2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

古文・漢文は高校の授業科目から外すべき!

1 :名無氏物語:2011/11/03(木) 13:06:38.61 ID:nB5Q5pT3.net
古文・漢文は実学からかけ離れすぎている。
こんなものを全員に覚えさせて、日本の将来を担う若者の貴重な時間を割いていては、
今後の経済戦争で外国に負けるのである。

やるとしても、高校授業や大学受験の内容からは大幅に内容・配点を縮小すべきである。
やりたいヤツは大学の専門課程の中でやれば良い。

授業科目群の内容を見直すべきである。



2 :名無氏物語:2011/11/03(木) 17:02:26.80 ID:N4HXvei7.net
そんなことはいいからセンターの勉強でもしなさい

3 :名無氏物語:2011/11/04(金) 10:53:43.56 ID:IFGRnO7V.net
古文や漢文のたよりない知識をメシのタネにしてゐる人(たとへば国語教師)は
英語のたよりない知識をメシのタネにしてゐる人たち(つまり英語教師)と同じくらゐは
世の中にゐると思ふ
実学の定義が「それでメシが食へる」であるならば古文や漢文は実学であらう

4 :名無氏物語:2011/11/06(日) 01:23:49.94 ID:/cRHSgDt.net
古文・漢文でジョークを作ると、酒の席では嫌われてね。
飯のタネになるかは知らんが、酒の肴にはならんね。w

5 :d(@∀@) 【東電 85.5 %】 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 【kinema:4337】 ◆ANOSADJXD6 :2011/11/06(日) 20:12:25.45 ID:c4TeymqM.net ?PLT(13334) 株優プチ(kobun)
家内が失業しちゃうのでそれだけはご勘弁下さい。

6 :ACタイガー:2011/11/06(日) 22:19:39.46 ID:yE9xFe/w.net
>>5
おいらのコト覚えてる?

7 :d(@∀@) 【東電 80.9 %】 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 【kinema:4337】 ◆ANOSADJXD6 :2011/11/06(日) 22:30:09.74 ID:c4TeymqM.net ?PLT(13334) 株優プチ(kobun)
単発質問スレを立てた人だったかしら。

8 :名無氏物語:2011/11/07(月) 00:08:19.95 ID:JDcrKleH.net
古文を学ぶ意味はある。
私は高校に古文の授業がなかったら、国文科に進んでなかったよ。

ただ文法や単語テストばっかりの授業はどうかと思うけど。

9 :名無氏物語:2011/11/07(月) 04:57:16.36 ID:vve8EKY9.net
みをえうなきものだと思ひなして私はボストンにいったのです

10 :名無氏物語:2011/11/07(月) 12:09:03.15 ID:jPOiv77Q.net
>私は高校に古文の授業がなかったら、国文科に進んでなかったよ
君のためには高校に古文の授業がなかった方がよかったね。(笑)

11 :名無氏物語:2011/11/07(月) 13:42:50.86 ID:rnKPwWpF.net
>>8
こんな論理的思考のできないバカ見たことないんだけど、古文やってるとこうなっちゃうよっていう冗談なの?

12 :ACタイガー:2011/11/07(月) 20:07:04.27 ID:4/FYmeHp.net
>>7
中華思想ってのがあるらしいですが最適なオススメの教科書は何かありますか?
中華思想については完全なる素人なので入門的な教科書ありますか?

13 :名無氏物語:2011/11/09(水) 02:16:44.15 ID:YdLyxF9/.net
>>11

論理的思考っていう言葉を使ってみたかったんですね。わかります

14 :名無氏物語:2011/11/09(水) 08:55:18.25 ID:og2hVXBk.net
知るとはどういふことなのか,論理的思考と称して高校生が思ひつくやうな程度のことで
満足するのではなく,しばらく先人の思考のあとを追跡してみるほうが,ずっと面白い思考が
できることに早くきづいたほうがよい.
誰の話もきかずに沈思黙考しても程度の低い思考の枠の中から出られないものさ.
言語をしらなければ,先人の思考にアクセスすることもできない.

15 :名無氏物語:2011/11/09(水) 09:09:26.09 ID:ITvjMt0j.net
入試で出題される古文のほとんどが
平安王朝文学
男と女が好きだ嫌いだの話ばかり
源氏など当時のエロ小説みたいなもの
こんなもののために
受験生が時間を割くのは
もったいない
そのぶん数学などを勉強した方が
個人的にも国家的にも利益が大きい
古文を入試からなくせ

16 :名無氏物語:2011/11/16(水) 08:02:04.54 ID:iTR8NiHL.net
古文は確かに勉強しても意味がないと思う

上のほうにいる偉いおっさんが古文好きの文系馬鹿だから消えないのだろう

17 :名無氏物語:2011/11/16(水) 22:37:40.48 ID:BuDxKudR.net
昔から日本に天皇がいたことや文化があったことを学ばせたいんじゃね?

18 :名無氏物語:2011/11/17(木) 03:34:43.70 ID:L2BXnZSm.net
勉強するのが無意味とはいいません。が、中高で取り扱わない他の学問にも勉強の意味は十分ありますよ。
そんなの全部やってたらきりがない。本当に基礎になるものと実用性があるもの以外は、中高の教育課程から外したほうがよい。
それでも学びたい人は自主的に学べばいいこと。

そもそも古文と一言にいっても時代によって違うわけで、なぜ平安時代だけが優遇されているか疑問。


19 :名無氏物語:2011/11/17(木) 16:32:06.44 ID:N2U3R60t.net
まあ、古文的言い回し方も誰もが知って置いた方がいいものだよ。
俳句はともかく川柳を作って遊ぶことはままあるし。
落語の「千早振る」なんてのも古文の知識が無いと笑えない。
教材で平安期が大多数なのは、文章的にしっかりしてるからで、
別に天皇制云々とは関係無いんじゃないの?

20 :名無氏物語:2011/11/19(土) 00:10:28.33 ID:Q0F/IMiT.net
川柳で遊んだことなんか30年以上生きてて、記憶がないな・・・。
今はわからないけど、川柳は中学で習ったような気がする。

高校時代の古文先生は自己陶酔型の人で、これっていいよね・・・って一人で感動して、満足してた。
これって、ロックが好きな人に演歌を聞かせて、いいよねといっているようなもの。
実際、古文好きの人はそういうタイプが多い気がする。
教育課程からはずすか、芸術系教科として位置づけて、入試教科からはずすかしたほうが良い。




21 :名無氏物語:2011/11/19(土) 06:55:14.59 ID:wSewXz21.net
聞こえぬことなのたまひそ。
自分の国の書物を読めなくなるなんて、、



22 :名無氏物語:2011/11/19(土) 21:47:42.38 ID:TvxDdX5X.net
今は高校全入だからね、
高校で教えていることは平均点でだれもが解かる、
を前提にして会話というか文章表現というかはしていい。

とゆーことのために、高校で色んなことを出来る限り学んでおいてもらわないとね、
困るのよ、君たちと話したり筆談(?)したりするオジサンたちはね。

そのひとつに古文漢文もあるとゆーだけ。(笑)

23 :20:2011/11/20(日) 01:23:35.85 ID:Ku/An+FW.net
オジサンの話にあわせるためにやるのか・・・。

授業でパソコンを導入したり、英語の教材も以前とすると、
かなり実用的になってるし変えていくこと自体はいいと思うんだけどなー。
でも内容が薄くなるのは反対。

古文で出てくる書物は、詩、物語などの芸術的要素の強いものが多いから、
音楽、美術、書道と同じカテゴリーじゃない?

24 :名無氏物語:2011/11/20(日) 02:04:19.94 ID:VDbNAYse.net
古典やる位なら未来について授業してほしい
自分で言ってて意味わかんないけど

25 :名無氏物語:2011/11/21(月) 22:18:56.32 ID:WSCqFp+A.net
1はバカですか?

26 :名無氏物語:2011/11/22(火) 19:27:36.52 ID:UtLPly9j.net
バカはお前

27 :名無氏物語:2011/11/23(水) 01:43:27.13 ID:vYdzDG2A.net
今の10代の性の乱れも、古文漢文みたいに無意味な学問を強制させることに原因がある。

もっと単純に

理系科目を勉強して科学を発展させる→社会の役に立つ→お金持ちになる

という因果関係を明確にするべき

それが古文漢文のせいで

意味の無い勉強をしてでも学歴社会で勝利する→他人を蹴落とす→お金持ちになる

という公式に変わっている

しかも古文漢文やそのた文系科目は低能のやる学問なんで、セックスしてても全然勉強できるから
10代の性の乱れが進行する

理系科目はセックスしてる奴にはちょっと厳しいモノがある

28 :名無氏物語:2011/11/23(水) 01:45:50.14 ID:vYdzDG2A.net
>>1
大学の教養課程の選択科目位にしておいたほうがいいかな
まあどっちでもいいけど

一応日本の文化を保持するとか、教養を身につけるなどの機能はあるんだろうと思う

29 :名無氏物語:2011/11/23(水) 08:14:08.55 ID:gKlQy/Nx.net
1は馬鹿ですよ

30 :名無氏物語:2011/11/23(水) 12:14:16.47 ID:WcOPL4pa.net
>>27
欧米の高校生が古文漢文を勉強させられているとは思えないんだが?w

31 :ACタイガー:2011/11/23(水) 17:28:29.40 ID:HwX/o3EZ.net
>>30
はぁ?w

32 :名無氏物語:2011/11/23(水) 23:59:56.38 ID:vYdzDG2A.net
>>30
欧米との比較じゃないんだわ
古文漢文なんてクソ科目がなくなれば
学歴社会に勝利して他人を蹴落とすとか考えるクズが少なくなって
日本がより良くなるんだよ

33 :名無氏物語:2011/11/24(木) 00:07:30.08 ID:pq/LJCQ7.net
少なくとも歴史を学ぶ価値を認めるなら古文・漢文の価値を認めるべき。
教えないものを読まされることはありえないわけだから、
江戸時代やそれ以前の資料や戦前の資料さえ読めなくなっていいっていうなら別に問題ない。


また古文・漢文を学ぶ意義のひとつは歴史が扱えない精神・思想史をたどる事にある。
日々の生活のなかで人々が何を考えてきたか・今の自分の価値観はどういう背景を持っているか、という事を考えるのが古文・漢文。
そういうことに疑問を感じない人間にはたしかに不要だろう。
そういうのを考えて金になるかどうかっていうのはその人自身だからな。投資だと思ったらいいんじゃないかな。

考えずに生きる事を否定するつもりはないから>>1は古文・漢文を勉強しなくていいぞ。



関係ないけど>>27みたいな稚拙な発想してる奴はどこ受けても落ちると思う。悲観にくれればいいよ。

34 :名無氏物語:2011/11/24(木) 02:42:40.41 ID:x0Ya9e3G.net
>>33
いいかげんなこと言ってるな
江戸時代やそれ以前の資料って、原本読んでるわけじゃないだろ
戦後に印刷されたもの読んでるだけだろ
なんで、現代語に翻訳するという簡単な作業を行なってないのか

江戸時代以前の資料を読むなら現代語訳されたものを読めばいいだけ
高校生が貴重な時間を、古文の文法や単語の勉強に当てさせられる説得力に欠ける

これに対し
ちゃんと、有効な回答ろよ>>33
いつもここで逃げるんだよな「古文漢文を高校で学ばせる派」の奴は

35 :名無氏物語:2011/11/24(木) 13:51:26.51 ID:x0Ya9e3G.net
言い方を変えてみよう
古文漢文は高校生がやるには高尚すぎるんだよ

古文漢文は文系でも理系でも大学の選択科目にあるくらいがちょうどよい
文法なんて、簡単にやれば2単位の授業で終わるし(丁寧にやって4単位)、あとは古典購読とかの授業を何個か設ければよい
何よりみんな古文を学びたい意思を持ってる人間なんで、授業の効率がいい
これで、日本文化を維持する目的や、教養を身につける目的は果たせるだろ

36 :名無氏物語:2011/11/24(木) 13:58:08.34 ID:x0Ya9e3G.net
もっと言うと
古文漢文なんて童貞には理解できない
セックスしらないと理解できないものが多い
セックスしらないと、古文漢文を楽しむ精神的余裕がない

セックスしらないから、既存のマンガゲームアニメなどの娯楽で満足してるのに
古文漢文は高校からセックスするようなクズが得するクソ科目
こんなものは大学に移行すべき

理系の学問は逆にセックスしてると理解できなくなる


37 :名無氏物語:2011/11/24(木) 14:55:01.77 ID:6xnv7SNW.net
わざと最後にバカな意見書いて自分の説得力を落とす作戦かなんかか?

38 :名無氏物語:2011/11/24(木) 20:34:53.22 ID:2Tqh9cxN.net
本物の馬鹿なんだろ


なによりも見事な証左で言葉を失う

39 :名無氏物語:2011/11/25(金) 01:29:29.15 ID:fYrjiM3s.net
現代語に翻訳するのが簡単かどうかは古文をやってから言う寝言だ。
極端な話、英語なんか翻訳で十分だと言ってるぐらい馬鹿馬鹿ししい。


解らないから勉強したくないという主張から一歩も出てないじゃないか。

それとも君は慶應義塾のように「国語なんて解って当然だから受験生に課さない」という立場か。


古文は出来ないけど現代語の文法は出来るっていう奴はたぶん存在しない。
古文につまずいてる奴はたいてい中学生レベルの現代語の文法も出来ない。

自分がしゃべってる言葉の構造が解ってないのに英語の構造を理解するってのは限界がある。
比較すらできないわけだからな。

現代語の文法がいかにして作られたか、
それを歴史的に捉えなおすという役割を負うのが古文。

日本語を異質な言語として把握分析し、その構造・システムを理解すること、
外国語である漢文に古文のシステムを応用して解読してきた歴史と、その応用の力を学ぶこと、
漢文訓読は古文の作文であり、これらを関連させることで発展的に古文の知識の定着をはかること、
文型という概念を理解する事、
これらを通して昔の人の生活実態・精神思想史を学ぶこと、
自分らが伝統文化を継承している事を確認すること、

勉強する意味なんかいくらでも見つかるんだがな。

40 :名無氏物語:2011/11/25(金) 14:05:15.48 ID:45V+eH6h.net
嫌いな奴は適当に授業受けといて私立理系行けばいいじゃん

41 :名無氏物語:2011/11/26(土) 08:41:46.12 ID:J9seqvH5.net
>>39
大学でやるくらいでいいのでは?
高校生にさせることかな

あと、漢文の送り仮名って別に古文じゃなくてもよくね?
現代語でも送り仮名ふれると思うよ

42 :名無氏物語:2011/11/26(土) 08:46:47.84 ID:J9seqvH5.net
學(んで)而時(に)習(う)レ之(を) 不亦(た)說(ばしいことではないか)乎

不に無理があるか

43 :名無氏物語:2011/11/26(土) 11:49:42.97 ID:CgcpfiSq.net
結局のところ東大が理系でも二次試験に古文・漢文を出してるのが
古文・漢文が高校の授業科目に残ってる原因。
この足かせがなくなれば理系が古文・漢文の授業をとる理由がまったくなくなる。

44 :名無氏物語:2011/11/26(土) 12:51:47.53 ID:e8mGJfHl.net
温故知新という言葉もある。

45 :名無氏物語:2011/11/26(土) 14:11:23.84 ID:PWAlP5Au.net
>>43
例えば古文・漢文の旧暦なんか天文学的に面白いものなんだよね。
江戸期の時計なんかの目盛りなんかもね。

12月14日になんで東京に雪が積もるほど降ったの?月夜だったの?何時だったの?
なんて理科的(?)な古文・漢文(?)の話は忠臣蔵と相互作用(?)するんだよね。^^

教養云々の話だから、それらは有用だ、とは言わないけどね。

46 :名無氏物語:2011/11/26(土) 15:15:35.80 ID:TdiYhg0w.net
有名な話では明月記とカニ星雲の超新星爆発とか。
枕草子にも旧暦2月に降った雪がいつまでもつか?を清少納言は1ヶ月はもつって言った話があるし。
お正月の前の12月にもう立春が来ちゃう年なんて結構頻繁で。

「それはさ」で理系がちょっと鼻を高くして国文科の学生に言えるじゃない。
いいもんだよ、理系にとっての古文・漢文の教養ってのは。(笑)


47 :名無氏物語:2011/11/26(土) 17:40:19.47 ID:CgcpfiSq.net
>>45
東大受験するならそういう好奇心持った方がいいけど
普通の理系にはいらない、正直言って理系科目すらおぼつかない状態で
古文漢文の故事に親しもうなんて余裕はない。

48 :名無氏物語:2011/11/26(土) 18:01:56.57 ID:fxNngwDh.net
文語の文法を理解してなかったら昭和の文献も読めなくなるね笑

どんな分野でも研究史を遡れないような奴は何したってダメだろう。
大学生になってからの勉強で充分だっていえるの?

翻訳すればいいと君は言うが、残念ながらアカデミックな文献は翻訳しきれるような数じゃないんだよな。

時間を割くとかそういうのは君の問題でしかないわけで、
君は君個人の問題を無理矢理一般化させたいだけなんだよ。
読まない奴は勉強しなくていいんだから勉強すんなよ。
他の事に時間割けばいいじゃないか。

何か問題があるの?


49 :名無氏物語:2011/11/27(日) 01:10:58.83 ID:eKKFE+oj.net
>>48
そこらの国公立の理系に研究史をさかのぼるとかいらんって。
ただ現場で使えるスキルが身に付いていればそれでいい。

50 :名無氏物語:2011/11/27(日) 01:44:24.22 ID:gH6SRYJK.net
>>48
うん。わかった
古文漢文は、中学高校の学習内容から削除するってことね

むしろ戦後長い間古典教育が何故中学高校で採用されていたのか考えるとおもしろい
最初は欧米のマネして、自国には古典があるからそれを学習させようという意図だったんだろう
ここらへんが本当に欧米コンプ丸出しの日本人らしいな
それでそこから長い間は、古典で飯を食う人間が、自分の飯の種を守るため、必死に維持しようとしてきたんだろうな

英語数学物理なんかでもこれは同じだよな
ただ、英語数学物理を中学高校でやることは、国家戦略として妥当
例えば、中学くらいからいきなり実践的な大学みたいな教育をしようとしても
自由度が高すぎて多くの学生は潰れるだろう

国民を鍛えあげようとする、官僚等支配者層の、意図はわからんでもない
愛国心があるなら、古文漢文の勉強なんてなんてことないという発想だろう

しかし、願わくばこの日本の支配者層が、「自分自身で」生産的な活動をすることを想定してみて欲しい

「高校で古文漢文の勉強に時間を取られるより、休日にプログラム組む等自分の興味のある勉強するほうが意義がある」
というごく自然な発想が理解できるから

51 :名無氏物語:2011/11/27(日) 02:02:20.23 ID:gH6SRYJK.net
日本史はやる意義はわかる
例えば韓国や中国のとの関係で、戦前の賠償の話がでるが
おまえら元寇のときモンゴル人に率いられてきて攻めて来たやんけ
とか、昔百済を助けて新羅を倒そうとしたよな
とか豊臣秀吉が一回朝鮮に攻めたな
とか言えるからな
あと、政治や経済の制度

古文漢文は好きなんよ
面白いと思うよ
実は文法や単語の勉強も苦痛ではない

でも、中学高校、特に高校でやるのは違うと思うんだわ
学問の汎用性がなさすぎる

>>48
>翻訳すればいいと君は言うが、残念ながらアカデミックな文献は翻訳しきれるような数じゃないんだよな。
意味がわからん
国民全員が古文の文法や単語を勉強し
国文学科の学生が全勢力をあげて翻訳しても翻訳しきれない文献があるってこと?
もう文献の数が増えることはないのに、それはないんじゃないの?

52 :名無氏物語:2011/11/27(日) 12:46:25.45 ID:QZju/dnQ.net
>>49

勝手な決めつけだな。
お前理系じゃないだろ。
研究史も遡れない奴が現場で使えるかよ。

53 :名無氏物語:2011/11/27(日) 13:59:27.37 ID:8os9+YiA.net
>>gH6SRYJK

>しかし、願わくばこの日本の支配者層が、「自分自身で」生産的な活動をすることを想定してみて欲しい

>「高校で古文漢文の勉強に時間を取られるより、休日にプログラム組む等自分の興味のある勉強するほうが意義がある」
というごく自然な発想が理解できるから

学ぶ意義というのは学んでいる当人に完全に依存しているわけだから、
「〜するより意義がある」なんて言い方は全くもって不可能だ。
意義がないといいきる材料すらない。


>国民全員が古文の文法や単語を勉強し
>国文学科の学生が全勢力をあげて翻訳しても翻訳しきれない文献があるってこと?
>もう文献の数が増えることはないのに、それはないんじゃないの?

ばかばかしい反駁だな。
なんで国家事業並みに翻訳する必要が有るんだ?
読める奴が大学に来ればいいだけのハナシだろう?

学問の汎用性がないなんていえるのは君が無知だからだ。
学んだ事の作用を考えたことがないからそう言えるんだ。

たとえば何で我々が大日本帝国憲法の条文を(解釈はまだしも)理解できるのだろう。
現代語ではないわけだから現代の語感では読めない。
助動詞の意味がわからないと意味すら取れないはずだが。

54 :名無氏物語:2011/11/27(日) 18:36:11.52 ID:pohsk3Bw.net
>最初は欧米のマネして、自国には古典があるからそれを学習させようという意図だったんだろう
>ここらへんが本当に欧米コンプ丸出しの日本人らしいな

こういうのは脳内でやっててくれないか。



歴史をやる意義を認めるなら古文もいるね。
歴史はいちおう実証主義なので、原文から理解できないとダメっていう考え方があるから
そのタテマエで法令とかの史料を原文でやらせるわけよ。証拠だからね。
翻訳しちゃったらその検証を放棄していることになるよね。
そんなの明らかに科学的じゃないってことはわかるよね?

漢字が読めないからってこれをやらなくなった国が隣りにあるんだがな。
ろくに史料も検証せずに、民族主義史観に汚染された近年の文献だけで歴史やってる連中はこうして生まれたんだと思うんだがな。

55 :名無氏物語:2011/11/28(月) 00:20:21.88 ID:TvxXnvEK.net
>>52
実際はそういうソルジャーが90%
ソルジャーには必要ない。

56 :名無氏物語:2011/11/28(月) 02:39:16.03 ID:FyyMl6Xi.net
>>53
勉強の意義は、「社会の役に立つため」だと割り切ったほうがいいよ
もしそうでないのなら、高学歴が高収入を得ている根拠が全くなくなる
日本史もいいけど世界史も勉強しようね
そして、理科系の科目を学び、科学を発展させ生産性を上げ社会の役に立ちます、というのは説得力を持つけど
日本史の勉強をして、社会制度の変遷を学び、社会の役に立ちます、というのは説得力に欠けると思うんだわ
もし、大日本帝国憲法のように、古文の知識が必要な資料の研究があるのなら、法学部や文学部の人間に、大学の教養課程で「文語文法」という科目を作って勉強させればいい
もともと、文系学部なんて理系に比べて暇なんだから、それくらいさせてもいいだろ
理系の学生に、高校生のうちから古文漢文を強制するのは無用の負担

理系の学生には趣味として古文を楽しむ環境があればそれでいいくらいじゃないかな?

57 :名無氏物語:2011/11/28(月) 13:13:16.81 ID:Cp4qEZB/.net
>>56

君の言っていることにも説得力はないね。

58 :名無氏物語:2011/11/28(月) 14:57:55.19 ID:PKDdYfRl.net
>勉強の意義は、「社会の役に立つため」だと割り切ったほうがいいよ
「大学」の格物致知の項をよく読みなさい。それからまだ、そう言えるなら言いなさい。

59 :名無氏物語:2011/11/28(月) 19:58:49.24 ID:TvxXnvEK.net
現場のソルジャーになる人間に教養は要らない
古文漢文は旧帝以上だけやれないいと思う、理系は。

60 :名無氏物語:2011/11/28(月) 20:15:30.99 ID:31NTWLDD.net
君子が古文・漢文を学べば人を愛す。

小人が古文・漢文を学べば・・・、と続けたいところだが、
さすがにこの板には
(このバカは、古文を学ばない方がよかったなぁ・・・)
がいるんで、そう簡単には言えないが。^^;

しかしとにかくさわりだけでも、古文・漢文は、理系だっても学んで置いてくださいよ。
仮に三方(言葉のあや。差別的意はない、念のため)で渡世するだけになったにしてもね。

日本では、ヤクザだって、仁義・仁侠を言うんだからね。(笑)

61 :名無氏物語:2011/11/28(月) 22:05:13.27 ID:G8kh6uTB.net
>>60
日本語でおk

62 :名無氏物語:2011/11/28(月) 22:33:33.28 ID:gTw48VGM.net
では日本語で。^^
「小人が古文をシッタカすれば『日本語でおk』と言う」

63 :名無氏物語:2011/11/28(月) 23:53:13.78 ID:TvxXnvEK.net
>>60
そのソルジャー層は古文・漢文よりもまずは物理を勉強してくれってレベル。
理系科目の習熟度が酷いのに古文・漢文どころじゃないですよ。

64 :名無氏物語:2011/11/29(火) 02:00:24.00 ID:aeL0FMa8.net
ソルジャー君は一体何が言いたいの?


65 :名無氏物語:2011/11/29(火) 02:41:55.70 ID:vkTNxuP3.net
>>60
これだよな
この肉体労働者を軽視する視点
これが話がかみ合わない原因だ

ヨーロッパでは、フランス革命という象徴的な出来事によって
封建制が完全にぶち壊され、近代国家へと変貌していったというのに
その後の資本主義の勃興
資本家は労働者から搾取はしても、労働者を軽視することはない
なぜなら自らの富の源泉だからだ
この流れから来てるので
民間企業に勤める人間なら、肉体労働を馬鹿にすることはしない
というか、バカにしても意味が違う

古文漢文の好きな人間は、公務員関係者が多いのかな?

民間企業の人間が肉体労働を馬鹿にするのは、自分が高尚な人間だと思ってるのではなく
自分の方が生産性が高いと考えてるから
しかし、実際研究開発って作業は肉体労働なわけだから
肉体労働は、すべての基本なんでとても重要なんだよ

民間企業のこういう感覚もわからないものなんだろうな

66 :名無氏物語:2011/11/29(火) 02:59:31.81 ID:vkTNxuP3.net
>>58
格物致知

ネットでぐぐったが、「学問にはそれ自体に意味がある」みたいなことか

そういう学問ならそれこそ週休2日なんだから、やりたい人だけが休日にやればいいんじゃないの
自分でやろうという意思をもった人間なら、文法なんて一瞬でマスター出来るだろうし
普通課の全高校生に強制させ、大学入試で課す意味が分からない

古文漢文推奨派が、覚悟を決めて「古文漢文は絶対高校の授業に残すべき。必要な人間にとってはどうしても必要な学問だ」
と主張するならわかる

しかし、そんな覚悟をもった人間がいない
どこか逃げ道を用意したような口調
正直自分でも考えがまとまってないだろ


67 :名無氏物語:2011/11/29(火) 10:34:31.82 ID:Pgi7HQm4.net
>>65-66
その人に1を言えば10を知ってもらえるようになっている。それが即ちその人の教養だよ。
学校教育はその教養が誰でもに身に付いているように、だよ。だけどね・・・。


「格物致知」はね、「人を愛す。愛する人々は平和に暮らして欲しいと願う」そのために、だよ。
それを望む人は、国を治める。国を治めることを望む人はそれより先に家を整えている。
家を整える人は、当然にその前に自分の身を修めている。

そして自分の身を修めようとする人が、その基礎になる「格物致知」をしていないわけがない、なんだよね。

物をきわめて知にいたる、と読んでもいいし良知をいたして物をただす、と読んでもいい。
とにかくその「学び」が何よりも人の為すことの先ず第一の一番先にある、ということだよ。

68 :名無氏物語:2011/11/29(火) 20:20:52.96 ID:H3YJb1bI.net
古文・漢文を学ぶ
  ↓
古道を学ぶ
  ↓
古語を学ぶ
  ↓
古意を学ぶ
  ↓
今を生きる自分自身を知る


授業科目から外すべきではない、絶対に。

69 :名無氏物語:2011/11/29(火) 20:47:53.65 ID:nT946/Sk.net
案の定、文系ナルシストの自慰スレになったな

70 :名無氏物語:2011/11/29(火) 21:28:31.12 ID:dFjrkUNE.net
>>69
だって、ボク、頭がいい上にイケメンだから、通信簿と鏡が恋人なんだもん。^^

71 :名無氏物語:2011/11/30(水) 20:33:54.64 ID:38c0wixu.net
高校レベルの古文漢文は,たいしたことをしているわけではないのだから,その程度で負担だとか目くじらをたてるほどでもあるまい。

72 :名無氏物語:2011/11/30(水) 20:48:58.58 ID:AwhsfAEf.net
>>71
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1322580431/l50
東大理系が空気読まずに古文漢文の記述問題とか二次試験でやるから
外すに外せないのが実情。

73 :名無氏物語:2011/11/30(水) 20:49:50.47 ID:aeNevOiN.net
似たようなスレが三つもあるというわけわからん状態だな
よっぽど古文漢文教育に恨みのある人の仕業だろうか

74 :名無氏物語:2011/11/30(水) 22:27:14.08 ID:+e3GnpUc.net
>>35
>古文漢文は高校生がやるには高尚すぎるんだよ
中等教育がエリートのものだった時代なら教養として古典をまなばせる意味はあったとおもう。
しかし大衆化してくると古典をみにつけるセンスがないひとばかりになるのだよな。

75 :名無氏物語:2011/11/30(水) 22:31:13.96 ID:+e3GnpUc.net
古典がそんなにいいものなら義務教育段階でしっかりやればいいとおもう。
義務教育なら別にできなくても進級・卒業できるし退学させられる(私学は別)
というストレスがないから気楽にやれる。

76 :名無氏物語:2011/11/30(水) 23:35:45.50 ID:38c0wixu.net
有名高校の入試には古文が出題されるから,中学でも古文をやってる人はいるだろう。しかし現代文もろくに読めない人がいる中で中学で古文をどれほどの人が修められるか。

77 :名無氏物語:2011/11/30(水) 23:58:25.92 ID:kL+OxcdS.net
>しかし現代文もろくに読めない人がいる中で
じゃあ古文を外したら、その人たちは現代文くらいなら読めるようになるの?
その勉強はその勉強。この勉強はこの勉強、さ。
まあどっちかができるならもう一つも良く出来るの相関関係はあるだろうけど、
どっちも元々出来ない人は、ひとつだけにしてあげたって、
それが出来るようにはならないよ。?笑)

78 :名無氏物語:2011/12/01(木) 02:27:10.78 ID:q8lnwiEu.net
>>67
なるほど
それなら納得がいく

>>68
そんな抽象的なこと言われてもわからんよ
相対性理論の正当性を主張するのに、相対性理論を使っているようなもの

79 :名無氏物語:2011/12/02(金) 23:07:37.19 ID:SVfMXKPK.net
こんなスレを立てて、一体、何の得があるの?

80 :名無氏物語:2011/12/02(金) 23:53:14.57 ID:Ac7m5i6k.net
そんなこと言やあ、2chのスレなんて全部そうだw

81 :名無氏物語:2011/12/07(水) 23:00:34.78 ID:fhVRlDxt.net
たまーに気分爽快な話があって大体自然の美しさだとかそういう風雅なことを語ってる古文は勉強してて面白い
理系科目の息抜きには大変有用だし、いずれ機会があればじっくりと古典を勉強したいなとは思うけれども中々時間がないね


82 :名無氏物語:2011/12/13(火) 09:01:16.55 ID:Tj9qey+M.net
すぐに役に立つものは,すぐに役に立たなくなるものさ.

83 :名無氏物語:2011/12/16(金) 04:24:32.93 ID:tbzEunJe.net
大学の一般教養で憲法や民法や刑法をやったらわかるよ。
ちょっとでも突っ込んで学ぼうと思ったら
高校程度の古文や漢文の知識があったほうがいいんだって。

84 :名無氏物語:2011/12/25(日) 18:32:24.64 ID:i4LOyveR.net
古文,漢文,クソ気分!

サッサと,受験からクソ教科をなくせ!

高校の授業からも亡くせ!

反日のシナや朝鮮の言葉を学んでも意味は無い。
敵国の言葉を教える教師は,在日と同じ。
日本から追い出せや。


85 :名無氏物語:2011/12/25(日) 22:33:35.17 ID:/rTGo8j0.net
>>83
「憲法」「民法」「刑法」といった文は口語ではなく文語で記述されているな。
その道を進む人は外せないな。

というより、何で文語で記述されているんだろうな?

86 :名無氏物語:2011/12/29(木) 07:44:00.32 ID:+tVJMIX8.net
条文自体は,口語化がすすんでゐるんぢゃなかったかな?
でも,法律の勉強って,結局,古めかしい文章を読まずにすますわけにはいかないよね.
「人身ヲ売買シ終身又ハ年期ヲ限リ其主人ノ存意ニ任セ虐使致シ候ハ人倫ニ背キ有マシキ事ニ付
古来禁制ノ処…」(明治五年太政官布告)

江戸時代にも人身売買を禁じる法令が多くだされてゐてをりまして.明治維新後も法的には人身売買が
禁じられてゐたにもかかはらず,明治,大正,昭和初期あたりまでは,事実上人身売買がなくなる
ことはなかった.形式上は,養子縁組のかたちをとった売買契約が結ばれるからですね.大審院
判決は,そんな縁組は実質的に売買と同じだから無効といふ有名な判例をだしてますが,なかなか
世の中は法律や裁判所の思ふやうにはならないのでありました.

87 :名無氏物語:2011/12/29(木) 07:57:31.31 ID:+tVJMIX8.net
民法の条文が1000条を超えるのも,判例とやらが法源になるのも,結局のところ,古来
「世の中は法律や裁判所の思ふやうにはならない」ことが多いからである.
そんな不条理をあれこれ探していくと,具体的な事例の記述は,古めかしい文章だらけ.


88 :名無氏物語:2012/01/03(火) 22:22:25.23 ID:FXIYa2lh.net
古文,漢文,クソ気分!

サッサと,受験からクソ教科をなくせ!

高校の授業からも亡くせ!

反日のシナや朝鮮の言葉を学んでも意味は無い。
敵国の言葉を教える教師は,在日と同じ。
日本から追い出せや。



89 :名無氏物語:2012/01/03(火) 23:28:04.47 ID:HpHtRXvi.net
古文も漢文も日本語だっつーのバカ

90 :名無氏物語:2012/01/15(日) 16:51:15.45 ID:jJpf9Ijj.net
タマムシとか,ババアとか,クソ問題出してるんじゃねえぞ,センター試験。

91 :名無氏物語:2012/01/17(火) 18:26:34.10 ID:GMBRh+8F.net
有名な部分だけ教えるようにすればいいんじゃない?教養として必要だし。
試験もそこからしか出さないようにして。

92 :名無氏物語:2012/01/22(日) 20:55:35.65 ID:ER9fCnQN.net
古文も漢文も日本語だから少し難しい本を将来読むことになったら役に立つよ。
問題はそういうのを読まない人生送る人にも勉強を強要しているとこだろうな。

93 :名無氏物語:2012/01/23(月) 13:02:16.83 ID:pXhmHUcJ.net
まあなんとも無粋なスレだこと


94 :名無氏物語:2012/01/23(月) 19:50:15.58 ID:XYvTvDj5.net
勉強を強要、なんてまさにものの価値のわからないクズが言いそうなセリフだよなw
どんな仕事をしてる人の中にも読書人教養人はいるものだよ
逆に大学教授でも学問の価値のわからないクズはいる

95 :名無氏物語:2012/02/03(金) 16:17:26.83 ID:EJAux1fV.net
スローセックス

96 :名無氏物語:2012/02/04(土) 20:23:02.55 ID:DsTnRIhJ.net
バランス取るためだと思ってる。
今は欧米的な文化であふれてるから、真逆な要素をとりいれて中和してるかんじ。

肉ばっかじゃなく野菜も食えってこと。
ただ自分から野菜(古文・漢文)を食うやつはまれだから学校で最低限の量を食わせてる。


97 :名無氏物語:2012/02/06(月) 05:12:20.72 ID:OaR4UmOS.net
>>94
だからなんで「家で個人的にやる」じゃダメなの?
文法はわからないかもしれないけど古文漢文の文法なんて本一冊でマスター出来るだろ

>>96
なるほど
古文漢文推進派には、「欧米の文化=浅はかな文化」って意識があるわけだな

ただそれは物質文明を享受する消費者として意見でしかない
欧米社会が物質文明で勝利するために、どれだけ苦労や葛藤を経たかを考慮していない

物質文明での生産者、つまり労働者や技術者を軽視した意見なんだよ

物質文明を支える労働者や技術者、つまり中学高校時代にライトノベルを読んでいるような連中は
大人になって落ち着いてきたら、趣味の選択肢として文学や古典にも興味を持つようになるよ

98 :名無氏物語:2012/02/06(月) 06:31:43.81 ID:vYICNKOE.net
>>97
> 本一冊でマスター出来る
甘いね。若い時に理解出来ないものが年取ってから理解できるわけないだろ
人生の道理や何かと違い、言語能力はもっと早い時期にやらないといけないものだからね
国文法・漢文法とも、英文法とは全く違うものだから、早い時期に文章に慣れておき、
理屈以前に文意が取れるように練習しないと、長じてからでは修得困難になる
大人になってから文学や古典に興味を持とうにも、それを助ける最低限の道具すら
取り上げようというのか?

欧米=物質文明、東洋=精神文明、という図式は誤っている。
誰も欧米に精神文明がないなどとは言っていない。
ただそれはキリスト教の受容を最低限の条件とするものだ。
そして西欧近代はキリスト教の桎梏としての面をかなぐり捨てることで成り立ったのだ。
欧米の精神文明を根底から追体験するには、その大いなるムダを必要とするが、
国家の維持のためにまずはキリスト教に入信しろ、などとはまさか今さら言わないよね?

99 :名無氏物語:2012/02/07(火) 14:57:41.58 ID:hf25Gyyo.net
>>97
所詮中卒の認識w

100 :名無氏物語:2012/02/07(火) 18:38:07.20 ID:S9Gp0mcn.net
>古文漢文推進派には、「欧米の文化=浅はかな文化」って意識があるわけだな
ここまで曲解する気まんまんなレスも珍しいな

101 :名無氏物語:2012/02/08(水) 03:32:00.28 ID:cXXBAP/W.net
大筋同意だがこの辺はどうもな
>誰も欧米に精神文明がないなどとは言っていない。
>ただそれはキリスト教の受容を最低限の条件
なぜここでニーチェwニーチェは着眼点が面白いオッサンだが、梅毒で脳のやられた19世紀のメンヘラなので、鵜呑みはほどほどに。

キリスト教の精神文化のほか、欧米には、ケルト文化ゲルマン文化その他今も連綿と続く、西洋古代からの深い精神文化があるわけだが…
古典を当然の教養とする育ちなら、ギリシャ・ローマの神話、エッダやサガ等、西洋のキリスト教以外の古典にも子どもの頃から馴染んでるものだと思うが

でもって、近代西洋を考察する上で、キリスト教、なかんずくプロテスタンティズムが資本主義の発展に与えた影響を考慮しないわけにはいくまい
ウェーバーも古典といえば古典。古典を推奨する者として、これらを押さえてないのは半端

ここからマジレス

ともあれ古典を「必須の教養」と呼ぶ人が多いように、多くの家庭や友だち関係でも古典は「必須の教養」
仕事の同僚や友だちや親子の会話にも、恋人同士の会話にも、古典ネタがまじる
冗談言うにも、テレビのチャンネル選ぶにも古典ネタが混じる
冠婚葬祭やら災害やらで、誰かを慰めたり感極まったりした時にも古典ネタが混じる

数百年数千年前と大差ない人類の営み、喜怒哀楽の歴史のなかに自分たちが生きていると実感して視野が広がる、芳醇な経験だ

せっかく日本人なんだから、西洋の古典と東洋の古典両方に馴染んでおきたいし
古文漢文に限らず、言葉を身につけたいなら若いうちが良いというよね

102 :名無氏物語:2012/02/09(木) 06:35:15.23 ID:boXi4jCX.net
>>101前半に

いや、べつにニーチェ限定ではないだろ。キリスト教とケルト文化ゲルマン文化が
なんの相克もなく「融合」だけして西洋文明ができあがったとでも思ってるんじゃないの?

その「深さ」あるいは深く見せている陰影の正体が異質なもの(キリスト教)の受容と体得、
反撥と乖離といったあがきの過程で生れたものだ。
ルネサンスも宗教改革・魔女狩りもロマン主義もその「あがき」の結果だ。
「大いなるムダ」というのはそういう事。ムダとは言いながら価値は認めているつもりだ。
回り道と言い換えてもいいが、その全てを追体験する必要があるのかって話。
土着文化だけならもっと「わかりやすい」だろう。あとからでもいい。

よその神話的な記号体系は大人になってからでも理解可能だ。それまでは地元の文化で充分とも言える。
倫理やメタな世界観以前に染み付く記号の体系だからね。一つあればいいのさ。

ウェーバー等については流れを読み返してほしい。漢文教育廃止論者様の論調でいけば、
ウェーバーを理解するためにもっと英語をやれ、高校からウェーバーを読ませろ、って話だわな。
それも数ページでは済まないだろう。古文漢文を無くして国語の時間をけずったぶんをそれに当てろ、と。
英語教師が悲鳴をあげるぞw

あと、社会に出てから世間話に出るどうかを古典選択の基準にするのは賛成できない。
そんな曖昧なものに振り回されるのは御免被りたい。古典の価値はそんな所にない。

103 :名無氏物語:2012/02/14(火) 03:22:08.29 ID:U+9B9/Co.net
古文には日本人の美意識や価値観が現れているけど、
高校生はそこまで考える余裕ないし、先生たちも文法の説明・現代語訳で精いっぱい。
だったら最初から現代語訳したものを現代文として読んで、
読解に時間をかけたほうが効率いいじゃない。
国語学者が現代語訳したものなら、
教室の現代語訳よりよほど正確で、よほど美しい日本語に触れられる。

古文そのものに触れたいなら、大学でor趣味でどうぞ。教室でやる必要はないよ。

石田譲二&清水好子『源氏物語』(新潮古典集成)は現代語訳が一部しかないから
勝手が悪い。この二人は国語学者ではないし。
新編全集の現代語訳はストーリー重視だから、お勉強には向かないw
軍記物や説話は新編全集でどんどん読み進めるのが面白いと思うけど。

源氏物語に関してはやはり、今泉忠義『源氏物語』(講談社学術文庫)を教科書にするべきだと思う。
まあ訳が古めかしいけど、それはそれで重厚な感じがして好きです。

104 :名無氏物語:2012/02/14(火) 07:04:10.09 ID:wXHqngba.net
語学の一つとして古文を読む知識をつけることが古文科の目的の5、6割を占める。
それを削って古文の内容を味わうことにだけ時間を割くというのはいかがなものか。
だいぶ古くからあるが、この古語軽視の風潮はどうにかならんのか。


105 :名無氏物語:2012/02/14(火) 20:00:46.41 ID:0O+AT0my.net
>>103
「翻訳者は反逆者」っていうくらいで、翻訳で感じ取れるものなんてたかが知れてる。
正確さと美しさが両立すると思い込んでいるなら全くもっておめでたい。
大まかにいうと国語学者は正確さを優先、文学者は美しさを優先する傾向がある。
原文の味わいはどちらにもない。

今の高校生が昔の高校生より余裕が無いなんて大嘘、ゆとり化で甘やかされてるよ。
経験不足で要領の悪い教師を基準にしたってしょうがない。教師がバカでも優秀な生徒は
テキストから古典の味わいを汲み取れる。高校時代の感性でなければ得られない貴重な出会いがそこにはある。
バカと怠け者のためにその機会を奪おうっていうのか。

古典語を学ぶことで日本語に幅が生まれ、豊かな言語表現のヒントが得られる。
それを苦痛にしか感じられない者にこそ、そういう体験を一度は味わわせるべきなのだ。
古典語も学ばせない先進国がどこにあるよ。

106 :名無氏物語:2012/02/15(水) 00:04:27.69 ID:3GxGOemf.net
>>105
「原文の味わい」などという、何のカネも生まないもののために
高校生の柔軟な頭脳を使う必要があるのかどうか分からない。
優秀な生徒は読めばいい。

いわゆるゆとりで甘やかされてるのは高校生だけではないだろう。
腹の中にいる時からゆとりだよ。
昔の子どもと今の子どもは違う生き物だ。もちろん、大人も。
今の子どもにとって最適な学習手段を取るべき。そのひとつの案が現代語訳をテキストにすること。

豊かな言語表現のヒントを得ているであろう貴殿が「バカ」という言葉を
使うのは不思議でしょうがないですね。
見下す気持ちの表れだろうが、ただ見下すだけでは何も解決にならない。
スレの趣旨とは外れるが、なぜそういう「バカ」が多いのか、古典の世界観を味わえずに学生を終える
子どもらが多いのか。
この辺りも考えてみたいところ。

ところでここでいう古典は江戸以前のものを指すよな?
105は明治〜昭和の文学に関してはどう考えてるの?

107 :名無氏物語:2012/02/15(水) 02:51:44.60 ID:U85u9AK2.net
>>106
明治から昭和初期の文学を楽しむには「文語」の要素の知識が必要でしょ。
そのあたりを読まず、講談口調にも触れず、時代劇でさえ古めかしい表現や
近世の価値観を排除する、こんな時代に育つ子供がいきなり古文に接するから
拒否反応を起こすのはわからなくもない。でもそれに同調する気に離れないなあ。
何度だらだら言っても甘やかしは甘やかしだし。



108 :名無氏物語:2012/02/15(水) 02:57:07.86 ID:U85u9AK2.net
>>103 の下半分について言うと、現代語訳しか読んでないから
そんな見当はずれの評が出てくるんだよなあ。
現代語訳なんて単体の通読を想定していないんだから、
現代語のテクストとしてそれだけを評論の対象にするのがすでに的外れで偏ってる。
「現代語訳で充分」説はその時点で破綻してるわ。
岩波文庫で原文だけのやつ頑張って読んでみろよ。
読書百遍意自ずから通ずってな。

109 :名無氏物語:2012/02/15(水) 03:37:53.13 ID:ONdjFfS3.net
かりに国語学者と作家を大規模に動員して、
単独で読んでも古文に劣らないような文学性を備えつつ
かつ正確な決定版的な現代語訳を作ることはできるのだろうか。
題して「国定今訳古文集成」。

110 :名無氏物語:2012/02/15(水) 04:01:26.33 ID:CdcGew23.net
文化を捨てると朝鮮人のようになるぞ

111 :名無氏物語:2012/02/15(水) 04:29:17.68 ID:3GxGOemf.net
>>107
なるほど。
仰る通り、明治〜昭和なんて特に古典の素養が必要だね、楽しむためには。
「楽しむ」なら趣味でいい。
今ふと考えたが、古文の導入として明治の作品を読むというのはどうなんだろう。
いきなり中古まで遡らず、近代初期のを読んで肩慣らしといった感じで。

自分が古文に全く抵抗を感じなかったのは時代劇や歴史小説を好んでいたからだった。
でも今の時代劇は全く見る気がしないね。…というのは余談。


>>108
こちとら影印本読んでるよ。
岩波文庫よりよほど味わえるぞ。


>>109
国文学者が仲間に入れてほしそうにこっちを見ている

112 :名無氏物語:2012/02/16(木) 01:40:26.95 ID:SUcWdICp.net
>>109
編集委員長は誰にするかな

113 :名無氏物語:2012/02/16(木) 06:55:45.69 ID:woKh/G6h.net
>>111
>「楽しむ」なら趣味でいい。
話の趣旨が変わってる以上、揚げ足取りにもなってないなw

そのあとの「ふと考えた」ことの方が重要なんだよ。
戦後の日本の教育とメディアがムキになって「戦前」を抹消してしまった結果、
近世と現代を結ぶ言語と文化の連続性が絶たれているのがこの状況。

中高生が古文ではない「文語」に触れる機会なんて、
明治に創立された学校の校歌や応援歌ぐらいしかない。
それだってどんどん廃止され改訂され気息奄々だ。
そういう事を一方的にしているのは、思想的に非常に偏った人たち。
その人達はむかしゲバ棒を振り回し、浅い言葉で受け売りの「理想」を押し付けていたのだ。
今も彼らの言葉は浅薄で押し付けがましく聞くに堪えない、とても子供に聞かせられないものだ。


114 :名無氏物語:2012/02/23(木) 17:14:38.64 ID:5I+VJ/xK.net
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0215&f=national_0215_042.shtml

マーケットOをすすめてるわ。ありえない!!!

細菌入り韓国菓子の危険性を一切報道せずあろう事かそれを勧めるクソテレビ局
http://www.youtube.com/watch?v=-jZ2WFbt54M

試験前におなか壊したら、どうしてくれるの?


115 :小森亮太容疑者(23)女児強姦 ◆Hay8dsBV5g :2012/02/27(月) 22:44:33.18 ID:GB7Cc6jn.net
       ____
     /      \
   /  _ノ   ヽ_  \
  /   (●)  (●)  \
  |      (__人__)     |    これには激しく同意だお
  \     `⌒´    ,/    
  /     ー‐    \    


116 :名無氏物語:2012/03/06(火) 21:48:50.36 ID:N5Iy7Gbi.net
>>110
韓国は漢字を棄てて学力が下がったから、再び漢字教育を導入したらしいね。


117 :名無氏物語:2012/03/07(水) 09:07:57.67 ID:Fb93z4QP.net
そんなこといったら、外人だってラテン語学ぶ必要無くなるだろ

118 :名無氏物語:2012/03/07(水) 10:40:37.44 ID:snKBRRff.net
現在具体的に役に立つことしか認めないっていうのも怖い思想だな

119 :ナナシ ゾウ は ハナ が ウナギ だ! ◆KoZTgemFLM :2012/03/08(木) 13:14:23.77 ID:HtkYWPmt.net
ニホンゴ の コテン は ともかく カンブン は いらない な。

120 :名無氏物語:2012/03/08(木) 16:09:09.70 ID:tzIT8FAl.net
>>119
今使ってる漢字熟語とか単語とかほとんど全部
古文漢文由来だぜ。

121 :名無氏物語:2012/03/15(木) 22:05:17.39 ID:aLeRxAmK.net
古典なんか専門家だけがやってればいいだろ。古典なんかなくして情報増やせばいいのに。

122 :名無氏物語:2012/03/15(木) 23:26:20.06 ID:3z6eLFIs.net
教育と効率
http://blog.tatsuru.com/2012/03/10_1013.php

123 :名無氏物語:2012/03/20(火) 09:15:08.37 ID:Ds2GNfQg.net
古文、漢文、歴史、理科を捨てて勉強したから、
いまさらになって後悔。

124 :名無氏物語:2012/03/21(水) 12:35:00.44 ID:zJSWTnAD.net
主演:キム・テヒの反日発言のまとめ

 *なお、このドラマは花王の一社提供です。

「日本人は醜い猿」
「独島は韓国領土」
「日本人観光客見ると反吐が出る」
「日本に行くのはお金の為、日本は嫌い、吐き気がする」
「日本は韓国より劣ってる発展途上国」
「日本は他国の領土を侵略しようとする、嘘をつくとんでもない国だ。」
「韓国人の方が優秀、日本人のノーベル賞は全部ロビー活動によるもの」
「日本文化は全部韓国文化のコピー、日本は文化泥棒、韓国は文化大国」
「日本の歴史は全て捏造、韓国はアジアを支配していた」
「日本で韓流が流行るのは日本人俳優のレベルが低すぎるから、
私が本物の演技を日本人に教えてあげたい」
「日本のお菓子が韓国のコピーばかりで驚きました」


125 :名無氏物語:2012/03/21(水) 18:04:07.96 ID:ApPBpbBo.net
日本史大好きなので、必要ないとは言わないが、授業内容が、暗記ばかりなのはどうなのよ?

あり、おり、はべり、いまそかり!
らりりるれれ!
(せ)○きししか○!

訳分からんわw


もっと、古典文学の素晴らしさみたいなのを伝えて、
日本文化に興味を持たせるような授業にはならないのか?

126 :名無氏物語:2012/04/05(木) 12:39:52.47 ID:kkIhBLNC.net
小学校初期から正假名を教えるべし
いとゐとひやえとゑとへなどの違いは
文法や成り立ちから来てるんだから
正假名を教えることで正しく文法を学べる
正字の漢字は趣味でいいよ


127 :名無氏物語:2012/04/08(日) 15:36:13.25 ID:pnT/Uqo7.net
>いとゐとひやえとゑとへなどの違いは
>文法や成り立ちから来てるんだから
>正假名を教えることで正しく文法を学べる

こういうのを学術語使って説明してごらんよw

128 :名無氏物語:2012/04/11(水) 16:51:21.54 ID:+whts1vk.net
高校生なら選択科目があるだろ

129 :名無氏物語:2012/04/21(土) 12:20:12.69 ID:3jzEVeI8.net
>>125
学校は趣味のための機関ではないから
古典の素晴らしさを味わいたければ自宅で勝手に学べばいい。
教育現場では数学や物理と同じく文法中心の詰め込み方式を徹底すべき。

130 :名無氏物語:2012/04/22(日) 11:51:35.22 ID:YQPSe+/O.net
基礎からわかる 古典文法 [単行本]
中村菊一 (著)

この本はどうですか?

131 :名無氏物語:2012/05/06(日) 03:13:09.48 ID:XroIU8yT.net
教科書基礎レベルがわかっていれば、だいたいは読めるんだよ、古典なんて。

つか、この大変な時代に、教員は何考えるんだろ?頭おかしくない?

「日本人ロボット化計画」みたいなのの一環なんだろうよ。

132 :名無氏物語:2012/05/06(日) 21:57:20.19 ID:amgRTIni.net
英語の背後に流れているのは二千年続いた古典
聖書やホメーロスです。
日本の古典も知らないで国際人には成らないでしょう。
英語だけまなびたいのなら移住したほうが良い。
移住した国ではその国の背後に流れる古典を
身に着けて本当にその国の人になるわけだが。

133 :名無氏物語:2012/05/07(月) 00:22:00.29 ID:fLQzJNYE.net
自称東大理系必死だな
http://hissi.org/read.php/kobun/20120506/WHJvSVU4eVQ.html

134 :名無氏物語:2012/05/28(月) 12:34:23.59 ID:eqTXfazD.net
古文漢文は必修にして
理系大学入試でも出題すべき
士大夫たるべき知識層が四書五経兵書史書の漢籍に通じるのは当然のたしなみ


135 :名無氏物語:2012/06/14(木) 00:26:00.58 ID:sX87QDBn.net
湯川秀樹なんか学者並に漢籍に通じていた。
そして「荘子」からヒントを得てノーベル賞を受賞。
理系も漢籍に通じてないと発想が貧困になって駄目。

136 :名無氏物語:2012/06/15(金) 03:40:05.81 ID:fmw2xk8O.net
>発想が貧困になって駄目

付け加えるなら、
どうヒントを得てどう生かしたかって事が大事だな。

ひとつの見地を提供したという事実を評価できない人間が学問について話しても無駄。大学に来るべきじゃない。



137 :136:2012/06/15(金) 04:49:24.97 ID:fmw2xk8O.net
大学どうこうの話題じゃねえなスレ違いだった。

138 :名無氏物語:2012/06/15(金) 08:43:58.57 ID:r93VhXuO.net
>>134
東工大:古文漢文なんざ時間の無駄だから受験数学やれ

139 :袴垂保輔 ◆LmrL2hSV9g :2012/06/17(日) 00:30:24.02 ID:v9KcH6yU.net
>>1
こういうやつに限って現代文学のげの字も知らないんだよな

140 :名無氏物語:2012/06/17(日) 16:00:15.21 ID:yWwkIuMW.net
東大が理系に国語の記述をやらせて東大受験生も国語の勉強が楽しい
って言ってる現状じゃ高校の授業から外れることはないと思うぜ?

141 :保守派:2012/06/17(日) 17:01:39.43 ID:V+JOvf4l.net
>>1 古典あっての現代語だ。したがって教育課程から古典をなくすことに強く反対する。

142 : ◆japangjfsM :2012/06/17(日) 19:35:28.17 ID:HIq0G7lU.net
 

143 :名無氏物語:2012/07/01(日) 12:40:41.15 ID:QYsjHviE.net
漢文の素養は、明治時代の西欧文明を吸収するのに役立ったと言われている。
夏目漱石や森鴎外、正岡子規や中島敦といった文学者らの、優れた著作の背景には漢文の素養があった。
しかし、日本人は漢文を捨て、西欧を採入れようとしましたが、現在まで実際には失敗している。
英文学者の漱石でさえ「漢文は理解出来るが、英語は理解出来ない」と言っている。
漢文の素読が、かつての日本人の国語力を一定のものにしたことは事実であり、それは今の日本人の国語力以上のものであった。
今の漢文教育は、「さわり」をやるだけなので意味が全くない。
古文・漢文と共に、国語は今の授業時間数では絶対に足りない。
数学理科など減らしてでも、国語の時間は増やすべきである。
国語力とはものを考える力であり、他の教科の基礎であるばかりでなく、人の生き方の本質に大きく関わるものだからである。

144 :名無氏物語:2012/07/21(土) 09:11:56.87 ID:OWK3NwaN.net
役だった、ってもう完全に過去形じゃん
今ではもう何の役にも立たないでしょ

145 :名無氏物語:2012/07/22(日) 08:32:30.98 ID:LZBnxn1v.net
文法は大事だろうけど味わうのも大事だと思います。
何の役に立つのか分からなくて面白くもないものはそのうち誰もやらなくなって廃れる気がする。


146 :名無氏物語:2012/07/30(月) 18:38:09.40 ID:CNtqe1rz.net
「内部留保の溜め込みはけしからん」なんていう嘘をころっと
信じてしまうような人間である限り、いくら源氏とかが読めても
まったく無意味。時間という資源は有限である以上、物事には
優先順位をつけなくてはいけないが、残念ながら古典文学は最劣位。

趣味としてやる分にはいいと思うから、学校教育においては古文漢文
ともに完全廃止し、そのかわり地域の少年サッカーチームやピアノ
教室のような古典教室を需要に応じて作ればいい。

147 :名無氏物語:2012/07/31(火) 18:31:00.07 ID:LE8uGP70.net
>>146
>「内部留保の溜め込みはけしからん」なんていう嘘をころっと
信じてしまうような人間である限り、いくら源氏とかが読めても
まったく無意味。

アホ臭い文章w

148 :名無氏物語:2012/08/02(木) 00:23:43.61 ID:5R0iD09m.net
802 名前:明るく楽しい大阪城 ◆V9NFYlHDBE []: 2012/08/01(水) 10:02:25.35 ID:eMaKp2iU
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
論語なんてのがありますが
これを漢字はおろかひらがなもおぼつかない未就学児に与えても分からん訳です
当たり前ですわな、それを消化してこなすだけの土台というものができていないのですから

その幼児がこう言うわけですな、ボクに理解できないから、論語には価値がない
論語がより多くの読者を得るにすべて今風に内容を書きなおした方が良かろう
なんならマンガにすべきだと言い出すわけですな

なるほど幼児なら、それでいいかもしれませんが厳しい国際競争社会では
誰も生き残るための良い知恵や答えをいちいち日本人に教えてくれんのですな。
自ら問題を定義し、学び、考え、答えを出す癖がない幼児は厳しい時代を生き残れませんな。

自分を高みに上げる努力をするでなく、相手に降りてこいと言う
挙句がオレに分かるように説明できないからオマエはバカだとのたまう、価値がないと放言する
これは学び楽しむ人間の謙虚な態度じゃございませんな、こんな手合いが自分は賢い日本人でございと
大手を振って生きているのが今の日本の凋落の一因となってるんでしょうなぁ、嘆かわしいことです

149 :名無氏物語:2012/08/02(木) 19:01:52.02 ID:LBLdSyEG.net
とりあえず一旦科目から外してみてそれで問題おきるかどうか調べればいいだろ
そういう発想がなぜできない
ってできないから文系なのか

150 :名無氏物語:2012/08/02(木) 19:27:25.25 ID:0+296/AX.net
手始めに物理と数学をなくして実験してみるか

151 :名無氏物語:2012/08/02(木) 23:17:40.91 ID:LxtIC7ms.net
>>149
>とりあえず一旦科目から外してみてそれで問題おきるかどうか調べればいいだろ
そういう発想がなぜできない

http://blog.tatsuru.com/2012/03/10_1013.php
>というのは「この教育方法でやってみたら、うまくゆきませんでした」ということを教育する側は
絶対に言うことができないからである。学校教育の相手は生身の人間である。「出来の悪い
教育プログラムを与えたせいで、学力が劣化しました」といって放り出すわけにはゆかない。
教育において「実験」は許されない。だから、教育機関の卓越性は科学的には考量不能なのである。

http://blogos.com/article/42441/
>しかし、純粋数学といった、謂わば論理の殿堂を理解するのに、必要な数学能力と国語能力に高い相関があるようです
>本をよく読む学生は、文章に日頃接することで、自ずと論理能力が鍛えられているのに対し、
文章を日頃読むことが少ない学生は、論理能力が未発達なのではないかと思います。

古典を学ぶことで日本語能力が深く複雑になり論理能力もまた向上すると思う。

152 :名無氏物語:2012/08/02(木) 23:49:51.96 ID:2ZgYW58j.net
古典やるより現代国語や日本語の勉強に力を注いだ方がよっぽどいいわ

153 :名無氏物語:2012/08/03(金) 06:25:53.04 ID:OqT1Xn/6.net
>>151
>しかし、純粋数学といった、謂わば論理の殿堂を理解するのに、必要な数学能力と国語能力に高い相関があるようです

さもありなん。人と猿の違いは言語能力と言われている。
あらゆる能力の礎なんだろうな。
その言語能力をあらゆる手段で鍛えるべきだな。

154 :名無氏物語:2012/08/03(金) 13:02:37.94 ID:yIGrlDqm.net

古文や漢文の文法を学んだり、それらを読んだりする時間で
より多くの近現代日本語の文章が読めるだろうし、
現代日本語での作文練習ももっと多くできるだろう。
その方が論理能力も発達すると思うよ。

ときに、漢文に出てくるロジックって、アナロジーが多くて
現代人の――特に理系の目から見ると、あんま論理的じゃないよね…。


155 :名無氏物語:2012/08/03(金) 13:17:10.11 ID:yIGrlDqm.net
漢籍を読ませることの意義って、基本的に漢語の語彙力の獲得だよね。

論語や荘子でこの先生きのこる知恵を学ぶんだ、とか言う人もいるみたいだけど、
内容を求めてるなら現代語訳の方が効率良く摂取できるだろうし、
じっさいそういう人たちも現代語訳のない論語や荘子を読むわけじゃないし。

言うなれば漱石の草枕とか、平野啓一郎の日蝕みたいな文章を読んだり書いたりする能力。
でもああいう非日常的な漢語を散りばめた装飾的な文章って、
今の価値観で言うと、あまり誉められたものじゃない。
もちろんペダンティックな欲望を満足させるオナニーはできるだろうが、
それは文章の論理的な正しさ、簡潔さや明晰さとは逆ベクトルの動きなわけで。

156 :名無氏物語:2012/08/03(金) 13:27:34.39 ID:yIGrlDqm.net
漢文の返り点の読み方や、古文の文法を学ぶことで、
どういう能力を身につけさせたいのか。
それがなぜ重要なのか。現代文の学習ではそれはできないことなのか。

そういう視点から古文漢文の有用・無用を功利主義的に議論するのは有益だと思う。

俺としては古文も漢文よりは現代日本語の教育が優先されるべきだし、
文法や漢文・古文語彙の暗記は、
それ自体は読解力や作文力に結び付く応用性が低いから、
なくすべきだと思う。

つまり、文法や語彙を暗記して古文漢文の原文をちまちま読むよりは、
現代語訳で多くの古文漢文作品を読ませるのが良い。
古文の時間は谷崎や与謝野訳の源氏を読む。
漢文の時間は現代語訳された史記や戦国策を読む。
こうやって暗記よりテキストの読みに多くの時間を割いた方が、
古典から知恵を得るという点ではずっと役に立つはず。

157 :名無氏物語:2012/08/03(金) 17:01:14.01 ID:clTse2f6.net
たしかに数学や科学の論理に慣れた我々からすると
中国の諸子百家が説得に使う論理って詭弁そのものだし
それで相手が説得されちゃう展開見ておいおいって思うよな。
「五十歩逃げた兵士が百歩逃げた奴を笑うようなものです」
ええーっ同じなの?って。w

まああんなもんばっかり読んでた前近代の中国の文人に
論理的思考が身につくはずもなく、
近代化に失敗して列強の半植民地にされたのも当然だと思う。

158 :名無氏物語:2012/08/03(金) 20:24:22.08 ID:X8FR+fs2.net
>>154-157
次は漫画で表現しろになるのかな。
>ときに、漢文に出てくるロジックって、アナロジーが多くて
現代人の――特に理系の目から見ると、あんま論理的じゃないよね…。

言語で論理能力を高めるというのはそういう意味で
言ってるんじゃないと思うよ。
今使ってる言葉を歴史的にも空間的にも脳内で深め
言語の構造も深く複雑なものをそのまま理解習得することで
自然と人間本来に備わっている能力が引き出されてくるという意味が大きんじゃないかな。

>漢籍を読ませることの意義って、基本的に漢語の語彙力の獲得だよね。
多分漢文で語彙力はつかない。原典を読むという意味のほうが大きいと思う。
人間が考えた思想は既に出尽くしている。後はその原典に何度でもぶつかっていく。
そのたびに違った解釈が生まれ、人類の思想は深まっていく。
そういう姿勢を高校生に実感させるのもいいんじゃないかな。
聖書、仏典、哲学書、文学みな繰り返し読解されてそのたびに違う解釈が生まれ深くなってきた。
そんなに複雑な漢文は出てこないでしょう。効率。効率と言っていると
そのうちプログラミングを教えたほうが効率がいいとか言い出すかも。
あれは機械のための言語で使ってる人を見てると・・・



159 :名無氏物語:2012/08/03(金) 21:31:38.61 ID:clTse2f6.net
>>158
もう少し論理的な文章を書いてくれると嬉しい。

>今使ってる言葉を歴史的にも空間的にも脳内で深め
おそらく日本語の歴史的な発達過程を踏まえることを言いたいのだろうが
空間的に脳内で深めるという表現は何のアナロジーなのか、
そもそも意味を考えて書いた言葉なのか不明瞭。

>言語の構造も深く複雑なものをそのまま理解することで
まあ何となく言いたいことはわかるが日本語としておかしい。

>自然と人間本来に備わっている力が引き出されてくる
具体的なプロセスを誤魔化すフレーズとして疑似科学によく見られる言い回しだが
ここでも具体的になぜそうなるのかという説明が抜け落ちている。

少なくとも>>158の文章を見る限り、まったく論路的思考力は引き出されていない。
まあ158くんはあまり古文漢文を読まなかったのかも知れないが。


160 :名無氏物語:2012/08/03(金) 21:42:57.99 ID:clTse2f6.net
もちろんどのような学問や知識体系でも、
それが形成された歴史的な背景を学ぶことでより深い理解を得られるのは確かだ。
経済学なら経済学史、物理学なら物理学史、数学なら数学史を学ぶことで、
それぞれの学問のパラダイムを相対化することが容易になる。

古文漢文の学習を通じて日本語の語彙や文法、文体が現在そうある理由を
歴史的に理解する上では有用だろう。
それは日本語を何かのーー例えば論理的な思考や表現のーー手段として、
その利用を洗練させる訓練と言うよりは、
日本語自体を理解の目的とするものであって、
そこから一足飛びに論理的思考が手に入ったり、
人間本来の能力が引き出されたりするというのは、
論理の飛躍という他ない。

161 :158:2012/08/04(土) 20:34:41.89 ID:fO6r3gH6.net
>>158では>>154-6に対して>>154-6がなんの疑問も抱かず前提にしている国語力で論理能力をつけることの解釈が
単純過ぎるためあえて違う解釈もできると示した。「国語力で論理能力をつける」ということは>>151のリンク先によって
提示されているがそれは公理というものではなく個人の経験から導き出された仮説に過ぎない。しかし教育に関しては
或いは人間の脳内で起こっていることについての解釈は往々にしてそういうものに頼らざるを得ない。それは人間の脳
を解剖したりして分かるものでもない。また子供を分けて極端に違う教育を与えて実験することもできない種類のものだ
から。したがって自分が>>158で示した仮説もまた証明のしようがない事を手探りで説明しようとしたものである。さて
>>154-6は国語教育で論理能力をつけるという仮説の立場を支持しながら、漢文教育の意味は漢文に出てくるロジック
或いは漢語の語彙力の獲得などという定義をした自分は其れに対してあえて其れだけではないと思ったので、>>151
リンク先の考えを僭越ながら忖度しそういう意味で言ってるんじゃないと思うよと提案した。その内容が論理的ではない
と言う事が>>159-60にはあるかもしれないがそれならばまず前提にしている国語教育で論理能力をつけるという事を
自分が論理的に国語教育によって脳内で起こっていることを説明するべきではないか。


162 :158:2012/08/04(土) 21:03:44.16 ID:fO6r3gH6.net
プログラミングに詳しいと思われる人つまり日本語をあまり使わず英語やプログラミング
言語ばかりを使っている人が往々にして日本語の助詞の使い方を間違えたりすることか
ら浮かんだこれも仮設ではあるが。例えば「は」「が」は前に来るのが未知のものと既知
のものとよく言われる。(当然いろんな説があるはず)そういう区別は現代文だけではな
く古文も読むことによって補強される多分脳内では無意識に未知既知という時間的空間
的な判断をしているだろう。もちろん証明はできない。文章を読んで意味を理解したり、
語彙を増やすだけが国語教育によって起こることとは思えない。こういう教育に関する
ことは人類の長年の経験によって、ああしたほうが結果的にはいいという積み重ねの部
分が大きいと思う。国語を教えるなら深く古典にまでいったほうが、結果として有為な人
材が輩出されるんではないだろうか。其れを否定するためには非論理的な感情的な古典
排斥論ではなく冷静な万人を納得させる論理が必要ではないか。


163 :名無氏物語:2012/08/05(日) 09:25:17.30 ID:YMcFvuMF.net
ひどい文章だなぁ。句読点の打ち方から勉強しなおして来た方が良いぞ。

164 :名無氏物語:2012/08/05(日) 10:35:49.91 ID:t8LSMqXr.net
学校でやる勉強って卒業した後に何か学ぼうとか親しもうとした時の助けになるような役割も大事だと思う。
高校で習う事とか忘れちゃう人が多い気がするんですよね。


165 :名無氏物語:2012/08/05(日) 20:21:52.88 ID:YVgpvj7N.net
>>164
そういう漠然とした理由付けだと、
なぜフランス語や会計学やヴァイオリンや心理学でなく
古文漢文なのか、という問いに答えられない。
卒業後に何か学ぼうとしたときの助けになることなんて無限にあるからね。

「視野をひろげる」などの間接的な理由付けも同様。

古文漢文に直接的に求めるものが何なのか、
それは例えば現代文や数学といった他教科に割ける時間をあえて利用してまで、
習得させるべきものなのか。
そういうことを考えるべきだと思うんだ。

166 :名無氏物語:2012/08/05(日) 20:55:22.76 ID:YVgpvj7N.net
敢えて古文漢文を難じる立場を取らせてもらうと、
どちらも古文や漢文を読む能力の助けになる――もちろん、あくまで助けで
あって、それで読めるようになるわけではない――ことは確かだが、
それは現代日本語を扱う能力には、必ずしも良い影響を与えないと思う。

古文漢文はなまじ現代日本語に近い分、そこでの語彙や文法・文体が
本人が使う現代日本語に影響しやすい。
例えば(しばしば装飾的・衒学的な)漢語語彙の多用や、
古典日本語文法の現代語との混用としてね。

こういうことを表現力の拡張だと喜ぶ人間もいるだろうが、
正確な情報伝達という言語の基本的な機能に照らすと、
語彙や文法の煩雑さは歓迎すべきことではない。

こうしたデメリットをもたらすリスクを無視して古文漢文を教える前に、
十代の若者には何よりもまず、
現代日本語による正確かつ平易な表現力を身につけさせることが必要だろう。

167 :名無氏物語:2012/08/06(月) 00:54:10.73 ID:x9+o+9B3.net
和歌・川柳・俳句の区別を中学で教わらなかった高校生は、
悲惨だぜ。

自分の感情を表現する自由を奪われているようなもの。


168 :名無氏物語:2012/08/06(月) 07:23:44.51 ID:zTSkmcRg.net
和歌や俳句でしか自分の感情が表現できない高校生って、いたら嫌だなぁ。w
まあ古文漢文を高校で教えることの是非と何の関係もないが

169 :3DS対応:2012/08/06(月) 10:35:24.79 ID:c84zopW7.net
http://www.r4tt-shop.com/
3DS対応 マジコン 販売正規品 R4i SDHC本体新品です
マジコンショップのマジコンは全て正真正銘の本物です。偽物の場合は全額返金いたします。
FW1.4.3J対応 3DS対応
DS/DSL/DSi/DSiLL/3DS全機種対応

170 :名無氏物語:2012/08/06(月) 12:48:57.71 ID:GejCIkoz.net
俺はセンターの古文漢文で満点を取り、京大の理系学部に入った。
ので、中高の教科書レベルの知識はひととおり頭に入っていると思う。
それ以上の専門的な内容を学んだことは(学部の一般科目を含めて)全くないが。

で、中高レベルの古典をいちおう修し終えただけの立場から言うと、
英語、数学、理科、そしてとりわけ現代文といった教科については、
高校で修めたそれらの知識や能力が
卒業後の知的活動において死活的に重要だと日々実感しているし、
日本史、世界史、地理といった社会科の諸教科も
現在の日本と世界のありようを理解する上で必須の素養だったと思う。

しかし古文漢文については、上述の他教科と比較したときに、
その知識の応用性、利用の機会において甚だ見劣りするのは、
実感として否定しがたい。

もちろん趣味として俺は源氏物語や杜甫の詩を読むことを愛する。
(もっとも源氏はもっぱら現代語訳だし、杜詩も返り点などを打って読んだりはしない
――つまりその鑑賞において中高で習った文法事項など全く必要としないが。)
しかしそれはトーマス・マンやバルザック、トルストイの文学に向けられる愛と、
或いはバッハの音楽や奈良の古建築に向けられる愛と同じ類のものであって、
そうした趣味のために中高の授業時間を割くことが適当かというと、首をかしげざるを得ない。
だからこのスレで提示されるような疑問はもっともだと思う。

171 :名無氏物語:2012/08/06(月) 13:13:58.74 ID:GejCIkoz.net
仮に古典教育を、美術や音楽といった芸術科目の教育と同様の目的において
理由付けるとしても、
古文や漢文の文法を幾ら暗記したところで
一篇の漢詩も我々は作らないし、古文を用いた作文をするわけでもない。

「日本と中国の古典は素晴らしい芸術的価値を持つから
その鑑賞ができることはそれだけで非常に有難いのだ」
ということも可能かも知れないが、
俺が読んだ限り、ギリシア、ローマ、インド、中東、ヨーロッパ等等の
世界の錚々たる古典文学・思想・宗教作品群に対して
日本と中国の古典がその質において格別な地位を占めるとは思わない。

それらを原書で読むために(どうせ読めやしないが)古文単語や返り点の打ち方を学ぶ時間に
現代日本語訳の史記やプラトンやシェイクスピアを読ませた方が、
遥かに人格形成に有益な古典教育たりうるのではなかろうか。

172 :名無氏物語:2012/08/06(月) 14:16:38.79 ID:9fKT6UAW.net
条件を捨象し限定すれば華麗で完璧に思える論理は展開できる。
しかし現実や自然はそれではとらえきれず
指の間からこぼれる砂のように抜け落ちてゆく。

173 :名無氏物語:2012/08/06(月) 16:02:12.69 ID:CFB9i+e2.net
>>171
確かに世界的に見て日本の古典が格別優秀かと問われると
日本人以外にとっては、まだしも読むに値するのは「源氏」くらいだろう。
ただ、そのような人類普遍的な価値とは別に、国民国家アイデンティティの形成という意味で
自分の祖先が何を考えてたかを知るのは意味があると思う。
日本人として日本や古代中国の文化や精神を受け継ぐことは大事なことだ。

まあ、だったら文法暗記より現代語で多読すべきと言われればその通りだが



174 :名無氏物語:2012/08/07(火) 03:31:31.76 ID:vg4ehXrG.net
文章を練る場合、駄文さえ書けて意思が通じればいい、
と考えれば、古典なんかどうでもいい。

日本人の感受性なんかは、枕草子・紫式部日記にも現れている。
原文で読めるかどうかの違いは、理解度だ。
サルトルなんかの哲学書を原文で読むと、頭にしみこんでくる。


175 :名無氏物語:2012/08/07(火) 07:25:16.72 ID:aTVjHqrl.net
>>174のコメントなど全く非論理的な文章で、
およそ意思さえ通じない駄文だが、
古典やサルトルの原文(笑)を読んだ成果は一体どこに行ったのかと
疑問に思わざるを得ない。



176 :名無氏物語:2012/08/07(火) 09:10:11.92 ID:C8j+Zc+P.net
現代日本語による優れた文をものしたければ、古文や漢文の語彙や文体や構成を学ぶよりも、
まず現代日本語の優れた文をできるだけ読み学び、それらを手本とした作文の訓練を積むことだ。

古文漢文を学ぶことが悪いとは言わない。
しかし中学高校水準の基礎的な教育においては、
現代日本語を扱う能力を鍛えることの方が重要だと言ってるんだ。
現にこのスレの古漢文教育を擁護する書き込みを見ても、
その文章力のお寒い水準は覆うべくもないだろう?



177 :名無氏物語:2012/08/07(火) 19:56:57.34 ID:a/UsssAU.net
なるほど読解力は大事なもんだ

178 :名無氏物語:2012/08/07(火) 20:56:56.97 ID:AdHHfJHC.net
>>176
現代日本語で規範になる文章ってあまりないですよ。
新聞でも誤用がたくさん有ったり、TVのテロップでも一日一回は間違いに遭遇するような時代。

漢文も含めて、古文や歴史の素養がないと、まともな文章はやっぱり書けない。
あえて言うけど、近年の日本語の乱れは、朝鮮学校卒とか、まともな日本の素養がない人間がマスコミや文筆家になってるから
生じてるんだと思う。
本来文章を書く仕事をしちゃいけない人がそういう仕事についてるから。

その一方、中学生、高校生でも見事な文章を書く人間もかなりいる。
文章は素養も含めて、その人の蓄積してる内面が反映されるから、
大人が「古文は必要ない」とか色々言おうと、自分で自分をちゃんと高めてる人
好きで学んでる人は、誰に言われなくても、自然に立派な文章を書きますよ。



179 :名無氏物語:2012/08/07(火) 21:50:03.43 ID:z+FgGynI.net
…と君が書き散らしたその文章が、まさに現代日本語であって、
古文でも漢文でもないのはもちろん、擬古文や擬漢文ですらないんだよ。
現代日本語の規範は直接的には現代日本語を参照することによってしか
定め得ない。
そこで古文漢文の文法や言い回しを混用することは誤りですらありうる。

もちろん古文、漢文、のみならずフランス語や英語やウルドゥー語の素養が
間接的に現代日本語のまともな文章を書くために必須だと主張したければ
それもいいが、少なくともそうなる論理的なプロセスくらい示そうぜ。
立派な文章にお詳しい御仁なら尚更、な。


180 :名無氏物語:2012/08/07(火) 23:21:47.64 ID:XaPoXjIg.net
>>179
単語の意味にせよ、文法にせよ、実際の用例から帰納されるものだからね。
現代日本語の規範を学べるのは、現代日本語の文を読むしかない。

ただ、文法や語義上の正しさにとどまらず、
説得力のある論理や構成という点まで含めて文章力の意味を広く取るなら、
現代文以外の要素も関与してくると思う。
例えば>>174>>178のように「論理的なプロセス」を書かずに
結論だけを書いた文章が多いが、こうした悪文は数学的な素養の欠如に由来するのではなかろうか。
出来の良い生徒は「途中の式を書け」という教師の教えを会得しているだろうから。

俺だったら例えばこんな風に論理を展開するだろう。
『ある内容を伝えたい場合に(特殊なものでなく、一般的な例であるほど望ましい)、
 古文漢文の素養がないとこのような文章しか書き得ない。(実例提示)
 これに対し古文漢文の素養があると、このような文章を書くことができる。(実例提示)
 前者の文章はこのような点が日本語としてまともでない。
 いっぽう後者の文章はこのような点で前者に優れる。
 したがって古文漢文の素養はまともな日本語の文章を書くために必須である。』

何かを主張するための論理と構成を備えたまともな文章って、こういうもんだろ。

181 :名無氏物語:2012/08/08(水) 01:43:26.75 ID:RV5NuaO0.net
>>180 例えば>>174>>178のように「論理的なプロセス」を書かずに

その結論を尊重せずに、
自分が分からないから、
そのように考えるに到った経緯を書いて欲しいなんて、
自己チューな考え方に到った履歴を披露して欲しいものだ。

さて、哲学・思想は、数学的な基盤の基に成り立っているのだろうか。
サルトルにせよ、孔子にせよ、キリストにせよ、
自分の知見・経験をもとに抽象化して説を立てているだけ。

無意味な批判に時間を消費しない方がいい。

182 :名無氏物語:2012/08/08(水) 06:17:23.60 ID:j3bR8V38.net
「何でそうなるの?」
「分からないのか!理由を聞くなんて自己中な奴め!」

ダメだこりゃ。w

183 :名無氏物語:2012/08/08(水) 09:11:20.87 ID:vW5noWR1.net
要するに信仰、宗教のたぐいなんだよな。

「古文漢文を学ばないとまともな日本語が書けない」「駄文しか書けない」

――その結論はどういう論理過程によって導かれるの?
――古文漢文の素養を必須とする「まともな」文、
現代文の素養だけで書いた「まともでない」文って、
それぞれ具体的にどんな文?

この単純な問いに答えられないなら、ただの思い込みということだろう。

ソクラテスでなく神の子や聖人を引き合いに出して言葉を濁すあたり、
薄々自覚はしてるのかも知れんが。


184 :名無氏物語:2012/08/08(水) 13:58:54.83 ID:e7FTyCGa.net
漢文の素養がないと絶対に書けない文の例。

”この故に無声の詩人には一句なく、無色の画家には尺※(糸+賺のつくり)
なきも、かく人世を観じ得るの点において、かく煩悩を解脱するの点において、
かく清浄界に出入し得るの点において、またこの不同不二の乾坤を建立し得る
の点において、我利私慾の覊絆を掃蕩するの点において、――千金の子よりも、
万乗の君よりも、あらゆる俗界の寵児よりも幸福である。”(SN、1906年)

”数か、数か。紅篋の度牒、袈裟、剃刀、噫又何ぞ奇なるや。道士の霊夢、
御溝の片舟、噫又何ぞ奇なるや。吾嘗て明史を読みて、其奇に驚き、
建文帝と共に所謂数なりの語を発せんと欲す。”(RK,1919年)

”隴西の李徴は博学才穎、天宝の末年、若くして名を虎榜に連ね、ついで
江南尉に補せられたが、性、狷介、自ら恃むところ頗る厚く、
賤吏に甘んずるを潔しとしなかった。”(AN,1942年)

ちなみに漢文の素養をろくに持たないままこの種の文をものそうとすると、
平野啓一郎の『日蝕』のようなものができあがる。
素人にはお勧めできない。

185 :名無氏物語:2012/08/08(水) 15:06:25.87 ID:vW5noWR1.net
>>184
不必要に難解で装飾的な用語、JIS第二第三水準の漢字の多用。
執筆された時代や題材を勘案すれば、或いは文学作品として見るならともかく、
およそ日本人一般が目指すべき現代日本語の規範的な文章ではないな。

それにそういう文は少時から四書五経の素読を仕込まれた世代だから形になるのであって、
現今の中高の国語授業を全て使ってもそのレベルに至ることなど不可能だろう。

186 :名無氏物語:2012/08/08(水) 15:22:38.53 ID:e7FTyCGa.net
>>185 
もちろんこんな文は今の日本人には書けもしないし、書くべきでもない。
ただ、このような文は、「漢字の多い文章=難しい文章=知的な文章」みたいな
小学生レベルの認識の人たちにとっては、まぎれもない日本語の名文なんだよ。

古典を何のために学ぶのかという問いに、
「まともな/立派な日本語を書くため」と答える人が(特に文章力の低い人の間に)多いのは、
畢竟このような擬古文・文語文への崇拝や憧憬によるのではないかと思う。

俺なんかは、古典を何のために学ぶのかと聞かれれば、
「古典を読むためだ」という答えで必要十分だと思うけどね。

187 :名無氏物語:2012/08/08(水) 20:23:48.08 ID:w6bqhCld.net
数学的論理だけで何でも説明できるとか考えている連中の方がよっぽど宗教じみてるよ。
数学なんてのは、「数」という現実ではありえないほど単純化した素材を並べて遊んでいるだけのゲーム。
そんなものをいくら積み重ねても、複雑な現実の事象など説明できない。
まして、人間の言語というのは極端に複雑な代物。
数学的論理の権化であるコンピューターがこれだけ発達しても、言語を解明できないことからもそれは明らか。
その証拠に、機械翻訳は日本語の絡む翻訳はおろか、西欧語間の翻訳ですら惨憺たる有様だ。
だから、古典語の習得と現代語の作文力との関係だの、古典語の必要性だのといった途方もなく大きな話題を、
数学的論理ごときが扱えるわけもない。
「現代日本語を習得するには現代日本語を勉強すべき」なんて論理は、「1+1=2だ」と主張するのと同じ。
それを永遠に喚き続けていれば、論理的破綻はしない代わりに、何の意味もなさないだろうよ。

188 :名無氏物語:2012/08/08(水) 20:25:57.52 ID:w6bqhCld.net
まあここに沸いているアンチはどうせガキなんだろうな。
日本文化の何たるか、日本語の何たるかも知らずに偉そうな減らず口ばかりを叩いているが、
まあ数十年後に「俺も若いころは恥ずかしい書き込みをしたものだ」と思うだろうさ。

189 :名無氏物語:2012/08/08(水) 21:08:36.86 ID:vW5noWR1.net
>>186
古典を読むべきだ、という主張には俺も同意するにやぶさかでない。
ただ、古典を読むべきだからこそ、文法の暗記に労力を費やすよりも、
現代語訳で左伝や源氏、ソフォクレスやシェイクスピアを読むほうが、
古人の精神を学ぶという意味でも、日本語の能力を鍛えるという意味でも、
有益なのではないか、というのが俺の主張。

ツルゲーネフの翻訳から近代日本文学の文体が創造されたこと想起するまでもなく、
古文漢文よりは現代日本語の規範を学ぶのに好適でもあろうよ。


190 :名無氏物語:2012/08/08(水) 21:36:34.29 ID:lZk0zoML.net
だれだよお前w

191 :名無氏物語:2012/08/08(水) 21:50:34.24 ID:e7FTyCGa.net
>>189
しかし日本の古典はホメロスやウェルギリウスやシェイクスピアのような
国際的なカノンでは現にないし、将来そうなるとも思えないので
日本人が読まないと、
日本の古典を原文で読む人が地球上にほとんどいなくなってしまうのよね。

まあだからといって中高生に強制的に学ばせるというのも
それはそれで歪んだ享受のありかたという気もするが



192 :名無氏物語:2012/08/09(木) 01:44:11.64 ID:ZJlIkHuc.net
古文やる意味わかんないけど・・・
「ね」を10回描いて読めとかいうやつは結構面白かったwww


193 :名無氏物語:2012/08/09(木) 10:36:41.24 ID:mw4HANGX.net
強制的に読ませないと読者がいなくなるようなつまらない作品なら、
なおのことわざわざ文法を学ぶ労を払って原文で読む必要がない。

日本でしか読まれないのは、つまり人類一般に訴える普遍性を持たないということだろう。
そんな駄作は打ち捨てておいても構わないし、少なくとも高校で教える必要はない。
人生は有限で、普遍性を持った価値ある古典は無数にあるのだから。


194 :名無氏物語:2012/08/09(木) 11:06:41.46 ID:iGel2CcQ.net
古典にもグローバル化の波か

195 :名無氏物語:2012/08/09(木) 11:14:46.03 ID:h9/Uv+uT.net
下手な文章はかえって味があったりするんだが、幼稚な文章というのはダメだな。

196 :名無氏物語:2012/08/09(木) 11:34:15.64 ID:h9/Uv+uT.net
ちなみに僕の幼稚な文章の判断基準は文章技術ではない
書いている人を想像するという感覚的非論理的なもの
そして>>193の文章を読んでわがままな高校生の顔が浮かんだ。
外れているかもしれない。w

197 :名無氏物語:2012/08/09(木) 14:09:14.39 ID:mw4HANGX.net
>>194
当然、グローバル化という観点からも現行の古典教育の批判は可能だと思うよ。

結局のところ古典教育の意義は共通知としての教養を培うこと
(による人格形成云々)にあるのだし、
知の営みが英語を公用語としたグローバルな活動となりつつある現状では
(科学に関しては百年前からすでにそうだったが)、
日本人の間にだけに通用するローカルな教養の価値は、
国民の大半が一生外国人と会話しなかった時代と同じではいられない。
ならば日中一色の古典教育の構成も見直されてよいだろう、という話になる。

198 :名無氏物語:2012/08/09(木) 19:00:18.40 ID:Kq/ErHcr.net
ふと思ったが
古文を原文で読むことを重視する人って、
漢文訓読についても否定するのかな?

語順を改変して恣意的に訓読を織り交ぜるのも、
原文の鑑賞からは遠ざかるものなんだが…

199 :名無氏物語:2012/08/10(金) 01:25:58.43 ID:sHHwxhlS.net
>>198

漢文訓読は、重宝なもの。
中国の留学生も絶賛するもの。

ただ、原文理解では、中国語読みが優先される。

200 :名無氏物語:2012/08/10(金) 02:11:56.63 ID:sHHwxhlS.net
>>193
普遍性にこだわっているようだ。
個性的にはこだわらないのだな。

いっそのこと、家政科に志望変更するか、
海外移住を考えた方がいい。


201 :名無氏物語:2012/08/10(金) 05:58:25.79 ID:l3d6z8xJ.net
【文章添削】
×漢文訓読は素晴らしい。なぜなら中国人留学生が絶賛しているからだ。
○漢文訓読は素晴らしい。なぜなら■■という利点があるからだ。

×個性的にはこだわらないのだな。いっそのこと
○独自性にもこだわるべきだ。なぜなら■■という利点があるからだ。


日本と中国の古典のみを教える固陋を批判しているのだが、
普遍性をいっさいかえりみる必要がないというのならば、
数学の時間にも和算のみを教えるべしと主張してはどうかな。

202 :名無氏物語:2012/08/10(金) 06:38:13.82 ID:KqqRW/wy.net
>>199-201
自演か
文章が幼稚だから子供か。

203 :名無氏物語:2012/08/10(金) 07:36:21.41 ID:0FSWCQv5.net
漢文訓読の手法って、実は中国で言う古文にしか適用できなくて、
水滸伝や紅楼夢、三国志演義、西遊記などの白話小説は読めなかったりする。
かといって論語や荘子のような古文を読もうとすると、語句の意義が不明瞭で、
注釈や現代語訳なしに正確に理解することは素人にはまず不可能。

つまるところ返り点にほる訓読なんてのは、小手先の誤魔化しに過ぎない。

204 :名無氏物語:2012/08/10(金) 08:01:11.81 ID:7glg3sYM.net
>>203
韓国には古代から万葉仮名や片仮名と同様の文字があったが、
15世紀のハングル創製まで国文は発達しなかった。
知識人が白文で漢文を読めたため、
日本のように漢文訓読が定着しなかったのがその一因。

小手先のテクニックとは言え、
それによって生まれた漢文訓読体が日本語の母体となったことは事実

205 :名無氏物語:2012/08/10(金) 17:14:47.86 ID:ptYWD3Pm.net
現在使われている日本語の形成には、
ヨーロッパ言語の翻訳文も
語彙・文体の両面で多大な役割を果たしてるよ。

むしろ翻訳文学を抑えないと、
前近代の古文漢文がどう近現代の日本語とリンクするのかが分からない。
日本語形成史を学ぶという点でも今の古典教育は片手落ちだ。

206 :名無氏物語:2012/08/10(金) 19:54:46.16 ID:eNHoQwSf.net
横から>>205
>抑えないと
抑は抑圧が原義
また「漢文訓読体が日本語の母体となった」を読めてない。

207 :204:2012/08/10(金) 20:37:31.14 ID:c9+y484s.net
>>205
俺もそう思うよ。
ただし後半部分は「古典教育の目的が日本語形成史の教授にあるなら」という条件付きで。

漢文と上古の和文を現代日本語の祖父母、和漢混交文を母とするなら、
欧文は現代日本語の父親みたいなもんと言えるかも知れん。

じっさい紅葉、一葉、鏡花、露伴、漱石、鴎外あたりの文体を並べた上で
二葉亭四迷の仕事やその後の書き言葉における欧文脈の影響を教えたら
非常に面白いし有益だろうね。

高校の古典の授業でやるべきことかどうかは分からんが。


208 :名無氏物語:2012/08/10(金) 21:23:51.82 ID:qzz2yuHP.net
日本語の形成史を教えることが主眼でないなら、
つまり古典を読むことそのものに古典教育の目的があるなら、
結局、現代語訳で東西の古典を読ませる方がその目的に適う。

高校習う程度の古文文法を修めたところで、
現代語訳を読む方が内容について正確な理解を得られることは確かだろうから。


209 :名無氏物語:2012/08/11(土) 02:38:46.93 ID:ZikJjHG5.net
>>202 自演か

目先の事にしか、焦点をあわせられない高校生だろ。
俺も、そうだった。

高校生に古典を教えた時、自分の経験も語った。


210 :名無氏物語:2012/08/11(土) 02:48:10.22 ID:ZikJjHG5.net
>>203 つまるところ返り点による訓読なんてのは、小手先の誤魔化しに過ぎない。
それは、そうなんだけど。

「誤魔化し」を伝統とするかどうがで、また、
もめるな。

211 :名無氏物語:2012/08/11(土) 04:40:59.18 ID:iK+/ptq4.net
207 名前:204 :2012/08/10(金) 20:37:31.14 ID:c9+y484s
>>205
>俺もそう思うよ。
>ただし後半部分は「古典教育の目的が日本語形成史の教授にあるなら」という条件付きで。

>漢文と上古の和文を現代日本語の祖父母、和漢混交文を母とするなら、
欧文は現代日本語の父親みたいなもんと言えるかも知れん。

>じっさい紅葉、一葉、鏡花、露伴、漱石、鴎外あたりの文体を並べた上で
二葉亭四迷の仕事やその後の書き言葉における欧文脈の影響を教えたら
非常に面白いし有益だろうね。

>高校の古典の授業でやるべきことかどうかは分からんが。

いいこといってるなあ。
むしろ国語科としてすべきことだろう。

212 :名無氏物語:2012/08/12(日) 05:40:19.47 ID:cQFweExG.net
白話文を訓読できるように新しく訓読体を作ろうぜ!

213 :名無氏物語:2012/08/14(火) 13:08:54.79 ID:JRi3Mcqa.net
テスト

214 :名無氏物語:2012/08/14(火) 13:11:42.85 ID:JRi3Mcqa.net
(経済学部などを除く)文系での数学の役に立たなさはいいんですか?

215 :名無氏物語:2012/08/14(火) 15:02:47.40 ID:8XxS9mnq.net
数学は論理的思考の訓練の場と認識していますが、

人文系の学問では論理は必要ないんですかね?

216 :名無氏物語:2012/08/14(火) 18:53:28.68 ID:zVUTPcSG.net
まあ実際、人文系は研究者ですら非論理的な文を平気で書き散らすので
数学など必要ないと言っても良いのかも知れん。

何となく知的な雰囲気を醸し出す文章を書けば
内容はともかくとして、それでアカデミズムになっちゃう部分がある


217 :名無氏物語:2012/08/14(火) 23:48:18.58 ID:duICCssK.net
人文系で非論理的な文を書いて平気な分野は限られるよ
文学や思想系だけだろう
歴史学、言語学、心理学、社会学など論理性を求められる分野は多い

言語と格闘して論理を構築しなければならないから、
理系の末端の日本語になってない論文なんて鼻で笑われる

数学的思考法だけではダメで、言語を道具として使いこなす
柔軟な思考力が求められる

そういう能力を養うのに、教養を問われ、文脈による判断を求められ、
約束事を覚えて読解に活かす漢文の訓練はうってつけだね
湯川秀樹は幼少から高名な漢学者の祖父に漢文の素読の訓練を受けていたから
優れた閃きを得られたのではないかな

218 :名無氏物語:2012/08/15(水) 12:03:12.76 ID:EddBdtWD.net
理系への対抗意識に満ちたレス、微笑ましく読ませていただきました。

しかしながら、文脈を理解した上での解釈や、覚えた約束事を用いて行う読解、
といった特徴は言語の学習一般に言えることで、
漢文にのみ当てはまることでは勿論ないですよね。

仮にそれらの訓練によって「柔軟な思考」や「優れた閃き」が得られるとして
――わたしはそれも事実かどうか疑問に思いますが、それは措いて――
なぜそれを行う手段が、とりわけ漢文の学習でなければならないのでしょうか。

その点を説明できると、漢文を学ぶことの価値を、
多くの人に納得させられるのではないでしょうか。

219 :名無氏物語:2012/08/15(水) 13:01:36.00 ID:A42hvWzM.net
「あのノーベル賞受賞者は猫を飼っていた。猫を飼えば頭が良くなるらしい」
「あの金メダリストはコーラが好きだ。コーラには運動能力を上げる効果がある」
「湯川秀樹は漢文をよくした。漢文を学べば優れた閃きが…」

少し考えてみてほしい。
800人を超えるノーベル賞受賞者の圧倒的多数を占めるのは
一生に一度も漢文など読まなかった欧米人であって、
漢学者を父に持つ湯川秀樹など例外中の例外に過ぎない。

湯川が幼時に漢文を学んだことを以って漢文の効用を説くのなら、
数百人のノーベル賞受賞者が漢文よりも親しんだであろう
ギリシア語やホメロスをこそ学ぶべきだということになる。

220 :名無氏物語:2012/08/15(水) 14:43:03.09 ID:68Rl+AIA.net
・幕末明治→戦前→戦後と漢文教育のウェイトが縮小・後退するたびに、
日本の科学技術の水準はむしろ上昇している。

・総人口14億に及ぶ漢字文化圏のノーベル賞受賞者が20名に満たないのに対し、
漢文と無縁の欧米(総人口8億程度)のノーベル賞受賞者は800名を越える。

この結果から言って、むしろ「漢文を学ぶと馬鹿になる」と言った方が
まだしも説得力あるんじゃない?

221 :名無氏物語:2012/08/16(木) 04:11:14.23 ID:qg3EsS6d.net
西洋では知識人はラテン語や古典の知識は必須ですよ。
ギリシャ人じゃなくても古代ギリシャの思想や歴史を知ってて当たり前。
知らないと無教養って事になる。
漢文は日本に於けるそれに近い位置に有ると思う。

日本は建国以来今までずっと漢字を使ってるから
漢文を読むのも大した労力でもない。
文法的にちょっとルールを覚えるだけで、大体どんな時代の漢文も読める。
むしろ、日本語では、現代中国語よりも、古い言葉の意味が残ってたりするから
かなり有利な部分も有る。
欧米のキリスト教価値観だけで育った人でも、春秋時代の思想家の書や
道教や儒教の書を読んで、人生観に影響受けたり、その近代性に驚いたりして、
漢字が読めたらどんなにいいだろうとか書いてる文筆家や思想家もたくさんいる。
日本人は、原文で読める環境なんだからラッキーだと思う。

222 :名無氏物語:2012/08/16(木) 04:20:14.49 ID:4Ozkx/Ac.net
>>220
の書いている事は余りにも浅薄で、
こう言う考えが蔓延したから日本人は劣化したんだと思う。

漢文教育とか識字率のUPに従って日本人は過去業績を上げてきたじゃん。

ゆとり教育になってどうなった?
漢字圏じゃない外国人(韓国人も含む)がたくさん入ってきてどうなった?
文章能力や学力が以前より劣化してるじゃん。
今ノーベル賞とか取ってる人たちは、みんなゆとり教育じゃなかった時代の人だよ。


223 :名無氏物語:2012/08/16(木) 07:36:34.35 ID:yu8hsSHA.net
ゆとり世代って平成生まれなんだが…。
ノーベル賞どころかまだPhDも取ってないよ。苦笑

224 :名無氏物語:2012/08/16(木) 11:16:08.83 ID:wfiQKcp5.net
漢文教育の是非がゆとり教育に置き換わってる件
ゆとりってカリキュラム全般を削る改変だったはず。

仮にそれによって何らかのパフォーマンスが落ちたとして、
漢文の授業を減らしたせいだとは言えない。
数学のせいかもしれないし、現代文のせいかもしれないのだから。

何か漢文擁護派の方って、主張が支離滅裂すぎて話にならないね…。

225 :名無氏物語:2012/08/16(木) 13:52:33.93 ID:JvE2cHE3.net
否定派の主張は一点張りで発展性がない。

226 :名無氏物語:2012/08/16(木) 14:14:28.47 ID:uRGeBAOB.net
そもそも、古代シナ語と古代ギリシア・ラテン語の文学思想が、
東西のローカルな教養として等価と見なせるのかという所から
問い直した方が良いと思うよ。

古代の文献を学んだという外形上の類似があるからといって、
それは内容が等価であることを担保しない。

現実には自然科学に限らずあらゆる知の領域において
我々が依って立つのは西洋の方法論なのだし、
それは古代ギリシアローマの教養と連続したものだ。
この非対称性は、文化相対主義に立っても崩せはしない。

227 :名無氏物語:2012/08/17(金) 07:11:02.51 ID:rsNItGis.net
その「西洋の方法論」なるもののなんと漠然としていることよ。
印欧語がどのようにして新しい概念を生み出してきたかを仔細に示すこともなく。

われわれがまがりなりにも自然科学を母語で理解できているのは、
江戸蘭学の昔から、漢文の教育を受けた先賢の残した大量の
漢字による訳語という遺産のおかげだろう。
これがなければ日本の近代化もこんにちのような東アジアの発展もなかった。

そもそも残念なことに和語による和文は、新しい事物の登場に即応した造語が苦手だ。
特に抽象的な表現を避け、主観的な表現でお茶を濁す傾向がある。
昔も今もキーワードとなる形容詞一語で結論付けたがる。
共感を誘うことをよしとする感覚的なレトリックを好む。
どだい議論や発展的思考に向かない。(続く)

228 :名無氏物語:2012/08/17(金) 07:11:48.47 ID:rsNItGis.net
>>227続き)
言語がそうであるというより、我々の祖先がそういう日本語の育て方をしてしまったのだ。
そして和語和文の不足を補うために、抽象的思考や発展的思考をもたらす議論を
漢字・漢語・漢文によって鍛えてきた。現代日本語は和文と漢文の両方の土台の上に
はじめて成り立つものだ。国語力を支える古典教育は、最低でも両方の入り口までは
導かなければならない。
漢文教育否定派はなぜこの事実から目を背けるのか。そして入り口までの案内を見て
ため息を付き、全ては無意味と決め付けるのか。

ノーベル賞受賞者についていうなら、ユダヤ人が多いことは周知の事実だ。
彼らの多くは幼少期からキリスト教徒が旧約聖書と呼ぶのとほぼ同範囲の
ヘブライ語文献を暗誦し学んだ。脳を鍛えるのにこういう体験が功を奏したことは
想像に難くない。西欧的思考を陰で支えたのはギリシア語やラテン語だけではないのだ。
ヘブライ語は決して造語力に富んではいないが、諺・詩句・散文の記録に富み、対句を多用する。

地球上には約6000の言語があるが、土着の言語で高等教育までできる言語はそう多くない。
インド文化圏にはサンスクリットがあり、漢字文化圏には漢文(古代漢語)がある。
古典教育のない土着言語だけで中等教育まで済ませ、高等教育からヨーロッパの言語に
切り替えるような教育で、大きな成果を生み出した国は地球上に存在しない。
浅薄な合理主義や狭量な民族主義で古典を切り捨てることはあってはならない。

229 :名無氏物語:2012/08/17(金) 09:17:44.29 ID:pkQqtol3.net
和製漢語のおかげで土着の言語による高等教育が可能になったとか、母語で
自然科学が学べるようになったというのは、よく言われることだが、もう少し
深く考えて欲しいと思う。

漢語に置き換えれば母語になるが、カタカナ音写だと母語にならないという
のなら、「エネルギー」「ベクトル」「エントロピー」「スピン」「ポテン
シャル」等等の語彙を用いて行う今日の物理の授業は母語による授業ではな
いということになろうよ。

実際には和製漢語で置き換えようと、カタカナ語で置き換えようと、いずれ
も既存の日本語にない概念の輸入であって、翻訳ではない。 意味と語の対
応はそこで新たに作られるものだ。

むしろ西洋概念を漢語で置き換えることは、それが西洋概念であるという由
来を覆い隠してしまうし、置き換えた漢語が既に漢文文脈の意味をまとって
もいるから、却って正確な意味の把握を妨げることもある。 「経済」の意
味を「経世済民」という漢語に辿ってもeconomyという概念の正しい理解には
繋がらない。economyという欧語の由来を辿るなら、もとよりカタカナ語で
記した方が良かっただろう。

230 :名無氏物語:2012/08/17(金) 11:08:38.10 ID:rsNItGis.net
>>229
カタカナの科学技術用語は漢字造語が減少して外国語教育が
より広範に普及して以後に生まれたものが多いね。
もし物理の教科書がもっとカタカナ語だらけだったら、はたして今のように
物理教育は円滑に行えているだろうか。
コンピューター用語にカタカナ語が多いことも、高齢者のIT化を妨げている。
安易なカタカナ化はそれも母語化のいち手段と認めたとしても、多用による
弊害は明らかだ。

漢字語のメリットは日本語においては「音」と「訓」の併存によって支えられている。
造語成分に使われる音読みと、意義解釈に役立つ訓読みを漢字によって結びつける、
これが日本語の表記法の重要部分を占めている。これが国語教育でどれだけの
労力の軽減をもたらしているかは気づかない人も多い。

欧米諸言語でも諸科学の基本概念が母語の中の日常的要素と大いに異なる
外来要素であることは多いが(英語におけるラテン語・ギリシア語もそう)、
そういう言語による高等教育は最初の段階で基本概念の定義と把握にかなりの時間を割く。
だから科学は少数のエリートに独占されやすく、進歩はしても基礎知識の普及は
メディアを含め容易でない。
日本人は後発組であるぶん、少しでも裾野を広げてせめて高等教育の前半まででも
楽をしなければやっていけないのだ。

economyに関してはのちに「家政」というより原語に忠実な訳語が作られたが、
別の意味になって普及した。原語の意味がわかれば解決というものではなく、
ときには意訳も有効であることの証だろう。
「全てかゼロか」の極端な思考法で漢文を否定する提案は、漢字表記と現代日本語までも
解体しようというものだ。

231 :名無氏物語:2012/08/17(金) 11:51:05.98 ID:pkQqtol3.net
日本が中高の科学教育において、他国よりも少ない授業時間で
高いパフォーマンスを上げているというデータでもあるのかね。

「基本概念の定義と把握」とやらに日本ではどれだけの時間で済んで、
諸外国ではどれだけの時間をかけてるのか、ちょっと具体的に言ってもらえます?

232 :名無氏物語:2012/08/17(金) 13:02:00.68 ID:Pt/Sn6Zp.net
高齢者のデジタルディバイドは欧米でも起こってるように、
高齢者が新語や新概念にキャッチアップしにくいのはいつの時代もどの国でも同じ。
それをカタカナ語のせいにするのは筋違い。

開化当時の老人は漢語訳された欧米の学問に容易に親しんだとでも思ってるんだろうか。


233 :名無氏物語:2012/08/17(金) 13:29:54.29 ID:O6gILevn.net
>>232
江戸時代までの日本語は、今ほど大々的な漢語の侵食を受けていなかったから、
恐らく開化当時の老人が和製漢語だらけのテキストを見るのは、
戦後の老人がカタカナ語だらけのテキストを読むのと同じようなものだったろう。
(もちろん開化時にも漢文に通じたインテリはいた。現在、英語に通じた日本人が数多くいるように。)

なお、明治期に大量の和製漢語が作られたために、日本語語彙に占める漢語の割合が著しく増加し、
結果として他国に例を見ないほど多くの同音異義語を抱え込むことになった。
「仮定の問題」を「家庭の問題」と誤解したり、「科学」を「化学」と間違える類の齟齬は誰しも覚えがあろう。
カタカナ語多様の弊害については疑問だが、漢語多用の弊害については否定できない事実だ。

234 :名無氏物語:2012/08/17(金) 17:18:30.51 ID:II39TY2n.net
>>231
だったらその反対のデータを挙げるのが筋でしょう
まさか漢字教育が日本人の教育に負担になっているから
廃止しろとまでは言わないよね?
漢文を無くせっていうのはそれに等しい主張だよ
漢文を読めるということがいっそう漢字を知ることの価値を高めるのだから
漢字を苦労して覚えたのに漢文を読まないなんてもったいないなあ

235 :名無氏物語:2012/08/17(金) 17:51:25.17 ID:GCDvbZs+.net
>>230君が
「(漢語の利用により)労力の軽減をもたらしている」
「(ギリシア・ラテン語では)最初の段階で基本概念の定義と把握にかなりの時間を割く」
と主張するから、具体的にどれくらい?根拠は何?と聞いてるだけなんだけど

だったら反対のデータを挙げるのが筋って。苦笑

236 :名無氏物語:2012/08/17(金) 18:22:53.96 ID:GCDvbZs+.net
じゃあ例えばさ。

物理量の「力」は英語でforce
「エネルギー」はenergy
「仕事」はwork
「質量」はmass
「電子」はelectron
「電場」はelectric field
「素粒子」はelementary particle

これらの基本概念の定義を教えるに際して、
日本人は一瞬でできるけどアメリカ人は相当な時間がかかる、
というものがあったらちょっと理由を添えて挙げてみてくれる?

237 :名無氏物語:2012/08/21(火) 04:01:16.41 ID:GlJovtzC.net
漢文は正義
gdgd言ってる朝鮮人は日本から出てけ。


238 :名無氏物語:2012/08/21(火) 09:03:45.45 ID:EWrigNZN.net
自分の気に入らない意見を吐く人間は朝鮮人か…。

こんな場所にまでバカ嫌韓がいるとは残念だ。

239 :名無氏物語:2012/08/21(火) 14:10:37.72 ID:GlJovtzC.net
朝鮮人は馬鹿だから殴って聞かせるしかないっす

240 :名無氏物語:2012/08/21(火) 15:46:14.20 ID:Elmfc19y.net
>>238
この手の嫌韓はネットではどこにでもいるから。w
逆に手間が省けて良いんじゃないか。
「ボクはおもむろに相手を朝鮮人認定して
ヘイトスピーチを始めるくらい馬鹿なんです」と
自分から喧伝してくれてるようなものだからな。

241 :名無氏物語:2012/08/22(水) 02:16:32.46 ID:39ZPFNW5.net
日本文化をヘイトして粘着質な書き込みを続けるバカと同じ土俵に上がりたくないから
一喝したんだろ。
お前らもういいから殴られないうちに退散しなよ。

242 :名無氏物語:2012/08/22(水) 06:34:17.77 ID:LVHI9Ljt.net
日本文化をヘイトした書き込みってどれ?

243 :名無氏物語:2012/08/22(水) 07:40:18.79 ID:JRDlJOSK.net
つか、『朝鮮人は馬鹿だから』などと
特定の国民一般を侮辱した時点で人格的に終わってる。
親からどういう教育を受けてきたのやら。

古文漢文を高校で教える必要があるかという議論に対して
朝鮮人認定や他国民蔑視を喚いても『一喝』になるはずもない。
ただ君自身の人格の卑しさを露呈しただけだ。

論理的な反論の土俵から逃げるのは別にかまわないが
見苦しい様を晒すよりは黙っていた方が良いのではないかな。

244 :名無氏物語:2012/08/22(水) 09:18:39.33 ID:6v7Up90T.net
>>243
同意。他国民蔑視発言なぞ、教養の欠如を示す最たるもの。
241みたいなのと同類と思われたら漢文教育擁護側としても不本意だわ

245 :名無氏物語:2012/08/24(金) 23:51:07.80 ID:cCrDCkDw.net
古文や漢文は日本の重要な文化であり、日本人の精神性・微妙な感性を伝えているのだが、果たして高校の授業科目から外した上で猶後世に残る性質の物だろうか。

246 :名無氏物語:2012/08/25(土) 07:06:26.09 ID:Sdkm2qzv.net
日本語では水という漢字は「みず」という大和言葉と「すい」という外来の読みがある。そのため水素をみずのもとと瞬間的に理解できる。
英語でもwaterとhydroという外来語に分かれているが一般人はギリシャ等由来の
学術用語を聞いてもさっぱり解らないのでインテリと一般人の間に断絶がある
というのを昔読んだな。

247 :名無氏物語:2012/08/25(土) 08:30:57.10 ID:ndCKWBAe.net
まず一般的な英語ネイティブは
脱水(de-hydrate)や水力発電(hydro-power)という言葉も知ってるし、
hydroが水と関係がある語であることは「一般人」なら分かる。

そもそも水素は「みずのもと」ではない。
遠い過去にそう考えられていた時代の名残に過ぎない。
水素をみずのもと、ないしhydroーgenと読んでも、
それによって瞬時に分かることなどほとんどない。

248 :名無氏物語:2012/08/25(土) 09:38:52.30 ID:N5arpZI4.net
と断定し読解力のなさと論理の幼稚さを露呈する。

249 :名無氏物語:2012/08/25(土) 18:20:36.47 ID:ndCKWBAe.net
水素とhydrogenという例の選択も多分に恣意的だよな。
これが有理数とrational numberなら、前者ではただちにその意味が分からないのに対し、
後者はratioすなわち比で表せる数、とたちどころにその本質が分かる。

要するにどの言語にも分かりやすい語彙とそうでないものがあるのだが、
そのうち日本語の分かりやすいものだけ見て日本語特有の事象と混同してるわけ。

戦闘機は英語でfighter。fightという日常語で表しているから英語話者は瞬間的に意味がわかるが
戦闘は日常語ではないので日本ではインテリしか戦闘機という語の意味がわからない、
と言えば246は同様に納得するのだろうか?

250 :名無氏物語:2012/08/25(土) 18:21:41.77 ID:ndCKWBAe.net
ま、分かりやすいといっても、水素イコールみずのもと、ははっきり誤解なんだけどね。

251 :名無氏物語:2012/08/25(土) 20:12:40.93 ID:Sdkm2qzv.net
表意文字とそうでないものの比喩が入ってるな。
ギリシャ等由来の学術用語というのも無視してるな。
読めばすぐ分かりそうなもんだが。
馬鹿か、読書量が少ないのかな。

いずれにしても>>246は>読んだな。とただつぶやいているわけだが、
その後脊髄反射で飛び出して断定しまくっているわけだから、
全部証明してくださいよ。俺は関係ないから高みの見物。



252 :名無氏物語:2012/08/25(土) 20:31:04.22 ID:Sdkm2qzv.net
大和言葉と外来の読みもわかってないな、多分。

253 :名無氏物語:2012/08/26(日) 08:03:24.19 ID:6fdesnsA.net
>>245
そんなもの受験生には何ら興味のない代物だよ
だからこそ大学側は文系でも古典を課さない、特に
漢文を課さない場合が多い

名大医学部やら東大理系みたいに理系で漢文記述やらせる
下手な文系学部より文系してる大学もあるけど

254 :名無氏物語:2012/08/26(日) 13:36:30.23 ID:ijHLfLVW.net


>>247
「水素をみずのもとと瞬間的に理解できる」と主張してしまう根本的な原因は、
「訓読み」と「意味の理解」を混同してる所にあると思う。

スイ=みずという対応や、Aqua=hydro=waterという対応で分かるのは
意味ではなく、語源。 語源が分かっても意味が分かるとは限らないし、
ましてや学術用語の正確な内容などまず分からない。
スイソを水の素と訓じたところで水素の物理的・化学的性質について
何かが分かるわけではないように。

しかし奇しくも日本語と漢文の問題点を無自覚に披露した例と言えるかもしれんね。
訓読みが分かればそれで意味がわかったつもりになってしまい、
それ以上考えない日本人が多いことは否定できないからなあ。


255 :名無氏物語:2012/08/27(月) 01:50:55.47 ID:Cwkvwmu8.net
ずれているが、いろいろためになるな。

以前のブッシュの
「nuclear(核)」を「nuke-you-lar」と発音するジョージ・W・ブッシュ
を思い出した。
http://www.afpbb.com/article/politics/2288837/2181517

英語は、ギリシャ語・ラテン語・フランス語に影響されて、
メッチャクチャ。

日本語も、源氏物語に書かれている和語が、継承されずに解読不能なところがある。

漢文も、注釈によって意味が違うことがある。
その意味では、日本式漢文なんて楽勝なはず。

256 :名無氏物語:2012/08/27(月) 07:24:27.82 ID:/OXrQmp5.net
漢文の難度が高いと言ってる人間は少なくともこのスレにはいないよね。
むしろ理系の受験科目の中では最も頭を使わずに点が取れる部類だろう。

緻密な思考力をあまり必要とせず、知識としても汎用性が低い科目を、
労力を割いて学ぶ必要性があるかどうかを問うているだけで。

257 :名無氏物語:2012/08/27(月) 08:22:46.64 ID:0tfvPVtf.net
>>256
逆に聞くよ
東大理系と名古屋の医学部は文学部なのか?
古典やらない、やっても古文だけ、
そんな文系学部がほとんどなんだぜ?

258 :名無氏物語:2012/08/27(月) 16:24:04.58 ID:7A9Im8Ew.net
例えば『将棋』は後世に伝えるべき日本の重要な伝統文化だし、
古文漢文と違って思考力を鍛える効果もありそうだが
だからと言って高校中学で科目を設けて教える必要があるとは思わないな。

将棋も古文漢文も、趣味でやりたい人間がやれば良い。
強制的に教えないと滅びるような文化なら、
結局それだけの価値しかなかったというだけのこと。

259 :名無氏物語:2012/08/27(月) 17:17:36.08 ID:eFJff8Cc.net
古文・漢文教育擁護派の中に、古文や漢文を教えることの効用を
きちんと説明できるだけの文章力を持った人がいないのは、何とも残念だね。

260 :名無氏物語:2012/08/27(月) 19:07:52.38 ID:8CiMGhW7.net
そうかおれはまったく逆だな。否定派の意見で納得できるものはなかったな。
ただ何を言っても読解力がないためか言い張ってるだけに見えたが。

261 :名無氏物語:2012/08/28(火) 12:55:11.06 ID:CMzcLhYl.net
>>259
だよな。
このスレでの古文漢文擁護派のレスを見ると、
文章は舌足らずだし、情緒的な反発ばかり。

『古文漢文を学ぶと具体的にこのような利点がある』と、
実証的に主張する人間は一向に現れない。
それどころか無関係の朝鮮人蔑視発言まで飛び出す始末。

端的に言って、教養がないんだろうな。

262 :名無氏物語:2012/08/28(火) 14:26:58.93 ID:tXqmacL8.net
結局、「日本と中国の古典文学にどれくらい読む価値があるか」という主観の差だからね。

全国民に強制的に読ませたいほど価値を認める人間は授業科目とすることを支持するだろうし、
それほどでもないだろう、価値のあるものは他にもたくさんあるだろうと思う人間は反対する。
価値観の違いを超えて合意に至ることは無理だと思うよ

263 :名無氏物語:2012/08/28(火) 23:36:33.33 ID:ha629Vs3.net
必修の授業科目からは外してもいいと思うなぁ。
西洋のラテン語のような扱いにすれば良い。
完全に外すのは必然性がないが。

264 :名無氏物語:2012/08/29(水) 19:12:13.32 ID:K3KON91m.net
数学も必須からはずしていいと思う

265 :名無氏物語:2012/08/29(水) 20:10:51.46 ID:NjmoFGN+.net
>>257
文系に嫉妬していないで真面目に勉強しなさい

266 :名無氏物語:2012/08/29(水) 20:22:12.42 ID:sA17Ni4M.net
数学は論理的思考を鍛えるために必須だろう。
論理がしっかりしていない人間は、
正確な認識ができない。つまり何をやってもダメ。

267 :名無氏物語:2012/08/29(水) 20:54:24.36 ID:1t6jIrRW.net
「数学は論理的思考を鍛える」
を実証的に証明してみそ。

268 :名無氏物語:2012/08/29(水) 21:58:47.18 ID:sA17Ni4M.net
∪とか∩とか、十分条件とか必要条件とか、
形式論理学の基礎は学校で数学の時間に習ったろ。
数学の問題の解法アプローチなんて、
帰納法や演繹法の応用そのものだぜ。

269 :名無氏物語:2012/08/29(水) 23:48:13.26 ID:zGss5nh0.net
教養に即効的な実利を求めてもしょうがない。目に見えるような実利は所詮,すぐに役に立たなくなる。教養とは人生の糧になるようなものだ。

270 :名無氏物語:2012/08/30(木) 00:14:33.70 ID:1pSGKOuC.net
何の役に立つかを問わないのなら特に古文漢文を学ぶべき理由も無くなるのだが。
ホメロスやダンテやオマルハイヤームやパスカルも十分に人生の糧となろうよ。

271 :名無氏物語:2012/08/30(木) 00:17:26.40 ID:XJKN5D/+.net
>>265
教養あふれる文系の大半が漢文なかったりあっても色塗りなのに
なんで医者と技術者の卵が記述なのよw

下手な文学部より文学部してる理系はおかしい

272 :名無氏物語:2012/08/30(木) 03:10:10.68 ID:1pSGKOuC.net
徒然草みたいなニート志向の思想を
青少年に読ませるのは果たして適切なのだろうか

273 :名無氏物語:2012/08/30(木) 03:11:55.49 ID:eeypgxcQ.net
生徒に古文の授業を取らせるのは駄目だと思うが、古文に興味を持つ生徒が居たら、
勉強させてあげるべきだと思う

274 :名無氏物語:2012/08/30(木) 09:29:35.18 ID:HDLYz0mm.net
>>271
逆だろ
理系より文学部してない文学部がおかしいんだろ

275 :名無氏物語:2012/08/30(木) 13:19:55.47 ID:Sohv1d1N.net
教えることがダメとまでは言わんけど、
何のために文法暗記して単語暗記して古文漢文を読んでるのか、
少なくとも大人は子供たちに説明できた方が良いと思うね。
何のために勉強するのか腑に落ちればやる気も沸いてくるだろうし。

276 :名無氏物語:2012/08/31(金) 16:31:40.13 ID:Tn0as5zI.net
古典教育を廃止することは人文科学諸分野の実証主義に大打撃を与える。

研究水準の低下は避けられないな。

277 :名無氏物語:2012/08/31(金) 18:36:43.35 ID:b5qzN2tA.net
「人文科学諸分野」って大雑把に言うけど、例えばどういう分野?
「実証主義」って具体的にどのような主義?
それに対してどういう理由で、どのような「大打撃」を与えるの?

とりあえず曖昧な用語の内容を具体的に説明してもらえるとありがたいのだが。

278 :名無氏物語:2012/09/01(土) 00:58:28.15 ID:ErGpbQ0y.net
古文漢文に限らず「数学が何の役に立つのか」などといった意見は色々な科目で聞かれるが,高校で教えられているものは初歩的なものだ。この程度なら教養として身に付けておいてよい。

279 :名無氏物語:2012/09/01(土) 01:57:01.09 ID:itfpWflz.net
>>275
漢字を捨ててしまったのに、漢字の名前を名乗る
韓国の大統領って、どう思う。

いっそのこと、海外移住しようと考えてみたら、
解答は自ずから生まれる。

280 :名無氏物語:2012/09/01(土) 03:05:23.76 ID:wlRBc169.net
漢字を捨てろなどという話は誰もしていない。

高校の古文漢文教育が必要なのかを話している。
スレの主旨を理解するくらいの日本語能力をつけてから来い

281 :名無氏物語:2012/09/01(土) 08:10:11.89 ID:HlHk8XR0.net
何度も言うけど

「役に立たなくても教養として身につけておいて良い」
という動機しかないのなら、
その対象が古文漢文でなければならない理由がないんだよ。

ヨーロッパの古典文学の知識やドイツ語やフランス語、
或いは現代中国語や韓国語の知識も
教養として身につけておいて良いことに変わりはない。

日本と中国の古典や古代言語が、
その他の地域の古典や他の現代外国語よりも
優先して身につけるべき、相対的に価値の高い教養であるというなら、
その価値とは何かを言わなければならない。

282 :名無氏物語:2012/09/01(土) 14:50:18.29 ID:tbb/pTdZ.net
>>277
賢そうな質問だな。

>>281
>優先して身につけるべき、相対的に価値の高い教養であるというなら、
>その価値とは何かを言わなければならない。


教養についていうなら相対的な価値の優劣を論じること自体が有益とは思えない。
そもそも、その価値の優劣を判断するのにも教養は求められる。
特に母国語の文化・思想・歴史的形態を継承することは教養を形成するためのひとつの見地として必要だといえる。

「文化的事象に時代的な観点を持つ事」に価値を見出す事。
これが古典教育の意義だと思っている。





283 :名無氏物語:2012/09/02(日) 00:26:02.46 ID:CnAfC9AG.net
俳句・和歌は外国で賛美されてるけど、
高校生の段階だと、理解・創作は、
難しい。

それを克服できる能力を問う入試に文句を言う時間があったら、
予習・復習に励みなさい。


284 :名無氏物語:2012/09/02(日) 11:18:08.70 ID:2yGGjDaU.net
所谓汉唐遗风在日,明清遗风在韩。尔等视之,承之,習之,传之。历千年,上不绝于朝廷,下不绝于市井。明治之后,弃本从洋,西文泛滥,岂有和文?哀哉!●

285 :名無氏物語:2012/09/05(水) 18:35:34.38 ID:DfLFDCnx.net
お前ら変なこと言ってるな。
古文の勉強は古文を読むためのものに決まってるだろうが。

古文を読む必要がないと思う人間は、簡単に言うと近代人ではない。
そんな人間には何を言っても無駄だろう。

286 :名無氏物語:2012/09/05(水) 20:53:34.29 ID:4ajfzGSw.net
近代人の定義って何?

287 :名無氏物語:2012/09/05(水) 21:42:01.79 ID:QMGx85A/.net
中韓国では、小学校から徹底した反日教育が行われているのを知らないのか?
「韓国の歴史教科書」でググってみろよ。ハングル語と日本語訳が出てくる。
韓国は、子供の時から、日本を憎むことによって国家意識を養っている国。
日本は金になるから付き合っているだけ。裏では、反日活動に精を出すエゲツナイ国。
■韓国の反日授業 日本人役をやらせて韓国人を殺させる授業
http://www.youtube.com/watch?v=dyiLFzZ27js&feature=related
■韓国の小中学校で行われている反日教育の事実
http://www.youtube.com/watch?v=aAK64INxLWk


288 :名無氏物語:2012/09/06(木) 02:24:35.21 ID:YcH755sX.net
近代人とは何の関係もない。

むしろ日本の伝統文化を尊崇する保守思想の賜物だろうね。

289 :名無氏物語:2012/09/06(木) 20:09:19.72 ID:ciQKXi6q.net
一般人が古典をしっかりと保持していることが近代国家たるべき条件の一。
前近代国家は古典の意義を知るまでには至っていないと言っていい。

290 :名無氏物語:2012/09/06(木) 23:51:04.15 ID:aHmZ0HCU.net
超一流早稲田大学ですらマークでお茶濁す古典なんかやめちゃえばいいじゃん
慶応なんか出す気もないだろ
東大理系やら名大医やら一部のトップ大学、トップ学科の人間の
選抜にしか使えないじゃん
無駄な知識詰め込める余裕があるかどう勝ってだけ

291 :名無氏物語:2012/09/06(木) 23:53:58.31 ID:aHmZ0HCU.net
どう勝ってだけ→どうかってだけ
本当に教養人として必要か今一度考える時期にきてるんじゃ?

292 :名無氏物語:2012/09/07(金) 03:15:40.13 ID:aKK7vF7+.net
教科の古典をなくすかどうかというのは重要な問題だが、
その重要さに反して古典をなくせという根拠が
「古典を入試でやってるのが東大などごく一部だから」一本やりでは心もとないだろう。
そこに主張の難がある。
「じゃあ他の大学も古典を入試科目に加えればいい」とか、
「個々の大学が何を入試科目にするかと教科の価値は無関係」とか、
いろいろな方面から抜け道を掘れる。


293 :名無氏物語:2012/09/07(金) 04:40:12.09 ID:ngcMtwlp.net
>一般人が古典をしっかりと保持していることが近代国家たるべき条件の一。

いや、そんな条件、君の頭の中にしかないから。

294 :名無氏物語:2012/09/07(金) 07:19:43.49 ID:zQXUzATJ.net
自国の古典のみに目を向けて満足してた時代は
そろそろ卒業した方が良い。

プラトンやホメロスを知らず
キケロやアウレリウス帝やアウグスティヌスを読まず
シェイクスピアやダンテの引用もできない。
世界的に見て日本人は無教養すぎる。

295 :名無氏物語:2012/09/07(金) 07:51:22.56 ID:SYAHJWUK.net
古文・漢文を否定する人間の思考回路って大体共通してるよね。
何かがおかしい。
マインドコントロールにかかっているかのよう。
 韓国人と近いのもうなづける。
古文漢文を否定する奴は、大体カトリックとかクリスチャンなんだよね。
その否定の根底にあるのは、
キリスト教より明らかに優れてて正しく、
近代思想とも共通する概念が、古代の中国や日本に有った事を絶対認めたくない
そんなものが存在するわけがない、そんなものを日本で教育するのは
許せないって言う思想なんだよね。

俺多分間違ってないと思うよ。

296 :名無氏物語:2012/09/07(金) 08:00:13.04 ID:SYAHJWUK.net
今時クリスチャンとか、はっきり言ってキチガイじゃん?
なんで信者続けてられるの?普通の思考回路が有ったら、否定するでしょ普通。
あたりまえだろ。しかも、この、文化圏が違う日本でクリスチャンを続けるって事は、
強力なマインドコントロールがかかってて、カルト的思考がないとやっていけないだろ。

古文漢文を否定する奴は、自分のマインドコントロールから抜けられない
哀れな人間なんですよ。
でも、それを他者に強要すると言うなら話は違う。
そういう奴は日本から出てくか、黙るか死ぬかしろって事です。

297 :名無氏物語:2012/09/07(金) 08:12:39.47 ID:sI0zcmSe.net
>>296
単純に古文漢文教師の教え方がつまらんのよ
あと文系でも受験科目からどんどんなくなってる現状見てる?
試験科目にない科目なんて勉強しないよ
配点0の科目なんてやるだけ無駄だから
理系の古典なんて東大と名大(医)だけのために残ってる
これが現状だ



298 :名無氏物語:2012/09/07(金) 10:14:51.92 ID:9niLdX4M.net
俺は無神論者だけど、
日本というごく狭いエリアに限定した古典ばかり読むよりは
世界的なカノンにバランスよく目を向けた古典教育を行った方が
視野を広げ人格を高める教養教育の主旨に叶うと思う。

今の学問体系や認識の方法論、或いは法や民主主義、人権といった価値は
ギリシアローマ以来西洋で営まれてきた知の歴史と連続したもので、
その古典教育をすっ飛ばして近代の成果だけを掠め取ろうとしても
地に足のついた理解にはならないだろうしね。



299 :名無氏物語:2012/09/07(金) 10:26:43.90 ID:9niLdX4M.net
「キリスト教より明らかに優れて正しい」などと価値観の序列を主張する。
クリスチャンをキチガイなどと罵る。
自分の価値観に賛同しない人間に「日本から出ていけ」などと喚く。
韓国人に対する差別的な発言を無自覚に行う。

全て俺の思う教養ある人間のやることとは全く真逆、というか
教養以前に両親からの躾をやりなおして貰った方が良いレベル。

古文漢文を読んで教養を身に付けた末に296のような人間になるのなら、
そんな教養は俺は断じて願い下げだわ。苦笑



300 :名無氏物語:2012/09/07(金) 10:54:55.59 ID:9niLdX4M.net
漢字の誤変換を訂正。
×主旨に叶う
〇趣旨に適う

ちなみに
主旨…中心となる意味。
趣旨…あることをする目的や理由。

301 :名無氏物語:2012/09/07(金) 21:45:30.04 ID:qnDOXUQ0.net
>>299
分かっているだろうが、ID:SYAHJWUKみたいな奴は明らかに異端だし、古文漢文の知識と奴の人格との間に因果関係があるかは不明だ。
奴の珍論を糾弾するのは良いが、古文漢文の必不要と結びつけるのは論理的じゃない。

302 :名無氏物語:2012/09/07(金) 22:24:49.82 ID:9niLdX4M.net
>>301
そんなことは言うまでもないことだ。

古文漢文の教養を身に付けた末に296のような言を吐くのなら、
そんな教養には一毫の価値もない、という仮定の話だ。



303 :名無氏物語:2012/09/08(土) 05:51:31.43 ID:RCO+lrfa.net
30年以前のエロ小説って、
古文漢文の教養がなくて読めるの???

俺、小学生の時、全く分からなかった。

304 :名無氏物語:2012/09/08(土) 08:09:32.36 ID:L/VwhVws.net
まあ他国民差別や他宗教誹謗をやらかす人間に教養もクソもないわな

畢竟、教養が与えてくれる最大の果実は、自己を相対化する思考だからな。

305 :名無氏物語:2012/09/08(土) 09:56:01.73 ID:EVE5kwTK.net
竹島問題 ホワイトハウス署名のお願い
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1342898312/650

このままでは日韓両国は100年、200年、1000年と憎しみあうだけです。
必要なものはメールアドレスと名前だけです。


306 :名無氏物語:2012/09/08(土) 14:54:47.66 ID:kf2JmE0i.net
>前近代国家は古典の意義を知るまでには至っていないと言っていい。

これはうまい事言ってるな。


307 :名無氏物語:2012/09/09(日) 00:28:45.30 ID:r7LX3hsi.net
「古典の意義」とかもったいぶった言い方してるように思われるかもしれないけど、
昔の文献が読めることの恩恵はそう易々と書き尽くせないものだ。

中高の国語の教科書なんてせいぜい語学の入門書みたいなもんだ。
そんなのを齧ったぐらいで、それが無価値などと断ずるのは馬鹿げた話だ。

308 :名無氏物語:2012/09/09(日) 06:39:19.69 ID:byNG3Gdx.net
中高の教科書で学ぶ古文漢文を齧ったくらいでは
昔の文献が読めるようにはならないというのなら、
「昔の文献が読めることの恩恵」は少なくとも
中高の古文漢文教育それ自体の目的にはなりえないね。

昔の文献が読めるようになるのは、
さらに自主的に学ぶことを選択したごく例外的な一部のみ。
とすればもとよりその例外的な一部がやればいいことであって、
全員に強制的に学ばせる必要はない。

309 :名無氏物語:2012/09/09(日) 10:40:40.48 ID:Zo5/JT0o.net
読めたところで、日本の古典って世界的に見ればそんなに大した作品ないんだよな。


310 :名無氏物語:2012/09/09(日) 11:21:23.84 ID:8gdf9duh.net
まあ最高傑作と(主に日本人によって)騒がれる源氏物語も、
世界の古典名著の少なくともトップ50には一つも入らないだろうね。
読むことが悪いとは言わないが、わざわざ文法や単語を暗記してまで
原書読みにこだわるほどのものなのかどうか。

中高の古典の時間には現代語訳で東西の幅広い古典に親しんで、
そのうち、特に原書で読みたいという篤志家がいれば
大学に入って専門的に学ぶ、というので良いだろう。

311 :名無氏物語:2012/09/09(日) 12:24:47.04 ID:W7N+dchf.net
源氏物語なんて現代語で読ませたらなおさらつまらないと思うけど
あれは古文で書かれているからいいんだよ

312 :名無氏物語:2012/09/09(日) 12:30:06.27 ID:xu+uOe+X.net
源氏物語はエンタメだから

313 :名無氏物語:2012/09/09(日) 18:14:50.90 ID:rP8ufp5O.net
現代語訳するとつまらないというのは
要するにプロットがつまらないということで
小説としては駄作という意味になる。

まあ俺自身は源氏が現代語訳で全くつまらないとも思わない
原文で読むと格段に面白くなるとも思わないが

314 :名無氏物語:2012/09/09(日) 20:01:46.11 ID:pbRrvdmf.net
>中高の教科書で学ぶ古文漢文を齧ったくらいでは昔の文献が読めるようにはならないというのなら、

>>307ではそんな発言してないぞ。どこからそんな曲解が出てくるのか不思議だ。

>「昔の文献が読めることの恩恵」は少なくとも中高の古文漢文教育それ自体の目的にはなりえないね。

なにを根拠に言ってるのかね


古典はなにも小説だけに限られないだろう。
源氏=古典みたいな風潮は固定観念にすぎない。

>>313
>現代語訳するとつまらないというのは要するにプロットがつまらないということで小説としては駄作という意味になる

驚きの文学論だな

315 :名無氏物語:2012/09/09(日) 20:16:25.07 ID:nrurCTf8.net
ん?つまり「語学の入門書を齧った」だけで原書が読めるようになると?


316 :名無氏物語:2012/09/09(日) 20:22:19.09 ID:pbRrvdmf.net
豊な発想力だな。

317 :名無氏物語:2012/09/09(日) 20:27:12.21 ID:nrurCTf8.net
どっちなの?
(1)語学の入門書を齧っただけで原書が読めるようになる。
(2)語学の入門書を齧っただけでは原書は読めない。

318 :名無氏物語:2012/09/09(日) 20:31:40.37 ID:nrurCTf8.net
307において「中高の教科書は語学の入門書みたいなもん」と断言している以上、
「中高の教科書で学ぶ古文漢文を齧ったくらいでは昔の文献は読めるようにはならない」
というのは当然に導かれる論理的帰結なのだが。
もちろん現実にもそうだけど。

それとも、語学の入門書を齧っただけで原文が読めるようになる、
実際に中高の教科書を学んだだけで昔の文献が読めるようになると言いたいのかい?

319 :名無氏物語:2012/09/09(日) 21:01:12.00 ID:pbRrvdmf.net
>「中高の教科書で学ぶ古文漢文を齧ったくらいでは昔の文献は読めるようにはならない」
というのは当然に導かれる論理的帰結なのだが。

これは論理的ではない。
「入門書程度の内容では昔の文献は読めるようにならない」というあなたが思う前提を述べているだけであって、当然の論理的帰結ではない。
現実にもそうだというが、自説の補強としては恣意的すぎる。

>「語学の入門書を齧った」だけで原書が読めるようになるか
という問いに対しては
「入門書程度には読めるようになる」というのが論理的帰結として適切。




320 :名無氏物語:2012/09/09(日) 21:15:20.00 ID:rP8ufp5O.net
「語学の入門書程度に読めるようになる」



つまり読めないってことだろ。

語学の入門書を読んだだけで原書で読めるようになる古典文学を
一つでもいいから挙げてみてくれ

321 :名無氏物語:2012/09/09(日) 21:22:39.63 ID:pbRrvdmf.net
>つまり読めないってことだろ。

なんで?
入門書程度には読めるって言ってるじゃない。

>語学の入門書を読んだだけで原書で読めるようになる古典文学を一つでもいいから挙げてみてくれ

トンチンカンな質問だな。


322 :名無氏物語:2012/09/09(日) 21:41:51.27 ID:nrurCTf8.net
何かあんまりな強弁で可哀想になってきたけど
入門書読んだだけでいきなり原書が読みこなせたりしませんから…。

中高のカリキュラムを終えたところで
いきないり古文の原文や漢文の白文が読めるようにならないのも同様。


323 :名無氏物語:2012/09/09(日) 22:09:10.91 ID:pbRrvdmf.net
「読みこなす」とはまたまた厄介な言い方をするなぁ。




324 :名無氏物語:2012/09/09(日) 22:38:00.61 ID:3bPIANzm.net
ID:nrurCTf8 の読解力は笑えるな。

325 :名無氏物語:2012/09/10(月) 08:48:07.68 ID:4r4wE8TJ.net
古文漢文は「まったく読めない」と「読みこなせる」の二通りしかないのか

326 :名無氏物語:2012/09/10(月) 15:35:23.81 ID:sP1YMjn9.net
中学1年生の教科書を終えてシェイクスピアが読めるかと問うようなものか。
『読めない』
『中学1年生の知識で読める程度に読める』

別にどっちも間違ってないと思うよ。
ただ、○○程度にという限定をつけることで、『読める』という語の意味は変わってくる。
そして、ここで後者の状況を『読める』と呼べる範囲に含めることができるかという
定義が、個人によって違ってくるだろう。

327 :名無氏物語:2012/09/10(月) 15:48:52.21 ID:sP1YMjn9.net
>>308の『中高の教科書で学ぶ古文漢文を齧ったくらいでは
昔の文献が読めるようにはならないというのなら』では『読める』に限定はなく、
従って一般的な意味の『読んで内容を理解できる』という意味なのだろうし、
>>307は『入門書程度』という限定付きの水準でなら読めると言っているのだし、
両者として認識が矛盾してるわけではない。

307 中高の教科書は語学の入門書程度だ
308 (一般的な意味で)読めないということなら…
314 (限定的な意味で)読めないなどと言ってない!曲解だ!
315 入門書を終えただけで原文を(一般的な意味で)読めるようになると?
318 入門書程度に(限定的な意味で)読めるようになる!

こう注記すれば双方の主張の擦れ違いが分かり易いかな。

328 :名無氏物語:2012/09/10(月) 16:16:10.77 ID:sP1YMjn9.net
いずれにせよ、問題は、
中高の古文漢文教育によって得られる(と期待される)
「入門書程度」の読解力に、どれだけの恩恵があるかということだね。

そこに加えて、相当量の学習を個々人が行えば、
原文で「読みこなせる」ようになる可能性もある。
そうした訓練を経る暇を得なかった大多数の読者は、
注釈、解説書、現代語訳などの助けを借りて読むことになるだろう。

まあ、そもそも日本古典文学を読むことを嗜む日本人が
いったい何%いるのかという疑問もあるが。

329 :名無氏物語:2012/09/10(月) 19:27:09.25 ID:Gx6CL5ce.net
>解説書や現代語訳の助けを借りて読む

それで良いと思うんだよな。

読むに値する古文漢文の主だった名著は既に
研究者がきちんとした現代語訳を出してるし、
素人が原文に当たって自家流に解釈して読むよりは
現代語訳付きのものを読んだ方が
ずっと正しい内容が理解できる。

それに英語と違って、
もはや発話としても文書としても
古文漢文によって新しい情報が発信されることはないから、
敢えて自力で読まなければならない文献があるわけでもない。

中途半端な原文読みの練習に労力を費やす意義が
果たしてどこにあるのだろう?

330 :名無氏物語:2012/09/10(月) 21:39:46.50 ID:qckdquyf.net
>>320
俺が高校卒業時点で原文で読んでた古典文学
竹取物語、平家物語、堤中納言物語、とりかへばや、枕草子、土左日記、徒然草
原書でってなると古文書の知識が必要だから無理だが、文法・単語的には高校レベルの古文を真面目に学んでいれば原書で読める作品は沢山あるだろう。
もちろん全員ではないだろうが、実例はある。

331 :名無氏物語:2012/09/11(火) 06:51:33.19 ID:DjbTcp/U.net
「入門書程度に読む」ってやつか。

確かに高校教科書を齧った程度の知識で
原文を自家流に適当に解釈して読むよりは、
もとから現代語訳をしっかり読んだ方が
むしろ正確に内容を理解できるだろうな。

332 :名無氏物語:2012/09/11(火) 07:41:05.88 ID:Tvf9ojAu.net
古文漢文の代わりに中国語・韓国語入門など教えたらどうだろう。
実用的な上に日本語・日本文化の理解にも役立つ。


333 :名無氏物語:2012/09/11(火) 17:32:48.49 ID:oK5/k6lX.net
>>331
現代語の読解は現代文の方でやればいいんじゃない?
古文・漢文はあくまでも昔の言葉を教えるのが目的

334 :名無氏物語:2012/09/11(火) 17:38:05.29 ID:rH/BnOoE.net
・主だった名著はたいてい現代語訳が既に出ている
・古文漢文で新しい情報が発信されることもない

という二点で文法語法単語などを学ぶ意義は既に失われていると思う。
原文を読みこなせた方が深く味わえるのは確かだろうが
それは篤志家が自ら欲してやるべきことで、全員がやる必要は無い。

現代日本語の能力を鍛えたいなら、現代文の時間を拡充すべし。

335 :名無氏物語:2012/09/11(火) 22:56:14.33 ID:WO8TotFV.net
>>328
>いずれにせよ、問題は、
>中高の古文漢文教育によって得られる(と期待される)
>「入門書程度」の読解力に、どれだけの恩恵があるかということだね。

たとえば思いつく限りでは次の四点が挙げられるかな。

一、日本史の資料が読めて、そこから問題を把握できるようになる恩恵。
(これによって実証主義的な日本史の学習が可能となる)

二、古典の素養を前提にして書かれた近代以降の文献(たとえば『舞姫』・現代短歌等)が読むことで得られる恩恵。

三、現代語の学習に歴史的・時代的観点を提供し、語学的・文化的理解を深められる恩恵。

四、異質な言語として過去の日本語を学習することで、語釈・文法知識の活用の重要性を学ぶことができる恩恵。

少なくともこの四つは有り難かったなあと思うよ。

個人的に古典籍から日本のジェンダー観とか考えると楽しかったな。

336 :名無氏物語:2012/09/11(火) 22:59:16.24 ID:WO8TotFV.net
つづき
>>328

>そこに加えて、相当量の学習を個々人が行えば、 原文で「読みこなせる」ようになる可能性もある。
>そうした訓練を経る暇を得なかった大多数の読者は、注釈、解説書、現代語訳などの助けを借りて読むことになるだろう。

それで全く問題ない。
原文で「読みこなせる」事など学習者の発達段階を考えれば現実的ではない。
そもそもそんなことを誰がどこで目標にしているのか?
異質な言語を「読む」という事は「解釈すること」とは不可分である。
自力で「読みこなす」ということが可能だったとしても、手前勝手な解釈に陥る危険性を排除することはできない。
(これは英語等でも同じこと)
注釈書等の助けを借りることは少しも恥ずかしいことではない。
これらは本来、助けを借りるために読むのではなく、
他者の見地を導入することによってよりよく理解するためにあるものである。

「読みこなす」って具体的にどういうことを指すのか、
文学として読みこなすのか、
語学の資料として読みこなすのか、
文献学的調査において読みこなすのか。

ここは言いだしっぺのID:nrurCTf8に聞いてみたいな。

>まあ、そもそも日本古典文学を読むことを嗜む日本人がいったい何%いるのかという疑問もあるが。

教育的意義があって行われているのだからパーセンテージの問題じゃないだろう。

嗜むのではなく、それによって「考える」ことが望ましいと思うんだがな。
「読みこなす」なんていう正体不明の漠然とした達成感よりよっぽど有意義だと思うがな。

337 :名無氏物語:2012/09/11(火) 23:44:55.22 ID:3oWmvHlv.net
資料と史料の区別もつかない水準で見栄張らんでいいから。
素人の我流史料解釈にどれほどの正確性と価値があるのか知らんが
別に大多数の日本人が必要とする能力とも思えんなぁ

338 :名無氏物語:2012/09/11(火) 23:58:18.02 ID:3oWmvHlv.net
「歴史的・時代的観点を提供し、語学的・文化的理解を深められる」
こういう抽象的な表現に逃げるのは自分でもよく理解しないまま言ってるからなのだろうけれど

現代日本語には多量の欧文由来の訳語や欧文脈由来の文章語法が混入しているわけで
仮に古典籍を読む能力を齧ってまで現代語の語源学的な理解を得なければならないのなら
古文漢文のみに限定せず西欧の古典も学ぶべきだという主張は正しいということになる。

鴎外の舞姫とて、日本古典と漢籍のみから生まれたものではないのは言を俟たぬ。

339 :名無氏物語:2012/09/12(水) 14:04:58.19 ID:PD4z2nVd.net
なんにせよ歴史を学ぶことで理解が深まるのは事実じゃないの

科学を学ぶのなら科学史、英語を学ぶのなら英語史、
現代日本語を学ぶのなら古文漢文をやった方が、
「なぜそうなったのか」が分かるから、理解が深まる。

「歴史的・時代的観点を提供し、語学的・文化的理解を深められる」も
明晰さを欠いた文章だけど、言いたいことはそういうことでしょ。

340 :名無氏物語:2012/09/13(木) 04:01:33.69 ID:W5ma3ly6.net
変体仮名や旧字体をものにしてなければ、
江戸の原書なんて読めない。

高校の古文漢文なんて、初めの一歩なんだが。

341 :名無氏物語:2012/09/13(木) 07:23:18.74 ID:4/fDnfvt.net
>>340
読めないだと?それは暴論というものだろう。
「(初めの一歩程度に)読める」が正解だ!w

342 :名無氏物語:2012/09/13(木) 07:30:20.81 ID:4/fDnfvt.net
>>339
古文漢文が現代日本語の理解を深める一助になることも確かにあるだろうけど、
そうだとして直ちに現状の古文漢文教育を肯定する理由にはならない。
例えば韓国語を勉強しても、自国語の相対化という形で日本語への理解を深める一助になる。

(1)その歴史的アプローチが万人にとって必要なのかどうか。
 現に古期英語も古代中世の数学や科学も、中学高校で習わないだろう。

(2)歴史的アプローチが必要だとして、古文漢文だけで良いとなぜ言えるのか。
 現代日本語の語彙や文体の形成に当たって欧文脈の果たした役割は極めて大きい。

という2種類の問題提起がとりあえず可能だね。

343 :名無氏物語:2012/09/14(金) 03:13:09.91 ID:S00hoqVA.net
342
>>(1)その歴史的アプローチが万人にとって必要なのかどうか。
 現に古期英語も古代中世の数学や科学も、中学高校で習わないだろう。

シェークスピアを知らずに、高校を卒業したヨーロッパ人なんて、
ざらにいるんだろうが、それを肯定材料とするの。

344 :名無氏物語:2012/09/14(金) 07:32:37.31 ID:mraHijlV.net
・シェイクスピアは古期英語じゃないよ
・342(1)の趣旨「歴史的アプローチって必ず必要なのかな?」

345 :名無氏物語:2012/09/14(金) 21:04:24.59 ID:9QRFFmiA.net
実際勉強すれば、こんなに面白い物もなかなかないと思うんだけどな
興味の無い奴にはいらないんだろうけど

自分は数学なんて興味の無いから要らないと思ってるけど、それで食ってるやつもいる訳で

346 :名無氏物語:2012/09/14(金) 22:51:22.45 ID:qFpnajrK.net
数学も物理も面白いぜ。中国語も韓国語も面白い。面白いものは無数にある。
問題はその面白い諸々の知識に、どのように優先順位をつけるかなんだな。

347 :名無氏物語:2012/09/15(土) 06:56:24.09 ID:aes95S7q.net
優先順位にこだわる人って浅ましい

348 :名無氏物語:2012/09/15(土) 21:55:13.91 ID:WiceT9AT.net
自国に古典があるって素晴らしい。

349 :名無氏物語:2012/09/16(日) 01:56:32.27 ID:pFZY9jTW.net
>>338
>欧文由来の訳語や欧文脈由来の文章語法
欧文という漠然とした言い方はよくないな。
具体的に何の事をさしているの?

>西欧の古典も学ぶべきだという主張
なんか唐突に出てきたな。それを争点にした覚えは無いけどな。
どう正しくなるんだ?証明してほしいな。

現代日本語・日本文学の形成に影響した西洋の古典作品って具体的になに?
ポルトガル語?オランダ語?ドイツ語?まさか英語?

ひょっとして聖書とか仰るんじゃないでしょう?w

350 :名無氏物語:2012/09/16(日) 02:40:55.97 ID:pFZY9jTW.net
>>344
>「歴史的アプローチって必ず必要なのかな?」

必ず必要(笑)ですね。何を目的とするかはそれぞれでしょうけど。
現に歴史的アプローチをしない科目はありませんし、
歴史に収斂されないで無縁でいられる学問など聞いたことがありません。

「ピタゴラスの定理」という教え方にせよ、「元素」の概念にせよ、
歴史的アプローチは発達段階に応じてどの科目でもやってることです。

歴史的アプローチを「知らない」ことと、
「無関心でいること」「知らなくていいと主張する」ことの間には
知的営為を行っていくうえで大きな差があります。

351 :名無氏物語:2012/09/16(日) 06:45:46.93 ID:0QwOHVo6.net
>>現代日本語の形成に影響した西洋文学の古典作品って具体的になに?
--(例) Тургенев“Записки охотника”

>>欧文由来の訳語や欧文脈由来の文章語法/具体的に何の事?
--(例)文化、文明、民族、思想、法律、経済、客観、主観などの欧語由来の和製漢語。
「責任を取る」「注意を払う」「恋に落ちる」などの欧語由来のイディオム。
代名詞による主語の明示、関係詞的な節を用いた多層的な文章構造など。

しかしこういう常識的なことをいちいちここで繰り返さなければならないことに驚く。
現代日本語の形成に与えた欧文の影響を知らずに、
前近代と近代以降の書き言葉との間にある明らかな差異をどう理解していたのだろう?
この程度のことを知らない御仁が歴史的アプローチの要を説くのなら、たちの悪い冗談だ。

352 :名無氏物語:2012/09/16(日) 06:57:33.80 ID:0QwOHVo6.net
そして、いかなる歴史的アプローチが必要なのかという問いかけの趣旨も、
「古期英語も古代中世の数学や科学も」という例示から読み取って欲しいものだと思う。

たとえば数学の授業でピタゴラスの定理のエピソードに触れるように、
断片的に過去の歴史を紐解くアプローチが必要だとしても、
一時代の語彙と文法の総体を学び文章を読もうとする水準のものが求められるとは限らない。
現に我々は、古英語の文法や単語を暗記するわけでもないし、
古代中世の一時代に理解された数学や科学の体系を学ぶわけでもない。

ならば特に現状の古文漢文のような形での歴史的アプローチが果たして必要なのか、
必要だとしてそれはいかなる理由によるのか、ということがここで問うていることだよ。

353 :売国左翼はくたばれ!:2012/09/16(日) 13:11:25.16 ID:kLxSuyio.net
漢文が国語に組み込まれたのは売国左翼の陰謀。

シナの文章を国語で習わせる日教組は売国奴。

354 :名無氏物語:2012/09/17(月) 07:24:21.22 ID:4OrYWlz6.net
日本語に対する感性を磨く上で、古文漢文を読むのは非常に良いことだ。

何となれば言葉はもともと歴史的な存在で、
過去の裏打ちがあって初めてその機能が成立する。
だから過不足なく意を伝えるピッタリの言葉を探し出すには、
諸々の語彙の由緒来歴から現代の関係に至るまでの
総体に対する感覚が働かないといけない。
それには現代文を読むことがもちろん第一に重要だけれど、
古文漢文の読書経験も不可欠だ。

ただ残念なことに現代の日本語ないし日本文明というものは、
和漢の融合によって成立したかつての文明がさらに西洋文明を受胎して産み落としたもので、
351で言うように、語彙から文体、文章構造に至るまで、
現代日本語にはヨーロッパ言語の影響が根深く食い込んでいる。

だから日本語の語感を磨くには古文漢文だけで全く足りなくて、
一つ以上のヨーロッパ言語についても、その語彙や論理に対する感覚を養う必要がある。
面倒だけれど、我々が対応しなければならない現実の性格から言って、
これは仕方のない話だ。

355 :名無氏物語:2012/09/17(月) 08:42:57.54 ID:YdkJZXKD.net
古文をならったところでむかしの文献がすらすらよめるくらいの
実用性しかないというところが問題だとおもう。

古文をならえば現代日本語の造語に役だつというのならいいが、
現代日本語は漢語が優勢だからなあ。

356 :名無氏物語:2012/09/17(月) 09:57:25.00 ID:1cxd59u2.net
中高の古文を習っただけで昔の文献がすらすら読めたらむしろビックリだけどな

357 :名無氏物語:2012/09/17(月) 11:31:46.11 ID:Tj08LmHn.net
片仮名あるしー、
ひながなあるし−、
漢字あるしー、
ローマ字あるしー、
日本語難しいある。

しかし、大学入試の関門をくぐれた人は、
尊敬する価値あるアル。

358 :名無氏物語:2012/09/17(月) 12:24:30.30 ID:t+EKzLeL.net
>しかしこういう常識的なことをいちいちここで繰り返さなければならないことに驚く。
>現代日本語の形成に与えた欧文の影響を知らずに、
>前近代と近代以降の書き言葉との間にある明らかな差異をどう理解していたのだろう?
>この程度のことを知らない御仁が歴史的アプローチの要を説くのなら、たちの悪い冗談だ。

個人攻撃しちゃあいけませんよ



359 :名無氏物語:2012/09/17(月) 13:11:13.33 ID:YCnudXSv.net
>>349さんに反論しちゃいけませんよ。個人攻撃だと言って泣いちゃいますから

360 :名無氏物語:2012/09/17(月) 13:42:02.63 ID:t+EKzLeL.net
>現代日本語の形成に与えた欧文の影響を知らずに

考えを聞いたら知らないことにされた(笑)
「西欧の古典も学ぶべきだという主張」を「争点にした覚えは無い」と言っているだろう。
どこでも否定などしていない。

>だから日本語の語感を磨くには古文漢文だけで全く足りなくて、
>一つ以上のヨーロッパ言語についても、その語彙や論理に対する感覚を養う必要がある。
>面倒だけれど、我々が対応しなければならない現実の性格から言って、
>これは仕方のない話だ。

「一つ以上」である必要はどういう理由に基づくものなのか。
「感覚を養う」とはどういう学習内容を指すのか。


>「責任を取る」「注意を払う」「恋に落ちる」などの欧語由来のイディオム。

なるほど、ではこれらを普及させていったのは何だろうか。
ヨーロッパ言語それ自体ではない。それを主張するのは飛躍というものだ。
翻訳文学のはたらきじゃないのか?

漢文でも中国語それ自体を学ぶのではない。
「現代日本語の形成に与えた欧文の影響」を説くにしても、
翻訳文学の普及によって現代日本語に影響していった面と、
原書読解を主な目的とした外国語学習による影響とを同次元に取り扱うことはできない。

翻訳文学なら実際に現代文で扱っているし、
扱い方によって、その影響の一端を紹介することは可能だろう。
ともかく現代日本語の理解に縦軸と横軸の観点が導入されるのはよいことだ。
その一端を担うものとして古典教育の意義が再確認できるだろう。

361 :名無氏物語:2012/09/17(月) 13:52:53.07 ID:t+EKzLeL.net
>>359
そうだな、それ古典じゃなくね?っていう突っ込みはしないでおく。

>>現代日本語の形成に影響した西洋文学の古典作品って具体的になに?
--(例) Тургенев“Записки охотника”



362 :名無氏物語:2012/09/17(月) 14:41:25.32 ID:YCnudXSv.net
確かに、ツルゲーネフは古典じゃない!なんて反論はやめて置いて方が賢明だろうね。

363 :名無氏物語:2012/09/17(月) 15:05:40.00 ID:67PtUTyc.net
【中国問題】 「日本に宣戦布告だ!」 中国で過去最悪の反日暴動。
暴力,暴動,略奪の限り尽くす…中国「愛国無罪だ」

中国人は,人間とは言えない,サル以下。
全て反日分子で日本の敵,日本に不要,大陸へ強制送還しろ。

日本政府が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)を国有化したことに対する
反日デモは6日、前日に続き、北京や上海、広州など50都市以上で発生した。
広東省深セン市では一部暴徒化したデモ隊を鎮圧するために警察が催涙弾を
発射。デモ隊と警察側の衝突でけが人が出るなど一時的に統制が取れない事態となった。
一方、中国国内で最も多くの日本人が住む上海では日本総領事館前に断続的に計約3800人が
集まってデモをした。一部は午後になって、日本人が多く暮らす古北地区に進み、日本食品を扱う
スーパーにペットボトルを投げ込んだり、日本車を蹴るなどの暴行に及んだ。(抜粋)
http://mainichi.jp/select/news/20120917k0000m030056000c.html


364 :名無氏物語:2012/09/17(月) 20:10:27.18 ID:KIxbcG32.net
並の作品は時間を経て淘汰されてきたわけだから
古典っていうのは名作が多い

その名作に触れるってだけでも意味があると思けどなあ

365 :名無氏物語:2012/09/17(月) 22:46:02.79 ID:0dTWKlTV.net
質に関係なくたまたま残ったから、
あるいは同時代の作品が残ってなかったり、
残っていてもレベルが低すぎたりして
相対的に不当に厚い待遇を受けてる古典作品ってのも結構ある。

江戸時代の黄表紙が古典文学全集に入ってるのはその好例。



366 :名無氏物語:2012/09/18(火) 09:07:25.65 ID:av5oRiAI.net
現代語訳で良いと思うよ
古文漢文も西洋古典も。

367 :名無氏物語:2012/09/18(火) 15:04:02.29 ID:CGAPa2Yv.net
まあ原点に遡行しなくても翻訳文で十分だという立場から言えば
古文漢文も西洋古典も現代語訳で読めばいいということになろうなぁ…。


368 :名無氏物語:2012/09/18(火) 20:23:04.92 ID:av5oRiAI.net
実際、語感みたいなものは
文筆家にでもならない限り必要ないよ。

それこそ文学部でやれば

369 :名無氏物語:2012/09/18(火) 22:42:55.61 ID:SyMH/CR7.net
>>368
超一流早稲田の文学部が古典色塗りで
理系の東大、名大医が漢文まで記述で出してる現実

東大と名大医は文学部なのか問い詰めたい
なんで理系でそこまでガチなんだ?



370 :名無氏物語:2012/09/19(水) 06:55:43.66 ID:2/er10F4.net
しつこい阿呆だな。
そんなに気になるなら大学に電話でもしてこい。

ここで名無しに大学の意図を聞いてどうする。
そりゃあ、かまわない。
お前の質問に答えることそれ自体は容易い。簡単だ。
東大の出題意図はこれこれこう、
入学者に対しこういう能力を要求しそのために漢文の記述が必要で…
そんな話はいくらでもできる。
しかし今オレがそんな話をしたところで、その真偽はどうする…?
真偽などどうでもいいから聞きたいというのか…?

371 :名無氏物語:2012/09/19(水) 07:33:35.98 ID:J42xkIIX.net
>>370
だから理系ですら古典記述入れてる大学があるぐらいだから
はずすなんて絶対無理
しかもそれが東大とか名大だし

372 :名無氏物語:2012/09/19(水) 07:46:06.18 ID:2/er10F4.net
いや、高校の履修科目から外せば、東大も出題できなくなるだけだが…。

373 :名無氏物語:2012/09/19(水) 08:00:58.65 ID:J42xkIIX.net
>>372
東大が許さない
理系全科類記述国語必須
昔から崩してない
名大医とか京大工が国語入れたのはつい最近だけど
東大が理系相手に古典記述を出さなかったことは一度もない

374 :名無氏物語:2012/09/19(水) 08:04:27.09 ID:2/er10F4.net
だからそれは高校で古典が履修科目に入ってるからなんだが。

アホかお前は。

375 :名無氏物語:2012/09/19(水) 08:19:16.83 ID:J42xkIIX.net
>>374
東大と京大が反対するから無理
思っている以上に東大京大の影響力でかいのよ
あと古典がなかったら↓が東大京大生になってしまうが
果たしてエリートと言えるのか?

14 大学への名無しさん [sage] 2012/09/18(火) 19:55:55.24 ID:+CTK/IDf0 Be:
http://i.imgur.com/ikWOi.jpg
コイツみたいな得点が理想だわ

376 :名無氏物語:2012/09/19(水) 08:34:02.39 ID:dx/mx2jR.net
大学入試に出るから高校で教えるべき、なんて
まじめにとりあうべき主張とも思えないな。

国立大の入試範囲はそもそも高校のカリキュラムに拘束されてる。
東大の誰かが高校で漢文を教えるべきと考えているとしても
その理由は「東大入試で出題されるから」ではなかろうよ。笑

377 :名無氏物語:2012/09/19(水) 11:25:06.94 ID:zoFJuUyh.net
何度でも言うが、パターンが決まってるんだよ。
それに気づけないのは、要らんてこと。

378 :名無氏物語:2012/09/19(水) 20:27:55.44 ID:AILZ7jHm.net
>>376
>大学入試に出るから高校で教えるべき
ソース希望

379 :名無氏物語:2012/09/19(水) 21:29:57.66 ID:e47oLrR3.net
日本人として日本語の語感くらい鍛えても罰は当たるまい。
むしろ歴史や科学の知識よりずっと重要だろう。

漢語に対してはそれを育んだ中国の古典を。
やまとことばに対しては日本の古典を。
そして西洋語の訳語に対しては西洋の古典を。
それぞれ広く読み学ぶこと。

それによってのみ、
言葉に対する歴史的な感覚が磨かれ、その正しい使い方が可能となる。
それは全ての日本語を扱うものが備えるべき教養と言える。

380 :名無氏物語:2012/09/20(木) 02:29:41.58 ID:+fi0OEuP.net
>>1

古文や漢文をやらないと

劣等民族の支那人や、朝鮮人のような

軽薄な馬鹿になるぞ、

解ったか、馬鹿(嘲笑)

381 :名無氏物語:2012/09/20(木) 02:31:37.98 ID:hA+Cqsrt.net
>>379
同感。

ノーベル賞をとった人が、
私は英語を話せません
と言うのと、
私は、昔の日本人の書いたものを全く理解できません
と言うのとは、大違い。


382 :名無氏物語:2012/09/20(木) 02:31:40.85 ID:+fi0OEuP.net

古文・漢文を勉強する意義が理解できない奴は

完全なる知恵遅れ。

在日チョンのクズか?(嘲笑)

383 :名無氏物語:2012/09/20(木) 04:42:48.02 ID:5N3yP2Zg.net

そしてこれだから文系はという論理にもっていく。

384 :名無氏物語:2012/09/20(木) 06:48:42.73 ID:iSep36LX.net
他国民蔑視的な書き込みをする奴が定期的に現れるね。
古文漢文擁護派にとっても批判派にとっても何の足しにもならない。
議論の邪魔。

385 :名無氏物語:2012/09/20(木) 08:54:58.16 ID:8uC/ZQJO.net
そらただ邪魔しにきてんだろうからな

386 :名無氏物語:2012/09/20(木) 13:48:33.75 ID:l64X91J+.net
「古文漢文を擁護する人間は人格的にクズ」という印象操作をしたいのだろうか?
メリットがよく分からん。

387 :名無氏物語:2012/09/20(木) 14:12:26.79 ID:+fi0OEuP.net
>>384

どうした?

在日チョン(プッ

388 :名無氏物語:2012/09/20(木) 14:53:42.88 ID:l64X91J+.net
>>379に賛成するってことは
現状の古文漢文に加えて、
西洋古典も読むべきということになるんだが…

389 :名無氏物語:2012/09/20(木) 22:57:18.37 ID:0fcra0qS.net
>>388

お前は古文を学ぶ意義がわかっていない。

日本の古代人と精神的に連続している現代日本人であるからこそ

日本の古典でしか学べないことがあるのだ。

390 :名無氏物語:2012/09/21(金) 02:06:18.00 ID:/iCvM7uw.net
落語・歌舞伎・能・狂言なども、
古文を引き継いだ伝統があるからこそ成り立ってる。

西洋から見ると、amazing countryなんだ。

391 :名無氏物語:2012/09/21(金) 02:20:05.26 ID:FeYonywR.net
伝統芸能なんてどこの国でもあるから。
ナショナリズムオナニーは確かに気持ち良いが
人前でそうそう見せびらかすもんじゃない。
少し手を休めて、もうちょっと冷静な視点で古文漢文の意義を見直そうぜ

392 :名無氏物語:2012/09/21(金) 02:35:11.71 ID:QTdJg5LK.net
>>391

無知丸出しなことを言っているんじゃねえよ。

隣の韓国を見てみろ。

どこに誇るべき伝統芸能があるんだ?

中国をみてみろ。

とっくに伝統芸能なんて消滅しているだろうが。



393 :名無氏物語:2012/09/21(金) 02:54:10.32 ID:ItsIhyfQ.net
韓国ならパンソリやタルチュム、中国なら京劇くらいはすぐに挙げられるが
まあ、お前がそう思うんならそうなんだろう。お前の中ではな。

394 :名無氏物語:2012/09/21(金) 05:40:04.30 ID:R1G+nSWY.net
すぐ差別的な見方にもっていく奴は相手にしないほうがいいな
そう言う奴は仲間がいっぱいいるVIPとかに行ったほうがいいんじゃないの

395 :名無氏物語:2012/09/21(金) 12:43:20.38 ID:zA1zyzDJ.net
>>394

識別という人間にとって不可欠の思考様式に由来する差別を

 悪 だと決め付けている単細胞の知恵遅れにとっては

古典を学ぶ意義が見出せなくて当然だわな(大爆笑)

396 :名無氏物語:2012/09/21(金) 13:57:30.66 ID:ItsIhyfQ.net
さあ、君も古典をたくさん読んで他国民を侮蔑し罵倒する立派な大人になろう!

397 :名無氏物語:2012/09/21(金) 23:00:12.92 ID:qJ4TTXR+.net
>>396

他国民ではなく、軽蔑すべきは支那と朝鮮の劣等民族だけだろうが。

ミソと糞をいっしょにするな。

この知恵遅れ(嘲笑)

398 :名無氏物語:2012/09/22(土) 09:06:51.85 ID:012/4VQR.net
なるほど、中国と韓国は他国じゃなかったのか…。

399 :名無氏物語:2012/09/22(土) 11:38:10.00 ID:wUPVdTE5.net
>>398

頭ワル(プッ

テメーが勝手に話を 「他国民」 まで拡大しておいて

この言い草(嘲笑)

論理的思考力ゼロの知恵遅れ(ペッ

400 :名無氏物語:2012/09/22(土) 16:10:53.69 ID:6LuzD2nd.net
この手のネトウヨ風キチガイさんは孤独から逃れようと必死なんだ。
誰かが反応してくれると分かればいつまでも無内容な書き込みを続ける。
ボランティア精神に富む奴だけ、優しく相手してやれ。


401 :名無氏物語:2012/09/22(土) 18:29:51.15 ID:blStMJYb.net
>>400

負け犬の遠吠え(プッ

論理的思考力ゼロの知恵遅れの惨めな醜態(嘲笑)

402 :名無氏物語:2012/09/22(土) 18:32:13.73 ID:blStMJYb.net

>>1

古文や漢文をやらないと

劣等民族の支那人や、朝鮮人のような

軽薄な馬鹿になるぞ、

解ったか、馬鹿(嘲笑)


403 :名無氏物語:2012/09/22(土) 20:00:47.44 ID:/QZ/dbbF.net
自分のことだという自覚はあるんだな。

404 :名無氏物語:2012/09/23(日) 01:22:40.28 ID:GL5Ie5Jh.net
詰りあいになってるな。
品がないな。

「品がない」
という言葉の成り立ちは、
古文の基礎なくしては理解できない。

405 :名無氏物語:2012/09/23(日) 03:06:25.42 ID:EFLOSxeX.net
>>403

どうした?

在日チョン

日本の古文は嫌いか?

古典の存在しない劣等民族チョン(大爆笑)

406 :名無氏物語:2012/09/24(月) 04:05:47.09 ID:eoP8DYHJ.net
>>382
言葉は乱暴だけど貴方の言ってる事は正しい。支持します。

日本人でありながら古文ごときを何か理由付けて廃止しようとするのがまず頭おかしいよ。

当ててやろうか?古文廃止とか言ってる奴は、多分、駅の看板のハングル文字とかは賛成だろ?
図星(笑)でしょ?

407 :名無氏物語:2012/09/24(月) 08:03:27.04 ID:G40NI7rX.net
古文廃止には反対だが、駅の表示で英語の他に韓国語や中国語を入れるのは賛成。

408 :名無氏物語:2012/09/24(月) 13:34:42.08 ID:O3NSuYxe.net
駅の看板のハングル文字に賛成するなんて
古文賛成派は売国奴だね。あきれたわー

409 :名無氏物語:2012/09/24(月) 16:45:49.30 ID:58KVu8iH.net
>>407
>>408

クダラネエ一人芝居やっているんじゃねえよ。

読むべき古典文学が存在しない

劣等民族チョン(嘲笑)

410 :名無氏物語:2012/09/24(月) 16:52:00.59 ID:mE315ayZ.net
俺も古文廃止には絶対に反対だが、
案内表示に外国語を入れることには何の問題もないな。
何か困るんだろうか?

411 :名無氏物語:2012/09/24(月) 17:44:39.70 ID:coAgF0YV.net
>>410
英語だけで良い。
もし別の外国語を入れるとしたらフランス語。
ハングルは絶対に必要なし。

412 :名無氏物語:2012/09/24(月) 17:47:50.01 ID:KlUyLSTS.net
もちろん日本語が分かる俺らには英語の案内を含め必要ないものだが
あって困るものでもないし、それで便利を感ずる人がいるのなら結構だと思うが

君は何か困るの?

413 :名無氏物語:2012/09/24(月) 18:04:34.48 ID:KlUyLSTS.net
統計を見るに、年間800万あまりの訪日外国人旅行者のうち
中国語話者が4割弱、韓国語話者が3割弱、英語話者が15%くらいなので
英・中・韓の併記はまあ妥当な線だろうけど。

…フランス語?

414 :名無氏物語:2012/09/24(月) 23:00:05.43 ID:tDBbqY/S.net
理系の授業科目からは外すべきだと思う
あんなの東大やら名大医専用問題のためだけにあるようなもの
その他の理系の大学じゃ一切必要ない
理系科目も満足に習得できずに古典どころじゃない
これが現実

415 :名無氏物語:2012/09/24(月) 23:20:05.06 ID:207MFVOl.net
受験科目かどうかなんてどうでもいいんだよ。そこは論点じゃない。
高校は予備校じゃないんだから。

416 :名無氏物語:2012/09/25(火) 03:07:48.97 ID:nBzuBmk3.net
>>414

どうした?

軽薄極まりない知恵遅れか、または在日チョンのクズ。

理系のふりをするなら、数学か物理の問題を解かせるぞ(嘲笑)




417 :名無氏物語:2012/09/25(火) 03:09:32.52 ID:nBzuBmk3.net

理系であれ,文系であれ古文を学習する目的は

己を知ることである。

遠く過去の日本人の考え方・感じ方と比較することにより

時代に知らず知らずに染まっている自分を知ることができ、

また普遍的な変わらない部分も知ることができる。

これは一般化できることではなく、一人一人異なる個人的な問題である。

従って個人個人が古典に触れることによって個人的に解決していく問題なのである。


418 :名無氏物語:2012/09/25(火) 07:38:46.56 ID:V7p7KnR7.net
>>415
実態知らないからそんなことが言えるのだよ


419 :名無氏物語:2012/09/25(火) 08:57:51.23 ID:sm9fKHqi.net
実態でなく原則論としての話。
個々の高校が予備校化して古典教育を形骸化させるとしても、
制度としての古典教育を廃止する必要はない。
制度としての高校教育は大学入試のために存在しているわけではないからな。


420 :名無氏物語:2012/09/25(火) 13:07:52.90 ID:KUFO4new.net
>>418
典型的な馬鹿の言い草=時間が足りない(嘲笑)



421 :名無氏物語:2012/09/27(木) 00:35:05.70 ID:Fgq+riAb.net
在日とか頭おかしい奴はどんどん淘汰したいね。
外資系の会社の方がマシなのは、多分能力のない在日をどんどん切れるから。

422 :名無氏物語:2012/10/20(土) 14:34:59.01 ID:3x7UHNiQ.net
古歌に曰く,「古言の文をたづぬる心こそ新たなる世のしるべなりけれ」とある高校生に学ばせることはとても有益ではないか。

423 :名無氏物語:2012/10/22(月) 01:01:03.28 ID:maAkrb7J.net
【カント『判断力批判』、岩波文庫版、上巻、一二二頁】
「言語芸術に関しては、趣味の模範は死語或は古典語によって綴られたものでなければならない。死語でなけれ
ばならない理由は、現代語にとって避けることのできない変動―即ち高雅な表現が平板になり、普通に用いら
れている語が時代遅れになり、或はまた新造語がほんの僅かの期間しか通用しないというような変動を蒙っては
ならないからである。また古典語でなければならない理由は、古典語が流行のほしいままな変動に左右されない
一定不変の規則を保持するような文法を具えているからである。」
【同、二六〇頁】
「自然の賜物(天賦の才能、天才)が芸術(美的技術としての)に規則を与えねばならないとすると、その規則
はいったいどのようなものであろうか。かかる規則は、一つの方式に要約されて指定の用をなすようなものでは
あり得ない。もしそうだとしたら、〔芸術〕美に関する判断は概念によって規定されることになるからである。
してみるとこの規則は、天才によって実際に成就されたところのもの、即ち彼の作品から抽出されたものでなけ
ればならない、そして他の人達はかかる作品を目安にしてそれぞれ自分の才能を試めしてみるのであるが、しか
しその場合にこの作品を臨摸のための模範としてではなく、模倣のための模範として用いるのである。このこと
がどうして可能なのかを説明するのは困難である。しかし芸術家の着想は、もし自然がこの芸術家の弟子にも、
心的能力に関して師匠と同様の比例を与えているならば、弟子にもやはり同様の着想を喚びおこすものなのであ
る。してみると芸術における模範は、芸術家の着想を後代の人達に伝授する唯一の手段でなければならない、実
際このことは、記述したものによるだけでは決して行われ得ないだろう(とりわけ言語芸術の場合には不可能で
ある)。そこで言語芸術においては、すでに死語となり今日では学ばれる言語としてのみ保存されている古代語
だけが古典的模範になるのである。」

424 :名無氏物語:2012/10/23(火) 14:40:50.68 ID:kauC3HZL.net
ちなみにここでカントが言う古代語とはラテン語・ギリシア語であり、
当然のことながら古代ゲルマン語ではない。

425 :名無氏物語:2012/10/24(水) 11:02:25.08 ID:6Mf2T56M.net
>>1

古文や漢文をやらないと

劣等民族の支那人や、朝鮮人のような

軽薄な馬鹿になるぞ、

解ったか、馬鹿(嘲笑)


426 :名無氏物語:2012/10/24(水) 18:07:00.05 ID:S5/rrwa6.net
ヨーロッパ人にとっての古文=ラテン語・ギリシア語文献
というのは、自国語文学ではないのよね。

ドメスティックなものを超えた普遍的な文化として位置づけられた
ヨーロッパの古典文化に、
極めてドメスティックな日本の古文を置き換えるのは無理がある。

427 :名無氏物語:2012/10/26(金) 19:38:38.78 ID:LNieAu45.net
特亜系エセ左翼・カルト宗教団体が行っている敵対する人物への組織的な嫌がらせ、集団ストーキング、電磁波悪用による体調不良、マインドコントロールの手口、「集団ストーカー カルト」で検索してください。

428 :名無氏物語:2012/11/04(日) 10:03:12.59 ID:vCPsunRm.net
>>426
ヨーロッパのラテン語に相当する東アジアの言語文化は漢文だね
ということは、これからは古文だけでなく漢文の試験も理系に強制する必要があるね

429 :名無氏物語:2012/11/13(火) 21:23:21.59 ID:JSHOcKcA.net
誰でも知ってるような有名な部分は知ってなきゃまずいだろ。
逆に言えば誰でも知ってるような有名な部分だけ授業でやって
試験でもその部分だけ出すようにすればいいんじゃない?

430 :名無氏物語:2012/11/15(木) 23:16:26.52 ID:nEE8iqq7.net
高校の授業では古文漢文は外してもいいけど、受験においては現代文こそ外すべき。
あれ程小さい時からの環境がものをいう科目もない。努力の量を見てる大学受験で努力が報われない科目を作ってどうすんだ。
その点受験では古文漢文はピッタリ。やればできるようになってるから。

431 :名無氏物語:2012/11/15(木) 23:20:03.98 ID:Z1eeK9Os.net
>>430
おまえ教育の原点みなおせ

432 :名無氏物語:2012/11/15(木) 23:42:34.60 ID:nEE8iqq7.net
>>431
いやもちろん現代文はすべてにおいて重要なのは当然だとも思うんだけど、その現代文はできない人ができるようになる方法が確立されなすぎだとおもう。現代文という教科自体が歴史的にも浅いものだから確立されてないって見方もあるでしょ?
現代文が全くできない状態から東大レベルの現代文の力をつけたっていう人聞いたこともないし。
だから、教育にはいれるべきだとは思うんだけど、受験ではあれは違う気がする。
国語を見たいなら小論文とかにするべきだと思うんだよ。

433 :名無氏物語:2012/11/16(金) 08:13:40.68 ID:V66SCGCj.net
>>1
古文は実学
・古文を理解しておれば各地の方言が理解できる。
・古文を理解しておれば能、狂言、歌舞伎を楽しく観賞でき日本文化の深さを知る。
・無能無責任な文科省、および日本語破壊協会(NHK)から日本語を守るため、
国民のコモンセンスとしての古文理解力が必要
・口語が激しく変化する現状下において国語のアンカー(錨)としての古文の重要性が増加している。
古文は学問以前に生活です。

434 :名無氏物語:2012/11/19(月) 10:19:10.56 ID:NTmtitKJ.net
小学校からのカリキュラムを全部見直して割り振れば、
古文・漢文の授業時間ぐらい楽勝で捻出できるだろ。
算数の鶴亀算なんて無駄なことこの上ない。
xy使えば簡単にできて応用も利くのに、
下手するとそういうの持ち出すと教師が怒るからな。

435 :名無氏物語:2012/11/23(金) 17:39:56.06 ID:6PiKjzH+.net
古文・漢文は高校の授業科目から外すべき!

というやつは自分たちの文化や歴史を捨てるんだな

それこそ、アメリカ支那朝鮮の思う壺

436 :名無氏物語:2012/11/23(金) 19:59:34.23 ID:mc6ZtzYC.net
80 :実習生さん:2012/10/11(木) 05:04:54.97 ID:FS4tLlym
古文・漢文・書道を不要だと思う人は、今からでもいい、これ見て考え直せ。
http://www.jnpc.or.jp/activities/news/report/2012/08/r00024706/
http://www.youtube.com/watch?v=iinaQ1fOLRE&feature=plcp
中野三敏(九州大学名誉教授・文化功労者)が、両手を合わせて懇願してる。
明治33年以降、古文・漢文・書道が寄ってたかって見捨て続けた基礎基本の話。
つまり学校や学問の世界にも、確信犯的な「基礎いじめ」があるってこった。

437 :名無氏物語:2012/12/04(火) 11:57:29.75 ID:KxbVIDsy.net
>>435
既に日本人の生活はどんどん洋式化して行ってますが?

438 :名無氏物語:2012/12/04(火) 12:11:22.23 ID:Afjy3qdE.net
>>425
日本人の方が軽薄な馬鹿民族ですが何か?w

439 :名無氏物語:2012/12/04(火) 21:53:00.15 ID:SrZjoQJl.net
>>435
じゃあ聞こうか
なんで

一橋(漢文なし)、早稲田(マーク式)、慶応(古典いらない学科あり)



名大医学部、東大理系(現古漢全部記述)

なんだ?名大医学部、東大理系は文学部なのか?

440 :名無氏物語:2012/12/10(月) 16:29:20.41 ID:Vdehgocl.net
古文,漢文,クソ気分!

日本に不要!

わけのわからん日本語はいらん,世界で通用するためには,英語で十分。

441 :名無氏物語:2012/12/10(月) 20:47:51.65 ID:XXWT1cyt.net
どうぞ英語を使って世界に飛翔してください。
日本では日本語を使い日本文化を使って世界に貢献します。
税金で運営される教育機関は日本語を使い日本への愛国心を育てます。
世界という地名はないのでどこかの国の国民になってその国の言語でがんばって暮らしてください。
草々

442 :名無氏物語:2012/12/10(月) 21:21:21.39 ID:Lcxw0hUx.net
■緊急■
民主党政府がドサクサ紛れに行っている「『女性宮家』の賛否を問う意見公募」で、
男系派が劣勢に立たされているとのこと ※女性天皇と「女系天皇=女性宮家」は違います

緊急拡散まとめしてくれているのがこちら
http://www.hoshusokuhou.com/archives/21096046.html

ネットから意見できるのはこちら
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060121009&Mode=0

意見公募の締め切りが今日だそうです…
女系を認めると、1000年以上続いてきた皇室の血統が途切れ、日本の外交的権威が失墜する恐れがあります
在日勢力の悪あがきの一種のようなので皆で「女系反対」の意見を送りましょう

443 :名無氏物語:2012/12/14(金) 08:14:14.67 ID:ktnNz27q.net
>>439
なるほど。つまり一橋、早稲田、慶應の理系入試に古文・漢文を復活させれば万事解決だな。

444 :名無氏物語:2012/12/17(月) 10:56:07.50 ID:lSphImdy.net
学生のうちはわからないんだよ

社会人になって得意先まわりで話題に困った時に何話す?

歴史や古典の知識があると役にたつよ
バカ話だけでは軽く見られるから
たまに教養のあるところを見せると相手の評価も変わるよ

445 :名無氏物語:2012/12/20(木) 19:55:58.60 ID:8A2hX46H.net
>>439
東大は自国の古典に理解のある人が欲しいんだよ
専門バカなんていらんのよ

446 :名無氏物語:2012/12/22(土) 23:08:06.06 ID:sktWqFwo.net
而   その下置き字〜

447 :名無氏物語:2012/12/23(日) 00:49:43.36 ID:3EBneJoc.net
トンスルとは?

http://rocketnews24.com/2012/11/09/262142/

448 :名無氏物語:2013/01/12(土) 01:59:24.11 ID:j/xA+xBr.net
古文漢文を選択に科目にするということは、センター試験で国語=現代文のみと変わるわけだ
古文や漢文が簡単な分、現代文一択になると苦手な生徒と得意な生徒の差がますます広がるであろう
そうなることで世間はより“正しい現代文の勉強法”に論議が集中するようになるが
今まで解テクでごまかされてきた不確実な方法が駆逐されるのは間違いない
そして新たに現代文を学問として教えられる教師の少なさが問題となる

449 :名無氏物語:2013/03/30(土) 01:20:10.08 ID:yButYPRU.net
test

450 :名無氏物語:2013/03/30(土) 01:24:02.59 ID:z+LpkMrK.net


451 :名無氏物語:2013/03/30(土) 01:44:27.22 ID:5rYlcGC8.net
山月記や舞姫も読めない日本人を
外国人はどう思う。

452 :名無氏物語:2013/04/23(火) 15:43:24.54 ID:IqUo7xN8.net
ふつうの外国人は山月記も舞姫も知らんよ。どうせ大した作品でもない。

海外で有名なのは源氏物語だな。
もっともこれも高校古文をやった程度のレベルなら、
背伸びせずに与謝野や谷崎などの現代語訳で読んだほうが
むしろ正確に理解できると思う。

453 :名無氏物語:2013/04/25(木) 18:54:56.24 ID:QG+Lb7KP.net
マスゴミが報道しない=日本の文化財を盗みまくるバ姦国

【日韓】壱岐・安国寺の寺宝は「韓国の国宝」になっていた!
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1128772214/
【日韓】日本から盗まれた高麗仏画は今…
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1128775896/
【日韓】韓国人が日本の文化財を窃盗
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1097688344/
【日韓】仏画の掛け軸を盗み韓国で売却、韓国人男で起訴
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1097672339/
【日韓】韓国検察、盗難仏画の捜査を放棄
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1111165457/
【日韓】文化財が盗まれても犯人が韓国籍ならマスコミは沈黙
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1129823243/
【奈良】法隆寺で国宝・西室の格子壊され、文殊菩薩像盗まれる
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1139118999/

454 :名無氏物語:2013/04/25(木) 22:11:22.77 ID:G2uWY17b.net
>>452
ふつうの外国人は山月記も舞姫も知らんよ。どうせ大した作品でもない。

価値が分からん人間は、日本にいても、
いつも、そう言う。

尖閣なんて、上げちゃえば、みたい。

455 :名無氏物語:2013/04/29(月) 05:33:39.74 ID:5Pu5vlGe.net
何でセンター国語って古文漢文が「理系でも」必修なんだろう。理科や社会は選択制なのに。
今のやり方から、例えば、評論・小説・古文・漢文の内二題を選択とかってすればいいのに。配点は100点×2題。

456 :名無氏物語:2013/05/02(木) 18:21:58.79 ID:E4ORZkVe.net
大学入試で古文・漢文を出す理由は簡単。大学で古文・漢文を専攻しても就職先がないとなると、学生が来なくなって困るからだ。
でもぼくはそれでいいと思うけどね。先端科学の研究は時を争うけど、古典の研究は時を争わないから、大学の片隅で細々とやっていればいい。

457 :名無氏物語:2013/05/02(木) 19:19:18.81 ID:7NVl4U/R.net
古文漢文を教育した方が良いというのは結果的に見て
その方がよいという経験から行われている。そうやって伝統を守りながら
近代化して世界の大国になり欧米以外で多くのノーベル賞や
フィールズ賞などを貰い発展したという実績があるから。
いらないという人は証明しなければならない、古文漢文なしでも
同じような結果になった証明これからますます良くなる証明。
まず言い出しっぺの人達が自分の子供をそういう環境で隔離して
育ててみる。そして日本語力等細かい検査比較のデータを提供してみたら良い。

458 :455:2013/05/04(土) 04:02:11.75 ID:uVMiNzV/.net
古文・漢文を「授業で」やる事は悪い事だとは思わない。むしろやって欲しい。だからスレタイには完全に反対。
しかし、受験科目に入るとなると、時間の無駄でしかない文法と単語の暗記をしなければならなくなる。
だから、芸術科目のように授業だけに出来ないものかと思う。

459 :名無氏物語:2013/05/06(月) 12:11:48.15 ID:Osss5UuZ.net
ガールズ&パンツァーの第7話を見たんだが、生徒会の事務室に掛けてある額に「三十六計逃如」って書いてあって驚愕。
逃げるに如かずって言いたいんだろうけど、一応隷書っぽく書いてはあるのがさらに恥ずかしさを増している。
DVDにするまで誰も指摘しなかったのか?中国や台湾・香港の人も見ているアニメなのだがこれは国辱ものだ。
やっぱり週2回くらい漢文の授業があってもいいんじゃないか。

460 :名無氏物語:2013/05/06(月) 13:45:38.19 ID:lsQ3GyFy.net
どうせアニオタや軍オタは教養ないから関係ないだろ

461 :名無氏物語:2013/05/08(水) 13:01:36.04 ID:4kmxifam.net
反日教育をしてる韓国や中国のクソ文を,
学校で平気で教えている日本の教育は間違っている。

なんで,日の丸を焼いたり,日本企業の建物を破壊したりする
反日国家の語学を日本は公然と学んでいるのだ?

漢文の教師は,中国の回し者と同じだ!
日本人ではない,日本の敵だ。

462 :名無氏物語:2013/05/08(水) 16:45:04.25 ID:eRNmMX+L.net
>>461
つまらん煽りだな。もうちょっと頑張れ。

463 :名無氏物語:2013/05/09(木) 19:41:08.19 ID:Wa5HsVj7.net
将来役立つという観点からすると、古文漢文よりも簿記を必修にしたほうが良いと思うんだが。

464 :名無氏物語:2013/05/10(金) 12:47:10.14 ID:2wlwbb6R!.net
>>463私は「第二外国語もしくは古文漢文を選択」としたほうがいいと思う。

465 :名無氏物語:2013/05/10(金) 12:58:47.94 ID:2wlwbb6R!.net
慶應義塾大学文学部でも古文・漢文を出題していないのだから、古文・漢文は大学に入ってからやっても間に合うということでしょう。
大学に入ってからで間に合うなら中等教育でやる必要はない。

466 :名無氏物語:2013/05/10(金) 15:13:56.43 ID:gbiGJ2f5.net
受験に出るとか出ないとかは、高校生には大問題なんだろうけど
大学出ちゃった人にとってはわりとどうでもいい枠組みなんだわ

467 :名無氏物語:2013/05/10(金) 15:16:18.73 ID:gbiGJ2f5.net
仮に大学に行かないとしても、或いは大学で履修しないとしても
日本人一般の資質や能力を高める上で古文漢文がどの程度必要か、
という、もうちょっと高い視点で見てるわけ

468 :名無氏物語:2013/05/11(土) 07:37:49.18 ID:CJaMbgkF.net
>>458
よくは知らないが選ぶほうからすると古文漢文の成績で
日本語能力の見極めがつけやすいということはないのかな。
傍証として元上智大学の英文科の教授が入試の成績の中で
まず英語をみていた、受験英語は学習習慣が身についているか
見極めるのにちょうどよかったと書いてたな。受験英語なら
まじめにやればそこそこできるということかな。

469 :名無氏物語:2013/05/11(土) 10:02:13.24 ID:0NTBzoVM.net
>>467
だよな。別に受験のために古文漢文を高校カリキュラムに入れてるわけでもない。
受験に出るからどうのこうの、という発送自体が本末転倒。
まあ受験で頭がいっぱいな出来も悪い高校生の視野が狭いのは仕方ないことだが。

470 :名無氏物語:2013/05/30(木) 09:02:03.59 ID:M8sYJbPs!.net
ちょっとすれ違いだけど、高校の古典検定教科書って、文法の解説が足りないな。
文法をきっちりやってから読まないと分からない。

471 :名無氏物語:2013/06/09(日) 16:17:02.52 ID:7BZN8a/Q.net
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1333786530/455
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1333786530/459

質問スレの自称古文教師だけど
こういう古文教師が教えてるようだとはっきりいって
マイナスにしかならん気がする

472 :名無氏物語:2013/06/15(土) 21:25:14.06 ID:C2+6AQhy.net
支那,韓国を倒せ! 国士舘大学頑張れ!

先輩方の紹介
http://www2.ocn.ne.jp/~hirohito/photo/s6116.jpg
http://www.masuko.co.jp/school/img/otona/4men_2.jpg
http://keiten.net/image/070804kokushi/kekki.htm
規律ある大学生活
http://daiminsya.exblog.jp/2750544/
国士舘OBの回想
http://www.youtube.com/watch?v=LBtSNMhree4&feature=related
国士舘アルバム
http://www.youtube.com/watch?v=5vZmce3qPGg&feature=related
国士舘大学 入学式の様子
http://www.youtube.com/watch?v=M4i8XuiVc_w
国士舘大学の日常,学園風景
http://www.youtube.com/watch?v=6o6aIBHQLZ8

473 :名無氏物語:2013/06/20(木) 13:10:44.26 ID:7CJytJ9u.net
でも、漢文できれば現代中国語で書かれた文章を翻訳せずにスラスラ日本語で読める訳で、十分役立つんじゃなあい?

474 :名無氏物語:2013/06/22(土) 16:08:22.43 ID:74L3PEwV.net
>>473
最初から中国語学んだほうが遥かにいいだろ

475 :名無氏物語:2013/06/26(水) 18:22:50.86 ID:2PDTvmA9.net
>>1

古文や漢文をやらないと

劣等民族の支那人や、朝鮮人のような

軽薄な馬鹿になるぞ、

解ったか、馬鹿(嘲笑)

476 :名無氏物語:2013/06/26(水) 18:23:42.19 ID:2PDTvmA9.net
>>474

馬鹿丸出し(プッ

漢文は中国語習得の10000分の1以下の時間で

学習できることすら知らない知恵遅れ(嘲笑)

しかも、現在の支那に学ぶべき文化なんてあると思っているのか?(大爆笑)

477 :名無氏物語:2013/06/26(水) 21:30:23.10 ID:9M1Gc0o6.net
>>476
漢文なんて役に立たねえんだからやるなら中国語を学んだほうが遥かにいいんだよ知恵遅れ

478 :名無氏物語:2013/06/26(水) 22:16:51.50 ID:9M1Gc0o6.net
なんだよ ID:2PDTvmA9 は逃亡かよ

479 :名無氏物語:2013/06/26(水) 22:49:23.05 ID:Q+KhslBL.net
別スレで突っ込んじゃったものだけど、それコピペ貼りまくってる馬鹿だよ

ただ真面目な話、古文漢文を学ぶことで「深い人間性を涵養できる」みたいなことを言ってる人に
>>475みたいな差別的なこととか、平気で言える人が結構いるのが、なんというか
一種の遂行的矛盾ではあるな

古文漢文をやったせいで、そういう人間になるとはいえないものの
古文漢文をやったところで、必ずしも人間性が涵養されるとは限らないとはいえそう。

まあ、古典とかには普通に差別的な思想が含まれてたりするので、無批判に受け入れると差別的な人間が出来上がるとかありえなくもないけど
さすがにそれを無批判に受け入れるって、どんだけ馬鹿なのよ…という気はしないでもないが。

480 :名無氏物語:2013/06/27(木) 08:30:50.88 ID:oXzOEaks.net
というか475みたいなのに漢文が読めるとは思わない

481 :名無氏物語:2013/06/28(金) 20:12:23.74 ID:mPhRnlCG.net
>>477

馬鹿丸出し(プッ

漢文の中には学ぶべき知恵が多く残されている。

現在の日本の精神文化の一端のルーツを知ることもできる。

それが理解できない理由は

  テ  メ  ー  が  馬  鹿  だ  か ら

なんだよ。

解かったか? 馬鹿。

解からなねえだろ(大爆笑)

482 :名無氏物語:2013/06/28(金) 20:12:52.72 ID:mPhRnlCG.net
>>1

馬鹿丸出し(プッ

漢文は中国語習得の10000分の1以下の時間で

学習できることすら知らない知恵遅れ(嘲笑)

しかも、現在の支那に学ぶべき文化なんてあると思っているのか?(大爆笑)

483 :名無氏物語:2013/06/28(金) 20:15:11.03 ID:mPhRnlCG.net
>>479

差別の根源はズバリ

  人 間 の 認 識 作 用

そのものであることすら理解できていない超知恵遅れ(プッ

これだから、古典の価値を知らない無教養は話にならない(大爆笑)

あははははははははははははははははははははははははははは

484 :名無氏物語:2013/06/29(土) 01:05:00.71 ID:aHpJzBJj.net
知らざるを知らずと為す是知るなり

ソクラテスの無知の知に通ずる。


君のパンティーをくれ。
と同じく、名言だ。

485 :名無氏物語:2013/06/29(土) 08:29:26.82 ID:Ycw/1PbM.net
>>481
昔の日本の精神文化を学ぶのなら現代語で学べばいい。
わざわざ昔の単語や文法を覚える必要は無いけど

486 :名無氏物語:2013/06/29(土) 21:37:56.88 ID:aVUBJnfB.net
>>485

翻訳する人間の解釈が入らずに翻訳が可能だと思っている知恵遅れ(プッ

これだから古典を読まない馬鹿は救い難い(嘲笑)

あははははははははははははははははははははははははははははは

487 :名無氏物語:2013/06/29(土) 21:39:51.31 ID:aVUBJnfB.net
>>1

古文や漢文をやらないと

劣等民族の支那人や、朝鮮人のような

軽薄な馬鹿になるぞ、

解ったか、馬鹿(嘲笑)

488 :名無氏物語:2013/06/30(日) 07:57:03.01 ID:lEnKqWZX.net
>>486


なら余計、専門家に翻訳してもらうべきじゃん

489 :名無氏物語:2013/06/30(日) 23:17:14.04 ID:4iMPh1vS.net
>>488

古文を読まないと、こういう馬鹿丸出しの知恵遅れになるという

ことを示す、格好のサンプルでした。(大爆笑)

こういう、自ら考えることを放棄した馬鹿は生きている意味すらない。(嘲笑)

490 :名無氏物語:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:Sve7EddY.net
↑以上、知恵遅れの自己投影でした

491 :名無氏物語:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:8MQvhNy4.net
>>488
>>490

馬鹿が(プッ

現代語で読むということは、翻訳者の解釈が入ることになり、

自分の視点で読む事にはならないということすら

理解できない知恵遅れ(嘲笑)

しかも、現在の自己と連続性のある自国の古典であるからこそ、非本質的な要素に

邪魔をされずに相対化できるし、特に他民族からの征服がなかった日本は、純粋に

古典を読む真価を得られる貴重な環境であることすら理解していない死んだほうがいいクズ(爆笑)

これだから、古典を読まないお前は

チョンやチャンコロ並に馬鹿なんだよ(爆笑)

あはははははははははははははははははははははははははは

492 :名無氏物語:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:XvTezoA3.net
>>491
ばーか。なるべく忠実に訳せばいいだけだろ。
そもそもなんで自分の視点で読まなきゃいけないんだよ。
知恵遅れはどう見てもお前じゃねえか(大爆笑)

誰も古典全部無くせとは言ってないぞ知恵遅れ。

古典を読んでるお前がそのチョンやチャンコロとやらよりオツムが弱いのはどう説明するんだ?知恵遅れ(笑)

493 :名無氏物語:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:rV54qx+E.net
なるべく忠実に訳せば言文の完全な代替になるってのは違うと思うが
文献学的な様々な蓄積を媒介せずに、ただ、自分で直接向きあえばいいってのはアホだというのは同意

>知恵遅れはどう見てもお前じゃねえか(大爆笑)
>古典を読んでるお前がそのチョンやチャンコロとやらよりオツムが弱いのはどう説明するんだ?知恵遅れ(笑)
ちょっとこれは微妙だな
とやら、と付けてて、気を使ってるのはわかるんだが

494 :名無氏物語:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:qaLGw2b3.net
>>492

がはははははははははははははははははははははは

これほど知能の低い馬鹿も珍しい(嘲笑)

>なるべく忠実に訳せばいいだけだろ。

だって(プッ

そもそも訳は原文で読めるようになるまで、仕方なく行うものであり

現代語に置き換えた時点で意味は異なるということすら理解できない知恵遅れ(大爆笑)

そもそも、対応する現代語がいくつもある中で、どれを選ぶかで、翻訳者の価値観に基づく

解釈が入ってくることすら脳裏に浮かばない、絶望的な馬鹿(嘲笑)

おい、馬鹿

テメーは古文をやらなくていいよ

無駄だから(爆笑)

マンガでも読んでろ(大爆笑)

あはははははははははははははははははははははははははは

495 :名無氏物語:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:6P+p6b72.net
>>494
単語や文法を表面的にかじった素人が読んで理解するより
専門家が訳したものを読んだ方がより忠実に理解できると思うけど?


>対応する現代語がいくつもある中で、どれを選ぶかで、翻訳者の価値観に基づく
>解釈が入ってくる

単語や文法を表面的にかじった素人が読んでも同じような問題が発生するね。
むしろ素人の独自解釈の方が危ないね。



一生懸命、古文をやってるのにやってない俺より遥かに馬鹿なお前って一体(笑)

496 :名無氏物語:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:BH5RcE7f.net
>>495
>495 名前:名無氏物語[] 投稿日:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:6P+p6b72
>単語や文法を表面的にかじった素人が読んで理解するより
>専門家が訳したものを読んだ方がより忠実に理解できると思うけど?
----------------------------------------------------------
がはははははははははははははははははははははははははははは

知恵遅れ丸出し(大爆笑)

専門家っていったい何の専門家だよ?(プッ

職業・生い立ち・趣味・生活環境・・・・・・・・・・・・千差万別の人生がある中で

それぞれが、あくまで個人の人生の限界から出れない中で、あくまで個人の

主観の中で解釈するしか方法は無く、古典文学の専門家でも専門は「言語」・「文学」にすぎず

文章の意味の解釈は個人の経験の限界を超えられないということすら理解できない救い難い馬鹿(嘲笑)

おい、馬鹿

テメー、古典どころか、現代文の本もろくに読んでねえだろ。

テメーは古文をやらなくていいよ

無駄だから(爆笑)

マンガでも読んでろ(大爆笑)

あはははははははははははははははははははははははははは

497 :名無氏物語:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:6P+p6b72.net
>>496
いや、文章ってそんなに曖昧なものじゃないから。

そんなに読む人によって解釈が違って来るなら古文自体が欠陥言語ってことになって、
より学ぶ必要が無いものってことになるんだけど?w

お前自身もその頭の悪さじゃとんでもねえ吹っ飛んだ解釈してそうだしな(笑)

498 :名無氏物語:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:khk3yrSs.net
>>497

馬鹿丸出し(プッ

言語は曖昧だからこそ通じることすら理解できていない無教養丸出しの知恵遅れ(大爆笑)

これほどの馬鹿も珍しい(大爆笑)

あははははははははははははははははははははははははははははははははははは

499 :名無氏物語:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:+72DHCp6.net
>>498
通じるって読む人によって解釈が異なるんだろ?
それ通じるって言わないんだけどお前はまず現代語を学べ。

500 :名無氏物語:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:khk3yrSs.net
  
そもそも同じ文章を読んでも、

平安時代の日本人 と 江戸時代の日本人とは全く解釈が異なり、

その相違から自己を相対化することによって、自己の理解が深まるわけだが

言っている意味解かるか?

解からねえだろ。

馬鹿だから(嘲笑)

テメーはマンガだけ読んで、一生流されて生きていけばいいよ

自分のオツム相応にな(大爆笑)

あははははははははははははははははははははははははははははははは

501 :名無氏物語:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:khk3yrSs.net
>>499

現に、テメーは教養ある日本人なら普通に理解できる

我輩の書き込みが全く理解できていねえだろうが。

テメー自身が生き証人になっているのが自覚できねえのかよ。

このヴァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜カ

あははははははははははははははははははははははは

502 :名無氏物語:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:+72DHCp6.net
>>500
全く解釈が異なるなら古文を読む意味が無いじゃん。だって書いた人が意図した通りの文章には現代人には伝わらないんだから。
しかも平安時代の日本人の解釈を出来ないんだから相違も認識出来ないじゃん。


>>501
>教養ある日本人なら普通に理解できる

ソースは? 
また妄想か?

503 :名無氏物語:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:mFo1ha3s.net
>>502

この通り。

何を言っても通じない馬鹿(爆笑)

ここでこの馬鹿が、なぜ賢い人が理解できることが

自分には理解できないのだろう?

と反省して、自己を相対化する古典を読むときと同じ思考力を持てば、まだ救いようがあるのだが、

ご覧のとおり、そういう思考回路を全く持っていない、支那人・朝鮮人並の馬鹿だから

それは不可能。

これほどの馬鹿も珍しい(大爆笑)

がははははははははははははははははははははははははははははははははは

504 :名無氏物語:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:mFo1ha3s.net
>>502

この馬鹿には

古典というものは、考えながら、たどたどしく読むものであることが

理解できていないらしい。

考えることが不得手な馬鹿だから。(嘲笑)

こういう馬鹿は考えずに読めるマンガがで十分(大爆笑)

あはははははははははははははははははははははははははは

505 :名無氏物語:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:PyGEwsHl.net
>>503
お前、オツムが物凄く弱いじゃん。


>>504
たどたどしく読んだらどうなるかを書けよ知恵遅れ(笑)

506 :名無氏物語:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:sopuke/8.net
いや、翻訳で消えてしまうものがあるのは確かだろ
「とりとぶなり」を、「鳥が飛んでいる(ことを音で確認した)」と訳せば冗長だし
「鳥が飛ぶのが聞こえる」と訳すと微妙にニュアンスが変わるだろう
現代語では「ありき」も「ありけり」も「あった」だし。


和歌とかならとくに。さらに萬葉集とか、万葉仮名から書き下すことことで失われるものもあるろうし
「煙立龍」は「けぶりたちたつ」と読み下され「炊煙がしきりに立ち込め」とか「かまどの煙があちこちから立ち上っている」とか訳されてるが
立ち昇る煙に天にのぼる龍のイメージを込めて竜(たつ)の字を当てたとしたら
そのイメージは書き下した時点で失われてる

ただ、失われるといっても、その「微妙なニュアンス」は無視できるものと考えるが
それが決定的に重要かは判断がわかれるだろうね

ただ、そういう翻訳で失われるものの重みに思いを馳せる人間なら
チョンやチャンコロに学ぶべき文化はないとかアホなことはいわんだろうね
どんな文化の言葉であれ、微妙な言葉遣いとかに、「学ぶべきもの」を感じることができる人間だけが
原文絶対主義を取れると思う。

507 :名無氏物語:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:mFo1ha3s.net
>>505

現代文も読解できないこの知恵遅れは、

なぜテメーが読解できないかということを考えることが

古典読解における たどたどしい 考えながらの読解に通じることすら

理解できない知恵遅れですた。(大爆笑)

そもそも、考えながら訳すこと自体が、自分を相対化して自分を知るという

古典を読む意義に通じることになるわけだが、

現代文すら理解できないこの馬鹿の知的水準では到底無理だわな。

テメーはマンガだけ読んでろ、

支那人・朝鮮人並の知恵遅れ(大爆笑)

あはははははははははははははははははははははははははははははは

508 :名無氏物語:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:mFo1ha3s.net
>>506

>チョンやチャンコロに学ぶべき文化はないとかアホなことはいわんだろうね
--------------------------------------------------------------

 現 在 の チョン・チャンコロから学ぶべきものがあったら

たった一つでいいから言ってみてくれ。

言えないだろ。

つまりそういうことだ(爆笑)

509 :名無氏物語:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:sopuke/8.net
>>508
他人の解釈に頼らずちゃんと中国語や韓国語を学んでちゃんと自分の頭で理解しないとわかりませんよw?

510 :名無氏物語:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:khk3yrSs.net
>>509

おい、そこのチャンコロ。

句読点の使い方くらい覚えろ、馬鹿。(嘲笑)

あははははははははははははははははははははは

511 :名無氏物語:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:SmmT53MB.net
そんなんじゃ古文も読めませんよ
学者さんが句読点や段落で切り分けて、歴史的仮名遣いに校訂してくれた古文しか読めませんか?
自分の頭でたどたどしく読むとか夢のまた夢ですねw

512 :名無氏物語:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:vahln8wN.net
>>508
>>510

なんでそんなに知能が低いの?

513 :名無氏物語:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:pRGAtJlI.net
>>511-512

おい、そこのチャンコロ。

句読点の使い方くらい覚えろ、馬鹿。(嘲笑)

あははははははははははははははははははははは

514 :名無氏物語:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:9CFnadKL.net
>>513
お前自身の句読点の使い方がおかしいんだけど、知恵遅れだから気付いてないのか?

515 :名無氏物語:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:TW+GHq69.net
>>514

おい、そこのチャンコロ。

句読点の使い方くらい覚えろ、馬鹿。(嘲笑)

あははははははははははははははははははははは

516 :名無氏物語:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:koLt3UBl.net
古典の本にレオタード履かせてフィギアのように滑らせて見たらいい

きっと君たちの多くはこう思うはずだ
これに一体何の意味があるのかと 
結局さ、古典も漢文もフィギアと同じように滑ることに意味があるんだよ

ごめん・・・本当に滑っちゃったなwww

517 :名無氏物語:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:f2BI1oQU.net
思えば高校の時の先生は古文漢文を勉強する必要性を聞かれてちゃんと答えられなかったな。

518 :フライング・タイガース:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:MNwmOz4r.net
怪盗
 ガラパゴス・ジャパン

519 :名無氏物語:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:hvmhci8t.net
>1
センターに加え、二次まで古文漢文がある、東大・京大の理系学部卒の学生→卒業後ビジネスや研究で目覚ましい成果を挙げている

数学・理科、下手すれば一科目で入れる三流私大理系卒→就職後そこそこ頑張っている
結論:古文漢文の有る無しよりその人の潜在的能力で決まる
はい論破

520 :名無氏物語:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:7vQhiZqs.net
日本語の基礎だからしかたない

521 :名無氏物語:2013/09/05(木) 23:01:13.64 ID:aR9FiYlc.net
大国に囲まれ2年に1回は異民族の侵入を受けたほぼ無勝で千敗の超〜賤な民はバイクじゃなく
馬や船にのって悪さしに来たヒャッハーなお兄さん達に(漫画では決して描かれないが当然)
0、1ではなくA、G、T、Cを上書きインストールされ続けたため、その末裔が気性の激しい
go韓魔となったのは無慈悲な地政学的宿命。リアル性器待つ覇者○○○○ハーンのYを継ぐ者
だけでも現在全世界に1600万人(男性200人に1人)程いるが貢献大。恨の文化や歴史捏造癖は惨
めな歴史故のことだがおかげで若干背は高く、高アドレナリン血症となり一部のオバ様達をあ〜
逞しいと言わしめましたとさ。あ〜キムい、キムい。

522 :名無氏物語:2013/09/06(金) 05:52:51.61 ID:E0NEKcQZ.net
お世話になります。
私、責任者の加茂と申します。以後、宜しくお願い致します。
http://www.karilun.com/img_shop/15/ss52_1368685958.jpg 
 
浪速建設様の見解と致しましては、メールによる対応に関しましては
受付しないということで、当初より返信を行っていないようで、今後につい
てもメールや書面での対応は致しかねるというお答えでした。
 
このように現在まで6通のメールを送られたとのことですが、結果一度も
返信がないとう状況になっています。
 
 
私どものほうでも現在までのメール履歴は随時削除を致しております
ので実際に11通のメールを頂戴しているか不明なところであります。

弊社としましても今後メールでのやり取りを差し控えたく、浪速建設様
と同行の上でお会いさせていただきたい所存です。
 
 
株式会社アパマンショップホールディングス
代表取締役社長
大村 浩次
 
 
http://rfi.a.la9.jp/hn203/kb/kb-main3.html
 
 http://homepage2.nifty.com/e-d-a/hn203/ansec/animal.html

523 :名無氏物語:2013/09/14(土) 13:33:57.86 ID:/0wbroFB.net
>>1
ばーか

524 :名無氏物語:2013/09/22(日) 07:14:24.15 ID:smT74UEh.net
まあ、大学の国文専攻とかの1年生でみっちりやらせれば十分だろうね。大学入試に出す必要はない。

525 :名無氏物語:2013/09/22(日) 08:15:24.07 ID:4C7SVhg3.net
高校の古文漢文など簡単点数の稼ぎ所

526 :名無氏物語:2013/09/23(月) 14:17:11.23 ID:MLy5aTz7.net
韓国初の同性結婚式、反対派が大便をばら撒き大惨事
キムジョ・グァンス&キム・スンファン、韓国初の同性結婚式を終える(総合)
この日、一部のキリスト教団体の会員たちが午前から結婚式のステージ設置現場を占拠するなど、結婚式の進行を妨げた。警察が出動し、
キリスト教団体を解散させ、衝突することなく事態は終わった。
しかし、問題は結婚式の途中に発生した。キムジョ・グァンス、キム・スンファン夫婦が成婚誓約を読み上げる中、ステージにある一般人が上がり、
かばんの中に入っていた汚物をステージに投げた。結婚式のステージはもちろん、広通橋は汚物による悪臭でいっぱいになった。
主催側がステージに上がってその人物を制し、事態は一段落した。
汚物を投げたイ氏(54、南陽州(ナムヤンジュ))は取材陣に「私の人糞と味噌を混ぜて、自ら食べてもってきた。人糞と味噌が混ざったものが
同性愛の現実だ。聖書を見なさい。私の言葉が嘘なのか。私は教会からも追い出された」と声を荒げた。

527 :名無氏物語:2013/09/24(火) 10:42:59.40 ID:3jK4l6UV.net
日本への遺言 福田恒在語録
p108

古典教育

たくさん漢字を知つてゐる人間が、その苦労を一般人から解除してやらうといふ
善意は、金持ちが貧乏人に向かつて、金ゆゑの不幸を説いて聽かせるのに似ては
ゐませんか。たとへ古典は読めなくとも、また読みつこないにしても、その繋が
りをつけ、道を通じておく教育は必要なのです。原則はむづかしく、正しいかな
づかひはできなくとも、一向さしつかへありますまい。古典からの距離は個人個
人によつて無数の違ひがある。その無数の段階の差によつて、文化といふものの
健全な階層性が生じる。それを、専門家と大衆、支配階級と被支配階級、といふ
ふうに強ひて二台陣營に分けてしまひ、両者間のはしごをとりはづさうとするの
は、おほげさにいへば、文化的危險思想なのであります。

528 :519:2013/09/25(水) 05:24:52.48 ID:UxLuXHrh.net
>525
点数が稼げれば無駄な内容でも試験範囲に入れていいのか?

529 :名無氏物語:2013/09/25(水) 19:57:10.65 ID:mszYIuM3.net
>>528
もちろん。戦前の官立高等工業学校や高等商業学校の入試問題はわかるかな?

530 :名無氏物語:2013/09/28(土) 14:22:55.55 ID:/aFB6Sqx.net
古文と漢文は教養
欧米のエリートはラテン語を当たり前に学んでる
日本のエリートも漢文の素養があったから
明治期に近代化するにあたって東洋になかった概念を漢字に当てはめることができた
今は漢文の素養がないからすぐに外来語としてそのまま使っちゃってる
昔は映画の題名も日本語に直してたんだよ
「風と共に去りぬ」とか「追憶」とかね

531 :名無氏物語:2013/09/28(土) 14:42:33.55 ID:jAYUZ/DG.net
>>530
×日本語
○和製中国語

532 :名無氏物語:2013/09/28(土) 19:59:06.66 ID:7Pt4X++E.net
創価と連合赤軍しかいない研究室が
東北大にあるそうな

533 :名無氏物語:2013/09/28(土) 20:00:20.64 ID:7Pt4X++E.net
漢文の素養は死亡フラグ

534 :中国古典:2013/09/29(日) 07:19:33.08 ID:R1n/z2lN.net
改革案:
国語総合からは古文・漢文をなくす。
古文・漢文は必修からは外す。
「第二外国語もしくは古文・漢文」を必修とし、大学で古文・漢文が必要となる者は古文・漢文を選択する。
センター試験国語は4問で、現代文2問・古文1問・漢文1問となっているが、「現代国語」と「古文・漢文」に分ける。

535 :中国古典:2013/09/29(日) 07:22:16.04 ID:R1n/z2lN.net
高校古典の教科書+教科書ガイドで一番いいのを教えてください。
東大文科の入試対策です。

536 ::2013/09/30(月) 09:38:48.37 ID:4Gr5wF4b.net
まあ、結局は国文科の就職先確保のために古文・漢文が高校で教えられているわけだな。

537 :名無氏物語:2013/10/01(火) 20:28:41.12 ID:cT7YviVl.net
創価の塾講師とか
意味のない宗教本の書き下しもあるよ

538 :名無氏物語:2013/10/03(木) 12:02:38.56 ID:tVtrPnHu.net
B'z New Album「SAVAGE」リリース決定!! 
    01.Scoop!!
    02.疾走
    03.DEARLY
    04.ストイック★LOVE
    05.SAVAGE
    06.NIHILISM
    07.この身、燃えつきるまで・・・
    08.昼庭
    09.SLUDGE
    10.GO FOR ITBABY
    11.哀切な色
    12.SAMIDARE
    13.二人あえる日まで

539 :名無氏物語:2013/10/03(木) 21:14:16.88 ID:eYpgiFLN.net
        ゴガギーン
             ドッカン
         m    ドッカン
  =====) ))         ☆
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  おらっ!出てこい吉川
     「 ⌒ ̄ |   |    ||   (´Д` )    \___________
     |   /  ̄   |    |/    「    \
     |   | |    |    ||    ||   /\\
     |    | |    |    |  へ//|  |  | |
     |    | |    ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
     | | | |〈    |    |     | |
     / / / / |  /  |    〈|     | |
    / /  / / |    |    ||      | |
   / / / / =-----=--------     | |

540 :名無氏物語:2013/10/28(月) 12:50:09.04 ID:YZy7hm0p.net
センター試験で古文漢文を無くせば誰が得するかなw
センターに朝鮮語があり、平均点も高くなるようになっているから朝鮮人は大喜びだろうなw

541 :名無氏物語:2013/11/09(土) 02:48:06.48 ID:GxaZVbff.net ?2BP(0)
生意気な吉川裕ちゃんの♥♥おちんちん♥♥に
ハバネロペッパーをかけて
痙攣してイキそう♥な所を
アナル♥から焼酎を呑まして
フィニッシュ♥したい
裕ちゃん♥の出した下痢♥♥を指に絡めて
裕ちゃん♥に舐めて欲しい♥♥♥
きっと気持ちいい♥♥♥♥
うんちまみれの裕ちゃんが好き♥

542 :名無氏物語:2013/11/14(木) 22:32:44.72 ID:cTqD7uTv.net
熊本県立大津高校(緒方一夫校長)は平成23年、熊本県内の公立高校として初めて、修学旅行先に台湾を選んだ。
反日意識が強い中国や韓国へ行く高校が全国に数多くある中、異論もあったが、当時の校長と教員、PTAが努力し、
日本と関係が深い台湾への修学旅行を実現した。この取り組みは、日台の草の根交流につながっている。
23年、当時校長だった白濱裕氏は、生徒の内向き志向を懸念していた。若者が世界を目の当たりにする機会を
つくろうと、これまでスキーだった修学旅行先を海外に見直すことにした。ことさら“戦争犯罪”を強調し、
生徒にまで謝罪を求めるような中国、韓国よりは、友好的な台湾がふさわしいと考えた。
県内の公立高校では台湾だけでなく海外への修学旅行は前例がなかった。一部の保護者から安全面などを心配する
声も上がったが、白濱氏が説得を続け、賛同の輪が広がった。

543 :名無氏物語:2013/11/15(金) 14:52:02.56 ID:jOGmjqf6.net
吉川裕ちゃんおちんちんみせて

544 :名無氏物語:2013/11/24(日) 20:56:21.78 ID:DkDX9Yjw.net
学問・文系 [古文・漢文] 結局、吉川裕に抱かれたかっただけ
学問・文系 [古文・漢文] 拝啓 吉川裕様
学問・文系 [古文・漢文] 【私の夢 】裕ちゃんと私【少女の夢】
学問・文系 [古文・漢文] ★吉川裕の生殖器だけど何か質問ある?(U)
学問・文系 [古文・漢文] ♂吉川裕大聖人のペニス革命とは
学問・文系 [古文・漢文] 東北大学の吉川裕(D6)について
学問・文系 [古文・漢文] 裕さんのおちんちんを今すぐ挿れて欲しい
学問・文系 [古文・漢文] それでも裕ちゃんが好きっPART1
学問・文系 [古文・漢文] 東北大学大学院 文学部の吉川裕
学問・文系 [古文・漢文] わぁい古文の★吉川裕★先生だよ
学問・文系 [古文・漢文] 東北大学の吉川裕(D5)について
学問・文系 [古文・漢文] 吉川裕(東北大D5)のペニスが食べごろ
学問・文系 [古文・漢文] 吉川裕削除依頼お疲れ様ですw
学問・文系 [古文・漢文] 吉川裕のペニスで逝きたい人の数→
学問・文系 [古文・漢文] 吉川裕ちゃんのケツまんこに挿れたい
学問・文系 [古文・漢文] 吉川裕で楽しくオナニー
学問・文系 [古文・漢文] やだっ/// 吉川さんのおちんちん・・・
学問・文系 [古文・漢文] 東北大学の吉川裕(D6)について(重複)
学問・文系 [古文・漢文] 吉川裕(東北大D5)のペニスが食べごろ
学問・文系 [古文・漢文] 【四書】儒学総合スレ【五経】 2
学問・文系 [古文・漢文] ひみつのあそびば

545 :博士(学術):2014/01/09(木) 21:31:39.99 ID:EokgRMGQ.net
私は、中等教育では第二外国語または古文漢文を選択させるべきだと思う。

546 :名無氏物語:2014/01/09(木) 21:47:18.46 ID:9hXHWX1/.net
選択制だったら即死だよね

547 :名無氏物語:2014/01/09(木) 21:57:57.10 ID:9hXHWX1/.net
吉川裕(東北大D5)は博士取れたのかなあ

548 :名無氏物語:2014/01/09(木) 21:59:00.09 ID:9hXHWX1/.net
博士号とかいう記号のために
新宗教使って
他人を底辺まで蹴り落とした人がいるんだよ
漢文業界には

549 :名無氏物語:2014/01/10(金) 01:13:55.01 ID:ogGgS/6o.net ?PLT(14000)
役職だけ
らしさだけ
やることやってるだけの
漢文書き下し装置

学問じゃねーな

550 :名無氏物語:2014/01/11(土) 03:55:13.24 ID:H3phcQnq.net
嫌儲のみんなの前でお嫁さん候補だって言ったのは嘘だったの
ひどい
いつもお嫁さんどうのこうので黙らせようとする
ひどい

551 :名無氏物語:2014/01/19(日) 12:41:53.42 ID:uAH/11Xy.net
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1314005547/121
  ↑  ↑   ↑  ↑   ↑  ↑

552 :博士(学術):2014/01/30(木) 20:47:52.28 ID:vvF2uDC3.net
慶應の文学部は入試で古文漢文ないんだけど、大学の授業で文法の基礎から教えてるのか?

553 :名無氏物語:2014/01/31(金) 02:32:25.19 ID:02WnygC+.net
吉川裕「愛してるよ。博士号取ったら結婚しよう。」
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1391036751/

554 :名無氏物語:2014/02/09(日) 00:41:42.15 ID:iuwN6iDc.net
>>530
古文と漢文は教養
欧米のエリートはラテン語を当たり前に学んでる

すげー。
俺と同じ意見。

ひょっとして、自分が書いたのかな。


555 :名無氏物語:2014/02/09(日) 17:12:43.70 ID:0B5OYdj/.net
税金泥棒はエリートではないわ

556 :博士(学術):2014/02/12(水) 14:21:42.63 ID:p/zKMybA.net
>>530 >>554
>欧米のエリートはラテン語を当たり前に学んでる

なんてのはもうだいぶ昔の話。いまどきラテン語を学んでるのは、カトリックの聖職者か、古典学専攻の人だけ。
大学入試からも外されている。

557 :名無氏物語:2014/02/12(水) 21:16:12.62 ID:Ff5tJGjV.net
何適当な事言ってるんだよ
高校で選択制でラテン語あって
SAT2で選択可能
扱いは現代スペイン語や日本語、フランス語、中国語、ロシア語なんかと一緒

漢文は選択制がない
自由意思がない
特攻隊予科練も押し付けられてたキチ外分野

558 :名無氏物語:2014/02/12(水) 21:17:33.19 ID:Ff5tJGjV.net
特攻隊の予科練で漢文が押し付けられてたと言う事実はつまり
漢文屋さんは
何の役に立ってないのに戦時中も職にあぶれなかったわけだ。
それを勝ち組とするか
汚い奴とするか。


私は汚いと思うね。

559 :名無氏物語:2014/02/12(水) 21:18:31.84 ID:Ff5tJGjV.net
文系を特攻隊にする人達とグル
役に立たない事を教えて
役に立たないというコンプレックスを与えて
殺す
それが漢文屋さんのお仕事

560 :博士(学術):2014/02/14(金) 10:05:38.71 ID:JCgY3N/O.net
古文・漢文を高校で教えるのは、結局のところ国文科卒業生の就職先を確保するためだと思うが。

561 :名無氏物語:2014/02/14(金) 11:03:11.18 ID:ePmJcB1Q.net
兵役逃れのホモ
人殺し

562 :名無氏物語:2014/02/14(金) 11:03:43.03 ID:ePmJcB1Q.net
人殺し

563 :名無氏物語:2014/02/14(金) 11:04:21.02 ID:ePmJcB1Q.net
人殺し

564 :名無氏物語:2014/02/17(月) 12:09:22.67 ID:/5W7V+jk.net
藩校の小学生レベルの知性しかないくせに
頭脳のある人間を多く出兵させて殺したのが国文

日本を滅ぼす国文

565 :名無氏物語:2014/02/17(月) 13:44:54.46 ID:/5W7V+jk.net
藩校の小学生の教養を持ちあげて
自由主義者やマルクス主義者の仕事を取り上げて
戦地まで送り込む方法を
漢文業界には止めて頂きたいんですがwwwwwwwwwww

566 :名無氏物語:2014/02/17(月) 13:46:08.87 ID:/5W7V+jk.net
自分より頭いい人を殺す方法として
藩校の小学生レベルに堕ちない人に
文系の仕事を与えないというのがあります

そしてそんな理不尽な世界を合理化しようと
特攻するんですよね

567 :名無氏物語:2014/07/02(水) 00:00:52.09 ID:5V0qkA5E.net ?PLT(15000)
古文辞は吉川裕の人生を予知していた!?

★荻生徂徠の人生もう一回おさらい★

宗教のお見合いで変な嫁貰って
遊女遊びで現実逃避して貧しいのを
政府の御用学者として税金ちょろまかして生きる
農家の嫁を思い出して羨ましく思うが
自分の人生が狂っているので手遅れ

568 :名無氏物語:2014/07/02(水) 08:01:23.19 ID:8P1ksbca.net
30代後半で童貞ひきこもり低収入イラストレーターを発見
足立区に住んでいるそうだ。
http://inumenken.blog.jp/archives/7002197.html

569 :名無氏物語:2015/01/25(日) 20:13:09.93 ID:8eILFXg9.net
>>556
だから、最近の白人はレベルが低いのか
納得

日本人も人の事言えないけど

570 :名無氏物語:2015/01/27(火) 11:39:27.74 ID:oe9uCQCg.net
http://jbbs.shitaraba.net/sports/42269/

571 :名無氏物語:2015/02/04(水) 15:54:45.94 ID:cReJxD1e.net
☆☆☆☆☆
☆ 自民党、グッジョブですわ。 ☆
http://www.soumu.go.jp/senkyo/kokumin_touhyou/index.html

☆ 日本国民の皆様方、2016年7月の『第24回 参議院選挙』で、改憲の参議院議員が
3分の2以上を超えると日本国憲法の改正です。皆様方、必ず投票に自ら足を運んでください。
私たちの日本国憲法を絶対に改正しましょう。☆

572 :名無氏物語:2015/02/04(水) 18:40:40.13 ID:+s9p28Ph.net
>>1 =>>571
つまりこのスレにも貼ってほしいとw

【教育】入試改革、主な大学の64%が歓迎...早大「歓迎」、京大「歓迎しない」 - NHK調査 [15/01/31]?2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422770022/

90 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止[] 投稿日:2015/02/01(日) 16:05:10.33 ID:ztXrHGeF0
>>78
逆に聞こうか
東大理系、名大医→現代文古文漢文全部記述
京大理系→現代文古文記述

技術者と医者の卵に無理矢理古典記述出してる大学も大概だと思うが
>>1
こっちにも貼っとくか
92 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止[] 投稿日:2015/02/01(日) 16:06:26.80 ID:MqOH8Eoi0
>>90

そのレベルなら、日本人としての教養も必要

99 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止[] 投稿日:2015/02/01(日) 16:13:29.56 ID:VZMbqp4f0
>>90
最低それをクリア出来る能力が必要なんだよ。分からないの?

103 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止[sage] 投稿日:2015/02/01(日) 16:15:30.14 ID:HNnl5EGL0
>>90
超マニアックは問題が出てるなら批判されても仕方ないが
東大の古文漢文の文章なんてはセンターよりもかなりやさしいレベルだからな
問題も非常に素直だし3年間普通に授業受けて勉強していれば十分対応可能な問題
これくらいは日本人としての最低限の教養レベル

573 :名無氏物語:2015/02/04(水) 18:42:05.91 ID:+s9p28Ph.net
>>1
106 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止[sage] 投稿日:2015/02/01(日) 16:19:22.81 ID:TQ+wfEpp0
>>90
京大の出している記述問題って普通の国語の問題とは全然違うぞ。
内容読解の深さをとことん問うような問題で、しかも回答は論理的に長文で書く必要がある。

受けたことがある奴は知っていると思うが、解答欄は解答用紙に大きな枠があるだけ。
ぶっちゃけ中教審の答申が言うような「知識の活用や思考力を評価する試験」そのもの。

古文に関しても最低限度の文法と日本人ならば必須とも言える尊敬・謙譲の使い分けくらい
出来れば十分答えられる。

107 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止[sage] 投稿日:2015/02/01(日) 16:19:54.71 ID:ECjVXNRg0
>>90
古文漢文の記述なんてそんなに難しくないし差が付かない。
理系で古文漢文に時間をかける奴はいない。
私大の重箱の隅をつつく問題とは違う。

574 :名無氏物語:2015/02/04(水) 18:43:04.12 ID:+s9p28Ph.net
>>1
108 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止[] 投稿日:2015/02/01(日) 16:20:29.74 ID:ztXrHGeF0
>>99
何言ってんの?早慶文系、一橋よりきついんだぜ?
早稲田→マーク、慶応→小論文、一橋でさえ二次漢文なんてしないってば

東大理系、名大医だったら文系科目でも早慶文系やら一橋よりやらにゃあかんの?
東工あたりに足下すくわれるぜ?
あちらさん完全に英数理で判定するからホントに理数できるやつ
東工に流れまくってるだろ

115 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止[] 投稿日:2015/02/01(日) 16:30:20.23 ID:VZMbqp4f0
>>108
国語苦手だったの?

117 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止[sage] 投稿日:2015/02/01(日) 16:31:15.39 ID:HNnl5EGL0
>>108の文章見るかぎり国語苦手なんだろうな

118 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止[sage] 投稿日:2015/02/01(日) 16:31:10.83 ID:nS63OGMI0
>>108
それが大学の多様性なんだから別に東工大行きゃいいだろ

119 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止[sage] 投稿日:2015/02/01(日) 16:33:54.10 ID:TQ+wfEpp0
>>107
京大の国語だと結構差が出るよ。
長文読解が出来る奴と出来ない奴、長文を書ける奴と書けない奴で明確な差が出るから。

>>108
高校の国語程度の知識を身に着けることすら放り出す人間に何が出来るというのやら・・・。
既に東大京大の理系だけで2次で国語が出題されるようになって数十年経っている訳だけど、
国語から逃げて東工大に流れた人材からどんな人材が実際に出ているか、拾い上げてみたら?
足許を掬われる時なんて永遠にやってこないと思うぞ。

575 :名無氏物語:2015/02/04(水) 18:44:36.78 ID:+s9p28Ph.net
>>1
127 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止[sage] 投稿日:2015/02/01(日) 16:39:28.86 ID:FnRO/E970
>>90
いや、それ正しいよ。野依教授が理系の研究者を育てるのにもっと古典文学をやらせろって言ってるんだけど
理系科目は定理や解法など知識集積でいっぱいいっぱいになりがち
いっぽう国語は知識量が少なくて済むから、そのツールを使った思考や着眼の訓練を多くとれる
古文記述で点数とる子は「ぼくはこう解釈したんだけどね」と定説に挑む傾向があるのよ

138 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止[sage] 投稿日:2015/02/01(日) 16:49:48.11 ID:5//Z+lOk0
>>115

理数より国語のほうが難しいのは上位陣では常識なんだよなぁ

国語難しいよ。
国語の出来ないやつは駅弁医学部にでもいってろって話。

147 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止[sage] 投稿日:2015/02/01(日) 16:52:37.93 ID:7jq9f0M+0
>>108
その結果、東工から東大をしのぐ人材が出てくれば、それはそれで良いこと。
それこそ大学の多様化ってもんだろう。

266 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止[sage] 投稿日:2015/02/01(日) 19:58:29.10 ID:u+WFDmeP0
>>108がふるぼっこでなんかワロタw

275 名前:自治スレでLR変更等議論中@転載は禁止[sage] 投稿日:2015/02/01(日) 20:36:51.72 ID:HshtfOtn0
>>90
個人的に理系にも古典の素養は必要だと思う。
思考力や論文作成力に違いが出てくる。

576 :名無氏物語:2015/02/12(木) 06:11:33.10 ID:uBTbQLnU.net
理系()は国語をやると人を殺すらしいw

393 名前:自治スレでLR変更等議論中[sage] 投稿日:2015/02/03(火) 23:10:23.63 ID:AUGbz+8h0
>>391
>>392
殺人女子大生を排出した名大はどういう反省をすればいいの?

429 名前:自治スレでLR変更等議論中[] 投稿日:2015/02/04(水) 08:37:40.91 ID:ocjeFgQk0
>>393
名大理学部だよな?
だったら二次試験から国語なくせばいい
理系が嫌がる国語の記述を二次で出すから殺人者がうまれるんだ
東工みたいにセンター比率0、二次英数理のみにすればいい

http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422770022/

577 :名無氏物語:2015/02/25(水) 06:40:47.63 ID:7IFgPRrr.net
古文はまだ分かるが漢文はホント謎
元は中国の文章なんだから中国語として教えた方がいいんじゃないの?

578 :名無氏物語:2015/03/12(木) 02:04:57.50 ID:P2hP+aFL.net
古文・漢文は教養というけどこれは、本があふれていない時代、過去の英知を知るのには古文漢文の原文が必要でそれを議論するために古文・漢文の読解力がある人が周りに必要だっただけの話
現代ではなんらかの解釈がある現代語版があるのでそれでそれを読めば簡易に過去の教養が学べるので正直古文漢文の意味は薄れている。

後教養を語るのであれば社会の授業を熱くしたほうがいいと思っている
個人的には、漢文の事業は、中国語、ドイツ語、フランス語、インドネシア語にわけてほしかった。

579 :名無氏物語:2015/03/12(木) 04:29:47.56 ID:plfBMEzH.net
>>578
古文漢文を廃止すれば移民と区別がつかねえからキムチが喜ぶよなw
漢文の文語文、使用する助動詞の數少なく讀むに當り其ほど苦にならず。
此の程度も出來ぬ知惠遅れは何のヘ化をやりても何れも中途半端にをはると言はざるべからざる處なり。
貴殿の書きをり口語文見るに附け其稚拙さ滑稽の極みにありて余の腹筋和らぐを思ゆ。

>というけど
と云ふ「けれど」
>それでそれを読めば
下手糞w
>漢文の事業
授業:GHQかなづかひすら理解してゐないから此のやうな變換をやらかすのだw

580 :名無氏物語:2015/03/12(木) 04:35:58.93 ID:plfBMEzH.net
>>579
訂正
ヘ化→ヘ科
かなづかひを闊痰ヨし物に非ず。

581 :名無氏物語:2015/03/12(木) 07:40:18.68 ID:EvcGjOfM.net
>>579
声出してわろた

582 :名無氏物語:2015/03/14(土) 20:44:25.79 ID:bc0fRH3Iy
古文,漢文,クソ気分!

583 :名無氏物語:2015/03/18(水) 05:03:51.09 ID:pLqzOuzx.net
噫嗚、好漢!

584 :名無氏物語:2015/03/25(水) 23:40:08.58 ID:qILdCGzt.net
暗号解読

585 :名無氏物語:2015/07/24(金) 09:58:20.42 ID:qojLKYAW.net
警察による税金を使ったいやがらせ犯罪、集団ストーカー。犯行内容
盗聴、盗撮、尾行、待ち伏せ、家宅侵入、窃盗、器物破損、風評のばらまき、就職妨害、リストラ工作、
暴走族や暴走大型車両による騒音攻撃の繰り返し、住居周辺での事件のでっちあげ、音声送信の強要、
電磁波による触覚攻撃、思考盗聴、無言電話、無実の人間を犯人にでっち上げ、ヘリによる威嚇、殺人、
メディアを使ってのほのめかし。特に家宅侵入、器物破損、窃盗は犯罪そのもので、犯罪組織に人を
逮捕する権限をあたえているのが今の日本で、日本は恐ろしい国になっている。

586 :名無氏物語:2015/09/17(木) 15:20:24.37 ID:XcJ9FMvWn
中学〜高校の古典の授業は廃止して、その代わりに
中国語、スペイン語、フランス語、韓国語等などの
第二外国語の授業を取り入れるべきです!

587 :名無氏物語:2015/09/17(木) 15:28:38.95 ID:XcJ9FMvWn
中学〜高校の古典の授業は廃止して、その代わりに
中国語、スペイン語、フランス語、韓国語等などの
第二外国語の授業を取り入れるべきです!

588 :名無氏物語:2015/12/23(水) 16:01:42.30 ID:9A7CZuq3.net
祝四周年也

589 :名無氏物語:2016/01/30(土) 14:23:34.63 ID:WFvvLzAD1
全員が必要になるわけではないけど、
もし必要になった時に身につけるのが
年齢をいってたら難しいものがあるんだよ。
古文・漢文・数学・物理・化学・生物・・・・
学校でやるのは全部そう。

590 :名無氏物語:2016/02/20(土) 05:04:01.00 ID:5gix5FVh.net
現代文は文中に書いて無い事は「推測で答えてはいけない論理科目」で、
古文漢文は文中に書いて無い事も「推測を含めて答える知識科目」だから
タイプの異なる学習。

それぞれ必要なので外せない。

591 :名無氏物語:2016/02/24(水) 22:52:58.18 ID:btvQWBl3.net
>>39
現代語に翻訳するのが簡単かどうかは古文をやってから言う寝言だ。
極端な話、英語なんか翻訳で十分だと言ってるぐらい馬鹿馬鹿ししい。


解らないから勉強したくないという主張から一歩も出てないじゃないか。

それとも君は慶應義塾のように「国語なんて解って当然だから受験生に課さない」という立場か。


古文は出来ないけど現代語の文法は出来るっていう奴はたぶん存在しない。
古文につまずいてる奴はたいてい中学生レベルの現代語の文法も出来ない。

自分がしゃべってる言葉の構造が解ってないのに英語の構造を理解するってのは限界がある。
比較すらできないわけだからな。

現代語の文法がいかにして作られたか、
それを歴史的に捉えなおすという役割を負うのが古文。

日本語を異質な言語として把握分析し、その構造・システムを理解すること、
外国語である漢文に古文のシステムを応用して解読してきた歴史と、その応用の力を学ぶこと、
漢文訓読は古文の作文であり、これらを関連させることで発展的に古文の知識の定着をはかること、
文型という概念を理解する事、
これらを通して昔の人の生活実態・精神思想史を学ぶこと、
自分らが伝統文化を継承している事を確認すること、

勉強する意味なんかいくらでも見つかるんだがな。


古典以外でこんなことできるものつくってみろや

592 :名無氏物語:2016/02/25(木) 01:48:22.65 ID:VEkBtecY.net
>>591
>古典以外でこんなことできるものつくってみろや

国語を深く理解するには古文漢文も必要だというのは否定しないが、
現代日本語のみをベースに英文法を学ぶことに重大な障害は無いのと
「人類の歴史や文化」を学ぶにも古文漢文のみならず、理科や数学を
通じて科学史に目を向けても大いに示唆に富むのであって、古典のみ
が格段に優れていると言うべき物では必ずしもない。

593 :名無氏物語:2016/02/25(木) 14:39:19.06 ID:GjUYdz+0.net
>>592
ってなわけで古典が中高の授業にあるのに賛成というわけですな。

594 :名無氏物語:2016/02/26(金) 03:00:08.72 ID:JOpOJJyl.net
>>593
当然「必要な科目」に含まれると思っているが、理科や数学も同じくらい必要
なのであって、それらと比べてもなお古典が群を抜いて優れているかといえば
「それは言い過ぎ」だろう。

595 :名無氏物語:2016/02/26(金) 22:08:50.86 ID:QOkpuAb4.net
私は、第二外国語もしくは古文漢文を選択必修とすべきだと思う。

596 :名無氏物語:2016/02/27(土) 17:19:55.65 ID:G8S8fzJ5.net
>>1
 小學校から勉強す可きだな。

597 :名無氏物語:2016/02/28(日) 23:04:31.35 ID:mJR3eOQQ.net
ここは日本だぞ
何で中国の古典を日本人が習う必要があるのか
古文は日本人が書いたものに限定すべき

598 :名無氏物語:2016/02/28(日) 23:32:23.79 ID:8txRmRoQ.net
漢字も全廃すべき、もと中国語だ。

599 :名無氏物語:2016/02/29(月) 12:02:50.18 ID:WpSgo7Rp.net
ドトール傘下のエクセルシオールカフェ赤羽東口店では店員が自分の事、好きだと言い始めたので
優しくしたら他の店員のやっかみ、最低の接客だ

600 :名無氏物語:2016/03/09(水) 12:12:43.63 ID:r9TukG93.net
最近は外国の言葉を漢字に置き換える作業をしないから必要ない

601 :名無氏物語:2016/03/13(日) 20:23:45.69 ID:FM/YRaNe.net
詞の正しい使ひ方

「美人」は容貌美なるが上に美コあるを云ふ。
「佳人」は單に容貌の美なるを云ひ、「麗人」とは容姿服裝の美なるを云ふ。
亦、「美人」「佳人」は女子に限らず男子をも稱す。

「囘復」は元通りにする意なり。
「恢復」は元通りに大きくする意なり。

「本國・本邦・本朝」は内國自稱の詞なりて、「我が國・我が邦・我が朝」は他國に對する自稱なり。

「抵觸・牴觸・觝觸」は皆同じ。

「根底」に非ず「根柢」が正しい。

602 :名無氏物語:2016/03/13(日) 22:23:25.49 ID:2dsbSzp8.net
マ イ ン ド コ ン ト ロ ー ル の手法

・沢山の人が、偏った意見を一貫して支持する
 偏った意見でも、集団の中でその意見が信じられていれば、自分の考え方は間違っているのか、等と思わせる手法

・不利な質問をさせなくしたり、不利な質問には答えない、スルーする
 誰にも質問や反論をさせないことにより、誰もが皆、疑いなど無いんだと信じ込ませる手法

偏った思想や考え方に染まっていたり、常識が通じない人間は、頭が悪いフリをしているカルト工作員の可能性が高い

靖 国 参 拝、皇 族、国 旗 国 歌、神 社 神 道を嫌う カ ル ト

10人に一人は カ ル ト か 外 国 人

「ガ ス ラ イ テ ィ ン グ」 で 検 索 を !

603 :名無氏物語:2016/04/05(火) 10:59:26.92 ID:4h4X3BQP.net
原文見る機会あっても達筆すぎてどうせ読めないから習うだけ無駄。

604 :名無氏物語:2016/04/13(水) 06:47:53.14 ID:+BuV113k.net
>>603
 普通に活字化された者を讀めば宜いと思ふが。

605 :名無氏物語:2016/04/15(金) 18:58:49.80 ID:CXDLzcEa.net
スレタイの「べき言い切り文」で爆笑

やっぱろくに読書もしないゆとりバカがコンプで立ててるなw

606 :名無氏物語:2016/04/18(月) 15:38:03.88 ID:L+9yD3cg.net
普通にある表現だからな
いちいちひとりで爆笑なんかしてたら笑い死にするよ

607 :名無氏物語:2016/04/18(月) 15:49:44.21 ID:XjkOfTCM.net
>>605
 基本的に口語體の場合、古語からいつて連體形の形にて終止する。

608 :名無氏物語:2016/04/27(水) 10:35:04.21 ID:b7/nSK1T.net
>>605特に問題ないぞ。

609 :名無氏物語:2016/05/02(月) 18:57:44.82 ID:9o/LYWQH.net
古文漢文なくそうと言っちゃうと、昔過ぎる時代の歴史もはっきり言って
役には立たないし、近代以降の最近の歴史だけをもっと丁寧に教えてくれよと思うけど
これらに共通しているのは、最近の歴史と国語状況は、価値観も混乱してて
学者がまとめ辛いからなんだろうね。意見がまとまらない。

だからなるべく、既に終わった政治下での古い歴史と国語をまったり研究したい
国文学者は基本的にお公家様みたいに優雅に研究したい

教科書利権はおいしいし、お金と政治と利権としがらみが絡んでてどうにもならない

終わった政治のことはどうとでも言えるが、近代以降はいろいろやばいし
ばれたら困るから、みっちり教えてくれないのに似てる

つまり無害な昔のことばかり学ばせたい権力者が背後にいるんだろうなと推測できる
よって、古文漢文含め、無害系の科目は当分外せない

610 :名無氏物語:2016/06/28(火) 12:35:00.75 ID:dBe8q/AN2
トラアナに入らずばトラの子を得ず。

611 :キリスト教徒に警告!!:2016/09/13(火) 20:11:51.76 ID:QdfopGS95
「安倍総理の正体は、悪魔王ゼノン!!」

「サタン」と「フリーメーソン」が、「日本」を支配するために、
「ある男」を、日本におくりこんだ!
「安倍総理」は、日本を「合法的」に支配するために
送り込まれた「悪魔」だ!!
[安倍総理]は、ふだんは善良で、やさしく、礼儀ただしい人物!!
だが、裏では、老人をイジめたり、貧困層から金をむしりとる!!

サラリーマンたちを「過重労働」に、おいこんで、殺している!!
「悪魔王」は、労働者が苦しんでいるのを、見て見ぬフリをしている!!
「ユダヤの人口削減(さくげん)計画!!」
安倍総理の正体は「悪魔王」!!

「悪魔王」は、「マスコミ」を完全に支配している!!
日本を戦争できる国に改造しようとしている!!「法律」をつかって!!

「恐ろしい法律」で、日本をわがものにしようとしている「悪魔王」だ!!
「マイナンバー」は、予言された「獣の数字」!!
「フリーメーソン」たちは、「獣の数字」を人間につけて、
「全人類」を支配しようとたくらんでいる!!
このことは、真実だ!私は命をかける!!キリスト教徒に警告する!!
「安倍総理」が老人をイジめたら、この男は「悪魔」だと思え!!
                     ミカエル

612 :名無氏物語:2016/11/20(日) 02:06:35.99 ID:CAfJpBK2.net
今は無駄かもしれないが、その内必要になる事もある。仮に無くしても結果そう変わらんだろう。

613 :名無氏物語:2017/01/15(日) 19:30:04.04 ID:vJlw/Pw6.net
 ___ _
  ヽo,´-'─ 、 ♪
   r, "~~~~"ヽ
   i. ,'ノレノレ!レ〉 ☆ 衆議院と参議院のそれぞれで、改憲議員が3分の2を超えております。☆
 __ '!从.゚ ヮ゚ノル  総務省の、『憲法改正国民投票法』、でググって見てください。
 ゝン〈(つY_i(つ 日本国憲法改正の国民投票を実施しましょう。お願い致します。☆
  `,.く,§_,_,ゝ,
   ~i_ンイノ

229 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★