net
セント・ヘレナ島に島民念願の空港が建設されて、
定期便が就航したってニュースが最近ありました。
ナポレオン終焉の地を訪れたいという物好き、
もとい歴史好きな人にとっても朗報ですね。

187 :世界@名無史さん:2017/11/05(日) 23:00:18.87 0.net
セントヘレナで悠々と隠居生活か
人にとっては最高の環境だろうな

188 :世界@名無史さん:2017/11/11(土) 08:09:34.12 0.net
週に1回の定期便って、1週間も滞在したら退屈で死ぬ。
1週間の退屈刑。

189 :世界@名無史さん:2017/11/11(土) 08:59:04.33 0.net
ナポレオンの気分が味わえる

190 :世界@名無史さん:2017/12/06(水) 09:33:39.30 0.net
毒殺されたくはない

191 :世界@名無史さん:2017/12/06(水) 09:43:31.08 0.net
アレは壁紙の砒素って話では

192 :世界@名無史さん:2017/12/07(木) 02:02:24.55 0.net
ナポレオンが右利きだったら良かったのに‥

193 :世界@名無史さん:2017/12/11(月) 22:19:19.90 ID:MCrjPdP1O
コルシカで独立へ向けての動きが。
Corsican nationalists win local vote, as another corner of Europe seeks its own path・・・
https://www.washingtonpost.com/world/corsican-nationalists-win-local-vote-as-another-corner-of-europe-seeks-its-own-path/2017/12/10/b703d704-ddde-11e7-b2e9-8c636f076c76_story.html

遅きに失するくらいの話だよ。
さっさと独立させて、フランスはナポレオンによる侵略の汚名から逃れた方がいいんじゃん?

194 :世界@名無史さん:2017/12/14(木) 12:10:33.37 0.net
>>178
メッテルニヒ「(思うのはあなたの勝手ですが)その連中が死んだら誰があなたを守ってくれるんですか?」

195 :世界@名無史さん:2017/12/14(木) 21:08:55.95 0.net
ヒトラー暗殺に失敗したシュタウフェンベルク大佐が高く評価されるように、
ナポレオンに対しクーデターを企てて失敗したマレー将軍も高く評価されるべき。

196 :世界@名無史さん:2017/12/14(木) 21:55:27.17 0.net
最大の功績はナポレオンの離脱を誘って残された大陸軍を消滅させてしまった点か

197 :世界@名無史さん:2017/12/16(土) 05:47:42.25 0.net
>>195
パリ残留の政府首脳がローマ王即位を考えずに
やれ臨時政府だ、共和制だとパニックになったっのが、ナポレオンの地盤の脆さを示してたな。

198 :世界@名無史さん:2017/12/17(日) 00:32:06.52 0.net
同時に脆さの露呈でもあった

199 :世界@名無史さん:2017/12/17(日) 00:40:59.13 0.net
後継者候補が馬鹿兄弟と馬鹿馬乗りじゃあね

200 :世界@名無史さん:2017/12/17(日) 08:42:09.28 0.net
なんでも一人でやろうとするワンマン社長の会社は
崩れ出すとあっという間。

201 :世界@名無史さん:2017/12/18(月) 20:44:48.61 0.net
子供と王朝存続への哀願ぶりが笑える

202 :世界@名無史さん:2017/12/23(土) 21:18:26.27 0.net
>>150
それはタレイランじゃなかったかな?

203 :世界@名無史さん:2017/12/23(土) 22:27:44.34 0.net
>>202
タレイランと似てるんだよ。死の間際の言動が。

ナポレオンはタレイランをタイユランと呼んでいたそうな。コルシカ訛り?

204 :世界@名無史さん:2017/12/23(土) 22:37:22.86 0.net
不実なタイユラン

205 :世界@名無史さん:2017/12/24(日) 13:47:09.05 0.net
ナポレオンがタレイランの言う事を聞かなかったのが悪いのではない
タレイランがナポレオンの言う事を聞かずに勝手な事をしたのが悪い

206 :世界@名無史さん:2017/12/24(日) 15:42:40.64 0.net
タレイランがナポレオンの言う事を聞かなかったのが悪いのではない
ナポレオンがタレイランの言う事を聞かずに勝手な事をしたのが悪い

207 :世界@名無史さん:2017/12/24(日) 17:54:00.25 0.net
革命時代からの来歴で言えばタレーランの方が大先輩だね。
名門貴族の出身で教養も社交的能力もナポレオンをずっと上回る。
ナポレオンとしては気圧されるところがあったろうし
それを跳ね返そうとすれば語気荒く罵ることにもなったろう。

208 :世界@名無史さん:2018/01/06(土) 23:27:09.35 0.net
外部の敵に負けたのではなく内部の裏切者にやられたと思いたいのがナショナリズム
代表はもちろん第一次世界大戦後のドイツだが

209 :世界@名無史さん:2018/01/07(日) 02:07:18.83 0.net
鉄の公爵・ウェリントン公
前進元帥・ブリュッヘル
参謀本部の生みの親・シャルンホルスト
帝国解散勅令・フランツ2世
とライバルもキャラが立ってる

210 :世界@名無史さん:2018/01/07(日) 02:08:08.60 0.net
>>208
日本は○○に支配されているというのがはやってますね

211 :世界@名無史さん:2018/01/07(日) 17:39:42.26 0.net
アメリカはユダヤに支配されてるもあるね
ユダヤも朝鮮人も数の割りに影響力がでかいのは確かなので不満がたまるのでしょう
団結した、声がでかい勢力はなにかとトラブルを起こすものです

212 :世界@名無史さん:2018/01/08(月) 09:08:49.41 0.net
>>209
老いぼれの悪魔ってのも有るよね
>ブリュヘル

213 :世界@名無史さん:2018/01/22(月) 18:45:13.59 0.net
ナポレオンは確かに戦争指導者としては三流かもしれないが
あまり政敵を殺さなかったことでは評価できる。

214 :世界@名無史さん:2018/01/23(火) 07:26:21.77 0.net
確かに、成り上がりの割には粛清少ないなw

215 :世界@名無史さん:2018/01/23(火) 13:40:07.44 0.net
まあすでに前任者たちが一杯やってくれてたし

216 :世界@名無史さん:2018/01/23(火) 20:50:05.62 0.net
直接の子孫じゃないけど血縁者であるモルガン・スタンレーの金融アナリスト、ジャン=クリストフ=ボナパルト通称ナポレオン8世の写真見てるとダヴィッドの肖像画に似てるなあ

217 :世界@名無史さん:2018/01/28(日) 02:19:33.32 0.net
ちょっと教えていただきたいんですがね
ナポレオンがクロスボウ(ガストラフェテス)を攻城戦で使ったって話聞いたことありますか?

友人と酒飲んでたら、昔ゲーム雑誌の記事(FFらしいです)で
そんなことが書いてあったと主張してるんですが、ジャック・チャーチルじゃあるまいしねえ?
銃と大砲があるのに今更軍隊でクロスボウ使う意味がわからないし。

218 :世界@名無史さん:2018/01/28(日) 08:31:32.55 0.net
砲弾銃弾には限りがある。
無くなればクロスボウだろうが投石器だろうが使うだろう。

219 :世界@名無史さん:2018/01/28(日) 08:37:39.80 0.net
ナポレオンが使ったかどうかは知らないけど、クロスボウ自体は第一次世界大戦まで使われたらしい

220 :世界@名無史さん:2018/01/28(日) 09:36:09.83 0.net
ナポレオン戦争中でもオスマントルコ軍の非正規騎兵やロシア軍のコサック騎兵が弓矢なら使っていましたよ
野戦でも

221 :世界@名無史さん:2018/01/28(日) 10:40:41.39 0.net
https://youtu.be/b5nVSfv0Rlg
現代のクロスボウ

222 :世界@名無史さん:2018/01/28(日) 13:51:58.31 0.net
銃や大砲と言っても、当時のは雨に濡れると使えなくなるレベルのモノだからな。
射程も短く精度も悪い。クロスボウの方がまだマシという状況も部分的にはあったんじゃね。

223 :216:2018/01/28(日) 15:37:25.23 0.net
個人的には、砲弾銃弾には限りがあるからこそクロスボウ使う意味がわからないんですよね
攻城戦の攻め手か防衛側かも不明なんでアレですが、
攻め手なら最初から弩を使うつもりだったということになるので
クロスボウの訓練した兵士を準備し、弾薬用の補給を圧迫しながらクロスボウの矢を運搬してたことになる。
そんな無駄なことナポレオンがするかなぁと

224 :216:2018/01/28(日) 15:38:42.79 0.net
防衛側で市街に残ってたものを徴用したとしても、クロスボウとはいえ兵士が訓練してない装備いきなり使えるのかなとも思います。
さらに問題になるのがガストラフェテスで、調べたら紀元前ギリシアの腹当て式クロスボウなんですよね
そんな古い時代の設計のものがナポレオン時代まで使われてたのか(猟師とかならありか?)軍隊が使うほどの弩と矢の備蓄があるのか、
そもそもナポレオンてギリシャまで侵攻ってしてたっけ(ギリシャの文明の影響受けた圏内ならガストラフェテスあるのか?)など疑問がつきません。
一個人ではなく一軍の指揮官であるナポレオンが使ったって記載を素直に信じるとそれなりの数を運用したというイメージにもなるのですが。

ほぼ音のしない弓を非正規部隊が使ったり遊牧民が出自のコサックが弓を使うのは理解できる話なんですが。
長文失礼しました。

225 :世界@名無史さん:2018/01/28(日) 16:34:10.22 0.net
>>224
まあ普通に考えれば守城側かな。
ナポレオン本人かその将の軍かも分からないが
シリアかスペインのどこかで補給が困難なことになれば
城の骨董品を使うこともあり得そう。
そういやシリアにはギリシア系の都市が多くあったね。

226 :世界@名無史さん:2018/01/29(月) 18:36:49.97 0.net
ナポレオンの義父フランツは池沼だったらしい。

227 :世界@名無史さん:2018/01/29(月) 22:18:02.43 0.net
>>226
義兄(義弟)フェルディナンドの間違い?

228 :世界@名無史さん:2018/01/30(火) 07:55:26.86 0.net
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

4MK3D

229 :世界@名無史さん:2018/02/04(日) 10:48:59.24 0.net
ナポレオン戦争のころの小銃兵は、ろくに敵を狙って撃ってなかったらしい。
まあ銃も弾も精度が悪く、どうせまっすぐには弾が飛ばないので、
狙っても狙わなくても大差なかったわけだが。
しかも銃身の破裂を恐れて、兵士が装填する火薬を勝手に減らしたりしたので
音は派手でも、銃弾が敵兵の軍服を貫通できないことがままあった。

230 :世界@名無史さん:2018/02/04(日) 15:44:11.28 0.net
戦列歩兵の一斉射撃はもともと狙うことはしないでしょ
玉を二重詰めもあったね。
日本の城山の戦いで玉が正面衝突した証拠として挙げられてるのは、二重詰め込みでしょう
兵隊の質が非常に悪かった時代

231 :世界@名無史さん:2018/02/06(火) 05:40:32.53 0.net
そんな有象無象の兵隊10人よりも
練達のボウガン使い1人の方が
戦力として頼れそう

232 :世界@名無史さん:2018/02/16(金) 14:21:04.20 0.net
ウォーキングデッドのダリルか

233 :世界@名無史さん:2018/02/16(金) 20:21:17.86 0.net
ボウガン云々っていうか
火器メインになったから、もう鎧なんていらねーってなったら
逆に弓矢とか刃物とかの戦術価値が高まりそうだけど
銃剣、サーベル 槍 くらいか 残ったのは

234 :世界@名無史さん:2018/03/01(木) 20:55:40.09 0.net
>>219
第一次世界大戦で使われたクロスボウって、これのこと?
https://ja.wikipedia.org/wiki/ソートレル

235 :世界@名無史さん:2018/03/02(金) 09:54:10.13 ID:YQSD+1oN2
>>229
ナポレオンは砲兵士官。

戦場での死の大半は砲弾によるもの。
後は、前線兵士が敵兵への発砲をためらう事が多い。

この本を読むと、いかにナポレオンの軍事戦術が正しかったがわかる。
https://www.amazon.co.jp/dp/4480088598/

ところで、この漫画ってどこまで史実を反映していると思われますか?
https://www.amazon.co.jp/dp/B00N3M8LBC/

236 :世界@名無史さん:2018/03/02(金) 10:02:32.91 ID:YQSD+1oN2
大砲の効果はすさまじい。
こんなもの飛んできたら、戦列歩兵は脱走します罠・・・
https://www.youtube.com/watch?v=Ga38w5-jjGc

237 :世界@名無史さん:2018/04/06(金) 00:50:18.18 0.net
サッカーネタで気づいたけど
ナポレオンのフランス帝国の領土は現在のフランスに加え
ベネルクス、ライン川西岸全域、スペインカタルーニャ州
ダルマチア、イストリア半島
イタリアラツィオ州、トスカーナ州とピエモンテ州の半分近く、リグーリア州

仮にフランスが上記領土保持したままならフランス代表にどの国も勝て無さそうなんだが・・・
ぶっちゃけ内紛起ころうが
イタリア、ドイツ、スペインだって主要地域失ってるから今よりも弱くなりそうだし

238 :世界@名無史さん:2018/04/06(金) 08:18:36.48 0.net
いまでさえ独立運動してんだからどうせナポレオン後の独立戦争で独立してるだろう

239 :世界@名無史さん:2018/04/06(金) 12:25:45.67 0.net
そんなこと言いだしたらローマ帝国が存続してたらローマ帝国一強だろ

240 :世界@名無史さん:2018/04/06(金) 13:59:55.00 0.net
モンゴルもかなりのもんやで
あんなに内紛してるのに一体いつまで続いてるのよ

241 :世界@名無史さん:2018/04/06(金) 14:00:24.60 0.net
ああ、サッカーの話か

242 :世界@名無史さん:2018/04/06(金) 22:35:34.41 0.net
大英帝国とかポルトガル王国、ハプスブルクあたりは

243 :世界@名無史さん:2018/04/07(土) 12:18:15.47 0.net
フランス人としてはナポレオンが欧州統一すればヨーロッパのためにも一番良かったというのが究極の本音

244 :世界@名無史さん:2018/04/07(土) 12:32:39.61 0.net
ナポレオンの失敗はケチだったこと

245 :世界@名無史さん:2018/04/07(土) 13:57:56.51 0.net
後のドイツもだが所詮は一国だけで他の諸国全てを相手に出来るはずが無い

246 :世界@名無史さん:2018/04/07(土) 14:44:57.13 0.net
いやナポレオンもナチスドイツも一時期でいえば残りはイギリス一国だけで後は友好国か中立国状態まで追い込んでるじゃん

247 :世界@名無史さん:2018/04/07(土) 23:16:09.19 0.net
あくまで一時期だけな
そしてドーバー海峡は一時期ですら越えられなかった

248 :世界@名無史さん:2018/04/08(日) 00:25:35.28 0.net
日本も航空機時代が来るまでは無敵だな
日英同盟期がアメリカに対してさえ隙が無い

249 :世界@名無史さん:2018/04/08(日) 13:10:46.94 0.net
ナポレオン存命下はまだ平気かもしれんが、
ナポレオン没後でしかも敵がいない状態のフランス帝国は上手く運営されないと思う
各地の大貴族になった元帥たちもほとんどが俗物だし

250 :世界@名無史さん:2018/04/08(日) 14:33:09.72 0.net
俗物だからこそナポレオンも信用したんだろうな
少なくとも政治的競争者にはなりえないって

251 :世界@名無史さん:2018/04/08(日) 16:55:03.12 0.net
ナポレオン自身も超が付く俗物だしな

252 :世界@名無史さん:2018/04/08(日) 22:15:00.09 0.net
本人自身はそう思ってなかっただろうが

253 :世界@名無史さん:2018/04/08(日) 23:56:00.60 0.net
カエサル「ドーバー海峡を越えられないとは情けない」

254 :世界@名無史さん:2018/04/09(月) 01:31:26.79 0.net
>>249
うろ覚えだけど、1814年の末期的状態になった時に、「金も地位ももうたっぷり『あいつ』から頂いた。今更『あいつ』の為に危ない目に遭うのは御免だねw」と言い放ってナポレオンの命令を拒んだ元帥いなかった?

255 :世界@名無史さん:2018/04/09(月) 01:33:52.05 0.net
元帥たちの多くはブルボン王朝に鞍替えしたな。7月王政に更に鞍替えした人もいるし。

256 :世界@名無史さん:2018/04/09(月) 01:47:48.52 0.net
>>255
ダヴーくらいでしょ。一度も裏切らなかったのは。
なのにナポレオンは有能すぎるダヴーを警戒して進言聞かないわ、ライプチヒでもワーテルローでも帯同しないわ。

257 :世界@名無史さん:2018/04/09(月) 17:15:10.21 0.net
部下を育てらない上司、それがナポレオン。
部下のせいにする上司、それがナポレオン。

258 :世界@名無史さん:2018/04/09(月) 21:08:43.73 0.net
映画のワーテルローを見たけど、当時の戦争の雰囲気がよく伝わってきた
願わくばフルバージョンの4時間版を見てみたいものだ

259 :世界@名無史さん:2018/04/09(月) 22:34:01.63 0.net
>>258
あの映画で好きなのは、頑固ジジイ丸出しの(そんな歳ではないけど)ピクトン将軍と、戦いの前の舞踏会で婚約者(フラグ通り戦死)に戦場のお土産をねだる小顔の美少女公爵令嬢。

260 :世界@名無史さん:2018/04/09(月) 22:42:29.83 0.net
>>258
同じ監督の「戦争と平和」もおすすめ。
アウステルリッツとその前哨戦、ボロジノ。

261 :世界@名無史さん:2018/04/10(火) 17:08:32.60 0.net
よく出来てるよね
クトゥーゾフがナポより大きく見える
戦争部分除いたら女の人も大好きだと思うわ
流石名作

262 :世界@名無史さん:2018/04/10(火) 20:11:11.35 0.net
「ワーテルロー」は下級将校でも実在の人物が描かれているんだよね
イギリス軍限定だけど・・・
騎馬砲兵のマーサ大尉とか
従軍記を出版しているからかも?
どうせなら戦闘中のマーサ中隊も描いて欲しかったなぁ
ロングバージョンには有るのかな?

「戦争と平和」は戦闘のどの局面を描写しているのか分かり辛いのが残念
ロシア兵の再現には力を入れているのにフランス兵が明らかに手抜きなのも・・・

「ワーテルロー」でも本来は他の連隊が居たシーンを親衛隊ポーランド槍騎兵や騎馬カラビニエで済ましたりも
てか、本来騎兵が居なかった局面に景気付け?に登場されたりとか・・・
ルイの退去のワンシーンの為だけにブルボンの近衛を再現したりとか凄い所は凄いのに

263 :世界@名無史さん:2018/04/10(火) 20:38:01.26 0.net
>>262
舞踏会で恋人に私を戦場に連れていってとせがんでいたお嬢も回想記で有名らしい。

264 :世界@名無史さん:2018/04/11(水) 18:20:54.29 0.net
戦争と平和は一昨年のNHKBSで放映された、イギリスドラマのは見たことある
あれは戦争シーンが売りという訳ではなく、ナポレオンもちょっと雰囲気の違う配役だったが

265 :世界@名無史さん:2018/04/11(水) 21:02:28.31 0.net
>>264
アンソニー・ホプキンスがピエールをやってたやつじゃないよね。

266 :世界@名無史さん:2018/04/12(木) 23:56:35.42 0.net
>>263
あれは定番の死亡フラグのための創作と思っていたが、事実に基づいてるとは驚き

>>265
レクター博士のピエール怖すぎるw
そっちではなく、割と最近の作品でピエールはポール・ダノのやつね

267 :世界@名無史さん:2018/04/13(金) 15:16:14.26 0.net
>>247
ナチスはイギリス本土上空まではいってるからこえてるといえばこえてる
屁理屈か

268 :世界@名無史さん:2018/04/13(金) 16:51:22.75 0.net
>>267
フランスはアイルランドに上陸?しているけど・・・
まぁ、悲惨な結果に終わっているし、革命政府時代だし

269 :世界@名無史さん:2018/04/14(土) 01:17:53.08 0.net
ナポレオンのレオンはライオンのことらしいが、ナポってなんやねん

270 :世界@名無史さん:2018/04/14(土) 01:21:47.37 0.net
ナポリ

271 :世界@名無史さん:2018/04/14(土) 01:23:30.89 0.net
ナポリはネア・ポリス(新都市)から

272 :世界@名無史さん:2018/04/14(土) 10:46:32.69 0.net
ナポレオン(新都市のライオン)

273 :世界@名無史さん:2018/04/15(日) 02:35:07.97 0.net
ナポリ!コルシカ人が子供の名前につけるくらいナポリと関係が深いっての知らなかったなあ
ちょっと調べてみる、ありがとう

274 :世界@名無史さん:2018/04/15(日) 21:22:32.08 0.net
ナポリオーニ・ブオナパルテ

275 :世界@名無史さん:2018/04/17(火) 00:29:59.68 0.net
英語発音だとネープルズライオンもしくはネープライオンになるのか

ダッサ

276 :世界@名無史さん:2018/04/17(火) 09:44:48.42 0.net
「青森はドイツ語でブラウヴァルトだ。かっこいい!」というのと同レベル

277 :世界@名無史さん:2018/04/17(火) 13:12:38.67 0.net
英語の「ライオン」ってフレーズがカッコ悪いだけ
レオンとかレフとかの呼び方するとカッコ良い

278 :世界@名無史さん:2018/04/17(火) 15:16:55.24 0.net
小学生かよ

279 :世界@名無史さん:2018/04/19(木) 11:30:04.70 0.net
ナポレオンって名前にライオン入ってるけど
べつにライオン好きって話はきかないか 紋章も鷲だし
でっかい象のモニュメントは作ったけど
権力者で自分の名前にライオンってあったらトーテムにしたがりそうなもんなのに

280 :世界@名無史さん:2018/04/19(木) 12:57:45.78 0.net
レオン、レオーネ、レオ等獅子に由来する名を名乗る君主は歴史上何人もいるから
その例と比較してナポレオンが特殊だと立論すればいいのではないでしょうか

281 :世界@名無史さん:2018/04/19(木) 13:19:53.91 0.net
いや、世襲した王とちがって
ナポレオンって事実上の初代じゃん
世襲君主なら、すでに家のいろんな事がガッチガチに決まって
自分の代でアレコレ変える必要もないわけじゃん

でもナポレオンは皇帝として、自分でいろんなことを決めてきたわけじゃん
紋章はこれとにしようとか 玉座のデザインはこれを採用しようとか
その膨大な決定の中で、ライオンを贔屓してもよかった気もするんだけどってだけだけど
秀吉なんかあれもこれも瓢箪にすればいいじゃん!ってことで、決定するのにだいぶ楽して来たと思うよ

282 :世界@名無史さん:2018/04/19(木) 13:32:03.93 0.net
鷲はシャルルマーニュがたまに使ったからそれを受け継いでるんだろう
ローマ帝国の系譜でオーストリアの鷲とも繋がる
ローマ帝国の長く偉大な歴史を受け継ぐ意味と
最初のフランス人のフランスであるフランク王国に立ち帰る意味と
オーストリアとの功罪併せ持つ歴史的関係をあらわすシンボルだと思うが

283 :世界@名無史さん:2018/04/19(木) 17:24:25.34 0.net
>>281
なぜか「いや」ではじまってるけど、王朝の始祖だからと特別な理由をちゃんと説明してるじゃん

284 :世界@名無史さん:2018/04/27(金) 17:28:02.13 0.net
ナポレオンは八角形のカーネリアンの印章を常に身につけていてこれはナポレオン4世にまで受け継がれていたみたいね。
八角形のカーネリアンをお守りにしたいわ。八角の水晶なら売ってるけど。

285 :世界@名無史さん:2018/04/28(土) 07:48:11.52 0.net
ナポレオンのブルーサファイア
http://www.dresslegend.com/dressFiles/d-story-s.html

286 :世界@名無史さん:2018/04/30(月) 00:39:20.88 0.net
https://en.empirecostume.com/

フランスのナポレオン時代の服とグッズ屋
ああ元帥杖ほしいわ・・

287 :世界@名無史さん:2018/04/30(月) 05:56:42.14 0.net
>>286
サーベルタッシュを集めたい・・・

288 :世界@名無史さん:2018/04/30(月) 09:55:33.52 0.net
フランス軍のコスプレしてどれが一番似合うか試したい

289 :世界@名無史さん:2018/05/02(水) 20:47:02.22 0.net
>>262
ワーテルローは小説版も面白かった。4時間版を見てみたい。
ワーテルローの音楽はゴッド・ファーザーのニノ・ロータでこれもいいと思う。
他のスレからの転載だけど行進曲と、ワーテルローワルツ。
https://www.youtube.com/watch?v=HXmljXjwZko
https://www.youtube.com/watch?v=sFXv3Un_LHY

290 :世界@名無史さん:2018/05/02(水) 21:28:03.40 0.net
>>289
小説版だと無口な徒歩親衛隊の二人にも役回りが有ったり、会戦前夜のマーサ大尉と同僚の会話が有ったり等々
これが4時間版に近いのかな?

291 :世界@名無史さん:2018/05/14(月) 21:31:29.27 0.net
ナポレオンって、何のためにロシア遠征をやったの?

292 :世界@名無史さん:2018/05/14(月) 22:06:54.84 0.net
ロシアがイギリスを支援したから
封鎖が崩れちゃう

293 :世界@名無史さん:2018/05/14(月) 22:15:13.76 0.net
というのは戦争の口実で、ナポレオンの本当の目的は

294 :世界@名無史さん:2018/05/14(月) 22:18:17.06 0.net
・・ロシア美少女か!

295 :世界@名無史さん:2018/05/14(月) 23:33:52.63 0.net
>>294
惜しい!
ナポレオンはアレクサンドルの二人の妹、エカテリーナ(20歳)かアンナ(15歳)との再婚を正式に申し込んだが体よく断られた

296 :世界@名無史さん:2018/05/15(火) 05:20:36.85 0.net
ロシア遠征については一八一二年の雪という本が良かった。
夏は厚さに苦しみ、モスクワに着いた時点で兵力は20万以下にまで減っていた。帰りは冬の寒さに苦しむ。
フランスの援軍が駆けつけたけど急に寒い所に来たために数日以内に司令官以下3分の2が目から血を流して死んだ話とか色々書いてた。

297 :世界@名無史さん:2018/05/15(火) 08:55:16.65 0.net
海戦でイギリスに勝てない・上陸できないから、陸戦でいけるロシアを叩こう
国土がクソ広いけど大軍動員したら多分余裕だろ

298 :世界@名無史さん:2018/05/16(水) 06:56:31.22 0.net
ナポレオンがセントヘレナで口述したところによると、
実際にはロシアの巻き返しを恐れていたという。
アレクサンドル1世の野郎はまだ若いから
俺よりも長生きして俺が死んでから攻め込んでくるだろう。
それを防ぐにはいまのうちにロシアに痛撃を与えて
緩衝地帯としてポーランド王国を復活させたい。
それがロシア遠征の本当の動機だったらしい。

299 :世界@名無史さん:2018/05/16(水) 09:27:02.80 0.net
>>296
両角さんの著作は他も良いですよね
エジプト遠征の「東方の夢」、同時代人のナポレオン評を解説した「反ナポレオン考」

ロシア遠征関係では
「ナポレオン1812年」
ナイジェル・ニコルソン
中央公論
も良かったです

300 :世界@名無史さん:2018/05/16(水) 13:19:47.33 0.net
>>298
新妻と実子が誕生したのが影響した決断なのかな
死後も帝国を盤石しておきたいって願望はあんまりナポレオンっぽくないと感じるが

301 :世界@名無史さん:2018/05/16(水) 14:05:10.06 0.net
前の女デジレへの恩情でベルナドットに酷い仕打ちなしなかったりしたが
なんだかんだでポーランド復興させようとしたのはマリヤ・ヴァレフスカのおかげか?

302 :世界@名無史さん:2018/05/16(水) 15:12:17.06 0.net
大国を切り崩して中小国を増やすのはフランス帝国による支配をさせやすくさせるからな

303 :世界@名無史さん:2018/05/16(水) 19:38:27.46 0.net
>>301
そもそもポーランドをロシアに対抗させる活動の一環としてポーランド大貴族との接近があり
その流れで愛人をもったわけで

304 :世界@名無史さん:2018/05/16(水) 23:53:49.58 0.net
>>300
セント・ヘレナでナポレオンが言ったことは信用がおけない。
自己正当化が目的で、ありとあらゆるこじつけに満ちている。
そもそもロシアに遠征したときはロシア皇帝を舐めまくって
その慢心で身を滅ぼしたのだが、絶海の孤島に流された後は
それを糊塗しようと、ロシアが脅威で自分は脅威に晒されて
やむなく・・・みたいな構図に持っていこうとしている。

305 :世界@名無史さん:2018/05/19(土) 13:04:54.67 0.net
ナポレオンにすれば戦争は全て正当防衛
自己責任を認めたのはアンガン公処刑くらい

306 :世界@名無史さん:2018/05/22(火) 07:54:31.65 0.net
戦勝を続けないとオレは地位を保てない
ってゆう強迫観念を持っていた。
開戦の理由付けは二次的なものだろうな。

307 :DJgensei artchive gemmar:2018/05/22(火) 15:22:47.71 0.net
勝ちに張れるかだな。世界史のセンスは。

308 :世界@名無史さん:2018/05/23(水) 13:25:49.71 0.net
フランス人が求めるのは平和
ただし名誉ある平和

309 :世界@名無史さん:2018/05/24(木) 22:02:19.87 0.net
「ナポレオン・コンプレックス」が科学的に立証されてしまったらしい・・・
http://yurukuyaru.com/archives/76130918.html

310 :世界@名無史さん:2018/05/25(金) 11:38:24.45 0.net
よくナポレオンは背が低かったって言われるけど当時のフランス人の平均的身長じゃね?

311 :世界@名無史さん:2018/05/25(金) 11:45:29.65 0.net
https://blogs.yahoo.co.jp/desaixjp/49128245.html

ドゼー(165センチ)、ナポレオン(168センチ)、ネイ(178センチ)、ランヌ(178センチ)、ミュラ(188センチ)、クレベール(188センチ)、モルティエ(195センチ)

312 :世界@名無史さん:2018/05/25(金) 16:39:04.41 0.net
将軍同士で比べると出身兵科によって身長というか身体能力や体格制限あるからデカイの多いだろうけど当時のフランス人の平均的身長ね。
そこに書き連ねてる平均的身長は1800年当時のフランス人の平均的身長突破してるだろ。

313 :世界@名無史さん:2018/05/25(金) 18:27:13.77 0.net
>>310
ナポレオンはフランス人っていっても人種でいうとコルシカ島生まれのイタリア系だからな

314 :世界@名無史さん:2018/05/25(金) 20:25:42.19 0.net
178cm有るランヌが「チビ」と呼ばれていたのは、彼が擲弾兵の出身だったから
178cmは擲弾兵の身長の最低ラインと同じ
彼の戦友は彼よりも大男ばかりって事に
もっとも、擲弾兵の身長に関しては、身長を補うたけの軍功が有れば例外とするとの規定も有るけど
(擲弾兵中隊に大量の損害が出たので急遽フュジリエ中隊から人選したなんて回想も)
ランヌなら此方で行けたかも?

315 :世界@名無史さん:2018/05/25(金) 22:14:57.77 0.net
英語版ウィキ先生には「Napoleon complex」の項目があるが
それによると英軍が捕らえたナポレオンの身長を測ったところ157cmだったそうな。

316 :世界@名無史さん:2018/05/26(土) 11:28:07.04 0.net
虫の良い事に没落時のフランスの大勢としてはナポレオンの首と引き換えに少なくともベルギーとライン左岸を確保する事
だからそれが出来なかったタレイランが批判された

317 :世界@名無史さん:2018/05/26(土) 21:58:23.00 0.net
>>316
チビの首にそんな価値なぞ元から無かろう。
フランス領を戦勝国に食われても仕方ないところを、
タレーランの神業で事なきを得た。

318 :世界@名無史さん:2018/05/27(日) 00:54:11.97 0.net
タレイランみたいな男のいた事を有難がらないのはフランス人くらいだとか
後世においては更にタレイランがナポレオンに協力していればフランスを中心としたヨーロッパ統一が出来たはずなのにとまで決め付けられる始末だし

319 :世界@名無史さん:2018/05/27(日) 01:24:41.23 0.net
タレイランのフランスでの評価なんか複雑すぎて一言で有難がられてないなんてとても言えんよ

320 :世界@名無史さん:2018/05/27(日) 01:30:19.31 0.net
タレイランを評価できるのはよほどのレベル
一般的にはむしろ嫌悪感の方が強くなりそう

321 :世界@名無史さん:2018/05/28(月) 08:58:34.55 0.net
タレーランはいろいろ参考になる。
たとえば会社のお茶の時間に、同じ部署の気になるOLの耳元でささやいてみよう。
Noir comme le diable,
Chaud comme l'enfer,
Pur comme un ange,
Doux comme l'amour

この点、ボナパルトの奴は使えない。

322 :世界@名無史さん:2018/05/29(火) 23:09:43.44 0.net
>>294
実はアレクサンドル1世当人が目当てだったりして。
あれが女だったら抱いてみたいぜ、って私信に書いているからな。
その手紙を出した相手はこともあろうに

323 :世界@名無史さん:2018/05/30(水) 13:14:15.88 0.net
議長国のオーストリアはじめ君主国にしてみりゃ、革命前にリセットできるなら
「フランス王国はナポレオンの被害者」って屁理屈くらい飲むだろう

324 :世界@名無史さん:2018/05/30(水) 14:41:32.31 0.net
共和国でなく王国ならまあ

325 :世界@名無史さん:2018/05/31(木) 07:49:30.10 0.net
>>323
その見方がすでにタレーランの術中にはまっている。
冷静に考えてみれば、これまで被った被害をフランスに支払わせるのが当たり前。

326 :世界@名無史さん:2018/05/31(木) 18:55:42.15 0.net
かといって戦争の功労者と言える英その他が強くなることは誰も望んでないんだよね

ナポレオンという人類の宿敵が消えたらむしろ敵が増えた
ナポレオンのフランス帝国はフランス王国の後継ではないみたいな見方してるのに領土を奪うことはむしろ帝国の正統性アピールにならないか?

なんかそんなこんなでグチャグチャしてるとこに思考停止の正統主義出されたらそれが一番無難に思える
読んでて出したならやはりタレーランは天才

327 :世界@名無史さん:2018/06/01(金) 03:46:42.36 0.net
戦争と平和

Napoleon's Invasion of Russia 1812
https://www.youtube.com/watch?v=k97nvOSBDnk

328 :世界@名無史さん:2018/06/01(金) 06:35:52.79 0.net
上と同じ映画。ボロディノの戦い。
https://www.youtube.com/watch?v=cWiZsArGSvM

329 :世界@名無史さん:2018/06/02(土) 01:34:25.84 0.net
http://youtu.be/vo7ORTwjqaU?t=43m25s

Война и мир фильм 3 (戦争と平和 3)
ソ連が国家を挙げて作ったトルストイ「戦争と平和」の
第三部「1812年」の最大の見せ場「ボロディノ会戦」の部分
※制作元のモスフィルムがyoutubeで出しました

https://www.youtube.com/watch?v=W4EcRSoOG_w&hd=1
https://www.youtube.com/watch?v=D30HmBRQH1s&hd=1
https://www.youtube.com/watch?v=vo7ORTwjqaU&hd=1
https://www.youtube.com/watch?v=zXpkeV32LAQ&hd=1

ソ連版「戦争と平和」全4部
配給元のモスフィルムが公開中
当然ながら全編ロシア語です

https://www.youtube.com/watch?v=jjJEQC8T9tQ&hd=1
https://www.youtube.com/watch?v=1gqq2nvrYHM&hd=1
こちらは「ワーテルロー」です
これもモスフィルムから配信

330 :世界@名無史さん:2018/06/09(土) 13:58:43.66 0.net
フランス人の隠れたる本音

ナポレオンが大陸統一していればヨーロッパも平和だったのに!

331 :世界@名無史さん:2018/06/09(土) 13:59:42.58 0.net
ドイツ人の隠れたる本音↓

332 :世界@名無史さん:2018/06/09(土) 14:02:10.14 0.net
そしてフランスがその中心だったのに!

333 :世界@名無史さん:2018/06/09(土) 19:49:50.88 0.net
ヨーロッパが一つならアメリカに負けないのにね

334 :世界@名無史さん:2018/06/10(日) 12:25:39.19 0.net
それでもイギリス離脱

335 :世界@名無史さん:2018/06/11(月) 23:36:26.88 0.net
ロシア人は歴史を記録する能力がない
とナポレオンはロシアをこき下ろしていたが
客観的に見れば
お前が言うなや

336 :世界@名無史さん:2018/06/16(土) 15:52:35.94 0.net
http://www.afpbb.com/articles/-/3178742
ナポレオンの「二角帽子」競売へ、ワーテルローの戦いで敵の手に?
2018年6月16日 11:13 発信地:リヨン/フランス [ オランダ ヨーロッパ ]

【6月16日 AFP】ワーテルローの戦い(Battle of Waterloo)で敗れ、
戦利品として敵の手に渡ったとされるフランス皇帝ナポレオン・ボナパルト(Napoleon Bonaparte)の
「二角帽子」が18日、フランス東部リヨン(Lyon)で競売に掛けられる。
死後200年近くがたった今もナポレオン人気は健在で、その所持品に対する人気も衰え知らずだ。

ナポレオンは二角帽子を縦向きではなく横向きにかぶることにこだわったため、
戦場でどこにいるか容易に見つけることができた。
ナポレオンは最高権力者の地位にあった15年間に、
ビーバーの毛皮を使った黒いフェルト製の二角帽子を約120個所有し、
その大半はフランスの帽子職人プパール(Poupard)に作らせたとされるが、
現存が確認されているものはごくわずかしかない。

オークション会社エティエンヌ・ド・ベック(Etienne De Baecque)の競売に出品される帽子は、
完全な来歴は確認されていないものの、オランダの将校が1815年にワーテルローの戦いで
戦利品として持ち帰って以降の所有者の記録も確認されており、ナポレオンのものとされてきた。

4年前に競売に掛けられたナポレオンの別の二角帽子は
190万ユーロ(当時の為替レートで約2億7000万円)で韓国の収集家によって落札されたが、
今回出品されるものは保存状態が悪いため、
落札予想価格は3万〜4万ユーロ(約385万〜514万円)とされている。(c)AFP

337 :世界@名無史さん:2018/06/16(土) 16:56:02.13 0.net
>>336
この二角帽はワーテルローからの退却中に放棄した馬車の中に剣と共に残されていた物とは別物?
馬車の中の二角帽と剣はドイツ歴史博物館に収蔵されていた筈だから・・・
日本にも10年位前のナポレオン展の目玉として来てたし

映画ワーテルローのラスト、彷徨するナポレオンは確りと無帽で描かれてた
細かい描写と大雑把(てか大人の事情?)な描写の差が極端な映画だよね

338 :世界@名無史さん:2018/06/16(土) 17:32:29.53 0.net
>>336
層化の美術館あたりが買ったりしてねww

339 :世界@名無史さん:2018/06/24(日) 00:12:46.22 0.net
>>179
なんかそんな気がするね。利用するためにのし上がらせて
用済みになったら使い捨て→ワーテルロー敗戦で大儲け。

340 :世界@名無史さん:2018/06/24(日) 00:47:58.18 0.net
ロスチャイルド家にはナポレオンを勝たせる力やナポレオンを敗北させる力は無いから成り行きに任せて金儲けしただけだろ

341 :世界@名無史さん:2018/06/26(火) 00:12:59.24 0.net
ワーテルローの敗戦後イギリス艦ベレロフォンに投降したナポレオンは、
イギリス側が元皇帝としての待遇をしてくれないと不満タラタラだったが、
もしナポレオンが多少でも歴史を知っていれば、イギリス人が「元」国王に
対してどういう扱いをしてきたか、むしろそういう扱いをしてくれない幸運に
大いに感謝したことだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=bQUAo7mjs3Q
https://www.youtube.com/watch?v=zbfzOBJfvSY

342 :世界@名無史さん:2018/07/13(金) 16:16:47.29 0.net
ナポレオンっていうと超格好いいイメージなんだが実物はチビハゲブサイクだったっていうのがな…

343 :世界@名無史さん:2018/07/13(金) 16:33:04.58 0.net
チビハゲブサイクでも英雄になれるという意味では素晴らしい

344 :世界@名無史さん:2018/07/13(金) 22:04:00.94 0.net
ハゲはともかく、チビっていうほど背は低くないし、ブサイクとも思わないけど。

345 :世界@名無史さん:2018/07/13(金) 22:16:41.65 0.net
それにしても皇帝陛下がプチ伍長、皇后陛下がばあさん呼ばわりなのは
かえって市民たちからは愛されたんだろうなあって想像できる

346 :世界@名無史さん:2018/07/13(金) 23:13:21.53 0.net
あげまんだけど子無し。
若いお姫様にしたら跡継ぎできたけど、どんどん落ち目で血筋も絶えた。
日本にもそういう天下人がいたねえ

347 :世界@名無史さん:2018/07/14(土) 01:55:43.11 0.net
でもナポレオンがみんなの人気者であることは変わりない

348 :世界@名無史さん:2018/07/14(土) 12:00:01.89 0.net
ジョゼフィーヌはマジで幸運の女神だった
バラスにナポレオンと二人もフランスのトップを輩出してるからな

349 :世界@名無史さん:2018/07/14(土) 14:39:16.73 0.net
ボアルネ子爵「せやろか」

350 :世界@名無史さん:2018/07/14(土) 14:46:11.00 0.net
アレクサンドルが父のままじゃじゃ無理であっただろう繁栄をウジェーヌの子孫がもたらしてるから問題ないだろ

351 :世界@名無史さん:2018/07/14(土) 17:32:57.88 0.net
>>347
その点も、かの天下人と変わらない

352 :世界@名無史さん:2018/07/14(土) 18:38:20.12 0.net
ボアルネ子爵は有能でok?
モスクワ戦役とかで活躍してた気がするし

353 :世界@名無史さん:2018/07/14(土) 18:44:52.85 0.net
子爵は革命で死んだ親父でジョゼフィーヌの前妻なんだがどうモスクワで活躍するの?

354 :世界@名無史さん:2018/07/14(土) 18:57:45.27 0.net
たぶんウジェーヌ・ド・ボーアルネのことなんだろうけど
ナポレオンの駄目兄弟たちに比べたら全然有能だw

355 :世界@名無史さん:2018/07/14(土) 21:45:37.17 0.net
倉庫係をしながらいつの間にかフランスの議長になっていた超成り上がり

356 :世界@名無史さん:2018/07/14(土) 21:58:41.14 0.net
リュシアンはまだマシな方じゃない?

357 :世界@名無史さん:2018/07/14(土) 22:20:40.31 0.net
兄弟はどれも個人としてはみんな優秀なレベルだと思う
ただ重要な部分でナポレオンと話し合わずに別々に動いて駄目になる部分がある

358 :世界@名無史さん:2018/07/15(日) 06:12:14.59 0.net
王位につけた兄弟について、皆俺の足を引っ張りやがってと
ナポレオンはぼやいていたが、裏切って敵対しないだけマシ
という面は確かにあった。

359 :世界@名無史さん:2018/07/15(日) 13:59:50.97 0.net
まあ比較対象がナポレオンになるからどうしても凡人に思えてしまう感じがある

360 :世界@名無史さん:2018/07/15(日) 19:03:23.27 0.net
以前ナポレオンのペニスがオークションで落札されたことがあった。

361 :世界@名無史さん:2018/07/15(日) 22:21:32.13 0.net
>>358
元カノの旦那には煮え湯を飲まされたしね

362 :世界@名無史さん:2018/07/16(月) 07:10:30.16 ID:apFPpN9EH
世界で最も危険なゲームに参加した人間と言えるでしょう
https://static.tvtropes.org/pmwiki/pub/images/napoleon_map_5533.jpg

363 :世界@名無史さん:2018/07/16(月) 16:18:48.16 0.net
>>361
ナポによるとそいつは裏切ってはいないんだろ
スウェーデン人として行動しないと言質とったわけじゃないからって
恩に対して仇で報いたと思ってるようだけど

364 :世界@名無史さん:2018/07/16(月) 16:25:26.54 0.net
ワーテルローについてはネイとグルーシーの役割置き換えとけばと思ったがネイは独立した軍率いて勝てる奴じゃなかった

365 :世界@名無史さん:2018/07/16(月) 17:13:47.81 0.net
>>361
阻止しようと思えばできただろうに、デジレへの罪滅ぼしとか、甘いんだよ

366 :世界@名無史さん:2018/07/16(月) 22:15:27.15 0.net
そんな甘さも魅力

367 :世界@名無史さん:2018/07/16(月) 22:19:44.47 0.net
なんでわざわざナポレオンに捨てられたババァなんて嫁にしたんだ
あの天パ

368 :世界@名無史さん:2018/07/16(月) 22:24:25.22 0.net
むしろババアはナポレオンが拾った方だろう

369 :世界@名無史さん:2018/07/16(月) 23:43:16.64 0.net
>>367
21歳でババアはさすがに。

370 :世界@名無史さん:2018/07/17(火) 06:36:23.83 0.net
デジレとつきあってたころは将官名簿から削除されて貧乏暮らしだっけ
貧乏軍人はイヤでありんすと引き延ばしてたら、一躍ヴァンデミエール将軍
よりを戻そうにも純情文学青年はジョゼフィーヌに夢中で手遅れ

371 :世界@名無史さん:2018/07/17(火) 10:56:11.58 0.net
ベルナドットを王にしたのはスウェーデンのナポレオンへの嫌がらせ
反フランスの奴を王にするなよ→じゃあフランス軍人で反ナポレオンな奴を王にするわこれなら文句言えないだろ
みたいな

372 :医学知識 熱中症 救済策!:2018/07/21(土) 18:23:52.70 ID:/7nObvd54
医学知識 「熱中症(ねっちゅうしょう)の応急処置(おうきゅうしょち)!」

熱中症の症状→「めまい」・「立ちくらみ」・「筋肉痛」・
「足のキンニクが痛くなる」・「足がつる」
「頭痛」・「はき気」・「体がだるい」・「虚脱感(きょだつかん)」
「意識がない」・「けいれん」・「頭がフラフラ・クラクラする」
「足が千鳥足(ちどりあし)になる!」など。

応急処置 →木陰(こかげ)や「クーラーのきいた部屋」に運びこむ!!
荒療治(あらりょうじ)ですが、手当てがおくれると死ぬことが
あるので、「冷えたポカリスエット」を「胸」「腕」「足」にかける!

◎「冷えたジュース」を、「ハンカチ」や「タオル」でまいて、
わきの下にあてて、「じんわり」冷(ひ)やす!
冷やす場所は、「首」・「わきの下」・「足のつけ根」
「首」・「わきの下」には、大きな血管が、とおっているのです!
「缶ジュース」などで、首を冷やすと、脳にまわる血液(けつえき)が、
冷やされて、気持ちがよくなります!

「クーラー」や「エアコン」をガンガンきかせて、体温を下げましょう!!
「救急車をよんで、まわりの人たちに助けをもとめましょう!」
「一人で、何でもしようとぜず、「デパートの店員さん」や「先生」や
「まわりの大人」などに助けをもとめましょう!!」
                       医学知識

373 :世界@名無史さん:2018/07/23(月) 10:46:10.90 0.net
ベルナドットは、王太子就任を受けるに際して
ナポレオンが持ち出したフランスに敵対しないという条件を拒否している。
ナポレオンとの対決を視野に入れてスウェーデン王位継承を受けたとしたら
ベルナドットってけっこう大物だよな・・・

374 :世界@名無史さん:2018/07/23(月) 11:12:21.63 0.net
一応、兄貴の嫁の妹の旦那で親戚なんだよな
ナポレオンはコルシカらしく、いろいろと縁戚を組んだけど
敗北の前には無力だったな

375 :世界@名無史さん:2018/07/23(月) 13:00:38.06 0.net
>>373
大物というか小悪党というか

376 :世界@名無史さん:2018/07/23(月) 15:57:28.82 0.net
マルモンの元帥叙任なんで遅らせたんだろ

377 :世界@名無史さん:2018/07/23(月) 17:06:14.00 0.net
>>375
ナポの方がよほど子悪党だろ。ベルちゃんの方が為政者として
はるかに優れている

378 :世界@名無史さん:2018/07/23(月) 18:07:32.63 0.net
ベルナドットって政治的な功績何かあったっけ

379 :世界@名無史さん:2018/07/23(月) 18:46:48.52 0.net
どっちも小悪党とはとても言えないが
明確にジャコバンだったのにスウェーデン王になってるベルナドットの方が変だとは思う

380 :世界@名無史さん:2018/07/24(火) 06:05:53.64 0.net
ベルナドットってWikiみたらすごかったな。
福の神か何かか。

381 :世界@名無史さん:2018/07/24(火) 08:58:42.19 0.net
単なる裏切り者だろ

382 :世界@名無史さん:2018/07/24(火) 11:13:13.40 0.net
裏切り者はマルモンとベルティエ
マルモンはわかるがベルティエがなぜ裏切り者かわからない

383 :世界@名無史さん:2018/07/24(火) 11:31:41.16 0.net
ベルティエって裏切者なのかな?
裏切って言うとミュラが浮かぶけど・・・
まぁ、ミュラは自分(と言うかカロリーヌ)に忠実
マルモンはフランスに忠実
こんなイメージだなぁ

384 :世界@名無史さん:2018/07/25(水) 13:59:04.93 0.net
ベルティエってどっちにも付きたいしどっちにも付きたくなかったから自殺したんじゃないの?
そういうのは裏切りになるのか?

385 :世界@名無史さん:2018/07/25(水) 14:21:06.08 0.net
ベルティエは暗殺

386 :世界@名無史さん:2018/07/25(水) 16:16:57.62 0.net
>>385
新しいw

387 :世界@名無史さん:2018/07/25(水) 16:18:21.08 0.net
新しくないぞ
エンゲルスも暗殺説推しだったし

388 :世界@名無史さん:2018/07/25(水) 17:17:35.36 0.net
7月革命のときマルモンはシャルル10世へ暴動じゃなく革命ですと報告してるけど、これバスティーユ襲撃のときのルイ16世とリアンクール公の逸話を踏まえてのことだよね

389 :世界@名無史さん:2018/07/25(水) 19:54:18.74 0.net
>>387
全集の14巻ですか?

390 :世界@名無史さん:2018/07/25(水) 20:43:57.91 0.net
>>389
そうだな

391 :世界@名無史さん:2018/07/26(木) 03:39:36.78 0.net
>>388
暴動と革命の違いが分からん。暴力革命というようにその二つは同じものではないのか。

392 :世界@名無史さん:2018/07/26(木) 09:00:08.30 0.net
成功したら革命、失敗したら暴動

393 :世界@名無史さん:2018/07/26(木) 12:20:47.87 0.net
>>387>>389
世界の歴史まんが全集ですか?

394 :世界@名無史さん:2018/07/26(木) 13:52:10.02 ID:GF7Wh7Bvd
>>391
暴動に目的はないのではないか。

395 :世界@名無史さん:2018/07/26(木) 14:10:35.74 0.net
19世紀の政治・経済・軍事・外交を語る上で外せないマルクス・エンゲルス全集

396 :世界@名無史さん:2018/07/26(木) 15:19:20.52 0.net
全集にベルティエの項目が有った事を覚えて無い・・・
ブリュッハーの項目の充実っぷりが印象的過ぎて

397 :世界@名無史さん:2018/07/26(木) 16:07:45.30 ID:GF7Wh7Bvd
人生の目標を貫徹させられる事は少ない。

398 :世界@名無史さん:2018/07/27(金) 00:11:58.95 0.net
>単なる裏切り者だろ
オマエは無知無知ギャルか?

399 :世界@名無史さん:2018/07/27(金) 16:25:39.14 0.net
>>391
暴動←鎮圧可能
革命←もう無理、退位して亡命してどうぞ

400 :世界@名無史さん:2018/07/27(金) 21:00:05.49 0.net
成功した暴動の事を革命と言うわけだ

401 :世界@名無史さん:2018/07/27(金) 22:12:49.81 0.net
>>392に書いてある事を何故グダグダ繰り返す

402 :世界@名無史さん:2018/07/27(金) 22:49:31.81 0.net
この話になった元はルイ16世とシャルル10世が暴動が始まったのかって聞いて
お付きのものがこれは革命が始まったのですって返す逸話なんだから結果論で変わる話は根本的に理解してないと思うけど

403 :世界@名無史さん:2018/07/27(金) 23:17:31.27 0.net
逸話というのは結果を知った上で生み出されていくもの

404 :世界@名無史さん:2018/07/28(土) 07:49:40.18 0.net
シャルル10世もなのか
知らんかった

405 :世界@名無史さん:2018/07/28(土) 11:41:14.95 ID:THgyH/B7h
>>400
政治的目的がないと不可能ですね。

当時はルソーの「社会契約論」がよく読まれていた。
世界史を網羅したような作品だ。

「大義」とは意味がわかりますか?

奴隷解放戦争と単なる独裁では全く意味が違ってくるでしょう。

406 :世界@名無史さん:2018/07/28(土) 11:43:24.02 ID:THgyH/B7h
社会契約論
https://www.amazon.co.jp/dp/4003362330/


それより古いイギリスでは、「悪い」王様が現れたら、処刑しても良いということになっていました。
もし、現在の天皇陛下が悪くなれば、当然、退位でしょう。

407 :世界@名無史さん:2018/07/28(土) 11:46:10.67 ID:THgyH/B7h
私は最近、ベトナム戦争の推移について知ったのですが、

フランス統治→打倒→アメリカと南ベトナム→北ベトナム共産党という流れを知りました。

「人民の戦争」って奴ですか。
最終的に、今、ベトナム共産党はゆるやかに無くなろうとしている。

「悪政」=打倒してよろしい、というのが革命思想でしょう。

暴動なら、終戦からしばらく在日コリアンがよくやっていたし、
80年代はDQNがよく暴れていましたが、革命ではないでしょう。

408 :世界@名無史さん:2018/07/28(土) 11:48:17.17 ID:THgyH/B7h
バオダイ皇帝退位→ゴ大統領暗殺→ベトナム共産党解体

しかし、勝つのは人民ですから、それでいいならいいではないですか。
フランス革命だって、似たようなものではないかと。

日本でも、徳川や天皇が廃棄されようが、闇金並みの悪徳企業が廃棄されようが何の問題もないのです。

409 :世界@名無史さん:2018/07/28(土) 11:50:42.50 ID:THgyH/B7h
日本のナショナリストが訪米し、「世界ナショナリスト会議」に参加されました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07FX8YL7C/

天皇への崇拝なし、企業家とも結託せず、あるいは自衛隊、警察とも戦う。
相手が悪くなれば、打破し、国民の利益を最大限にする日本のホーチミンが今います。

410 :世界@名無史さん:2018/07/28(土) 11:57:34.34 ID:THgyH/B7h
ナショナリストってなんだろう?

反日天皇処刑
http://hoshino2015.com/wp-content/uploads/2016/08/c2002b-1024x802.jpg

親韓勢力処刑
http://www.geocities.jp/kyoketu/anjukon.jpg

在日海賊処刑
https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/f764bc5304b4e7e8a77632c87314ac741f8a5883.36.2.9.2.jpeg

411 :世界@名無史さん:2018/07/31(火) 08:39:10.72 ID:knq1+heii
ナポレオンって何でハンニバルの失敗に
学ばなかったの?

412 :世界@名無史さん:2018/07/31(火) 08:41:59.81 ID:knq1+heii
ナポレオン→ハンニバルの失敗に学ばず
ヒトラー→ナポレオンの失敗に学ばず

413 :世界@名無史さん:2018/07/31(火) 23:33:28.29 0.net
>>379
そんなん言うなら、元ジャコバンのくせに皇帝になりおおせた
ナポレオンだってヘンさ加減で似たようなもの。

414 :世界@名無史さん:2018/07/31(火) 23:49:31.59 0.net
>>413
何事も学び、何事も忘れるのがフランス人

415 :世界@名無史さん:2018/08/01(水) 00:42:56.34 0.net
>>413
ナポレオンはジャコバン以前にコルシカ独立主義だから今更だろ

416 :世界@名無史さん:2018/08/01(水) 22:30:49.10 ID:j9HDNpQvd
それは、余分に欲したからだよ。
アレクサンドロス、豊臣秀吉、ナポレオン、ヒトラー。

狡猾な連中になれなかった。
反面教師としたい。

417 :世界@名無史さん:2018/08/02(木) 09:42:08.91 ID:TinXVPrCV
過去の偉人?たちとの比較検討が必要ということ。

418 :世界@名無史さん:2018/08/04(土) 09:37:46.66 0.net
アミアン和約破綻以後は保身のために延々戦争してるイメージしかない

419 :世界@名無史さん:2018/08/04(土) 17:44:15.38 0.net
保身で戦争してるで言えば対仏大同盟側には敵わないと思う

420 :世界@名無史さん:2018/08/05(日) 04:21:04.70 ID:h/+vQfvKE
>>408
「すなわちフランス国民は国民を裏切った旧体制と法律的に絶縁したのである。」

フランスって面白いな。
どんだけ体制変わってるんだよ。

421 :世界@名無史さん:2018/08/06(月) 23:01:04.56 ID:7oplQmjEj
>>408
1946年王政廃止に関するイタリアの国民投票
https://ja.wikipedia.org/wiki/1946%E5%B9%B4%E7%8E%8B%E6%94%BF%E5%BB%83%E6%AD%A2%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%9B%BD%E6%B0%91%E6%8A%95%E7%A5%A8

422 :世界@名無史さん:2018/08/12(日) 12:54:10.35 0.net
対仏大同盟側にしてみれば、侵略者を追い出すのだから正義は我にあり、だろう。

423 :世界@名無史さん:2018/08/14(火) 23:00:26.40 0.net
戦争で成り上がった奴は戦争し続ける以外に無いのさ

424 :世界@名無史さん:2018/08/15(水) 10:28:46.34 0.net
ナポレオンから戦争を取ったら何が残るの?

425 :世界@名無史さん:2018/08/24(金) 23:49:34.50 0.net
ナポレオンは実はユダヤ人だったという説
どこまで信憑性があるのだろう

426 :世界@名無史さん:2018/08/25(土) 06:38:19.80 ID:40QYXpyNZ
>>424
現在のEUの教科書では、ナポレオンの負の側面と同時に、ナポレオン法典などのプラスの側面もえがかれています。

427 :世界@名無史さん:2018/08/25(土) 15:57:32.95 0.net
ユダヤ教信じてなければユダヤ人じゃない
名より実を取るのはユダヤ的だと言えるが、ユダヤ人の専売特許でもない

428 :世界@名無史さん:2018/08/25(土) 23:32:08.55 0.net
とんでもねぇ
あたしゃユダヤだよ

429 :世界@名無史さん:2018/08/29(水) 20:29:38.29 0.net
>>31
世界史上ただひとり、敵(英国)に命乞いした女々しくて情けない指導者はナポレオンしか類例がない。
あ、日本にも石田三成がいたけど。

ナポレオンがワーテルローで敗走したとき、チェーザレ-ボルジアのように戦って潔く戦死していれば、あるいは自決して果てていたら..
フランスはもっと早く平和を取り戻していたかも知れない。

現在大河ドラマの主人公の西郷隆盛はナポレオンを尊敬していたというが
西郷はそのいまわの際に於いても決して官軍に屈せず、命乞いなどしなかった。
その武士道精神が多くの日本人に尊敬されて止まない所以であろう。

指導者はいかなる窮地に立たされたときにも、すべてを墓場に持って行く覚悟を決めておかねばならないのだ。

430 :世界@名無史さん:2018/08/29(水) 21:22:48.99 0.net
ワーテルローから退位まで4日間しかないのにそれが戦死ならもっと早く平和をって頭おかしいのか
西郷が凄くてナポレオンは駄目敗戦したら絶対に戦死か自決しろという身勝手で感情的な結論から逆説的に都合の良い歴史を語ってるからこういう知性の感じられない演説になる

431 :世界@名無史さん:2018/08/29(水) 21:23:24.74 0.net
西郷はただの野人で小勢力の頭目にすぎない
ナポレオンはれっきとした皇帝
同じ価値観でくくるのは低能の極み

432 :世界@名無史さん:2018/08/29(水) 22:12:04.84 0.net
>>429
>西郷はそのいまわの際に於いても決して官軍に屈せず、命乞いなどしなかった。
一人だけ助かろうと逃げ出したところを桐野に射殺された説もあるみたいだが

433 :世界@名無史さん:2018/08/30(木) 01:29:28.09 0.net
ナポレオンが左利きで
しかも右側通行はそのせいだという
いかにも俗説な話の真贋はいかに

434 :世界@名無史さん:2018/08/30(木) 10:25:03.92 0.net
>>380
終生スウェーデン語を話せなかった無能のなにがすごいんだか

435 :世界@名無史さん:2018/08/30(木) 10:28:23.14 0.net
ナポレオンに外国の王や公爵にしてもらった親族、元帥の中で
現地語マスターしたやつってどれくらいいるのか

436 :世界@名無史さん:2018/08/30(木) 11:17:04.37 0.net
>>434
だから、運だけ男

437 :世界@名無史さん:2018/08/30(木) 14:03:05.24 0.net
スペイン王の兄貴はスペイン語話せるだろ

438 :世界@名無史さん:2018/08/30(木) 14:44:34.84 0.net
>>437
ホセ1世が?さあ、聞いたことがないなあ

439 :世界@名無史さん:2018/08/30(木) 14:54:28.00 0.net
>>438
なんで調べたこともないのにそんな言い方するの?

440 :世界@名無史さん:2018/08/30(木) 16:57:22.48 0.net
歴史系板の住人って基本、自分が一番頭が良いと思い込んでいて他人の話を聞かないから

441 :世界@名無史さん:2018/08/30(木) 17:56:45.02 0.net
ウィキペディアにはしぶしぶ勉強したって書いてあるね
ここから逆に言うと他の奴らも自分の領地の言葉は最低限勉強してたんじゃないの

442 :世界@名無史さん:2018/09/01(土) 11:10:19.07 0.net
日立 世界ふしぎ発見!|TBSテレビ

次回の放送は、9月1日夜9時から
第1486回
秘島セントヘレナ
ナポレオンが伝説になった島
ミステリーハンター:比嘉 バービィ(ひが ばーびぃ)

http://www.tbs.co.jp/f-hakken/

443 :世界@名無史さん:2018/09/01(土) 13:18:21.15 0.net
まあコルシカ語もスペイン語もイタリア語の方言みたいなもんだから
かなり習得しやすかったはずだ

444 :世界@名無史さん:2018/09/05(水) 19:29:35.18 0.net
タレイランをことを終生タイユランって呼び続けたの割と有名だけど
そもそもタレイランの名前の語源がタイユ・ラン(戦列に切り込む)って言葉なんだな
ある意味由緒正しい呼び方らしい

445 :世界@名無史さん:2018/09/17(月) 02:52:34.22 0.net
>>444
ドラクロワはタレイランの「隠し子」っていうのはやっぱりガセだったんだね。

446 :世界@名無史さん:2018/09/17(月) 05:06:20.94 0.net
>>445
新発見でもあったの?
まあ、フランス政府の厚遇とか、状況証拠ではあったけど。

447 :世界@名無史さん:2018/09/29(土) 00:41:29.23 0.net
返信も無いし>>445がガセか

448 :世界@名無史さん:2018/10/11(木) 11:29:17.77 0.net
戸籍上の父親が遺伝上の父親でないことは立証済み
タレーランが遺伝上の父親だと強く示唆される

そもそもこの程度でしょ

449 :世界@名無史さん:2018/10/11(木) 12:31:04.27 0.net
ナポレオンとドゴールだとフランス人はどっちが好きなの?

450 :世界@名無史さん:2018/10/12(金) 21:46:20.40 0.net
ジャンヌ・ダルクが好き

451 :世界@名無史さん:2018/10/12(金) 22:02:24.35 0.net
ドゴールってなんであんな名前使われてんだろ

452 :世界@名無史さん:2018/10/13(土) 02:21:45.13 0.net
>>451
プロパガンダ

ドゴールって今だとフランス復興の立役者だけど
WW2終わった時点だとまだまだヴィシー政権の関係者とか
他にも色々な「正統なフランス政府」を作りたい人が色々いたし
70年代くらいまでは割とその辺危機感あったみたいよ

453 :世界@名無史さん:2018/10/13(土) 07:44:02.03 0.net
安全なロンドンから、戦えー!と呼びかけていたひとより、フランス各地でレジスタンスやってた共産党など左派の方が支持されてたかもな

454 :世界@名無史さん:2018/10/16(火) 03:01:03.76 0.net
ナポレオン格好いいよな

455 :世界@名無史さん:2018/10/16(火) 06:35:30.89 0.net
特に兵士を置き去りにして自分だけ逃げるのがクール

456 :世界@名無史さん:2018/10/16(火) 07:50:32.50 0.net
オワコンのラファイエットにトドメ刺されたのは草

457 :世界@名無史さん:2018/10/16(火) 11:42:14.56 0.net
>>455
お前は戦場で真っ先に殺されるタイプだな

458 :世界@名無史さん:2018/10/16(火) 12:11:08.30 0.net
吉田照美×適菜収「松本人志がつまらなくなった? 安倍政権下で炙り出されたメッキが剥がれた人たち」
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1539656984/l50

459 :世界@名無史さん:2018/10/16(火) 14:42:26.74 0.net
おまえらナポレオン馬鹿にしすぎだろ
短いけど天下とった英雄なの分かってるわけ

460 :世界@名無史さん:2018/10/16(火) 17:52:07.54 0.net
本人も一番の功績は法典と言っとる

461 :世界@名無史さん:2018/10/25(木) 11:54:17.84 0.net
学歴社会もナポレオンらしい

462 :世界@名無史さん:2018/10/30(火) 19:10:28.21 0.net
>>460
そりゃそうだ。
戦争には負けたのだから全てパア。
息子に皇位を継がせる目論見も全てオジャン。
ああ、でもオレは何とか言う法典を作ったっけ・・・

463 :世界@名無史さん:2018/10/30(火) 19:45:52.19 0.net
ナポレオンの一番の功績は歴史に名を刻んだ名声である

464 :世界@名無史さん:2018/10/31(水) 03:04:53.15 0.net
だけどナポレオンって法律の勉強をしたわけでもないよね。
法典を編纂したのは結局専門家たちだよね。

465 :世界@名無史さん:2018/10/31(水) 04:46:40.07 0.net
滅茶苦茶詳しかった
ルソーが革命前に"コルシカ憲法草案"なんてのを書いてたのもあってその方面の知識は貪欲に読み漁ってた
ミラボーやネッケルの本も読んでた
むしろ絶対王政時代からの系統だった教育と外れた独学なのはナポレオン法典みたいのにはプラスだったかもしれない

466 :世界@名無史さん:2018/10/31(水) 14:18:52.32 0.net
リーダーが作らせて、それを守るように国家を持って行かないとただの文章で終わっちゃうからね

467 :世界@名無史さん:2018/10/31(水) 19:52:25.16 0.net
うそぉん。フランス民法典の制定にあたって
カンバセレスをはじめとする優秀な法律家たちの足を
ナポレオンが引っ張ったという話なら聞くが。

以下ウィキペディアより引用・・・
制定時のナポレオン民法典はナポレオン個人の思想とも相まって、
封建時代の残滓ともいうべき不平等の規定も有しており、
外国人の人権の制限、非嫡出子の差別的取り扱いを規定していたばかりでなく、
妻の夫への従属の明文化、夫による居所指定権、妻の一般的無能力制度による
財産行為の包括的制限など、一応男女平等を原則としながらも、婚姻時には
他の近代法典と比べても異例といえるほどの夫権・父権優位の家父長制を採用していた。

468 :世界@名無史さん:2018/10/31(水) 20:39:16.27 0.net
カンバセレスや他の起草委員がナポレオンより革新的な民法を目指してたなんて話あったかな
ナポレオンはフランス民法典の審議にほとんど参加してたと思うし
革命から後退した不平等的な規定はだいたいローマ法からの慣習法として容易く変えられる物ではなかった分野だったし
慣習法の発展的な部分が多かったからこそ多くの国も影響を受けやすかった

一応女性の権利は革命前と比べると脱宗教化して離婚が簡単になった時点で遥かに増してると言われてるよ
そして民法典の半分以上はどちらかと言うとわかりやすい私権だの国籍だの家族だのでなく
財産権や所有権に関する具体的な説明が長々と続く物でこういう規定には大勢の参加者が必要になるのは当然でしょ

だからナポレオンが全然編纂に参加してないとかナポレオンが他の委員の足を引っ張って民法典を改悪させたみたいな考えはあまり真に受けられない
ナポレオンがローマ法に詳しかった事はユスティニアヌス法典をそらで読み上げた有名なエピソードで明らかだし
その勉強をしたのは主に1785年から1792年までの暇だった駐屯地生活時代だと言うのもはっきりしてる

469 :世界@名無史さん:2018/10/31(水) 21:32:53.06 0.net
ソースがウィキペディアの時点でお察し・・・

470 :世界@名無史さん:2018/10/31(水) 21:45:48.08 0.net
コルシカは家父長制が強い田舎だから仕方ない

471 :世界@名無史さん:2018/11/01(木) 20:56:42.38 0.net
『世界大百科事典』 平凡社
フランスでは、大革命のときに、O.deグージュが〈女性と女市民の権利宣言〉(1791)を
発表し、女性たちはパンを要求して行進をしたり、独自の革命運動の組織もつくった。
だがその後に成立したナポレオン法典によって女性の地位は低くおさえられ、
革命のときに撤廃された姦通罪は1810年に、離婚の禁止は16年に復活した。

472 :世界@名無史さん:2018/11/01(木) 21:03:25.42 0.net
女性の権利を現代や大革命真っ最中を基準に見るのは流石に厳しすぎるだろ
ナポレオンの良さは国を一体にして革命の混乱を緩和した事にもあるんだから
反動的な部分がいくつかあるのは仕方ない

473 :世界@名無史さん:2018/11/05(月) 09:18:34.55 0.net
ヴェルサイユ行進は権利の要求というより生存権の確認でしかないわけだが

474 :世界@名無史さん:2018/11/08(木) 23:05:41.81 0.net
ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとある闘技場」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポレオン」を注文する。
数分後、ナポレオンがくる。私はナイフとフォークを構える。
……なんか変だ。強い。変に強い。剣で叩かれ頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません出し直します。御代も結構です。」
数分後、ナポレオン二世がくる。私は闘う。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった……
ここはとある闘技場……
人気メニューは……ナポレオン

475 :世界@名無史さん:2018/11/09(金) 20:27:36.54 0.net
ナポレオンて名称のお酒があるがあれはナポレオンとどんな関わりがあるんだろ?ナポレオンが好きだったとか美味しいと言ったとか

476 :世界@名無史さん:2018/11/09(金) 21:27:56.88 0.net
ブランデーの貯蔵年数の古いものにつける表示記号。
フランス皇帝ナポレオン1世に待望の男子が生まれた1811年はブドウの豊作で、優良なワイン、ブランデーが得られたため、その名が高級ブランデーの呼称となったという。
現在コニャックの品質表示にこの称があり、法律的には5年以上の貯蔵を義務づけているが、商習慣では熟成と品質の目安として30〜40年間貯蔵のブランデーを一部混和した品質優良なものという意味で用いている。
原産地呼称法では、アルメニャックにもこの呼称がある。
ほかのブランデーにもナポレオンの表示があるが、これは国が保証するものではなく、個々の企業が製品の目安としているものである。

477 :世界@名無史さん:2018/11/10(土) 00:27:37.72 0.net
ココマイスターのナポレオンカーフとか意味不明

478 :世界@名無史さん:2018/11/10(土) 00:33:32.03 0.net
大阪でナポレオンの絵や彫刻がいくつか見られるようだが
アングルかダヴィッド持ってこいよ
一度、生で見てみたいもんだわ
お前らはどのナポレオン像が好き?

479 :世界@名無史さん:2018/11/10(土) 00:52:16.20 0.net
日本でナポレオン見るなら東京富士美術館がいい
俺は関東だから一々関西まで行きたくない
ちなみにこの絵が1番好きだな
https://static01.nyt.com/images/2015/12/09/arts/09artsbeat-forbes1/09artsbeat-forbes1-blog480.jpg
3世だけど

480 :世界@名無史さん:2018/11/11(日) 09:58:18.56 0.net
ダヴィッドの絵だとアメリカいくかヨーロッパいくしかないか

481 :世界@名無史さん:2018/11/11(日) 12:28:23.01 0.net
>>480
ダヴィット工房版のサン=ベルナール越えが八王子の富士美術館に有った筈だよ
何度かナポレオン展もやってる
ナポレオンのワーテルローの二角帽と剣やウエリントンの軍服の揃いが来たことも有るし
ネイ元帥所有の地図セットとかも
ジョミニが触ったのかも・・・とか妄想してたw

482 :世界@名無史さん:2018/11/12(月) 11:05:04.06 0.net
>>481
ありがとう
時間作って見にいくか

483 :世界@名無史さん:2018/11/13(火) 23:02:43.55 0.net
結局、フランス人権宣言といっても本当の目的は貴族、資本家が王族からの財産権の保護を正当化するためなんだよな
庶民をダシに既得権益層に潜り込む方便でしかない
市民革命という言葉は欺瞞に満ちている

484 :世界@名無史さん:2018/11/13(火) 23:04:59.13 0.net
で?

485 :世界@名無史さん:2018/11/14(水) 09:07:15.87 0.net
既得権益をいいだすとみんな既得権益で食べているのだ

486 :世界@名無史さん:2018/11/14(水) 16:17:32.04 0.net
>>478
オレはこのナポレオンが一番好き
高価なのが難点
https://i.imgur.com/9ABepeJ.jpg

487 :世界@名無史さん:2018/11/15(木) 00:39:50.12 0.net
行き過ぎた変革には大きな反動が来る。
貴族を復活させたナポレオン程度まで後退するなら
あれだけ革命で血を流すこともなかった。

488 :世界@名無史さん:2018/11/15(木) 01:09:15.31 0.net
功績をあげた実力ある人間を貴族にしてるから元の制度とは根本的に違う
権威主義的なのは同じだが同時に共和主義的
これはナポレオン帝国自体の性質

489 :世界@名無史さん:2018/11/15(木) 10:09:10.72 0.net
ローマの元老院みたいなもんか

490 :世界@名無史さん:2018/11/15(木) 10:51:44.12 0.net
ミュラやスールトが貴族になれる制度でお察し

491 :世界@名無史さん:2018/11/15(木) 12:51:07.46 0.net
新貴族を作ろうってのはどこの国も一緒だと思うけどな
徳川貴族体制を潰して薩長中心の貴族体制を作ろうって
現代の貴族階級も既にかしこで生まれてきてるしな

492 :世界@名無史さん:2018/11/16(金) 21:30:19.43 0.net
>>488
王国時代の貴族だって先祖が立てた功績でその身分を得た
たいして違わねーよ

493 :世界@名無史さん:2018/11/17(土) 13:01:47.66 0.net
戦争で多く貴族の成立した多い国はそう言えたんだけどね

494 :世界@名無史さん:2018/11/20(火) 21:29:49.41 0.net
ナポレオンのサーベル、オークションで7億8000万円!
https://mnsatlas.com/?p=41647

ナポレオン関係のオークションといえば、過去に彼のペニスが
最低落札価格230万円で誰も買わなかったということがあった。
あの世で複雑な気分であろう。

495 :世界@名無史さん:2018/12/12(水) 15:01:48.26 O.net
アウステルリッツで戦史を飾る圧勝することで人生と帝国を棒に振った愚者
完勝したことで神聖ローマ帝国を解体し空いた隙間にフランスが出ていかざるをえなくなり詰んだ
ドイツなんかロシアやプロイセンやオーストリアに任せてなんか出てきたら
他の二つにフランスが助太刀して叩いていれば良かった

ドイツの覇権争いにフランスが出ていく時点で戦略的に致命的敗北

496 :世界@名無史さん:2018/12/12(水) 17:57:05.09 0.net
アスペっぽい文章

497 :世界@名無史さん:2018/12/13(木) 10:34:07.68 0.net
まあ勝ちすぎた割に戦略のグランドデザインが稚拙だったよな
骨の髄から軍人脳って感じだわ

498 :世界@名無史さん:2018/12/14(金) 01:33:36.43 0.net
ほお、どういうところが?

499 :世界@名無史さん:2018/12/14(金) 01:40:41.56 0.net
具体的には答えられない雑魚なんだろう

500 :世界@名無史さん:2018/12/14(金) 02:17:08.21 0.net
そもそもトラファルガーで負けた上に制海権も取れないから
アウステルリッツで大陸側だけ卓袱台返ししてるだけなんで
アウステルリッツで勝った事を起点として物を考えるのが間違ってる気がする

501 :学術:2018/12/14(金) 08:39:12.38 0.net
男の隊を編成して女性(女子・女児)一人を孤立させたアフォ。

502 :学術:2018/12/14(金) 08:40:13.60 0.net
男は炊事洗濯をしなくていいのもアフォ。戦争に現実逃避して。外も内も女性
が寡占している現実をしらない。

503 :学術:2018/12/14(金) 08:40:59.45 0.net
狩りや狩猟、死体拾い採集でも女性の能力が桁違いに群を抜く。

504 :世界@名無史さん:2018/12/14(金) 20:33:47.23 0.net
>>500
まあ全体の戦略で言えば、トラファルガーの敗戦と
アウステルリッツの戦勝を秤にかけて
差し引きでは負けという感じがするわな。

505 :世界@名無史さん:2018/12/15(土) 19:53:46.59 0.net
アウスがなかったら早々に崩壊してたかもしれないから不幸中の幸いって感じかも

506 :世界@名無史さん:2019/01/03(木) 08:41:47.38 0.net
将軍・執政時代がキレキレで
皇帝になってから王冠で頭が絞め付けられ鈍っていったイメージ

507 :世界@名無史さん:2019/01/03(木) 12:46:22.79 0.net
世襲考えだした時にはもう…って感じ

508 :世界@名無史さん:2019/01/03(木) 13:41:22.38 0.net
あげまんと離婚したからなあw

509 :世界@名無史さん:2019/01/04(金) 04:11:12.15 0.net
>>506
でもロシア遠征失敗後の劣勢での指揮はやっぱりキレキレだったりする

510 :世界@名無史さん:2019/01/04(金) 06:11:08.50 0.net
即位直後からなんでデブの肖像画しかないんだ
即位前の絵でそんな徴候のもの一つもないんだが

511 :世界@名無史さん:2019/01/04(金) 13:15:58.52 0.net
劣勢と言うよりも直率兵力が少ない時の気がする
>ロシア退却以降でのキレキレ
ベレジナ河、ハーナウ、1814年フランス戦役
いずれも直率兵力は4万以下だったかと
逆にライプツィヒでは20万近い兵力を集めたものの、会戦指揮には精彩を欠く事に

優れた総司令官と言うよりも、優れた軍団長なのかな?
>ナポレオン
キレキレに入る様に思えるドレスデン救援に向けての強行軍も、その指揮は優れた戦術指揮官の物
それよりも高位の指揮官の範疇であるドレスデン救援とその他の方面への兵力振り分け割合は誤りを指摘されてるし

512 :世界@名無史さん:2019/01/04(金) 13:21:37.71 0.net
陸軍大臣としてなら、政府の命令は無視するけどそれなりに上手くやるだろう
首相になると軍事のことにオールインするからダメ!って感じしてる

まあそれを踏み台にしたから戦争は政治の問題解決法の一手段であって〜って理論化されたんだろうけど

513 :粉砕、玉砕、大爆死:2019/01/05(土) 14:49:24.92 0.net
でも兄を重役につけたのはヤバかった

514 :世界@名無史さん:2019/01/09(水) 11:50:55.16 0.net
結局、まともなのはリュシアン?
ナポレオンは「カロリーヌが男だったら」と言っていたらしいけど、もしもそうだったら兄弟一の問題児になってた気が・・・

515 :世界@名無史さん:2019/01/09(水) 12:34:17.81 0.net
カロリーヌが男だったら、兄や弟以上の直接的な野心持ってるだろうし、もっと目の上のタンコブになってたとは思う
そこそこ有能でナポレオンに忠実だったのって結局ウジェーヌしかいない

516 :世界@名無史さん:2019/01/28(月) 19:15:43.20 0.net
>>497
秀吉の伝記でもあったら読んでいた可能性はあるだろうな。
自身の地位をいかに安泰、磐石なものにする方法を学ぶ目的で。

517 :世界@名無史さん:2019/02/02(土) 21:46:39.42 0.net
秀吉は失敗例ではないか

518 :世界@名無史さん:2019/02/03(日) 21:18:59.39 0.net
女子大生殺人の若ハゲ犯人見てダヴーが頭に浮かんだ

519 :世界@名無史さん:2019/02/03(日) 21:23:11.94 0.net
ダブーは肖像画だと穏やかな顔してるようにも見えるが
あの漫画のせいであの顔しか浮かんでこない

520 :世界@名無史さん:2019/02/04(月) 04:39:14.47 0.net
>>511
兵力配分のミスといえば、最後のワーテルローも。
プロイセン軍を追わせたグルーシーの3万3千がいかにも中途半端。
追撃の決断も手遅れになるほど遅いし冴えない指揮官ぶり。

521 :世界@名無史さん:2019/02/05(火) 10:11:59.23 0.net
グルーシーはこの分遣隊でちゃんと勝って皇帝の命令果たしたんだよな

522 :世界@名無史さん:2019/02/05(火) 14:45:34.67 0.net
ドイツ人が来る前に、ウェリントンくらい蹴散らしとかないと

523 :世界@名無史さん:2019/02/06(水) 23:24:47.15 0.net
散々言われてるが、ダヴーとスーシェをワーテルロー戦に参加させてればおそらく勝てた

524 :世界@名無史さん:2019/02/07(木) 14:40:23.39 0.net
ダヴーを嫌いだからか警戒してパリに残した説と
自分が敗れた後にパリまで落とされないため残した説と
一番信頼してる将軍だからパリ鎮圧とか色々のために残した説とかあるがどれが正しいんだ

525 :世界@名無史さん:2019/02/07(木) 14:58:08.33 0.net
今までの功績と地位のバランスもあるし他の元帥との兼合いも大きいからな
ダヴーを連れてくなら新任元帥のグルーシーはともかくネイまで連れてけない
かと言ってネイは王政復古時は王国についてたし単独でパリに置いとくなんて考えにくい
ネイを活かすには自分の元に置いとくのが1番周りも納得する

526 :世界@名無史さん:2019/02/07(木) 23:34:37.16 0.net
パリの王党派の抑えにダヴー、アルプス方面のオーストリア軍の抑えにスーシェを派遣したのは理解できる。15年戦役時、独自の判断で戦略を立て軍を指揮できるのは上記二人とスールトぐらいだから
しかしあくまで主敵はフランドルの英蘭軍とプロシア軍であって、この2軍が合流するまでに各個撃破する事が最優先なのは明らか
であればダヴーとスーシェはフランドル戦線に連れてくべきだった
後、ネイの一見無謀な騎兵突撃もプロシア軍が迫ってた状況では一か八かで致し方ないわ
グルシーは弁護出来ない、砲声聞こえたらその場所へ真っ先に行けよ
ダヴーやスーシェならそうしてる

527 :世界@名無史さん:2019/02/10(日) 00:01:03.52 0.net
そもそもネイは独立した軍を率いる能力がない
ダヴーは最初の退位の前にドイツでやらかしてるわけで

人選は妥当だったんだよ
足りないのは兵力と装備と練度

528 :世界@名無史さん:2019/02/10(日) 22:59:30.31 0.net
ネイの能力については同感
1814年戦役でダヴーがやらかした?
ハンブルグの件なら軍指令官としての資質を問題視するようなものじゃない
後年散々言われてるけど、グルーシーじゃなくダヴーかスーシェならおそらく勝てた
尤も例えワーテルローで勝っても、全てにおいて枯渇した大陸軍には英蘭普軍を追撃撃滅する余力はないから、いずれはライプツィヒの二の舞になってただろうが

529 :世界@名無史さん:2019/02/10(日) 23:12:42.88 0.net
英蘭普だけなら十分なんとかなるよ
墺は講和しやすいし露は祖国戦争で消耗しすぎてるから勝ち目はある

530 :世界@名無史さん:2019/02/12(火) 11:00:28.27 0.net
メッテルニヒは反革命・旧体制回復の中心人物だし、墺が対仏同盟から離脱するとは思えない
ナポがエルバに島流しになった時にマリー・ルイーズを別れさせて姻戚関係解消させてるし
確かに外交革命以降、墺が警戒してるのは仏じゃなく普だから
仏が普を凹ってる間は日和ってたりしたけどね

露もまだ回復途上だろうけど、ライプツィヒ戦時よりも兵は動員できるはず

英は例え大陸で打ち負かしてもブリテン島に籠っちまうから追撃撃滅出来ない

ライン同盟諸国の多くも離反してしまって、ゼロではないにしろナポに勝ち目はほぼ無いわ

531 :世界@名無史さん:2019/02/21(木) 16:01:20.66 0.net
今日買った本

中公新書
「ナポレオン四代
 二人のフランス皇帝と悲運の後継者たち」野村啓介 著
http://www.chuko.co.jp/shinsho/2019/02/102529.html

18世紀末、コルシカ島出身の一軍人から皇帝にのぼった英雄ナポレオン。
父帝に憧れ軍功を焦るが、病のため夭折した2世。
二月革命を経て大統領に当選、その後クーデタで皇帝となった甥の3世。
帝政復興の期待を背負うも、英兵として赴いた戦地で落命した4世。
二組の父子、そして一族は栄華と没落という数奇な運命を辿る。
革命と激変の時代に「ナポレオン」はどう生き、民衆に求められたか。
ボナパルト家から近代史を読む。

※今、別の本を読んでる最中なので、そのあとに読む。

532 :世界@名無史さん:2019/02/24(日) 08:45:55.67 0.net
ナポレオン4世、イギリスの学校でいじめられたりしなかったのですか?

533 :世界@名無史さん:2019/02/24(日) 12:39:47.93 0.net
クリミア戦争で同盟国だったんだが

534 :世界@名無史さん:2019/02/25(月) 22:17:08.09 0.net
オレの爺さんはナポレオン戦争で死んだんだが、
と上級生にすごまれる
とかありそうだが

535 :世界@名無史さん:2019/02/27(水) 17:48:37.56 0.net
フランスからナポレオンとドゴールを取ったら、イタリアとそうかわらん。

536 :世界@名無史さん:2019/02/27(水) 20:47:02.28 0.net
>>535
学校の歴史で啓蒙主義時代を学び損ねた人か

537 :世界@名無史さん:2019/02/27(水) 22:12:32.90 0.net
いかにも近代以前について無知そうな発言だわな
イタリアなんかそもそも統一したのが1870年頃である意味超新興国だし

538 :世界@名無史さん:2019/02/28(木) 21:22:56.82 0.net
おフランス好き杉w

539 :世界@名無史さん:2019/03/03(日) 09:16:38.10 0.net
ナポレオンさえ居なければ、フランスはイギリスと肩を並べる強国だったのにな。
奴が大負けこいたおかげで、イギリスに差を付けられてしまった。

540 :世界@名無史さん:2019/03/03(日) 10:40:10.67 0.net
ナポレオンの男系子孫ってコロンナ=ヴァレフスキ家として地味に続いてるんだな。
ナポレオン3世はDNA鑑定でボナパルト家との血縁関係がない可能性が高くなったらしい。
ナポレオンはハプスブルク家のマリー・ルイーズではなくロマノフ家のアンナと結婚してれば良かった。

541 :世界@名無史さん:2019/03/03(日) 10:55:31.51 0.net
でもアレクサンドルもロマノフ家から嫁出す気無かったやろ
ブルボン家あたりから嫁もらって地盤固めた方が良かったんじゃね

542 :世界@名無史さん:2019/03/03(日) 11:47:46.53 0.net
アンギャン公処刑事件が無ければ、他の王家とも折り合いを付けていくこともできたが、
ルイ・アントワーヌ処刑で駄目になった

543 :世界@名無史さん:2019/03/04(月) 01:58:03.22 0.net
ナポレオンが出る前から戦争はやってたし
向こうから売られた喧嘩を買っただけのことも多い
弱腰を見せれば国民の支持を失いかねない
ナポレオンはどこでどう落とし所を見つけるのがベストだったのか

544 :世界@名無史さん:2019/03/04(月) 08:43:05.70 0.net
ロシア遠征すると終わりだから大陸封鎖令解除
ということはエゲレスと和解するしかねえな
スペインからも手を引く

545 :世界@名無史さん:2019/03/05(火) 08:00:55.79 0.net
>>540
しかし、フランツ2世も成り上がり者によく娘を嫁がせたな。家柄に差がありすぎる。

546 :世界@名無史さん:2019/03/07(木) 02:52:25.23 0.net
>>544
封鎖令は維持でいいでしょ
問題はモスクワまで行った事

北側はサンクトペテルブルクまで抑えて終わりでいいと思うんだよ
それでロシアと和解の道を探る

547 :世界@名無史さん:2019/03/07(木) 08:08:10.13 0.net
>>546
サンクトペテルブルクもモスクワ同様に寒いのですがそれは

548 :世界@名無史さん:2019/03/07(木) 11:46:57.21 0.net
WW2のときレニングラードで包囲されたドイツ軍がどうなったか知らないのか

549 :世界@名無史さん:2019/03/07(木) 12:05:37.03 0.net
レニングラードでドイツ軍は包囲されてないだろ

550 :世界@名無史さん:2019/03/07(木) 12:20:31.69 0.net
まあスターリンもレーニンも似たようなもんだ

551 :世界@名無史さん:2019/03/07(木) 22:10:36.85 0.net
>>539
海軍力の差だわな

552 :世界@名無史さん:2019/03/07(木) 22:18:19.62 0.net
>>547
そんでもまだバルト海で補給線が繋がる

モスクワへの補給線って東からは河川で繋がり易いけど
ポーランド経由で西からだと陸路多めになって冬の影響モロに受け易い

サンクトペテルブルク抑えてれば冬場使い難いアルハンゲリスク側に
イギリス向け交易を半減させることが出来るので封鎖令的にもかなり効果はある

553 :世界@名無史さん:2019/03/07(木) 22:34:41.62 0.net
イギリスと海戦になったらどうせまた負けるだろ

554 :世界@名無史さん:2019/03/07(木) 22:50:27.13 0.net
いくらイギリス海軍が強くてもベルトやエーレスンドぶった切ってバルト海侵入して
フランス軍の補給阻害ってできるもんかね

555 :世界@名無史さん:2019/03/07(木) 22:53:10.68 0.net
>>89
そのルート選ばざるを得なかったんじゃないの?
退却時には戦力激減してたんだからコサックやらなんやらで誘導してさ

556 :世界@名無史さん:2019/03/08(金) 14:41:34.11 0.net
>>511
というか、例えばモーリス・ド・サックスは「戦場で統率できる軍勢の数は5万が限界」と述べてるように
戦場において将帥直率で自在に運用できる兵数には限界がある
ナポレオン戦争ではそれを優に上回る軍勢が動き回ったけど、その規模の軍団を動かすには
参謀本部かそれに準ずる作戦司令部が必要になるし
それでも当時の通信技術ではしばしば齟齬をきたしていた

ナポレオンに限らす、当時の技術では軍勢をさながら手足のように動かして
個人的将才を十全に発揮するのはそれくらいの規模がちょうどいいんだろう

557 :世界@名無史さん:2019/03/09(土) 00:42:27.12 0.net
そもそもロシア遠征してた頃ってロイヤルネイビーに海上封鎖されてなかった?

558 :世界@名無史さん:2019/03/09(土) 02:01:41.47 0.net
海上封鎖しようとはしてたけど完全にはされてなかった
制海権は取られてたけど封鎖って程にイギリス海軍が圧倒してたわけでもない
フランス海軍及びフランス私掠船は世界の海上、植民地港湾なんかで暴れてたし

イギリスの制海権ってイギリス海峡からビスケー湾、そこに接続する大西洋はガッツリしてたけど
地中海、バルト海側は相当微妙

559 :世界@名無史さん:2019/03/09(土) 08:39:14.81 0.net
それだとフランス本国から増援・補給を送れないから同じことだよ。

560 :世界@名無史さん:2019/03/09(土) 08:55:29.04 0.net
だから制海権は取られてるけど封鎖は完全じゃないってのは正しいじゃん

561 :世界@名無史さん:2019/03/09(土) 14:10:07.06 0.net
WWTまでの欧州列強なんて
舐められたら終わりで、メンツや威信のために平気で戦争してたんじゃないの?
成り上がり皇帝が、ちょうどいい着地点めざして、負けてもないのに譲歩したり弱腰だと思われたら
内外からフルボッコにされそう

562 :世界@名無史さん:2019/03/10(日) 00:21:06.13 0.net
>>559
バルト海内部での運輸に問題なければいい

フランスからライン同盟経由でメクレンブルクまで陸路
メクレンブルクからバルト海へ出れば十分でしょ?

563 :世界@名無史さん:2019/03/10(日) 08:23:45.34 0.net
>>561
成り上がり者の皇帝がハプスブルク家の皇女と結婚して箔つけられたんだから
戦争に負けない限り当分ボナパルト王朝は安泰
そこが満足する着地点だったと思うな

564 :世界@名無史さん:2019/03/10(日) 09:13:43.60 0.net
>>562
当時の輸送手段で陸送する距離が長いと
目的地に着くまでのロスが酷い。
とはいえ史実よりましにはなるだろう。

565 :世界@名無史さん:2019/03/10(日) 19:29:55.53 0.net
>>564
史実はほぼ全部陸路やからなぁ

566 :世界@名無史さん:2019/03/11(月) 17:04:58.95 0.net
>>565
アッコン攻撃の時にイギリス海軍を舐めて重砲を奪われてるからな
だからこちらの制海権が確立できない限り海は使えない

567 :世界@名無史さん:2019/03/11(月) 18:17:23.98 0.net
ロシア遠征の時点ではもうネルソンおらんしワンチャン行けるかも

568 :世界@名無史さん:2019/03/11(月) 19:27:20.00 0.net
そもそもバルト海はデンマークがフランス同盟国だからイギリスは割と末期まで手を焼いてる
デンマーク海軍の主力は叩き潰したけど陸上砲台と小型艦艇が嫌がらせしてくる

569 :世界@名無史さん:2019/03/11(月) 20:45:03.28 0.net
>>568
ネルソンの片目片腕片足のどれか2つくらいは対デンマーク戦で失ってるんだよな

570 :世界@名無史さん:2019/03/11(月) 21:44:55.41 0.net
コペンハーゲン強襲には最新兵器も投入してるしね
1801年はベーカーライフル
1807年はコングリーヴロケット

571 :世界@名無史さん:2019/03/16(土) 22:05:10.29 0.net
現在のボナパルト家は断絶の危機

572 :世界@名無史さん:2019/03/16(土) 22:54:21.71 0.net
英国のEU離脱が合意無しになった場合、ある意味プチ大陸封鎖令だよね

573 :世界@名無史さん:2019/03/17(日) 07:29:05.51 0.net
ロシアがまた出てくるのかこ

574 :世界@名無史さん:2019/03/17(日) 09:39:29.57 0.net
かつてオスマンやロマノフ朝を欧州ラインで防いでいたハプスブルクの精鋭はもういない・・・

厳しいね

575 :世界@名無史さん:2019/03/17(日) 10:23:56.29 0.net
今回は自分から出ていったわけだし
セルフ大陸封鎖令

576 :世界@名無史さん:2019/03/17(日) 10:37:52.19 0.net
>>573
歴史的に見れば、やっぱ英国とロシアが接近するよね

577 :世界@名無史さん:2019/03/18(月) 22:16:37.11 0.net
世界が大英帝国から孤立したわけですよ

578 :世界@名無史さん:2019/03/19(火) 09:31:21.95 0.net
ハプスブルクの精鋭っていつもナポレオンに負かされてるイメージしかない

579 :世界@名無史さん:2019/03/19(火) 16:47:35.87 0.net
オーストリア・ハプスブルク家って、窮地になるとハンガリー・プロイセン・ポーランドに泣きつくイメージしか無いが

580 :世界@名無史さん:2019/03/19(火) 17:23:24.55 0.net
少なくともこの頃はどれもあんまり頼りにならんだろ
ハンガリーは合体してるしプロイセンは脳筋だしポーランドは分割されて消滅したし

581 :世界@名無史さん:2019/03/19(火) 19:09:54.22 0.net
毎回ナポにボロ負けしては復活する執念と体力はすごいと思いましたまる

582 :世界@名無史さん:2019/03/19(火) 20:58:34.53 0.net
>>581
戦役で勝ったのは1813年と1814年戦役のみ
それも対仏同盟軍で依って集ってやっと
1815年戦役ではナポレオン軍に会戦レベルでの最後の勝利を与えているし・・・
でも、戦後はどや顔で色々とかっ攫ってる

583 :世界@名無史さん:2019/03/19(火) 22:26:51.96 0.net
オーストリアでそれを言うとどこも戦勝国面はできなくなるだろうがな

584 :世界@名無史さん:2019/03/20(水) 10:00:19.33 0.net
イギリス「俺は結構勝ってるぞ」

585 :世界@名無史さん:2019/03/20(水) 10:49:33.56 0.net
勝ってないよ
そもそも弱小陸軍しか持ってないでしょ
海軍以外は自慢できるレベルじゃない
少なくともオーストリアやプロイセンやロシアとは肩を並べるだけで1段上に位置するような感じとは言えない

586 :世界@名無史さん:2019/03/20(水) 13:09:19.47 0.net
半島戦役は自慢出来ると思うけど・・・
>イギリス
ワーテルロー戦役は過剰評価かな?
てか、ブリュヒャーのプロシア軍が過小評価されてるの方が近いかも?

587 :世界@名無史さん:2019/03/20(水) 14:03:20.68 0.net
映画ワーテルローの後半で配色濃厚なときのウェリントンの表情が印象深い
終盤の勝利後の悲しげな顔も

588 :世界@名無史さん:2019/03/20(水) 14:43:03.66 0.net
>>587
死体の山の前で乾杯するのが彼のキャラなんだがなあ

589 :世界@名無史さん:2019/03/20(水) 19:34:43.99 0.net
名将マッセナやスールトをスペインで叩きのめしているんだからそれだけでOK

590 :世界@名無史さん:2019/03/20(水) 19:47:09.51 0.net
半島戦争の主力はスペイン軍でイギリス軍の10倍くらいの戦力がある
死者もイギリス軍の10倍くらい出しててイギリス軍任せにして戦ってたわけでもない

591 :世界@名無史さん:2019/03/20(水) 21:38:02.93 0.net
スペイン時代のマッセナは。。

592 :世界@名無史さん:2019/03/20(水) 21:40:02.81 0.net
>>590
現地で味方勢力を募って、その現地軍を主勢力として戦わせる。
英国の常套手段だわな。

593 :世界@名無史さん:2019/03/21(木) 03:51:39.32 0.net
ナポレオンのオスマン制服を阻止したのもイギリス
デンマーク帝国を崩壊させたのもイギリス
イギリス上陸を阻止したのもイギリス
セントヘレナへの船を出したのもイギリスだ

594 :世界@名無史さん:2019/03/22(金) 12:07:48.05 0.net
「平時には神に祈り、戦時には海軍に祈れ」が伝統の国だからね

595 :世界@名無史さん:2019/03/25(月) 18:40:18.98 0.net
>>587
この前BSでやってたの観たけどすごい良い作品だった。

596 :世界@名無史さん:2019/03/25(月) 22:29:38.22 0.net
>>588
でも
>勝利後の悲しげな顔
のウェリントンは絵画や銅版画でも有りますね
陥落後のバダホース(シウダ・ロドリーゴだったかも?)の戦死者で溢れる突破口
見方の喝采を浴びつつ沈痛な表情で立つウェリントン・・・とか

597 :世界@名無史さん:2019/03/26(火) 00:40:35.97 0.net
>>595
あの映画で興味を持って色々調べた。
ピクトンはいつもああいう格好で指揮してるのではなく、急に召集されて軍服が間に合わなかったとか、舞踏会で、戦死する婚約者ヘイと踊ってた公爵令嬢は、婚約者が時計をあげたサマセットと結婚したとか、なかなか面白かった。

598 :世界@名無史さん:2019/03/26(火) 00:56:55.03 0.net
ワーテルローの4時間版をBSプレミアムで流さないかなあ

599 :世界@名無史さん:2019/03/28(木) 20:16:49.66 0.net
4時間版のフィルムの行方は判ったのかな?
>ワーテルロー

600 :世界@名無史さん:2019/04/03(水) 17:59:00.36 0.net
>>556
ナポレオンが軍事面で後世に遺した遺産といえば
せいぜい手旗信号くらいなものか?

ジャミングなどで通信機が使用不能なときは
多少なりとも役に立ったかもしれないが
濃霧などの天候不良のときは使えずお手上げ…。

601 :世界@名無史さん:2019/04/04(木) 00:13:45.89 0.net
缶詰

602 :世界@名無史さん:2019/04/04(木) 00:33:27.99 0.net
>>600
腕木通信は1793年にクロード・シャップが発明し、ラザール・カルノーが整備を推進。
ナポレオンが台頭したときには、すでにオーストリア国境方面の通信網は出来上がっていたみたい。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a7/Reseau_chappe77.png

603 :世界@名無史さん:2019/04/04(木) 00:46:06.61 0.net
ジャアアアアップ

604 :世界@名無史さん:2019/04/04(木) 02:54:55.19 0.net
何もかもカルノーの功績だな
ナポレオンにとってのフィリッポス二世

605 :世界@名無史さん:2019/04/04(木) 07:23:34.66 0.net
そのカルノーもデュボワ=クランセの功績横取りしただけ

606 :世界@名無史さん:2019/04/04(木) 07:49:12.11 0.net
>>602
>>604
>>605
カルノーも凱旋門に名前が刻まれなかったら
長男が4サイクル行程発見の業績のおかげで
かろうじてその名を留めたまでだったかもね。

607 :世界@名無史さん:2019/04/04(木) 09:58:00.24 0.net
あんまり総合的に見て評価できるやつがいなかったから持ち上げられすぎではあるかもしれないが充分名は残る活躍はしただろ
どっちにしろ年表に名前が載るレベルではあるよ

608 :世界@名無史さん:2019/04/04(木) 10:31:06.12 0.net
直卒の戦争には戦術レベルではほぼ負けなしだけど
危ない場面はいくらでもあったしな
戦略レベルでも天才だったら欧州連合つくれてた
ただしナポレオン死んだあとディアドコイ戦争起きてたかもしれん

609 :世界@名無史さん:2019/04/04(木) 21:09:39.85 0.net
>>607
スマソ、もう一つカルノーの次男イポリットは第二共和制時の大統領だったんだよね。
忘れてた。

長男レオナールも切望された科学者だったのに
1832年のコレラのパンデミックで夭逝した…。
ラマルク将軍ら第一帝政時代の軍人もあのパンデミックで犠牲になった。

七月革命後のフランスも大きな歴史の津波が続々押し寄せて止まなかった。

610 :世界@名無史さん:2019/04/16(火) 09:23:31.30 0.net
ああ おれが皇帝になったら戴冠式はあそこでしようと思っていtなおに・・・・

611 :世界@名無史さん:2019/04/16(火) 11:39:09.18 0.net
コルティッツの空気読みも虚しく

612 :世界@名無史さん:2019/04/18(木) 17:34:07.63 0.net
パリは燃えているか

613 :世界@名無史さん:2019/04/29(月) 03:45:05.62 0.net
小ピットのwiki見たら天才すぎて笑えてしまう

614 :世界@名無史さん:2019/05/17(金) 22:53:48.72 0.net
ナポレオンって本当に英雄だったのですか?

615 :世界@名無史さん:2019/05/17(金) 22:57:58.61 0.net
英雄という言葉自体が社会的に病的な概念

616 :世界@名無史さん:2019/05/18(土) 06:30:57.05 0.net
重度のパラノイアであることは確かです。

617 :世界@名無史さん:2019/05/18(土) 23:12:01.78 0.net
自分が皇帝になったらあかん

618 :世界@名無史さん:2019/05/18(土) 23:13:47.34 0.net
じゃあ誰を皇帝に据えるべきだったんだろ?皇帝なしではどうもならなかっただろう

619 :世界@名無史さん:2019/05/19(日) 00:24:54.77 0.net
終身統領で満足しなさい

620 :世界@名無史さん:2019/05/19(日) 08:16:58.19 0.net
>>618
皇帝のない立憲王政議会制民主主義のイギリスの方が発展した。
皇帝のいたフランスは無駄な戦争で無駄に人死にを出した。

621 :世界@名無史さん:2019/05/19(日) 21:49:19.67 0.net
フランス革命がやがて軍事的専制者の支配に陥ることは
バークが予言したことでもあった。

622 :世界@名無史さん:2019/05/19(日) 22:09:10.10 O.net
革命の輸出なんかしたら…そら…周りの国は反発するだろう…

623 :世界@名無史さん:2019/05/20(月) 18:03:31.34 0.net
革命の輸出といいながら侵略戦争なんかしたら…そら…攻められた国は激怒するだろう…

624 :佐久本和広:2019/05/20(月) 20:59:29.71 0.net
>>614
ローマ法王の後ろ盾であった「神聖ローマ帝国(第一ドイツ帝国)」を滅ぼし
ナポレオン戦争後オーストリアの「ウイーン会議」で各国王国は復活したが

「神聖ローマ帝国(第一ドイツ帝国)」は復活しなかった為
ローマ法王は最後の後ろ盾を失い孤立した
(ちなみに属国アメリカは南米諸国を独立させ、南米はすっかり英米の虜になった)

フランス、オーストリアがイギリスの属国であったと考えるとイギリスの先導は明白
イギリスは属国アメリカ、フランス、オランダと共に50年後日本に牙を向けたといわれている(明治維新につづく)

625 :世界@名無史さん:2019/05/22(水) 06:23:23.98 0.net
フランス革命を終わらせて退いていたら本当の英雄だったのにね

626 :世界@名無史さん:2019/05/22(水) 19:33:22.24 0.net
働くだけ働いた後は報酬対価も要求せずすぐ消えろというのはいかにも日本人らしいねw

627 :世界@名無史さん:2019/05/22(水) 19:39:15.49 0.net
まあワシントンもそれなりのところで隠居してるからな
ナポレオンは身を引くには若すぎた

628 :世界@名無史さん:2019/05/22(水) 19:58:04.89 0.net
>>627
ライプチヒの後のメッテルニヒ案、ライン、ピレネー、アルプスの自然国境を受け入れてれば、だが。

629 :世界@名無史さん:2019/05/23(木) 05:33:17.01 0.net
人間引き際が大事

630 :世界@名無史さん:2019/05/23(木) 06:34:43.07 0.net
ベルギーをオランダが併合する案のどこが自然国境なんだよ

631 :世界@名無史さん:2019/05/24(金) 20:21:47.03 0.net
ジョージ・オーウェルはナポレオンのファンだったのだろうか。
彼のことをリスペクトする作品を書いているが。

632 :世界@名無史さん:2019/05/24(金) 21:03:03.61 0.net
動物農場のナポレオンはリスペクトしてるわけじゃないだろ
ただ豚のナポレオンのモデルのスターリンに関してはオーウェルの書簡で
「モスクワ攻防戦で逃亡しなかったので勇敢な豚にしたい」と言ってるのでそういう人物に対してのリスペクトはあるだろうけれど

633 :世界@名無史さん:2019/05/24(金) 23:12:14.99 0.net
ナポレオンオタって龍馬オタに通じるところがあるよな

634 :世界@名無史さん:2019/05/25(土) 00:06:26.50 0.net
次々壊スノ重死路レオパレス今モット上手ニ殺ッテルンダロダンパー問題ソノ他急速ヴェノム物件・銀行問題業界ゴト潰レル?利凍ル公害重イル?
虐待死刑スタッフ以外ニグループマイナス経常ケタチガイ万死葬災熱湯強烈薬害毒死多繋ガル看後死
1000件以上介護保険税金ムダ泥棒マダゴーン今環境殺ッテマス100オツムオムツ借金漬ケ棺桶型国家
森友ノロウイルス焼肉嘔吐虐待スイッチ押死耶手後ノ損害ゲローン戦争ソンポ部死テルン盗難
郡大老害山林焚書死テa麻薬王振戦違反重々ヤットストレス足ダシ若竹口爆発害ヤンキーノ種死ネ世
https://potato.5ch.net/test/read.cgi/welfare/1461959989/

635 :世界@名無史さん:2019/05/25(土) 00:09:26.64 0.net
>>633
どういうところが?

636 :世界@名無史さん:2019/05/25(土) 03:10:29.73 0.net
ナポレオンと竜馬って何か共通点あるん?
アスペの考えることは難解やわあ

637 :世界@名無史さん:2019/05/25(土) 04:25:18.31 0.net
自分はナポレオン時代は好きだけど、ナポレオンは好きじゃ無いなぁ
同時代なら少なくとも自分の国にや隣国には居て欲しく無い
遠く影響の無い所から見ていたい

638 :世界@名無史さん:2019/05/25(土) 22:27:58.48 0.net
ナポレオンも龍馬もユダヤ・フリーメーソンに駒として使われただけなのに
何故か英雄視されてるところ

639 :世界@名無史さん:2019/05/25(土) 22:39:11.00 0.net
ナポレオンと龍馬じゃスケールが違う

640 :世界@名無史さん:2019/05/25(土) 22:50:33.91 0.net
ワーテルロー敗戦はやっぱグルーシーが戦犯だわ

641 :世界@名無史さん:2019/05/25(土) 23:02:23.56 0.net
ウェリントンが凄かった

642 :世界@名無史さん:2019/05/25(土) 23:10:53.54 0.net
ウィリントンは堅実に防衛してただけで全く平凡
俺だったらプロイセン軍と連携して猛烈な機動と攻撃で即座にナポレオン軍を撃破してた

643 :世界@名無史さん:2019/05/26(日) 00:59:38.29 0.net
すげえな俺

644 :世界@名無史さん:2019/05/26(日) 01:01:34.38 0.net
言うだけだったら何とでも言える

645 :世界@名無史さん:2019/05/26(日) 02:08:05.41 0.net
いや法螺吹くなって思ったけどそれだけ自信あるならマジなんだろう
俺は俺を信じるよ

646 :世界@名無史さん:2019/05/26(日) 02:14:41.92 0.net
ナポレオンは欧州の諸王家を倒すのに利用されただけで
用済みになったらポイ捨てされた

647 :世界@名無史さん:2019/05/26(日) 12:45:05.26 0.net
ブリュッヒャーが継戦持続してくれなかったら違っていた

648 :世界@名無史さん:2019/05/26(日) 15:07:28.29 0.net
お前はオレを信じなさい♪ホレ信じなさい♪ホレ信じなさい♪

お前はお前を信じなさい♪ホレ信じなさい♪ホレ信じなさい♪

お前は神を信じなさい♪ホレ信じなさい♪ホレ信じなさい♪

649 :世界@名無史さん:2019/05/26(日) 19:22:52.52 0.net
>>640
元帥任命はグルーシーよりラップの方が相応しかったのでは?

少々脳筋に見られがちだが
ナポレオンの信頼も厚く、ダヴーに劣らぬほどの采配や判断力に長けていたと思う。

グルーシーは生真面目過ぎる性格が仇になった。

650 :世界@名無史さん:2019/05/26(日) 19:30:24.42 0.net
>>635
最期というか
正確な死因がいずれも十分定かでない点は
なんか似てるね。

日仏それぞれの国民もその死の真相をあまり
なるべく知りたくないみたいな反応も似てる。

651 :世界@名無史さん:2019/05/26(日) 20:17:55.61 0.net
ナポレオンにいくら将才があろうと軍資金をストップされたら
勝てないということ

652 :世界@名無史さん:2019/05/27(月) 01:08:06.27 0.net
>>649
序列を無視してワーテルローに参加した将軍クラスでも良いなら、ラップ、ケレルマン(息子)、ヴァンダム辺りは、砲声が聞こえたら速攻ナポレオンの元に戻るわな。
つーか、大半の司令官なら戻ると思うわ。
グルーシーの行動は取りようによっては敵前逃亡だもん。

653 :世界@名無史さん:2019/05/27(月) 05:14:19.08 O.net
>>649
ド・グルーシー侯爵が元帥に任命された理由は、忠誠心の高さと経歴から絶対に王党派に転ばないからだったとか

654 :世界@名無史さん:2019/05/27(月) 06:29:42.99 0.net
騎兵将校出身だったから追撃を優先したのかな?
それとも忠誠心の高さが災したか・・・
とは言え、砲声への転進?で有名なマレンゴでのドゼーもナポレオンからの伝令に従った結果だし
伝令に備えて途中に道案内を配置する等の配慮は怠らなかったけど

655 :世界@名無史さん:2019/05/27(月) 09:19:33.60 0.net
>砲声が聞こえたら速攻ナポレオンの元に戻るわな。
あはは、安物のゲーム盤じゃないんだからww
昼に砲声を聞いたグルーシーの位置からでは、
いくら急いでもワーテルローの戦場には間に合わない。
早朝からワーテルローに向かったプロイセン軍でもようやく夕方到着したのに。

656 :世界@名無史さん:2019/05/27(月) 09:51:35.21 O.net
>>654
忠誠心の高さと愚直さが災いしたといっていい
ド・グルーシー侯爵にとってナポレオンの命令は絶対に守らないといけないものだった
あれだけナポレオンにボロくそに言われたのに、遺体の帰還に真っ先に駆けつけたんだから、もう崇拝者レベルの高さだよ

657 :世界@名無史さん:2019/05/27(月) 11:07:22.10 0.net
>>655
グルーシーが非難されるとしたらワーテルローに向かわなかった事では無く、プロシア軍のワーテルローへの移動を阻止出来なかった事かと
確かにワーブル付近では善戦したけど・・・

ワーテルローからの退却戦では自らの分遺隊の損害を押さえつつナポレオンの本隊の殿を上手く勤めてる
そのおかげでパリ防衛軍に纏まった戦力を与える事が出来た
革命戦争では一時期参謀将校として勤務していたし、ナポレオン戦争の前半戦では竜騎兵師団の師団長として活躍してる
決して無能では無いと思うけど、忠誠心が災したか、ナポレオンの失策を押し付けられたのか

658 :世界@名無史さん:2019/05/27(月) 12:16:05.65 0.net
>>657
グルーシーは早くプロイセン軍を追撃すべきだと言ったが、ナポレオンの決断が
遅く結局は手遅れになった。
プロイセンは戦意を失って敗走中という勝手な誤認、それを追わせる決断の逡巡は
いずれもナポレオンの失敗なのに、ただ任務を忠実に果たしたグルーシーに
敗戦の責を負わせるナポレオン。まあオレも昔はグルーシーが敗戦の責任者という
通俗本の説明を鵜呑みにしていたが・・・今となれば赤面だ。

659 :世界@名無史さん:2019/05/27(月) 14:22:50.34 0.net
>>63
アンペルールに即位だからフランス人も容認したんだろうな
ロワに即位するとか言い出したら猛反対が起きただろう
そのへんはオクタウィアヌスがレークスにならずにインペラートルで済ましたのと似ている

660 :世界@名無史さん:2019/05/27(月) 14:24:36.61 0.net
アンペルールやインペラートルはロワやレークスに比べて共和制と本質的に矛盾しないと見做されやすかったんだろう

661 :世界@名無史さん:2019/05/27(月) 15:56:11.86 0.net
>>658
自分もグルーシーは必要以上に責めを負わされていると思いますね
ワーテルロー戦役では無いけれどベルナドットも
グルーシーはナポレオンの崇拝者故(同種の人間としてはサヴァリも)
ベルナドットは元ライバル故
それぞれ体良く押し付けられた?
探せばこの手の人間と出来事は出て来るかも

>>659
「ナポレオン戦争従軍記」の著者はナポレオンの事を革命の簒奪者と呼んでいましたね
でも、戦場では熱狂的に皇帝万歳を叫びナポレオンの身辺に危機が及ぶと青ざめる
兵士とナポレオンの関係は一筋縄では行かない複雑な物の様です
両角氏が「反ナポレオン考」の中でも述べていますが

662 :世界@名無史さん:2019/05/28(火) 00:50:29.36 0.net
11時のワーテルロー開戦時、グルーシー軍はナポ本軍から20km離れてた。
当時の行軍速度は強行軍で時速4km。当日の泥濘状態を勘案し騎兵歩兵は時速3kmで行軍したとして(砲兵は更に遅れるだろうが)、それでも砲声聴いて直ぐに行軍開始すればの18時にはワーテルローに到着可能。
一方無傷のプロイセン軍の第4軍団は16時にワーテルロー到着だが、リニー戦で損害受けた第1、第2軍団は軍を再編しながらの行軍で速度が遅く18時到着。
フランス軍総崩れ前にはグルーシー軍はワーテルロー到着可能だったかもと思うわ
まぁ何にせよ、英蘭軍との主決戦前に、ナポ本軍から20kmも離れて遊軍になる事自体馬鹿だわ

663 :世界@名無史さん:2019/05/28(火) 06:34:58.03 0.net
>>662
まず平坦な道幅のある街道と、農民が普段使う細道では軍隊の行軍速度は
まるで違うね。早起きしたプロイセン軍も精一杯急いだが、街道を行く
ような速度では移動できなかった。
移動距離はほぼ同じだから、グルーシーのフランス軍が半日かけ夕方に
ワーテルローに到着できるイージーモードの世界なら、プロイセン軍も
半日すなわち昼間に戦場に到着できて兵数でフランス軍を圧倒、夕方には
ナポレオンは敗走済みということになる。

664 :世界@名無史さん:2019/05/28(火) 07:09:08.39 0.net
>ナポ本軍から20kmも離れて遊軍になる事自体馬鹿だわ
馬鹿とかいうレベルの話をするなら、そういう遊軍を作ってしまった
ナポレオンの指揮ぶりが拙かったという話にならざるを得ない。
グルーシーにプロイセン軍追撃を命じた時点でナポレオンは
プロイセン軍の撤退方向をナミュール方面と読み違えていて、
(そう思いたいという願望が戦況の判断に影響するほど
能力的に衰えていたとも考えられるが)
その読み通りにグルーシーが軍を移動させていたなら、さらに
ワーテルローから離れることになっていたろう。

665 :世界@名無史さん:2019/05/28(火) 14:35:30.63 0.net
まープロイセン軍を撃滅できてれば(少なくともその日のうちに再結集できなければ)
仕事はしてたわけだが、見事に無力化されてしまっただけなのが悲しいところ

666 :世界@名無史さん:2019/05/28(火) 14:46:10.28 0.net
プロシア軍をワーブル近辺に拘束出来ていればなぁ
本格的な戦闘はナポレオンがワーテルローでイギリス軍を破ってからで良いので

667 :世界@名無史さん:2019/05/28(火) 15:13:56.53 0.net
新兵の寄せ集めじゃ昔のような進軍は不可能

668 :世界@名無史さん:2019/05/28(火) 19:07:56.81 0.net
リニーの戦いの後、プロイセン軍を追わせるならすぐしなければ
追いついてその動きを止めることはできない。手遅れになってから
追わせても、自分の兵力を分散するだけで目的は果たせない。
もうナポレオンはその判断ができないほどボケが進んでいた。
そしてワーテルローで負けると、自分の責任は頬かむりして、
そっくりグルーシーのせいにしてしまった。

669 :世界@名無史さん:2019/05/28(火) 19:54:53.12 0.net
つまりリニーで負けたプロイセンは痴呆以下の知的障害者

670 :世界@名無史さん:2019/05/28(火) 22:07:17.62 0.net
>>667
この戦役では将校は歴戦でも兵卒達の殆どは新兵だったと
フランス軍だけでは無くオランダ・イギリス連合軍やプロシア軍も同じく
書名は忘れたけれどイギリス軍について
「半島戦役の熟練兵達は除隊していて、従軍している兵卒は新兵ばかりだった」
みたい書き方が

グルーシーに付いてレスが伸びているけど、この数年に出たグルーシー本

Grouchy's Waterloo: The Battles of Ligny and Wavre

Napoleon and Grouchy: The Last Great Waterloo Mystery Unravelled

この辺りを読んだ人はいますか?

671 :世界@名無史さん:2019/05/30(木) 01:16:56.54 0.net
>>670
読んでない。
因みにワーテルロー戦に於けるグルーシーについてはどう解説されてるの
1冊目はリニーとワーブルの戦いとあるし(ワーテルローの戦いとは無い)
2冊目はミステリーとあるし

やっぱグルーシーの動きは不可解なんだろうな

672 :世界@名無史さん:2019/05/30(木) 14:13:20.50 0.net
>>671
有り難う御座います
私は
Grouchy's Waterloo (Andrew Field)
Napoleon and Grouchy (Paul L. Dawson)
の2冊共に未購入でして・・・
このスレは詳しい人が多いから読んでいる人がいたら感想を聞いてみたかったのです

両著者共にワーテルロー200周年頃からワーテルロー戦役に関係した書籍を複数著しています
共にフランス語史料の再検証や発掘を売り?にしています

Andrew Field はフランス軍視点
(多くの書名に The French Perspective の副題が)
Paul L. Dawson は実は〇〇では無かった系の記述が多いと
(例えばゲラード将軍からグルーシー元帥への砲声に向けて転進の進言は無かった)

フランス語史料による記述に興味は有るのですが、ちょっと迷います

673 :世界@名無史さん:2019/05/30(木) 22:22:25.27 0.net
ナポレオン関係に詳しいブログ「祖国は危機にあり 関連blog」に、
昼休みに読むのにちょうどいい長さのグルーシーの記事があったが、
グルーシーがワーテルローに間に合う想定は、現実的にあり得ないとしているね。
「グルーシーの2日間」
https://blogs.yahoo.co.jp/desaixjp/55957614.html

となれば、ワーテルローの敗戦はグルーシーの不決断のせいという
ナポレオンの強弁は、恥の上塗りということになっちまうな・・・・

674 :世界@名無史さん:2019/05/31(金) 14:40:05.48 0.net
>>673
「大陸軍 その虚像と実像」の方にグルーシーの話が無いと思ったら、ブログの方に有ったんですね

映画「ワーテルロー」のDVD、在庫切れが続いていたけど、6月に廉価版(スペシャル・プライス)が出るみたい
画質とか落ちるのかな?

675 :世界@名無史さん:2019/05/31(金) 14:47:01.68 0.net
落ちねーだろ
生産方式が変わるなら円盤の耐久性は変わってるかも知れんけど
こういう場合どっちが上かは環境によって違うからなんとも言えない

676 :世界@名無史さん:2019/06/02(日) 20:57:20.74 0.net
映画ワーテルローは賑やかな歌合戦という面もあって軍服の華やかさも相まってお祭り気分になれるな
スコッツグレイ突撃シーンとかを劇場の大画面で見てみたい

677 :世界@名無史さん:2019/06/03(月) 16:11:46.27 0.net
今流行りの応援鑑賞にもうってつけ

678 :世界@名無史さん:2019/06/03(月) 17:02:45.57 0.net
応援と言うと
ヴィヴ・ランプルール
パパ・ブリュッヒャー
あと一つウェリントンは?

679 :世界@名無史さん:2019/06/03(月) 19:33:57.21 0.net
ナポレオンの最後の後継者がボカサ大帝だったというのはトホホすぎる。

680 :世界@名無史さん:2019/06/03(月) 23:09:44.98 0.net
まだ最後と決まったわけではないさ
例えば東方の島国で恩知らずな土民による拘禁から逃れた呉ーんが
資金力によってレバノンに帝国を樹立することもあるかもしれん

681 :世界@名無史さん:2019/06/06(木) 06:43:25.76 0.net
「ナポレオン四代」って本が出てたなぁ
未だ買ってもいないけど・・・

682 :世界@名無史さん:2019/06/06(木) 14:05:35.58 0.net
ナポレオンがナポレオンって呼ばれるの嫌だったっての面白い
国主になる前はボナパルトって名字で呼ばれるのに、皇帝になったらナポレオンって呼ばれる

国王なんかは名前で呼ばれるものだが、ナポは育ちが下級貴族だったから慣れてないみたいなの

683 :世界@名無史さん:2019/06/17(月) 12:47:36.52 0.net
ワーテルロー敗因はナポの判断ミス、判断遅延みたいな流れみたいだが
最大の原因はグルーシーに決まってるわ

684 :世界@名無史さん:2019/06/19(水) 21:29:26.21 0.net
・プロシア軍が予想以上に出来る子だった
・オランダ軍が本気で戦うとは・・・
こんなのも有るかもね

685 :世界@名無史さん:2019/06/19(水) 22:06:58.93 0.net
ネイのバカ!もう知らない!

686 :世界@名無史さん:2019/06/20(木) 14:21:22.70 0.net
ネイちゃあああああん!

687 :世界@名無史さん:2019/06/20(木) 16:46:48.49 0.net
ネイ!ちゃんとしようよ

688 :世界@名無史さん:2019/06/21(金) 19:20:13.61 0.net
>>683
ワーテルローの敗戦は駑馬にも劣るようになった
ナポレオンの判断力低下。
終わったコンテンツが無理に返り咲こうとするから
哀しいことになる。

689 :世界@名無史さん:2019/06/23(日) 07:14:23.15 0.net
ナポレオンは人のいう事を聞かないからな。
幕僚の言を容れて戦略を変更したことなんてなかったろ。

690 :世界@名無史さん:2019/06/23(日) 12:29:02.57 0.net
追撃任務受けたのがグルーシーじゃなくて、ドゼーだったら帰ってきてただろうか?

691 :世界@名無史さん:2019/06/23(日) 14:48:23.30 0.net
>>690
率いていたのが誰であろうと、遅れてプロイセン軍を追わせた別動隊が
ワーテルローに着くのは夜、つまりナポレオンが遁走した後になるだろう。
前方は戦場を占めるイギリス・プロイセン軍、後ろからはティールマンの
プロイセン軍に挟撃される事になり、フランス軍3万数千の別動隊も
夜明けを待たず全滅するだろう。

692 :世界@名無史さん:2019/06/23(日) 21:53:37.12 0.net
ざっくり言えば、グルーシーの感覚が正常なんだよな。
砲兵まで指揮下部隊に組み入れられているから、迅速には動けない。
選択肢は

@与えられた命令に沿って行動しプロイセン軍を攻撃
A命令違反をしてワーテルローに転進するが間に合わない

グルーシーはどちらからしか選べないのだから、当然@を選ぶ。

693 :世界@名無史さん:2019/06/23(日) 22:24:58.20 0.net
騎兵だけで急行すればいい

694 :世界@名無史さん:2019/06/24(月) 06:44:36.37 0.net
>>693
ヒント:兵力分割は危険

695 :世界@名無史さん:2019/06/24(月) 07:24:00.12 0.net
>>694
反論になってないな

696 :世界@名無史さん:2019/06/24(月) 07:45:03.92 0.net
ナポレオンと戦わせてみたい人物
vs.プリンツ・オイゲン
vs.フリードリヒ2世
vs.カール公子
vs.上杉謙信

697 :世界@名無史さん:2019/06/24(月) 09:30:13.78 0.net
ワーヴルからワーテルローに向かうにしても間にはプロシア軍が居るからなぁ
騎兵先行とか色々やっても結局は@になってしまう気が・・・
それでも@を完遂出来ていれば良かったけど、リニー戦後に追撃の初動が遅れたのが悔やまれるかと
後は16日中遊兵と化していた第1軍団とか

>>696
お約束過ぎるけど
vs.ダヴー
も入れて

698 :世界@名無史さん:2019/06/24(月) 19:50:41.07 0.net
>>695
プロイセン軍の総数はグレーシー分遣隊のそれに倍する。
この敵の位置が掴めないのに自らの部隊を細分するのは正気の判断ではないだろ。
軍事のイロハってやつ。

699 :世界@名無史さん:2019/06/24(月) 21:11:03.86 0.net
騎兵だけが突出しても、ワーテルローのネイのように返り討ちにされちゃう(´;ω;`)ウッ…

700 :世界@名無史さん:2019/06/24(月) 21:11:13.98 0.net
騎兵だけが突出しても、ワーテルローのネイのように返り討ちにされちゃう(´;ω;`)ウッ…

701 :世界@名無史さん:2019/06/24(月) 23:25:44.79 0.net
プロイセン軍の到着をせめて遅らせることができれば良かったんだけどなぁ

702 :世界@名無史さん:2019/06/25(火) 00:29:11.96 0.net
プロイセン軍が到着すれば相手の戦力が倍になることくらい普通に予測できるのにな。その前に決戦しなかったのはアホ。

703 :世界@名無史さん:2019/06/25(火) 06:25:32.36 0.net
ナポレオンはプロイセン軍が逃げたと思い込んでいた。
もしくは、そうであってほしいという願望が判断を狂わせた。

704 :世界@名無史さん:2019/06/25(火) 13:11:16.61 0.net
誰かの邸宅なのに本人より家の方がはるかに有名なウーグモンの館

705 :世界@名無史さん:2019/06/25(火) 13:40:01.65 0.net
>>696
カール公子って誰?

706 :世界@名無史さん:2019/06/25(火) 15:25:03.43 0.net
>>705
オーストリアのカール大公なら何度となく戦ってるから(1勝20敗くらい?)、別の誰かか、勘違いか?

707 :世界@名無史さん:2019/06/25(火) 18:18:21.13 0.net
>>705
カール・アレクサンダー・フォン・ロートリンゲン(Prinz Karl Alexander von Lothringen und Bar, 1712年12月12日 - 1780年7月4日)は、ロートリンゲン公(ロレーヌ公)レオポルトの息子で神聖ローマ皇帝フランツ1世の弟。
オーストリアで軍司令官、およびネーデルラント総督を務めた。またドイツ騎士団総長でもあった。
フランス語名はシャルル・アレクサンドル・ド・ロレーヌ(Charles Alexandre de Lorraine)。日本ではカール公子と呼ばれることもある。

708 :世界@名無史さん:2019/06/25(火) 18:28:30.91 0.net
>>696
スヴォーロフ(エジプト行ってる頃まで生きてたのに)
シャルンホルスト(直接対決してたっけ?)

709 :世界@名無史さん:2019/06/25(火) 18:34:21.90 0.net
ワーテルローの古戦場は現在はほとんど住宅街になっている。
ストリートビューで見るとびっくり。
住民の皆さん幽霊とか怖くないんですか。

710 :世界@名無史さん:2019/06/25(火) 18:40:31.70 0.net
庭掘ると古参近衛兵とかが出てくるんやろうか

711 :世界@名無史さん:2019/06/25(火) 18:43:33.67 0.net
>>694
ナポレオン時代よりだいぶ前だが、リュッツェンの戦いでパッペンハイムはそれをやって
一時戦勢を挽回したから、手段としてはありっちゃありだと思うんだが

712 :世界@名無史さん:2019/06/26(水) 14:07:48.59 0.net
>>709
ウーグモン邸ってまだあるの?

713 :世界@名無史さん:2019/06/26(水) 21:42:52.73 0.net
>>712
ウーグモン邸は近年修復されて一般公開されている。
ホームページまである。
https://projecthougoumont.com/

714 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 00:07:55.65 0.net
博識な人が多いですね。

715 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 00:13:37.39 0.net
ダブーは日本では評価が高いですが、ナポレオン本人のコメントでは、
そうでもないのですよね。

716 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 00:14:55.26 0.net
ナポレオンの読書ってどんな風にやっていたのかな
ルソーに共感して燃えるのはわかるけど、軍事を書物で学んだり過去の戦闘を研究した話だったり
特別な頭の中の手続き、手法は何かあったんだろうか

717 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 10:30:17.59 0.net
別に思想的に誰かに影響を受けたという感じもしないな。
そもそもルソーを信奉しているなら専制君主にはならない。
自分が権力を握りたかっただけじゃね。

718 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 11:56:19.55 0.net
ただ力だけが彼を支えていたのだから、ただ力だけが彼を倒させる。
万事はこのように自然の秩序に従って行われる。
     ルソー『人間不平等起原論』


まあナポレオンはその通りになったが・・・サル山と同レベルww

719 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 12:35:02.12 0.net
>>715
ナポレオンが評価する将領はたいていが自分より早く死んだ奴だから
自分が追放されたあとも生き残ってる奴には辛い
例外はスーシェくらいだが、そもそもナポレオンの直接指揮下で戦ったことはあんま無いというね

720 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 13:38:30.59 O.net
>>719
スーシェを冷遇したことをセントヘレナで後悔してたんだよな
「余はスーシェをあれだけ冷遇した。なのに、彼はいつでも黙ってついてきてくれた。本当にかわいそうなことをした」と

721 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 13:45:14.39 0.net
スーシェとウディノは、ワーレンとルッツ以上に区別がつかないなw

722 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 14:46:57.99 0.net
ナポレオンって本当に有能な人に対しては半ば嫉妬心を持っていた印象なんだよなー負けん気の強さというか
先に死んだ人にはもう対抗心ないから手放しでほめるけど
ダヴーとかまで生きてる人には対抗してたんじゃないかね

逆に対抗心なくてあまり評価していなかったのなら、節穴だし

723 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 15:02:44.03 0.net
>>722
見下しているヤツには妙に甘くて。
ベルナドットとかアレクサンドルとか。

724 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 17:39:12.10 0.net
>ベルナドットとかアレクサンドル
ナポレオンも、自分を負かした強者には本能的に媚びるのだ。

725 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 18:23:00.68 0.net
>>724
いや、回想録じゃなくて、現役時代にナポレオンが舐めプしてたってこと。

726 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 19:50:49.52 0.net
ユーゼフ・ポニャトフスキ将軍はどうでしょうか

727 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 20:22:06.25 O.net
>>721
スーシェ
司令官だけでなく行政官としても極めて優秀だった
管轄下のアラゴン地方は例外的に平穏であり、住民とフランス軍が協力して治安維持に当たっていた
また、略奪を嫌う性格だったので、略奪を厳禁にする命令を出している
死後、アラゴン地方のサラゴサ市民は彼のために追悼ミサを挙げている
ただし、世渡りが下手くそであり、冷遇される原因になった

ウディノ
食事後、火のついたろうそくを銃でぶっ放すのが趣味だった
極めて勇敢な擲弾兵であり、他の元帥の代役が目立った
ナポレオンのウディノ評はグルーシーがましに思えるぐらいボロくそである
あいつは金をやたらせびってきてしかもアホときてる、あんなアホ元帥にするんじゃなかった!と
ちなみに、百日天下でナポレオンへの帰参を断ったという説が流布してるけど、真っ赤な嘘だった
帰参を希望したけど、ナポレオンからあいつアホだからヤダと断られたのが真相だった
ダヴーやスーシェにとりなしてくれるように頼み込んだ手紙が発見されて判明した

728 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 20:29:49.93 0.net
>>727
やはり、あまり区別がつかないw

729 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 21:26:17.25 0.net
光栄のゲーム『ランペルール』に登場するスーシェってなぜか無能の雑魚武将だったな

730 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 22:13:02.36 0.net
>>720
「スーシェが二人いたらスペインを平定出来ていただろう」的な事も言っていたね

731 :世界@名無史さん:2019/06/27(木) 23:43:14.64 0.net
>>722
ちょっと手塚治虫っぽい

732 :世界@名無史さん:2019/06/28(金) 12:23:26.91 0.net
>>722
>ダヴーとかまで生きてる人には対抗してたんじゃないかね
確か、ナポレオン本人の評価としては、
「ダヴーはフランス最高の将軍だった事は一度もないよ。良い将軍ではあったけどね。」
「私が知る最高の将軍はドゼーとクレベール。その次がマッセナ。」
的な感じで、
マッセナは確かこの時にも生きてませんでしたかね。

733 :世界@名無史さん:2019/06/28(金) 13:13:55.24 0.net
>>732
マッセナはウェリントンからも高評価
ドゼーはスーシェと同じく占領地民からも慕われていましたね
正義のスルタンだっけ?
ダヴーはハンブルク市民からは忌み嫌われて・・・
まぁ、あんな籠城戦をしたら仕方が無いけど

734 :世界@名無史さん:2019/06/28(金) 20:18:58.30 0.net
マッセナはその当時すでに名声失墜してなかった?
自分が認める三人の名将の末席にでも入ってたら
是が非でも百日天下の際に自軍に加えるように動くだろ

それをしなかったってことは、既に終わった人と見てたんだと思うが

735 :世界@名無史さん:2019/06/28(金) 21:05:36.13 0.net
名声が失墜してるんじゃなくてジジイすぎるだけ

736 :世界@名無史さん:2019/06/29(土) 10:13:44.03 0.net
1817年没ですからね
最盛期は革命戦争中のイタリア・スイス戦役かな?

737 :世界@名無史さん:2019/06/29(土) 12:36:21.89 O.net
マッセナはナポレオンより10歳ぐらい年上だからねえ
スペイン戦役ですでにボケが入ってたのではという説もあるし

むしろ、マッセナより年上で元帥たちの中では6番目の高齢者なのにもかかわらず、常に前線で戦い続けたルフェーヴルが異常
ナポレオンによるルフェーヴル評は「彼は常に真正面から戦うことしか考えない。死を全く恐れない。何かに憑かれてるかのようだ」だそう
そんなバーサーカー気質の老将を心配したのか、ナポレオンは自重するよう諭している

738 :世界@名無史さん:2019/06/29(土) 15:25:08.43 0.net
マッセナが半島に行ったの50くらいの時だよな
それくらいで耄碌するもんなのかね

739 :世界@名無史さん:2019/06/29(土) 19:28:35.81 0.net
耄碌するというか疲れる
スペインとかロシアみたいな過酷な環境じゃなければともかく
何ヶ月も持久して指揮を取り続ける体力があるかっていう単純な問題だよ
クトゥーゾフなんか死んでもいいと思って祖国戦争で指揮を取り続けて実際に勝利して病死したけど
マッセナはスペインでそこまでの気力は無かっただろ

740 :世界@名無史さん:2019/06/29(土) 20:14:25.82 O.net
つーか、ロートルの部類なのに最前線に立ち続けたルフェーヴルが異常すぎるんだよな

741 :世界@名無史さん:2019/06/30(日) 15:35:27.72 0.net
すいません、>>732の者ですが、調べてみた所、
>「私が知る最高の将軍はドゼーとクレベール。その次がマッセナ。」
の方を修正させていただきます。
ナポレオンの評価としては、どうやら、
「ドゼーが最良、クレベールがその次、三番はランヌ。」という感じで、
1817年の時に、誰が第一の将軍か、と聞かれた時には、
「難しいけど、おそらくはスーシェ。マッセナはかってはそうだった。」
的な感じで、
ナポレオン的な評価としては、現役時代のマッセナは第4位だったようですね。

742 :世界@名無史さん:2019/06/30(日) 16:58:40.89 O.net
セントヘレナでグールゴーがダヴーを忠臣だと誉めた
ナポレオンは即座に「ダヴーは忠臣などではない。裏切り者だ。グールゴー、君は若いから分かってないのだ。ダヴーを忠臣だと考えてるようだと、君の見識を疑われるぞ」と否定したとある
ナポレオンはダヴーを忠臣だと思ってなかったということか?

743 :世界@名無史さん:2019/06/30(日) 17:40:47.16 0.net
ナポレオンの将軍評価は結構変わるみたい

744 :世界@名無史さん:2019/06/30(日) 19:08:09.19 0.net
最高の三将軍も頻繁に入れ替わるからな
ベシェールがノミネートされたこともある

745 :世界@名無史さん:2019/07/01(月) 13:57:07.47 0.net
ナポレオンはじっくり考えて一定の評価出すのに致命的に向いてないよな
その瞬間の印象で評価変わるから

746 :世界@名無史さん:2019/07/01(月) 14:35:42.77 0.net
>>745
その場の判断が割と正しかったから成功したのかもな。
ゲスの知恵は後からというし。

747 :世界@名無史さん:2019/07/01(月) 15:59:24.50 0.net
ナポレオンは考古学マニアでエジプト遠征した時に考古学者も連れて行ってロゼッタ・ストーンを発見した

748 :世界@名無史さん:2019/07/01(月) 17:24:23.36 0.net
>>747
遠征じゃなくて征服のつもりだったからな

749 :世界@名無史さん:2019/07/01(月) 17:40:18.37 0.net
>>742
ナポレオン自身がダヴーの戦績の優秀さにかねてから嫉妬していたって見方も多いみたいだな。

わざとワーテルローに参加させなかったって見る向きもある。

なのに1804年組の元帥中最年少の34歳で任命されたのもなんか不可解だな。
ナポレオン自身の側近だったマルモンを任命しなかったのに…。

750 :世界@名無史さん:2019/07/02(火) 02:01:48.18 0.net
>>745
ナポレオンはADHAだった説もあるからな

751 :世界@名無史さん:2019/07/03(水) 06:32:19.10 0.net
一方、ダヴーはAGAなんて生易しいもんじゃねぇし

752 :世界@名無史さん:2019/07/03(水) 14:44:20.18 0.net
ワーテルローでのネイは赤毛のカッパ

753 :世界@名無史さん:2019/07/10(水) 19:59:33.37 0.net
ナポレオン時代の仏将軍の遺体、遠征先のロシアで発見
2019年7月10日 15時29分

[モスクワ 9日 ロイター] - フランスの皇帝ナポレオンが重用していた将軍の1人、シャルル・エティエンヌ・ギュダン将軍とみられる遺体が6日、モスクワの西400キロにあるロシアのスモレンスクで200年以上ぶりに発掘された。

フランスとロシアの考古学者チームが発表したもので、遺体はこれまで行方が分からなくなっていた。ダンスフロアの土台の下にあった公園に埋められていたという。

ギュダン将軍は、ナポレオンのロシア侵攻中に被弾し、1812年8月22日に44歳で死去した。その名はパリの凱旋門に刻まれている。

当時の記録によると、将軍は戦場でのけがで左足を切断、右足も負傷していた。考古学者によると、棺の中で発見された遺体の状態は記録と一致しており、「高い確率で」将軍のものだと考えられるという。

ギュダン将軍はナポレオンと個人的な知り合いで、尊敬されていた。死後、心臓がパリに運ばれペール・ラシェーズ墓地にある礼拝堂に安置された。パリには将軍の名前を冠した通りもある。

発掘にかかわったロシアの軍事史協会は、この発見が確認されれば大反響を呼ぶとみている。学会は「DNA鑑定で身元を確認しなければならない可能性もある。鑑定には数カ月から1年かかるかもしれない」とした上で、「将軍の子孫はその知らせを待っている」と述べた。

https://mainichi.jp/articles/20190710/reu/00m/030/004000c

754 :世界@名無史さん:2019/07/12(金) 19:48:54.03 0.net
ヨーロッパロシアからポーランド平原、ドイツ平原、フランス北部の間は地中に人骨埋まりまくってる

755 :世界@名無史さん:2019/07/12(金) 21:25:23.93 0.net
そりゃ土葬の文化圏やしな

756 :世界@名無史さん:2019/07/13(土) 15:23:47.19 0.net
>>753
ダヴー配下「不滅の三人衆」の一人か

アウエルシュタットで一番最初にプロシア軍と接敵
後続の到着まで一個師団で交戦
三人の中で一番優秀と言われてた
ナポレオンからも「勇敢にして高潔の人」の評価を
もっとも、ナポレオンは「高潔の人」を乱発してるけど・・・
まぁ、高潔じゃ無い人が周りに多そうだからw

フランス国内に埋葬されていたと思っていたけど、心臓だけが埋葬されていたんだね

757 :世界@名無史さん:2019/07/16(火) 07:39:41.33 0.net
蒸気機関でモニターとメリマックみたいな装甲艦つくって英仏海峡確保できんかったんやろか

758 :世界@名無史さん:2019/07/16(火) 08:38:46.93 0.net
装甲艦だから敵を沈めまくれるわけじゃないし
輸送艦がやられたら意味ないし
大量の兵を送り込める装甲輸送艦なんか非現実的だし

759 :世界@名無史さん:2019/07/16(火) 08:45:52.94 0.net
装甲騎兵ボトムズを前線で使えばいいんだ

760 :世界@名無史さん:2019/07/16(火) 16:33:01.41 0.net
>>758
気球を使った空輸?とどちらが現実的かな?
>装甲輸送艦
何れにしろチート装備使わない限りイギリス上陸は無理って事か

761 :世界@名無史さん:2019/07/18(木) 21:44:41.27 0.net
>>756
「不滅の三人」のあと二人も凱旋門に名が刻まれている。
生没年のあとはコミューン(列番号)で記する
フリアン(1758―1829)8―4、モラン(1771―1835)
ギュダン将軍は弟ピエール・セザール(1775―1855)も将軍だった、兄29―5、弟15―7
他に兄弟で凱旋門に名が刻まれた将軍は
ベシェール元帥(1768―1813)13―11、弟ベルトラン・ベシェール将軍(1773―1855)29―3
コランクール兄、宮廷大元帥、馬事総監(1773―1827)31―6、弟オーギュスト将軍、ボロディノの戦いで戦死(1777―1812)18―6
スールト兄、帝国元帥(1769―1853)33―11弟ピエール・ベノワ将軍(1770―1843)22―2

父子で名が刻まれているのはケレルマンのみ。
父ヴァルミー公(1735―1820)3―4、子フランソワ将軍(1770―1835)21―1。

171 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★